2007年07月06日

ありがと〜♪さよーならー♪

歯磨きセットにブラシに化粧道具…タオルにバスタオル…
あと、パンツはフリフリのレース付き…(だってバロン様に出会ってもしもってことがあるかもしれないし)(ねーよっ)
着替えにパジャマに使い慣れた枕…(よだれのシミはご愛嬌)

あとは、大ちゃんの色紙に大ちゃんの写真の束、大ちゃんの写真集に大ちゃんのDVD…。

全部カバンに詰めました。

あ、チケットチケット…(ゴソゴソ)

ありました。

行き先はフィールドグリーン。



とゆーことで、しばらく旅に出ます。


って今までも留守だったじゃん…と言われればそれまでですが。

留守にもかかわらず毎日ピンポンダッシュしていただいた皆さん、どーもありがとーございました。


ワタシは今から湖でおぼれて、シトラスグリーン夫人と「カッターヨ」な出会いをして、エメラルドさんとお話して…そしてバロン様と結婚する旅に出るのです〜(はちゃめちゃ)


オーエスケー島での生活もホントに楽しかった〜♪

笑ったり笑ったり笑ったり笑ったり騒いだり騒いだり騒いだり騒いだり沸いたり沸いたり沸いたり沸いたり…

こんな生活ってどーよ。
おキライですか?おスキです!←関西人の模範解答


おスキだけれど、旅に出るわけです。
だってOSKはステキでキラキラしてスターな皆さんがたくさんいらっしゃってこれからもガンガンビシビシぶっ飛ばしていかれるわけですから大丈夫ですよね。

でもね、バロン様はきっと今頃、手が痛〜いとか、みんな何をしゃべってるのだかわかんなーいとか、カエルはイヤだ〜とか、ミルクティーなんか飲めない〜とか言って、困っておられると思うんですよね。
マーガレットさんだってもうとっくにお里に帰られたはず。
ワタシが行ってさしあげないと・・・(勘違いは幸せの源)


グローブさんとリボンちゃんの再婚のお手伝いもしたいし…。
イライザさんにはお見合い写真をお土産にしましょう♪

楽しい旅になりそうです。





ここはこのまま置いておきます。
信じられないくらいおバカでイタいダイキファンが駆け抜けた証ですから。

ワタシっておバカ?
と不安になった時はどーぞここでホッとして下さい。
こんなバカもいたんだからワタシは全然大丈夫って。


のざき詣りのクライマックスはどーなったんだよーっ!


・・・・・(汗)


のーざーきーか〜んのん〜〜♪


歌ったって誤魔化されないっちゅーの。


あはははは・・・・


笑っても誤魔化されないっちゅーの。


ぷーーーっ…


こいても誤魔化されないっちゅーの。


げぷっ…


コーラの飲みすぎじゃーーー!!
ってか、オチが汚すぎる(恥)



いつか旅から帰ったら、旅の土産話とともに妄想劇場を繰り広げましょう。
そんな日がきっと来る。
と、実はワタシが一番願ってる←BGMはじすいずあもーめんとでお願いします。


とかなんとか言っても劇場には大抵います。
大ちゃんはいないけど大ちゃんの残した何かを見つけたくて、目を凝らして舞台を見ています。

大ちゃんはいないけどステキなスターさんが優しく癒してくださいます。
大ちゃんはいないけどやっぱりOSKが大切です。

大ちゃんはいないけど・・・ワタシはずっと寝て覚めのしげっちです。


またお会いしましょう♪

いってきま〜す(^^)/~~~



posted by しげっち at 23:51| Comment(5) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月08日

最近のあれやこれや

高石公演が終わって大勢での公演予定がなくなって、なんか寂しいよねーと言ってると7月公演の発表がありました。

はやっ!
と言うと、「はやないって」と人々は言う。
そ、そやな…なんか感覚が完璧にOSKモードやな。

ってことで来週先行販売です。
えーー、7月ってそんな先のことわからんわー。
こらこら、だから1ヶ月先の観劇予定がわからんってゆーその感覚こそがOSKモードやっちゅうの。
だって9月の四季観劇のチケットが手元にあるで。これがフツーよ。

太陽がどーちゃらこーちゃらってゆータイトルでしたよね(ちゃーんと調べて書けよ)
熱い季節に熱いメンバーで熱いタイトルでんなー。
……なんか想像しただけで汗が出てきた…
よっしゃー!沸いたファンが行って、もっと熱くしたるぅ〜〜!
…だからぁ、その熱さが暑いっちゅーの。


ネット的世間では雑誌「イグザミナ」がちょっとした話題ですねー。
ワタシは初めて聞いた時「は?伊草美奈?誰?それ」ってかんじでした。で、記事を見せてもらったら「字がぎっしり〜♪」って喜んで…レベル低すぎ(汗)

まあ記事の内容的にはサングラスのままトンネルに入ったみたいだな…とワタシは思ったわけですが。何はともあれ取り上げてもらうとゆーのはいいことなので、また書いていただいた折にはみんなでどかーー!っと買いましょーと思うわけです。


高石公演はやっぱだんじりがすごく印象に残ってるのはワタシがだんじりのある町に住んでるからなのでしょーか。
けどワタシは地の人間じゃないのでだんじりをひいたことはありませんし、町のだんじり祭りに出かけて行った事は2回くらいしかありません。それなのに毎年ちゃんと隣町のアンちゃんたちが寄付金を貰いに来るのはムカつく(笑)
「おかーさん留守なんでわかりましぇん」とインターフォンで嘘をつくオバハンもどーかと思いますが…てへっ

で、そのだんじりの場面で何が印象的だったかと言うと。
1回目の公演はほぼ満杯で、それも地元の人が多かったようでした。
ひーちゃんの親戚とかひーちゃんの同級生とかひーちゃんの近所の人とかひーちゃんの行きつけのパーマやさんとかひーちゃんが毎朝、新聞を買うキオスクのおばさんとかひーちゃんの学校の後輩とか…ひーちゃんつながりばっかりかよっ(違)
いやいや、水無月さんの親戚とか水無月さんの同級生とか水無月さ…もーいいっちゅーの!


その地元民の嬉しそうな顔ったら…。私たちのだんじりがレビューで再現されてるだなんて…♪みたいな。
ホントに楽しそうでした。ノリノリ〜っちゅーかんじ。

これね、岸和田でやるともっとウケるよ、まじで。
岸和田はもっとだんじらーが多いからね。
ちなみに貝塚にもだんじりがあるしね。
って南大阪巡業ですかー。

折原さんが「どこのお祭りでも再現してみせる自信がありますっ!」っておっしゃってましたけど、それ見たいですねー。
でも祇園祭はプログラム見て初めてほーほーと思ったくらいなので(ワタシだけか…?恥)やっぱり荒っぽい祭りのほーが向いてるんじゃないかと…。


話がポンポンと飛びますが…っつってもいつものことですが…。
宝塚の春野寿美礼さんの退団が発表になりましたね。
5年間トップをつとめられたそーです。今の宝塚で5年間もトップってすごいことですよね。
大ちゃんも5年間Newで頑張られました。
大ちゃんが春野さんのファントムを観劇されたこともありましたねー。
NewOSKでひとつの時代を築いた人が去り、宝塚でひとつの時代を築いた人が去ろうとしている…。
ちょっと「ふーーん」と思ったわけです。

いつまでも いると思うな 親とご贔屓

今月の我が家の掛け軸はこれです(嘘)





posted by しげっち at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月04日

爽加凛さんありがとう

のざきもクライマックスを迎えないまま、「寝たまま覚めないOSK」ブログになっておりましたが、日曜日に高石公演に行きまして、凛ちゃんの退団を目の当たりにし、なんか書き記しておかねば…と出てまいりました。

5時からの2回目公演。
ロケットボーイで颯爽と登場された黒い燕尾の襟元に黒と白の羽根が・・・。これは1回目もありました。で1回目もこれを見てドキリとしたわけですが。

2回目ではこの羽根の下にきれいな真っ白い大きなお花がついていました。
それを見た瞬間・・・「あ〜〜〜〜〜」大きな落胆のため息が自分の中でひろがったわけです。

この白いお花が似合われるんですよね。
こんなにお花が似合う美しい男役さんって珍しい気がしました。


いつだったか…一度だけ握手をしていただいたことがありました。
すごく高い位置からまっすぐに手が伸びてきて、そっと手をとってくださったことを覚えています。

「爽やかさ」に「凛とした」ところを「加える」と爽加凛の出来上がり…とはよく言ったものです(いや、ワタシが言ってるだけなんでしょーが)


またどこかで踊り続けられるのでしょうか。
それが見れるかもしれないのは嬉しい事ですが、じゃあどーしてOSKではだめだったのか…そんな泣き言をぐっと飲み込んで手が真っ赤になるまでアンコールの拍手をしました。


凛ちゃんのOSKでの最後の最後の曲「虹色の彼方へ」は、舞台と客席が一体となって盛り上がりました。
ワタシはB席とゆー、後ろから数列目っていう席で見てたんですが、前を見てどこまでが舞台だよっ!ってわからなくなりましたもん。
…というワタシも自分の後ろに人が居ないのをいいことに踊り狂ってしまいましたが…。
凛ちゃんと一緒に♪レッダンレッダ〜ンはばたけ虹色の彼〜方へ♪と歌い踊って…
他の劇団員さんもみな、ものすごくいいお顔をされてましたねぇ。
あぁ楽しかった…でも寂しい…(泣)


でもねー、なんか会場がすごくあったかかったんですよねー。
温かい風がずっと吹いていたかんじなんですよね。
それで思い出しました。名古屋での萌さんの最後の舞台を。
これっておふたりのお人柄ですよね。
温かなお人柄のお二人にぴったりな最後の会場の雰囲気だったと思います。


凛ちゃんへのメッセージの入ったTシャツを着たファンの皆さんはホントにお辛かったでしょう。
ワタシもつい昨日のことのよーに思い出しますし。
こんなに辛い目にあうんやったら、もー二度とご贔屓は持ちたくない…と思いますし。

でもねぇ、めちゃめちゃスキだった人がいなくなっても、やっぱりOSKはスキなんですよねぇ。
高石公演を見てつくづくそう思ったわけです。
そしたら凛ちゃんもおっしゃいました。
「私はOSKが大好きです」と。
きっとその言葉に嘘偽りはないと思います。
あ、ワタシと気持ちがかぶったじゃん…とちょっと嬉しかったりして。

凛ちゃん、お疲れ様でした。
どうもありがとうございました。
ステキな笑顔でステキな人生を歩まれてくださいね。



posted by しげっち at 22:26| Comment(2) | TrackBack(1) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月14日

GWはとっくに終わったぜ非特別企画 野崎詣り2

さて次はデュエット合戦だ!(違)

ひーちゃん&オリさま

n11.jpg

対するは、きりゅーさん&ことりちゃん

n12.jpg

それにしても濃いおふたりですなー。
いや、濃い好きのワタシにはたまらん図ですが、
後ろで「う〜っとり…うっふーん」とされているオリさまも実は濃い好きなのでしょーか。そうだと思う(決め付ける)

n13.jpg

でもって水無月さんの「菜の花畑」(タイトル合ってるでしょーか)。
これが実によかった〜。聞きほれちゃったよ…
これって童謡唱歌…っていう分類でいいんですよね。
2006秋のDSで大ちゃんが歌った「赤とんぼ」はOSKが歌う唱歌のナンバー1だと思ってたんですが、なんのなんの…。これも秀逸!

で、スカートのなびき具合から、随分風が強かったことがうかがい知れますねー。だって舞台、飛んでくるんじゃないかと思ってハラハラしたですもん。

n14.jpg

歌い終わられたと同時に上手から櫻子ちゃん登場〜
いきなり日舞モード!
はい、頭、切り替えて切り替えて!

かわいーんだー、これが…。
おきゃんな下町娘ってかんじですかー
まさかこのおきゃん娘が北原さんを刺して高笑いで去って行くだなんて…よっぽどつらかったんだろなー。だってホントはこんなに明るいかわいい娘なんだもの・・・って、洋舞から日舞に頭を切り替える前に松竹座から切り替えろよって話ですが…(汗)

n15.jpg


さー、いよいよですよー。

「愛しいあの人と待ち合わせなの〜♪ルンルン♪♪」

n16.jpg

「よっ、待ったかい」

n17.jpg

「もー、タカさんたらっ、知らないっ」

n18.jpg

「おシホ、そんなこえー顔しちゃいけねーよっ」(バリバリ江戸っ子かい)

n19.jpg

機嫌を直しておくれよ。ほらっ、この傘を花にかえてみせよう、タカセーにゃ(手品ーにゃかよっ)(違)

n20.jpg

踊って歌えばこのとーり!おシホちゃん骨抜きの巻〜
悪い男だぜ、タカさんは…

しかし、おシホちゃん、思いっきり甘えてますなー。羨まし〜。
ワタシもこんな顔してねだればよかった…やめないでって…(未練がましい)

n21.jpg

ラブラブでんなー。
もーなんもコメントすることすらおまへん。

n22.jpg

わーわーわーわー、な、なにするんですかーーー(知ってて騒ぐ)

n23.jpg

あ、あ、あ、な、なにしてるんかなー・・・しーーっ

n24.jpg



なんかひとりでこーゆー作業してると、ホントに自分が気が狂った人のよーな気がしてコワイ…

とりあえず、次回はクライマックス「陸VS船」です。
とか言ってるうちに世界館が始まってしまいそーですが…
気にせずいこー(ホントは気にしてる)

11日の住之江も13日の東大阪パレードも行って、たんまり写真撮ってきましたんで、ボチボチ遊んでいきたいと思います〜







posted by しげっち at 23:49| Comment(8) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月02日

GW特別企画 のざきまいりショー1

朝8時半、キッチンに洗い物を山積みにしたまま家を出る。
9時過ぎ、新今宮に着いた時、すでに到着している友人から一回目中止の連絡が…

・・・遅いです。
二回目は1時半か…。
洗い物出来たやん…(そこかいっ)

しかも二回目も雨の具合で中止になる可能性もあるという。

・・・・・(思考回路停止中)
ま、とりあえず京橋でモーニングするか。
京橋サマいるかな〜♪京橋サマってけいと君だっけ?(違)

京橋の喫茶店で、春のおどり大会〜パフパフ〜…
喫茶店出る頃にはすでに疲れが…さ、帰るか…あかんあかん。

まだまだ小雨がそぼ降る中、野崎駅到着。
露店なし。
夢に見た
♪酒だ馳走だ〜♪食いもて歩け〜♪
が出来ないやん(泣)大ちゃ〜ん(泣)←すごくついでに泣いてる気が…

108段の階段をあがる。
いつもの弾丸トーク隊が静かに登る。登る。桜花昇。(意味なし)

づいだぁ〜〜(着いたと言ってる)

人けなし。
舞台らしきものあり。

とりあえず舞台らしきものの前に陣取る。
多分今日やるんだろーなーと思われる音楽…とゆーかカラオケとゆーか…ずっと流れてる。

フィナーレの紫燕尾コーナーの流れとか野崎詣りとか。
ずーっと流れてるもんだからずーっと踊って歌って、仕舞いにゃあ役決めて演じる。
ちなみにワタシは凛ちゃんに殴られるヤンちゃん役。
わーい、期待のホープ役だ〜。
同じ音楽が多分10回以上かかってるのに延々と遊び続ける。
きっと長生きするはず。

途中、ザバーッとすごい雨が降ってきたり、舞台飛ぶで〜というくらいの風が吹いたりで、ひじょーに不安だったわけですが。

思い出してごらん。
とんぼりウォークの時。春のおどり2006・館前挨拶の時。太閤園DSの時。
NewOSKの皆さんが登場すると必ず雨がやみます。
だから子供の体育大会にはNewOSKを呼びましょう、絶対晴れます(営業)

すごいわ、ほんま。
ぴたーーと雨やんだあるよ。
ショーの途中、一瞬お日様まで出てきてびっくり。
天はいつもNewOSKの味方です。

で、境内の奥に舞台が作ってあって、下手側に本堂に行くためのわりと急な階段があるわけですが、今回はその階段も使いますって係りの方から聞いてたんです。で、舞台の下も使いますと。
雨でぐじゅぐじゅなんで、実行委員の方々が土砂を入れて踏み固めて…一生懸命してくださいました。ありがとー。

そろそろショーいきます?

「ただいまよりNewOSKなんちゃらかんちゃらを始めます〜」(ちゃんと聞いとけっ)

うお〜出てきた〜

初っ端、これですぜ↓ いきなりありだかや〜ですわ

n1.jpg

きゃー、かっこい〜♪高世貴公子ここにあり〜★(星つけてみました…みたいな)

n2.jpg

「いやあの、私もお忘れなく…」
も、もちろんですとも、桐生さん。今日もやっぱり大き…いや、ものすごくステキです☆

n3.jpg

「ダイキさんってこれくらいだっけ?」とか言ってるわけじゃありません・・・あわわわわ
<タンッ>ってやるじゃないですか?あれですわ。ワタシこれスキなんです。タンッて。(わ、わかるんだろーか、これで…)

n4.jpg

流れるスター。まさしく流れ星〜
りとちゃん、鳥になろうとしてるのね。けなげさに拍手〜

n5.jpg

にゅる〜って立ち上がってこられるところ〜これも定番のかっこいいポーズです…けど、わかります?

n6.jpg

最後ね、最後。
♪じゃじゃじゃじゃじゃじゃじゃん、じゃかじゃん♪
ってポーズ決めるわけです。
ひーー、燕尾が5人寄るともう恐い物なんかないってかんじっすねー。

n7.jpg



「そろそろわたくし、よろしいでしょうか」
あ、若木姫、お待たせしました。
ってことで「さくらさくら」です。

n8.jpg

娘役シスターズはホントに贅沢な顔ぶれ。
松竹座、思い出すよなー…というのはワタシ的にはウソ。
この場面は脱力感でほとんど目が空を泳いでいる状態でしたんで…。のざきが初見のように初々しく美しく楽しかったの(感涙)

n9.jpg

n10.jpg


ゼイゼイ…
ま、まだ2曲目かよ…

ほんとはねー、このあとの日舞…てゆーかメインの野崎詣りがいいんですけどねー。
早くお見せしたいんですけどねー。

大ちゃん出てなくてこんなに写真撮ったの初めてなの。
だからばんばん放出中。

正直、最初はね、こんなところでショーだなんて…っていう気持ちになったわけですよ。ちょっと哀しいっていうんですか…。
でもショーが始まるとそこはいつものパワーと華やかさと…。
場所や形は関係ない!私たちはいつものようにすべてを出して踊るだけ…そんなメッセージが伝わってくるような気がして。

だからワタシも目一杯楽しんでニコニコしてワクワクして、そしてありがとーです。
そして皆さんにもちょっぴりおすそわけ…。



つーびーこんちにゅー……のはず。


posted by しげっち at 00:00| Comment(10) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月28日

歴史は踊る

昨日のぼけ。

車で出かけて、着いたら行きたい場所と違う場所だった…。
なんでここに来たんだよ…ワタシャ。

ホントは今日は加賀で温泉にチャポンとつかってほげーと癒されてるはずだったわけです。
ところが息子に試合が入っちゃったんでキャンセル…。
つ、つらい…(泣)ほげーとしたかった…ま、いつもしてますけど。


で、息子が出かけちゃった後、旦那とふたりで老夫婦のようにしょぼしょぼと食事をしてましたら、旦那が言うんです。

「辛い」という字はな、もうちょっと頑張ったら「幸せ」という字になるんやで…

オマエは金八先生か…
もしくはあいだみつおか…
もしくは演歌歌手か…

しかしまあちょっとだけ心にググッときちゃったわけです。
そっかぁ、もうちょっと頑張ればシアワセが戻ってくるのね。
で、もうちょっとってどれくらい?

知らん…。

あそ。

むしゃむしゃむしゃ…

老夫婦の会話なんてこんなもんですわ。



とかなんとか言ってる間に、いろいろとイベントが発表になってますねー。
忙しいことはいいことだ、うんうん。
ワタシも行けるものは張り切って行きますよ〜
ケラーはね、行ってナンボ!ですわ…多分(自信ないんかよっ)


ひとつ今日お伝えしたいことはですね。
ちどりさんとこの「ちどりん日記」のエントリー
「新歌舞伎座が上本町の近鉄劇場跡地に移転することに伴って近鉄資料室の維持がどうなってしまうのか」という問題です。

正直、ワタシはNewOSKにしか興味はありませんでした。
旧をひきずることに反発すら覚えたこともありました。
でも、いにしえ探検隊が発足されてからは、ちょっとかわってきました。
隊長さんはNew世代の目から見たいにしえをわかりやすく面白く解説してくださるんで、ワタシみたいなもんにでもとっつきやすい。
秋月神話に胸躍らせ、曙ゆりさんのお写真に頬染めて(曙さんはSKDですが)歴史の重みを実感することが出来るわけです。


早い話が、大ちゃんが守ろうとしていた物がどんな物だったのか…いかに価値のある大切な、守らねばならない物だったのか…がわかるということです。
って、なんでも大ちゃんにつなげた解釈をしてしまって申し訳ありませんが。

で、そんな事やあんな事がいっぱいつまった資料室を残し、一般に開放するべきであるということを訴えかけようではないか。ということです。
もちろんワタシも…とゆーかワタシなんかにも出来ることがあるのかい?ってかんじだったんで、なんらかの嘆願を送りたいと思っています。

ワタシなんかの説明ではナンですので、ご興味をもたれたかたはちどりさんのサイトでご確認下さーい。
posted by しげっち at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月26日

ルーツを探せ

お掃除しました。

お布団干しました。

アイロンかけました。

ゴミ捨てました。

えらーいっ!
・・・いや、フツーのことだと思いますが・・・
とりあえずワタシなりに頑張ってるわけです。

大ちゃんもしばらくはめちゃめちゃお忙しい日が続かれると聞きました。だからワタシも頑張るんだもーん(こども化)

こどもで思い出しましたが(どんだけ行き当たりばったりに記事書いてるんだよってかんじですが)千秋楽に大ちゃんのお母様がいらっしゃってて写真集をお求めになられてました。
いつもわりとサバサバした印象のお母様なんでちょっとビックリでした。
まあでもフツー、自分の娘の写真集が出たら買うわな…
あとでサイン貰われるんでしょーか…いいなー、もらい放題で(違)握手とかも出来るんでしょーか(違)会話も出来るよね(違)私生活も見れる(もーやめとけっ)


今日はたまたまちょっとビデオを見てみる気になって…ずーーっとなんにも見てなかったんですよね、長い間。
「秋のおどり」なんか1回見ただけ。退団発表になってから届いたんで、こりゃ無理や…ってかんじだったわけで。
実際無理でしたし。

で、ワタシが初めて大ちゃんを見て「めちゃスキなビジュアル♪」と思ったのはBSで放送された「エンドレスドリーム」なわけですが、販売ビデオで後日見せていただいた時、「いったいどのシーンの大ちゃんにビビッときたんやろ?」とわからなかったわけです。

しかし、わりと最近あることに気がつきました。
販売ビデオとBS放送とは違う物だ…ということ。
そりゃわからんはずや…。
とゆーことで、BS版をお借りして再度チェ〜ック!

なんでそれを今日やったのか…まあなんとなくそーゆー気分だったとしか…。
とりあえずスタート!

あ、わかった(はやっ)
とりあえず琉球Bやな…多分。
娘役さん大勢を従えて激しく踊る〜顔ちれ〜〜〜(うっとり)
わーわーわー、スキヤスキや、このビジュアル〜♪

ちなみに、この琉球での群舞を見て「な、なんじゃコイツらはぁ〜」と衝撃を受けたんでした。「なんでこんな沖縄民謡みたいなんで踊り狂っとるんやー」と。「目が離せねえ〜〜」
ワタシの初OSK群舞鳥肌体験だったわけです。

で、問題のサルバトーレ。
販売ビデオではストーリーを追うことを主にしてたんですが、こちらは主に主人公カップルと大ちゃんを軸に映してる。そのためにストーリーはよーわからん…別にいーの、大ちゃんが映ってれば(こらこら)
ここも、ちれ〜〜〜♪
すっごいサルバトーレ(意味不明)
ちょっとちれ〜すぎるんでないかい?
ワタシはよく大ちゃんのお顔を「神様が粘土をコネコネして作られた顔のようだ」と思うんですが、これもまさしく神様の粘土工作顔でした。

んでもって最後に袴で桜咲く国を舞うところも覚えあり。
「わー、スキな顔やけどもうこれで終わりなんやなー。もっと見たかったなー」と思った覚えがありました。

その最後の感想、今とかぶってるやん(泣)

そうか…やっと納得したぞ…とゆーかんじ。
ワタシの大貴誠落ちのルーツを発見した気がして嬉しかった…


って、何を古いビデオの話を長々と書いてるんや…
けど、わりと冷静にふむふむふむ、ほーほーほーと見ている自分にちょっと驚き。この分だとDVD鑑賞、大丈夫なんでないかい?いやいや、最近のやつはアカンやろなー。

なんやねん、あの西鶴のワンシーンは…(個人攻撃)あんなん絶対ダメダメやわ…と言いながら何度も見に行くワタシ…orz

しかし西鶴ってホントにおもしろかったんですよー。
作品自体もなんかおもしろかったんですが、まわりの反応とか自分の反応とかも、予想外におもしろくて忘れられないですねー、あの暑い暑い8月・・・2005年の世界館・・・。

♪京でいちばんの〜和菓子の店、だいき〜♪

ぜひDVDをお求めの上、一度ご覧下さい(営業)
(DVD紹介コーナー、完成させた〜い・泣)


posted by しげっち at 22:55| Comment(2) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月24日

はひへほ

家庭内でのワタシの呼び名が変わりました。

「ふぬけー」

・・・・なに?
返事するなーっ!
ま、認めちゃったわけですな、その呼び名を。


千秋楽の舞台はいろいろあったわけです。
他サイトで詳細をご覧下さい(いつもの他力本願)
ダイキスト的にはもっといろいろあったわけです、必然的に。

で、大楽にまわりに座ったキツいダイキスト達はなぜか一様に「喜怒哀楽が激しい」「リアクションが大きい」というウザい並びで…。

一部が始まって初っ端…凛々しくそして美しく歌い踊る頭領を見ていきなりしくしくしく…

で、遠国で飛び出してきた三人の悪がき(大貴・桜花・北原)を見て「ぎゃーーー、がばはははは」

梅ちゃんの持つ大貴ウチワで「ひぇ〜〜〜〜〜」

野崎詣りの大ちゃん見て、またしくしくしく…

千両箱になって運ばれていく大ちゃん見つけて「ひゃ〜〜、がはははははは」

またまた野崎詣りの輝く大ちゃんで、ひ〜〜〜ん…

鶴様の大貴写真集で「わははははー」

獅子の大様でえ〜〜〜んえ〜〜〜ん…

歌謡パレードで、一息入れて癒される。

セリあがってくる大ちゃん見て「きゃーーーー」

♪人と人を、心と心を、いつの日かつなぎ結ぼう♪と歌う大さまで、だーーーーー(ToT)いつやーー、いつやねんーーー(ToT)




お、おわった、一部……疲れた…
気が狂ってる人のような観劇でございました。
途中でホンマに「アタシャ、気が触れたんじゃないかしら…」と思っちゃったし。

まあ二部も似たようなかんじですわ。


でね、終演後のお見送りのことを少し書かせてくださいね。

黒の紋付はかまで出てこられた大貴さんはめちゃめちゃきれいでした。
でも今までのきれいな美しい大貴さんとちょっぴり違うと感じたわけです。
美しく理知的な「女性」のお顔になられていました。
達成感と充実感、それとともに肩の荷を降ろしたという想いがお顔に出られたのかなーと思います。

何よりも何よりも瞳がやさしかったぁ〜
あんなにやわらかい、やさしい瞳の大貴さんをワタシは初めて見たわけです。
あー、楽にならはったんやなー…と思いました。
そしてよかったなーと…。
でもやっぱり、よくねえよーーー
そんな泣き言さえ吸い込んでしまわれるほどの美しさでした。


ひとりひとりお花を渡すことが出来たわけですが、その時にそのやさしい瞳で少し微笑まれながら見てくださった時、なにかものすごくあたたかいものに包まれた気がして気を失いそうになったわけです。

しかーし、ぶっ倒れているバヤイではない。
最初で最後のチャレンジ!
やさしい瞳に勇気を頂いて、ワタシは想いのたけをお伝えすることに成功しました。
本当に最初で最後の会話・・・いやいや、キャッチボールではないから会話とは言えないかもしれない。でも確かにワタシの一番言いたかったことをワタシの一番大切な大貴誠さんに言えた・・・す、すごい。
思えば「こんにちは」が言えなくて思い悩み苦しみもがき落ち込んだこともありました。
人として進歩したのでしょうかねぇ…
それとも大貴さんの瞳は、それほどのパワーと勇気をワタシにくださったのでしょーか…。

ものすごい数のお見送りのお客様とひとりひとり丁寧に握手をし、言葉を交わされる大貴さんは、月のあかりよりもまぶしく星のきらめきよりも輝いて(コバルトシリーズみたいな文だよなー)(ハーレクインロマンスか?)
「これがワタシの大貴誠だっ!見たかーーーっ!」ってゆー誇らしい気持ちの反面「ワタシの大ちゃんなのに…ワタシだけの大ちゃんなのに…」ってゆー間違った淋しさもあったりして、もー大変でした(なにがだよっ)

御堂筋をオープンカーで去る!
御堂筋ですぜ!貝塚中央道とは違うんですぜ!(違)
かっこよすぎ〜〜


やっぱり飲まずにいられない夜だったわけで、終電さんまで見送っちゃったよ(泣)
で、タクシーを拾おうと松竹座の前をふらふら歩いてると、別の店で飲んでいた傷心ダイキスト軍団と再会。
夜中の松竹座前で大騒ぎ〜…出待ちする?(違)
「松竹座の裏口にクラブ・チェリーの残骸があるで〜」と教えられてブラブラと見に行く。

ありました。
つわものどもが夢のあと。
ホントに「ザ・パーティー・イズ・オーバー」なんだなぁ…と思い知らせてくれる残骸でした。



…ま、そんなとこです(またふぬけに戻る)

とりあえず今日こそは寝ます。

posted by しげっち at 23:44| Comment(3) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月22日

もうすぐ夜明け…

何度も言うようですが「どえりゃ〜目」にあってます…

同じダイキスト友人が名言をはきました。

「これって確か娯楽だよね」

なんで娯楽がつらいんだよ…orz

大貴誠とともに突っ走った二年半。
明日、幕が閉じます。

ざ・ぱーてぃーいずおーばー・・・・ですか。
随分盛り上がったパーティーでした。
ピンク色の想い出が大きな袋に入りきらずにあふれ出しています。

最後の最後までおバカで沸いててイタくてちょ〜ウザいダイキストでお見送りいたします。
どーかもう一日だけ見逃してやってください。

なんとかお天気になりそうだそうです…
大貴誠が願えばかなわないことはない…のです。

ふっ…高飛車発言に怒りましたね?
だからぁ、もう1日だけ見逃してって言ってんじゃん。



posted by しげっち at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月21日

ぎぶあっぷ

すべてにおいて、限界に近づいている足音がしています。

あるひとりの人にめちゃめちゃ惚れ込んじゃったばっかりに
今ひどい目にあってます…

かと言って後悔はないんですよ。
楽しかったしシアワセだったし…シアワセだったし楽しかったし…楽しかったしシアワセだったし…シアワセだったし楽しかったし……
何回繰り返すんだよっ。
いや、何回でも言えますよ。
だってほんとに楽しかったしシアワセだったんです。

今だって楽しいしシアワセです。
今日も楽しかったしシアワセだったし…。
きっと明日も楽しいだろうしシアワセだと思うんです。

だからなんだよっ…て話ですが、すいません、別になんの脈絡もありません。
ただ、今日は舞台のレポートは出来ません。
って、いつものもレポートなんて呼べるようなものじゃないんですけどね。

でもねー、舞台も客席も一気にヒートアップしてきているのは確かですよ。
うねりのような拍手や笑いや息遣いが聞こえます。

素晴らしい、評価の高い舞台で本当によかったと思っています。
後悔しないように、ぜひどーぞお出かけ下さい。
あと4公演でおしまいです。(おしまい言うなーーー・泣)(いや、アンタが自分で言ったんだからさ…)


posted by しげっち at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。