2004年12月31日

雪降る大晦日

この年の瀬に暢気に美容院に行ってカット&カラーをしました
もっとすることあるだろう?って思われますが
すること無いです(笑)
何故大晦日に?って昨日ちょっと髪の毛の中のほうを見たら
すごい白髪が‥‥(恥ずかしいっす)
年始は、親戚とかに会うし、すぐに桜まつりになるし‥‥
さぁー行こうかなと思って外に出たら雪が降っていて寒いし、
ちょっと雪も積もったりしてるでないか?
大阪は最近、雪が降っても粉雪ですぐに止むのだが
今日の雪は粒が大きくて、すぐには止みそうも無い
チャリで行こう!なんて思っていたのだが絶対ムリムリ。
でも雪の中、車を走らせるのも嫌だなぁー?止めようかなって思ったが
予約してしまってたのでなんとか行ってきました!

その帰りにポストを見たらOMCから書類らしきものが‥‥
何を応募したっけ?もしかしてなんか当たった〜?←すぐいいように考える
ハワイ旅行とか?・・・と勝手に想像して春のおどりの頃は
絶対行かれへんわ〜なんてエレベーターの中で考えていたら
その中身は、なんと6年前の花組スナイパーのパンフレット!
若い春野さんや瀬名さん
そうや応募したわ!でも5名様かなんかだったので絶対に
当たらないと思っていたものが〜すごい確立やん?
大晦日にちょっとラッキーでした(笑)

新年までもう後3時間か・・・本当に早かった一年間
OSKに出会って9月からの3ヶ月間はとっても有意義でした
何も知らない新参者にいろいろと親切にして頂きありがとうございました
来年もどうぞよろしくお願い致しますm(_ _)m
来年ももっとOSKするぞ〜!

posted by しげっち at 21:19| Comment(3) | TrackBack(0) | かわっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

月並みながらご挨拶・・・

2004年・・・いい年でした。
多分、自分の中で、記念に残る年のひとつになると思います。

来年・・・どんな年にしようか。
基本はいつもどおり、快楽主義♪
「楽しい」を追っかけていきましょう。
その中心にはやっぱり「New OSK」がなくっちゃはじまらない。

今年知り合えたたくさんの「やさしく楽しくハッピーな」皆さんと
ともに、今年以上の最高の年にしたいです。

今年、本当にお世話になった皆様、ありがとうございました。
いつもここに遊びにいらしてくださる皆様、ありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願い致します。

目指せ!パワーアーーップ!(最後までテンション高いぜっ)
「いいって・・・」「勘弁してよ」そんな声が聞こえてきそうな大晦日です・・・・
posted by しげっち at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月30日

どうよ?シリーズ

スーパーに行ったら、小さい男の子がチョロチョロしていて
危ないなぁ・・・とちょっと顔をしかめかかったら
お母さんらしき人が「大ちゃんっ、だめよー」と言ったのを聞いて
「大ちゃん、危ないでちゅよー」と、途端にご機嫌なワタシになった・・とか、
チッ、大掃除か・・・嫌だなーと不機嫌な顔で朝食をぱくつきながら
新聞を見ていたら、ディスカウントスーパー「DAIKI」の年末一掃セールのチラシを
発見して、それだけでご機嫌になった・・とか。
そういう細かい馬鹿話しか本日は浮かびません。

大掃除するべ・・・と取り掛かってはみたものの
これって普通は「普段すること」じゃん・・・とか思う。
普段しないもんだから、あえて大掃除と称して年末にする。
それってどうよ?
とか思いながらとりあえずちょっと頑張ってみる。

桜タイムズの大貴さんロンドン紀行を読んでから
「ロンドンに行こう」とか思ってる自分にあきれるんだけど
某Z館のお館さまも、そう思っておられるということで
心強く感じた・・・ってどうよ?
多分☆Cさん☆も思っておられるはず・・・と
またまた心強く思う・・・って、もっとどうよ?

本当はアメリカしか興味ないんだけど
ロンドンミュージカルもいいねーとか急に思ったりして。
幸か不幸か、毎週一度、イギリス人と話す機会があるので
あの写真を見せてイギリス話を聞いてみたいものだ・・・日本語で。
彼(イギリス人)が、今なににはまってる?と聞くので
「OSK〜」と言ったら「なに?それ」と聞くので
「レビューグループ」と言ったら、しばらく通じなかった。
「リビュー」と発音するらしい・・・(大恥)
女が男役をやって・・・と英語で説明するのがむつかしかったので
「シー イズ ハンサムボーイ」と言ったら
なぜか通じた。すごい・・・。
なんかすごく英語で会話してるみたいに聞こえてしまって
怖いのだが、小学生程度のカタコトですぜ。
とりあえず「アーハー」と「ヤー」だけはすごく上手になった。
相槌マシーンのように・・・。

こんなレベルでロンドンに行っていいのかい・・・(行く気になってるのが怖いけどそんな銭も時間もございません)
でも大貴さんは「ボディランゲージとジャパニーズ英語で通じさせた」
と書いておられたっけ・・・いつもいつも勇気をありがとうってかんじ(笑)

でもホントに思うのは、いったいいつ休んでおられるんだろう・・ってこと。
他の劇団員さんたちもそうだけど。
元旦も仕事あるんだ・・・と思ってちょっとつらい。
いや、元旦から声が聞けるのは嬉しいし、もし横浜に帰られたら
それはそれで「同じ大阪の空の下にいない…」とかって寂しいんだけど
でもやっぱりちゃんとお休みもとって下さい。
いや、とっておられるんだろうけど。
皆さん、からだが資本ですから・・ってばばくさいかな・・・

それにしても、ロンドンに2泊4日ってどうよ?
posted by しげっち at 02:05| Comment(2) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月28日

リーガロイヤルDSD

桜タイムズが来ました
おー、読みどころ満載・・・って、単に大貴さんのロンドン記を
何度も読んでいるのでそう感じるだけか?
いやいや、公演だのTVだのラジオだののチェックや
ダンディの座談会、振袖の撮影裏話・・・やっぱり読みどころ満載だぁ

でも一番正直な感想はね、「なんだか来年も必死で電話ばっかり
しないといけないやん・・・」ってことだったりして。
しかも「春のおどり」の電話は世界館の日にかぶってるってどうよ?

まあそれもこれも、全部「楽しみ」ってことにいたしまして・・・。
リーガの完結編・・・そんなたいそうなものではないが・・・。

キャンドルがゆらめく舞台で、大貴さんが多分ご挨拶みたいなことをされた・・・
気がするのですが、さだかではない。
で、また「Thank you for the music」を歌いながら
皆さんが客席に降りてこられた・・・え?皆さんでしたっけ?
一部のかたでしたっけ?

で、最前列のしかも舞台の階段の前ってことで、北原さんが
こちらにこられて、同じテーブルの年配のご婦人が手をだされました。
で、隣の☆Cさん☆Y女史も手を出されたので、「じゃあワタシも・・・」
ってかんじで握手していただきました。
もう北原さんの手は、ツルッツルのサーラサラ・・・
だってツルツルの手袋、してらしたんだもーん。
ほっほっほっ、ちょっとラッキー♪とか余裕ぶっこいてたんですが・・・。

そのあと大貴さんも降りてこられるのが見えて・・・
「あ、あ、あ、あ、あ、あ、あ、あ、あ。」
これ、ワタシの中の叫び声です。
うわぁ、最後に間近でお顔を拝める・・・とワクワクした瞬間
またしても同じテーブルの年配のご婦人が手を出されて・・・。
☆Cさん☆Y女史も手を出されて・・・・

「ワタシも手を出す?出さない?出す?出さない?出す?出さない?」
これ、ワタシの中の葛藤です。
実際は0.02秒くらいの時間だったんですけどね・・・
いやもう、ワタシには10分くらいの感覚で・・・
だって「後ろまで行かないといけないので・・・」ってかんじで
無視された日にゃあ多分、差し出した自分の手をハサミで
ちょん切ってましたね(実際には痛がりなので絶対しませんがね)

結局、手を出しましたら握手してくださいました。
それがねー(いきなりくだける)♪サンキューフォーザミューズイック♪と
歌いながら、すごい勢いで駆け抜けようとされていて、そこに手を出したという
かんじなので、勢いのついた握手になってしまって・・・。
結構すごい握力でした。
ギュッ・・・・と。(ハァ・・・ため息)
いや、ひょっとしたら、先に行こうとされていて、その勢いを
握手の手で止めた・・・ってかんじなのかもしれないんですけどね。

確かに桜まつりでも、握手していただきましたよ。
でも全然違うんですよね。
なんていうか、すごく熱くて激しい握手でした。
手もすごく熱かったんです。
あー、舞台をされている時ってこんなに熱い体温なんだ・・・って
思いました。
全て燃やして、舞台をつとめてらっしゃるんだ・・・と。

そう思ったら涙が出てましたね。
ばかだねー・・・実際、鼻水が目に飛んだだけかも
しれませんがねっ、へんっ(照れ隠し)

いや、いい年してなに感動してんだよーと思うわけですが、
自分の中にまだ熱いものがあるっていうことを認識させていただけたことに
強い喜びを感じるわけです。
OSKや大貴さんに出会ったことで、いろいろと変わろうとしている自分がいて
変えようとしている自分がいて・・・。
ホントにいい1年だったなぁ、ありがとう。
そんな感謝の夜でした。

んー、そのあと、舞台に戻られた大貴さんがなにかおっしゃって
終わった・・・みたいなんだけど、記憶にありません。
完全にいっちゃってましたから・・・。
場内の明かりがついて、感動にうちふるえるワタシの横で
Y女史が「アンコールないんかー、アンコールは・・・」と(笑)
(アチャー、またネタにしちゃったよー、ゴメンナサーイ)

でも思うんですが、「熱い手」を差し出しただけで
感動を与えることが出来る職業って、すごいですよね。
スポーツ選手にしても芸能人にしても同じですが。
そのすごさをご本人たちは、どこまで認識されているんでしょうね。
ワタシはそういう立場の人ではないので全くわかりませんが
その点をものすごく聞いてみたいです。

ぶっちゃけて言うと、こういう職業って、もし無くても日本は滅びませんよね。
人類は滅亡しませんよね・・・
でもでも「必要」なんですよね。
こういう「熱い手」ひとつで、「ほほえみ」ひとつで、「芸」や「肉体」で
人を感動させられる職業って、いつの時代も絶対必要で、それは
選ばれた一握りの人だけに許される職業なんですよね。

先日のラジオで木乃香ちゃんが「皆さんは私たちから勇気をもらうと
おっしゃってくださいますが、私たちも皆さんから勇気をいただいて
いるんです」とおっしゃっていました。
そーなの?ほんとにそーなの?
そんなふうに、この感動の一端にワタシが関われるのなら
こんなに楽しく嬉しいことはないなぁ・・・と思ったわけです。

さあて、とにかく終わってご挨拶もそこそこに・・・
随喜館館主殿に「ワ、ワタクシ号泣いたしましたー」と叫びおいて
嵐のように去ったわけです。

帰宅途中もずっと頭の中は♪サンキューフォーザミュージック♪が
鳴り響いていましたっけ・・・
帰ってすぐにこの曲をダウンロードして繰り返し流して・・・
「大貴さんがこう来られてぇ、ワタシがこう手を出してぇ、
こういう角度で手を握られてぇ・・・うっひゃ〜」
と、シュミレーション遊びを楽しみました。(ほんまに何歳や…と聞きたい)
・・・っていうか今もまだ楽しんでますし・・・。

あー、書き終わったら、本当にディナーショーが終わってしまったような
寂しさが・・・。
またまたお世話をかけたりご迷惑をかけたりした皆様、ごめんなさい。
そしてたくさんありがとう。


posted by しげっち at 23:59| Comment(3) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

奈良ロイヤルDSA

昨日の晩は、その後を足らない頭脳を振り絞り考えていたら
なかなか寝れず、結局寝ようとしていたら目覚ましが鳴る
普段はすぐ寝るんだが・・・何故だ?
晩にエスプレッソを飲んだせいか・・・
晩のコーヒーはダメなんです(子供か?と良く言われる)
それかまた余韻にひたって興奮していたのか・・・
しげっちが、次の日も忘れられなくて夢の中にいてるねん
と言っていたっけ?

昨日の続きですが
たぶん次はスパニッシュだ〜!
陵さん折原さん櫻子ちゃんが秋のおどりの赤と黒の衣装で登場〜
この衣装は、とてもセクシーで好きなドレスです
北原さんがとってもきれいだったな〜
みんなきれいですけどね(笑)
すごいリフトもありましたね〜
なんかグルングルン回してたような・・・
桜花さんのカスタネットもすごくかっこ良かったな〜
そんなんやっていいの?と思うぐらい激しかったです
本当全部激しすぎる〜

どの場面だったか、桜花さんが客席に下りてきた
ちょうどセンターに階段があったので、どんどん私のほうへ
向かってくるではないか?
え〜〜っ嬉しいけど恥ずかしい‥‥どんな顔してればいいのか?
と思っていたら客席センターで止まり歌い踊りだした
そして私の後ろを通っていくではないか?
むっちゃ近くでお顔を拝見することができたのだが
ものすごい速さで会場横の出入り口へ
走り去っていった!
それからの記憶は‥‥‥です

桜花さんばかり見ていたので全体をちゃんと
把握していないんですが
私が好きだった所は、女役さん全員をre-BIRTHの
オープニングの桐生くんのように
「はい、はい、あなたもね」「あなたも?」
「あ〜忙し、忙し〜」と何人もリフトだ抱えるだとしていた
桜花さんは大変そうだったが面白かった!

そして桜花さんのクリスマスの思い出は、OSKでまだ若い時
ちょうどクリスマスの頃にアメリカに行って
イルミネーションがとっても綺麗だったんです
電気代など気にせずにですね!って(笑)
スターの発言とは思えないがとっても庶民的な
一面をありがとう〜

クリスマスメドレーは陵さんのとってもきれいなアベマリア
から始まり、サンタが街にやってくるや、けいとくんのソロの歌
(曲名わからず)初めて聞いたので新鮮だった
そして桐生くんも曲名はわかりませんが
すごくあっていて熱唱していたと思う
もっと聞きたかったよ〜
一月の世界館「DANDY」でもこういう曲をソロで歌って欲しいと願う

本当に見所たっぷりのショーでした
みんな汗びっしょり(男役さんとくに)
あっという間の1時間15分ぐらいだったかな?
二部も見たかったぞ〜





posted by しげっち at 17:56| Comment(0) | TrackBack(0) | かわっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月27日

リーガロイヤルDSC

今週で今年は終わり・・・
どうだったんだい?今年は・・・
と振り返ろうとするけど、最後の4ヶ月のインパクトが
強すぎて、その前の8ヶ月のことが全然思い出せない・・・。
そうか・・・2004年って4ヶ月しかなかったんか・・・
そんなわけあるかいっ。
こんなふうにひとり突っ込みしながら今年も終わるわけです。

ささ、今年が終わる前にDSを終わらせてしまわなければ・・・。
舞台では、クリスマスメドレーが始まりました。
ここで、予告で一番の売りだったピアノ大会〜
弾き語りって言ってたけど、弾き語りではなかったよね。
みなさん、とってもお上手・・・
貴城さんがパーッと椅子をさげちゃって、立って弾かれる姿は
もうかっこいいとしか言いようがない。
え?なに?で、次になにをしてくれるの?とかワクワクしちゃったよー。
鍵盤の上に飛び乗って、足で弾いてくれちゃったりするの?
・・・それって柔道一直線の近藤正臣じゃん・・・ふるっ。

貴城さんが立って弾いてる時に、そのピアノの椅子にクールに腰掛けていたのが
爽加さん。すごくさまになってるんだけど、「弾かないのに座ってるんだ〜」
って、勝手に笑いのツボに仕立て上げてしまってました、ごめんなさい。
貴城さんと入れ違いに、サーっと自分で椅子をピアノに近づけて
弾かれました。ほんとお上手。みなさん器用だわ・・・。
しかも指がスラッと長くて細くて・・・
ワタシは1オクターブ届かないんだよ〜(泣)

でも大貴さんは弾かれなかったな。
桜まつりで「全員が弾きます。片手でも許してくださいね」と
おっしゃっていたので、チョロっと片手で弾かれて、笑いをとられるのか・・・と
期待してたんだけど・・・って、どうもDSで笑いを欲しがるのは
間違いのような気もするが・・・。

そう言えば、結構大貴さんと他の劇団員さん・・・というふうに
分かれて舞台に立たれることがほとんどだったので
もうちょっと交流の姿っていうんですか?そういうのを見てみたかった気もします。
まあ短い時間だから、あれもこれもは無理なんだけどね。
大貴さんが下級生に突っ込んでる・・・つもりで
実は突っ込まれてる・・・みたいな構図を見たかったわけで。
まあ大貴さんへの突っ込みは、元旦のラジオでの桜花さんに期待するとして・・・。

クリスマスメドレーの中で「サンタがママにキスをした」を
大貴サンタが歌われました。
これは、客席の扉から、サンタのちょっとダブダブの扮装をした
大貴さんが飛び込んでこられて・・・
かわいいぞーーー、信じらんない・・・この人、いくつ?
子供なんじゃないの?
サンタの赤い帽子が眉毛の下までありました。
「命の前髪」を隠してるのに、最高!
足元を見てびっくり・・・。かわいい動物のぬいぐるみがひっついたスリッパ・・・
うちにもありますけど・・・。ペタペタ歩いてっていうか飛び回ってて。
で、しゃべりかたも「こーどーもーーー!」
歌の合間に「ねー、サンタ信じる?」って観客にマイクを向けるんです。
この「信じる?」っていうのが「しんじるうぅ?(語尾をキューっと上げる)」ってかんじで、チョーかわいい。
マイクを向けられた人はもちろん「信じる」「信じる」「信じる」・・・と
宗教の集まりのようになってしまった・・・。
そのたびに、子供の声で「ありがと!」「大好き!」「いい人!」とお返事をする
誠坊や。
そのうち一人のおじさまが「信じない」と言ったのか、何も言わなかったのか、
ちょっと聞こえなかったんだけど、誠坊やがムッとして「もういいっ、ボク寝る」
と、扉の向こうに去っていかれた。

ということは、大貴さんは舞台裏まで、あのアニマルスリッパで走って戻られたって
ことですよねー。
いいんですかい?リーガロイヤルさん・・・廊下でのスリッパ履きは
ご遠慮いただくんじゃなかったですかい?
とか、しょーもないことを考えてニチャつく。

そのあと白いエンビにスパンコールキラキラに着替えられた大貴さんと
皆さんが、キャンドルに灯をともして歌われる・・・なにをだったかは
忘れたー。で、そのキャンドルを舞台に並べて置かれる。
うっうっ・・フィナーレに近づいてるのね・・・あー、メリークリスマスー・・・
(この時点でいっちゃってる)

あー、あかん・・・今日で終われないっす。
Dに続きます。次回は完結編!
posted by しげっち at 22:41| Comment(1) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月26日

リーガロイヤルDSB

大貴さんウチワタペストリー

ご覧のように、我が家のリビングのカウンターの上には
チェリーさん☆特製大貴さまウチワが燦然と輝いております。
今日は、年賀状作成が全くはかどらず、なんとなくアンニュイな一日を
過ごしてたんですが、このウチワを見ると元気が出るんですなー、
いやぁ、ものすごく単純でびっくり。
それなら・・・と、ワタシのPCまわりには、大貴さんグッズが
並び始めております、いや、お手製ですが・・・。
しかも随喜館館主殿の、「写真は個人で楽しむなら使ってもいい」という
お言葉を鵜呑みにして・・・。いいんですよね?(またこんなところで聞くんだ?)
いやぁ、濃い空間ですよー(笑)
勇気が出たら、写真でご紹介しましょう・・・いらんか。

それにしても、この携帯の画像はあまりにもしょぼい・・・。
しょぼすぎて悲しい。
折角、桜まつりで撮った大貴さんのお写真も・・・当然しょぼい。
DSで某Y女史(今日は飲まないわよっと言いながらガボガボ飲んでおられたのが
ワタシのツボのひとつです)に、「しょぼいでしょー、見て」と見せたら
「そんなことないやろー・・・いや、ほんまや」と駄目押しされてかなり
買い換える気になっとります。
次の桜まつりには130万画素の携帯で行きたい・・・すごいささやかな願いだけど
本人は真剣デス

DS第3回・・・今日で終わるのかな・・・自分でもわかりましぇーん。

赤いヒラヒラのお衣装で登場された大貴さんが、夢の話をされて・・・
うーん、ちゃんと思い出せないのが悔しい・・・。
「ほにゃららほにゃららという気持ちを込めてこの歌を作りました」
とおっしゃった。(ほにゃららの実態募集中)
ん?じゃあこの歌って大貴さん作詞っていうあれ?
そういうのがあるという話は聞いたことあるんだけど、これがそれなのね?
と、誰に確認するわけにもいかず、聞き入る。
「残ってくれるなら私は歌い続けよう、夢を追いかけ続けよう」とかいう歌詞があったような・・・
とにかく、諦めずに夢を追い続けるという歌。

すごく個人的な話だが、ちーちゃな夢があって、それに向かって
四年間突っ走ってきた。結構がむしゃらに・・・。
で、ちょっとその夢がかすんでしまって、どうするんだい?どうしたいんだい?
みたいな時期に、New OSKに出会った。
OSKが止まり木のような、そんな役割を果たしてくれたことは間違いない。
そんなOSKが・・・いや正確には大貴さんが「夢を追う」という
メッセージを歌われた。
自分へのメッセージのような気がして、情けなくなって
悲しくなって・・・そして嬉しくなった。
とても心のこもった歌声だった・・・あの歌詞をちゃんと知りたい。
ワタシのまわりの時間が止まった一曲だった。

えーっと、それから劇団員さんたちがご一緒に「Tell Her about it」を歌われて。
この後だったかな?北原さんがインタビュアーになってみなさんに
「あなたのロイヤルドリームは?」って聞かれてました。
こころちゃんだっけな・・・「このあと、みんなでクリスマスパーティーがしたいです」
貴城さんは「ダンスと言えば貴城といわれるようになりたい」って。
かっこい〜、でもしゃべりかたは、かわい〜(笑)
水無月さんは「OSKでお芝居の大作をやりたいです」

で、ここでワタシ的にすごくおもしろかったのは北原さん。
「私は娘役ですが、さきほど大貴さんが着られたようなすごい輪っかの
入ったようなドレスを着たことがないんです。一度着てみたいので
先ほどのドレスを予約したんですが、いつ着れるか予定はありません」
・・・・着せてあげてよっ(笑)
いい娘役さんなのにさ・・・。
・・っていうか、娘役さんにうらやましがられるようなドレスを着る
男役ってどうよ?(笑)
でも確かに美しすぎるほど美しかったんですけど。

それから大貴さんが「Tell Her」を歌われて
「歌って素晴らしいですよね」ということで「Thank You For The Music」を
歌われます。懐かしいアバの曲・・・青春だ・・・年齢パレるけど・・・。
そして楽しいクリスマスメドレーに入っていきます。

あ、やっぱりCに続きます。
次で終わりますので。


posted by しげっち at 23:59| Comment(5) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

奈良ロイヤルDS@

12月25日奈良ロイヤルホテル5時〜のディナーショーに行く

ディナーショー1週間前に決めて行くことになったのですが
本当に行って良かったです(感涙)
すぐに帰って風呂に入ってから
しげっちに電話で約3時間近く報告会をしていたので
その日にブログは書けなかった
前日は、うちの家でしげっちの報告会が2時間近くあったと思う
どんなけしゃべるねん!
それはおいといてと‥‥

良い席では無いけどそれでも行きたい、今年最後になるので会いたい!と
考えていたので、すごく後ろだったら顔が見えないと思いオペラグラスまで
持参して行ったのだが結局総勢100人ちょっとだったのだろうか?
テーブルも3列目の三卓並べている真ん中のテーブルの
Uの字の形に座る一番真正面だったので邪魔な障害も無く、
センターに立つ桜花さんがばっちり見える席でした(神様ありがとう〜)

ディナーショーが始まる前は皆さんと一緒にいれて
すごく楽しかったんですが・・・
ショーの前のディナーが少し憂鬱だった
一人でもディナーショー行くと言ったときに
全然知らない人とディナーするんやで〜
と怖がらせる発言で少し悩んでいたが
まぁいいやと覚悟を決めて行ったのに
一人で一時間の食事は‥‥でした

テーブルでは、左隣に熟年カップル2組と右隣にもう一組ペアで
来られていて私が真ん中で一人(笑)
シャンパンで乾杯も一人で「Merry Christmas!」
とつぶやきながらごくごく飲み干し
「お飲み物は何を・・・」と給仕さんが言うので
「ビールをください」と言ったら、周りもみんなビールと言ったので
グラスビールではなく、テーブルに瓶のスーパードライがぼんぼんと置かれた
一人で手酌酒しようとしていたら、隣の紳士(立原啓介が年取ったらこんな感じかも)
が「注ぎましょう」と声をかけてくれて注いで貰えた
なんて優しいおじさまだったのだろう?
本当に感謝致します
でてくるお皿をはむはむと平らげ(何もする事がないので)
最後のケーキを食べている頃に後10分でショーが始まります
とアナウンスが‥‥
そそくさとお手洗いに行けば、みんなと出会いほっとする

そしてやっとショーが始まる〜
始めは、白い聖歌隊のような衣装でキャンドルをもった皆さんが
客席にいた。歌が始まりアレ?桜花さんがいないぞ!
と思っていたら舞台に現れた
桜花さんが出てきた時に私は、この為にここに来たんだーー!
食事を楽しみに来たのではないと思い
本当に嬉しくて感動していたら涙がでてきた

一曲歌い上げそして早着替えをし
イメージがころっと変わった
さっき迄の白い衣装からみんな黒の衣装で決めている
男役さん達の髪型も片方は立てて
もう片方は前にちょっとだけくるっとして垂らしている
みんなとってもかわいいではないか〜
男役さんは黒のてかっとしたシャツ(わかりにくいですね)
女役さん達は、黒のノースリーブで
いきなり軽快にヒップホップを踊りだす
ダンスの基本がしっかりと出来ているヒップホップなので
街中で汚い格好で踊っているのとは全然違う
すごくかっこ良かったと思う
若木さんのスタイルの良さが引き立っていた

桜花さんが息をきらしながら
色々と話していたと思うが全部覚えていない
まばたきせず見てくださいませと言っていたので
本当に真剣に見ていた
口は一応紳士淑女の人たちの真ん中だったので
ぅんぐっとつむり、よ○れ出さないようにね
少し顔を前に出し見ていた(笑)
(ちょっとでも前になるように)
それもむっちゃかっこ悪いと後で気づく

その後、舞台上でメンバーがつい立のようになり
桜花さんが折原さん?か誰かはっきりわからないが
着替えを手伝ってもらって白のロングの衣装に
着替えてGacktの12月のLove songを唄う
「大切な人だからずっと変わらないでいて〜♪」←さびです
秋の踊りのフィナーレでもルネッサンスOSKをパートごとに
唄うところで桜花さんは「大切な〜大切な〜この時〜♪」と唄っていた
"大切な"がすごく似合うなと私は勝手に思っている
またこの曲もお気に入りとなる

次はまたまたかっこいいスパニッシュだ〜
今日はこのへんで‥‥本当に長くなると思いますので

midoriさま
凛ちゃんがショーを観に来ておられましたよ〜
そして凛ちゃんママが私の座っていたテーブルに
(三席開いていたので)
ショーの時だけですがちょこんと座ってみておられました
始めは全然知らなかったのでずか
教えてもらってびっくりしました
凛ちゃんは、会場の一番奥にスタッフの方たちと
一緒に座っておられました
(私の3メートル後ろぐらい)
ちょっと気になりつつも
桜花さんが出てる時は前しか観ないのですが
着替えでいない時にちらちらっと後ろを振り返って
覘きみてました。真剣にそしてにこやかに‥‥
とっても可愛かったです




posted by しげっち at 23:05| Comment(2) | TrackBack(0) | かわっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月25日

リーガロイヤルDSA

今日一日は、夢の中にいるような・・
ひとりで歌ったり、思い出し笑いしたり、うっとりしたり・・・。
息子に「なんで何回もため息ついてるん?」とか突っ込まれたり・・。

もう一度見たい・・・それは絶対に無理なこと・・・。
この刹那的魅力が好きで、舞台に引き込まれたのに、今はそれがうらめしい。
記憶の中でしか見ることができない・・・

私にとってのクリスマスは昨日で終わった。
そして今日はかわっちが奈良ロイヤルに・・・。
「大ちゃん来てる?」とメールでウキウキ聞くと「吉津さん来てるよ」
・・・・あそ。(いや、別に吉津さんがどうということではなく…)
だって昨日のDSで、高世さんに「DSが終わって達成感があるでしょー?
いいないいなー」的発言をして「よーし、私も明日、奈良で言ってやろーっと」と
おっしゃっていたから。
もうそれ見たさに、奈良ロイヤルのロビーにお茶しに行こうかと思ったくらい・・・。

その時、大貴さんがおっしゃったのは「私ねー、舞台こわいの。始まる前に
コワイヨーコワイヨーって言ってるの、下級生に聞かれちゃってると思う」と
肩をすくめていらした。・・・・かわいすぎやしませんか?そのリアクション。
「でもねー、始まっちゃうと壊れちゃうの。大貴誠は壊れちゃうの。」
ちょうでちゅか、ちょこがいいちょころでちゅよね。

それに対して高世さんが「そんなことないですよ・・・」みたいなことを
言った・・・と思う。
で、大貴さんは「いい子なんだよねー」と高世さんの頭をなでなでしたのでした。
おっと、前髪、くずれるじゃん・・・とヒヤッとしたけど
ちゃんと前髪を避けて、頭のてっぺんだけ触ってたし・・・(笑)

ついでにその時の会話。
「ねーねー、高世はこのあとどんなクリスマスを過ごすの?どこ行くの?なに食べんの?」
観客、おおいに喜ぶ。
で、高世さん「秘密です」
・・・・思ったとおりのお答えありがとう。
「高世ってね、いっつも秘密ばっかりなんだよー」
観客、わく。
っていうか、どっちが下級生だか一瞬わからなくなる。
双方、イメージどおりの会話ってところか。

でぇ、昨日の続き。(やっとかいっ)
「星のかけらを探しに行こう」は誰が歌ったんだっけ・・・
えーっと、この時だったかな、大貴さん以外の劇団員さんが
客席の間を通られて・・・
武生に引き続き、緋波さんのオーラに圧倒された・・・。
な、なに?このオーラ・・・。
あ、あ、目が・・・目が勝手に持っていかれる〜〜〜〜
すごいです、まじで。あれってなんなのでしょうか?
いつか自分で解明出来る日が来るのでしょうか・・・

大貴さんがスパンコールのいっぱいついた黒のエンビで登場されて
「皆様の笑顔、いいですねー。その笑顔に・・・」
みたいなことをおっしゃって「Smile」を歌った・・・ですよね?(昨日に引き続き
誰に聞いてるんだよ?)
正面の舞台とは別に会場の真ん中に、まあるい舞台がありました。
そこで・・・そうそう思い出したわ、そこで歌われたんですね。
で、「笑うのは人間だけですもんね・・・あれ?動物も笑う?」みたいな
かんじで前の舞台にふったんです。
多分、前の舞台では他の劇団員さんたちが、なにかをしていらしたんです。
いや、もちろんチラッと拝見したんですよ。
でもやっぱり後ろの舞台にいる大貴さんから目が離せなくって・・・。
そんなお客様が他にもたくさんいらっしゃったようで
大貴さんは、何回も「ほらっ!」「ほらっ!」と、前を向かせようと
がんばっておられましたが、仕舞いには「いや〜ん、前、見て〜」と・・・(笑)
ねだられちゃったよ・・・まいったまいった。
いや、でも本当はだめですよね、こんな見方は・・・。反省反省。

「マッチ売りの少女」は、どのあたりだったんでしょうか・・・?
多分このあたりだったかと・・・。
こころちゃんがマッチ売りの少女なわけです。
で、あとのかたでカップルになってるんですが、この時、貴城さんは誰と
ペアでしたっけ・・・思い出せない・・・このペアがおもしろかった。
なんかリアクションが派手で・・・いねーよっ、そんなカップルっ・・みたいな(笑)
で、ひとりぼっちのこころちゃんのところに、グレーのシルクハットの紳士が。
もちろん大貴さん。
好きです。こういう扮装。
「紳士」とか「スーツ」とか、そういうのが似合う人がホント好きなんです〜(思い出したように♪ふたりの秋♪)
やさしくマッチをすって、こころちゃんをあたためてあげたりするんです。
いいないいなー、うらやましすぎ・・・。
よーしっ、マッチ売りになるぞ〜・・・
はじまったぜ、単細胞が・・・。

ということで、Bに続きます・・・

posted by しげっち at 22:27| Comment(3) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月24日

リーガロイヤルDS@

散々、行くたら行かないたらと騒がせたリーガロイヤルディナーショー。
ぐすん、行ってよかったよ・・・
行かないと一生の不覚・・・状態になるところだったよ。

朝から落ち着かない時間を過ごして、ようやく終業式を終えた息子が
帰宅して、「あゆみ」を見る目もそぞろで・・・
息子が遊びに出て行ったと同時に家を飛び出して・・・

食事タイムが始まる丁度1時間前にホテルに到着した。
あー、ついに来たぜ〜…とかいう感慨を束の間抱いたのだけど
すぐ大貴さんウチワX'masバージョンの最終工程のお手伝いにかかる。
大貴さんのお顔の入ったチェリーさん特製ウチワに、かわいいX'masグッズを
とりつける・・・というマニファクチャー。
ふふふ、楽しいさー
内職ってやったことないけど、こんなかんじ?
んなわけないよな・・・。

続々とお客様が集まってこられる・・・
なんかもう見ただけで濃いわけよ。
話なんか小耳にはさんだ日にゃあ、もっと濃いわけよ。
「濃いわぁ・・」とつぶやいた私に
「あんたのほうが濃いっ」と突っ込んでくださった皆様、ありがとう。
知らなかったんだよー、自分が濃いってことをさー。
そうか・・・結構濃いんか・・・(すごくショックをうけてる)
よし、じゃあ「寝ても覚めてもOSK」のサブタイトルは
「ごめんよ、短期間で濃くて・・・」にします。

まあそんなことはどうでもいいか・・・。
早くディナーショーを書け〜〜
・・・まだまだ行きそうにありませんぜ。
お茶でも飲んで気長にお付き合い下さい。

受付を済ませ、お席をいただいて・・・
えーーーーっ、いい席・・・・最前列・・・。
こ、これにはいろいろわけがあってですね、もう私が今、
神とあがめたてまつっているかたのですね、空よりも広く海よりも深い
人徳とOSK愛のおかげでですね・・・。
とにかく、ものすごいことになってきたわけです。

同じテーブルには、東京からこられたかたがいらっしゃって。
午前中はお仕事をされてから来られたそうです。
「大貴さんのためですから・・・」とサラリとおっしゃったりして。
ひー、ここにも濃い人が・・・・

お食事は、結構冷静にちゃんと食べましたのことよ。
ちゃんとスパークリングワインとビールも飲みましたし。

あ、と思ったら大貴さんのお声での開幕のアナウンスが・・・。
幕が上がるとそこには、緋波さん、貴城さん、爽加さんに囲まれた
後ろ向きの美女が・・・。いや、後ろ向きだから美女は変だな・・・。
でも真っ白なものすごーいドレスを着ておられるわけです。
うっ、そうきたか・・・・と思いました。
いきなりかいっ・・・とも。
くるりとこちらを見られるとやはり、それは美しい美女、大貴誠さんでした。
ちょっとー、きれーすぎやしないかい?
でも目元は涼しいのよね、キリッとしたいい女だわ。
椿姫だそうです。
「She is Beautiful」を歌ったんですよね?(誰に聞いてんの?)
もう「ぼーーーっ」と見てましたっけ・・・。

エリザベートを観劇した時、OSKで役割を考えて遊んでまして。
その時、トートを大貴さんか桜花さんか、どちらがやるんだよーってことで
かわっちと喧嘩しまして・・・。
かわっちは、大貴さんはエリザベートがいいと言ったわけですよ。
うーん・・・今日のお姿を拝見して、「それ、ありだな・・・」と
思いました。一路さんだって真っ青さっ。
でも私のイメージ的に、あの目つきはスカーレットオハラなんだけどなー。

そのあと、大貴嬢がひっこまれて、全員で「夢で逢えたら」を
唄って踊ったんですよね?(だから誰に聞いてるんだ?)
なんか自信ないんですよねぇ、これがあの曲…とか、誰が歌った?とか。
なんせワタシは廃人化してましたから。

あー、まだ二曲目なのに、こんなにスペース使っちゃって・・・
ま、ぼちぼちいきますね・・・って、どんどん記憶があやふやになりますけどね。
先にあやまっときます・・・ごめんなさい(すごく気が弱いんです)


posted by しげっち at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

たっぷりどっぷりOSK

クリスマスディナーショーアウィーナはもう終わりましたね
どんなんだったのだろう?
たぶん良かったでしょう!
明日はリーガ、明後日は奈良ロイヤル〜
しげっちが明日なのでちょっと余裕を見せて
楽しんできてね〜なんて言っていたのだが
気持ちはもう明後日やんか〜?
何を着ていけばいいのか?
テーブルの方に降りて来てくれて
近くを歩いたりなんかしてくれた時には
どんな風にすればいいのか?
などなどかなり不安です
でも楽しみです(笑)

今日見たあややのスカパーのCMで
人生一つでも何かたっぷりどっぷりなりたいな〜
あなたは何か一つでもたっぷりどっぷりなったことがありますか?
               たぶんこんなんだった(笑)
あまりじっくりCMを見ないほうなんだが
すごくぴぴっときて「うんうん、OSKにたっぷりどっぷり〜」
とテレビの前で密かに言っていた

普通なかなかなれないよな〜
今は、本当にそういう意味ではありがたいと思っている
楽しい毎日を過ごせている
こんな気持ちになったのはたぶん今まで無かったと思う
世間では、そんな人間をばか呼ばわりする
でもそれでもいい(笑)

最後に見ごたえたっぷりどっぷりスカパーと唄っている所を
見ごたえたっぷりどっぷりOSK〜♪
と口ずさんでいる私です

このCMで荻野目慶子はいい味をだしている
たぶんいっちゃってるよね(笑)


posted by しげっち at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | かわっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月22日

緊張と興奮の生唾ゴクリ・・・

えーっと、正直何を書いたらいいのかわからないほどの
思考回路になってます・・・。
まあもともと、たいした思考回路でもないので・・・あははは・・はぁ・・。

リーガロイヤルのディナーショーがあさってに迫ってるってことで
興奮と緊張とが渦巻いております。

とりあえず終わったら、一人でちゃんと大地を踏みしめて帰宅できるのでしょうか・・・。自信はない・・・。
夢の中をさまようように、ふわふわ〜ふらふら〜と・・・。
無事に帰宅できれば拍手喝さいですな。

なんにも手につかないので、とりあえずDVDを見たりしてます。
そうすると、「あ、もうすぐこの人(大貴さん)に会える」とか思って
余計に何も手につかなくなってしまいます。
しかたがないので、またDVDを見ます。
こういうのを「悪循環」と言います。

旦那は忘年会シーズンで、ずっと帰りが遅いのですが
夜中に帰ってきてもテレビの前でペタンと座って、ニコニコとDVDを見ている
ワタシを見て「毎日ほんまに楽しそうでええなぁ」と。
あきれているんだか、理解を示しているんだかわかりませんが・・・。
奥さんがニコニコしているというのは
その家庭にとっていいことだよねーと洗脳しています。

とにかく、あさってでワタシの濃い1年・・・OSK元年が
終わるわけです。
最高のしめくくりDayになりそうな予感・・・
あ、そんなこと言うたらまた緊張するやん・・・とか自分で突っ込みながら
長く楽しい今日が終わります。

posted by しげっち at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月20日

あとは野となれ山となれ…


うへへへへ、DS行っちゃいま〜す!!
家庭の都合でいけなかったはずなんですが
思いっきり無理して行っちゃいま〜す
無事、チケット、ゲットしました〜〜〜
ぶくぶくぶくぶく・・・(興奮しすぎて泡ふいてます)

告白するとですね、ずーっとずーっと、うじうじうじうじ悩んでました・・・
本当は行けないんですよ、まじ(笑)
でも行きたいんだよなー。
本心にそむくって、ものすごく疲れるんですよね・・・。
最近、あんまりそむいたりしてなかったもんですから、余計に
疲れてですね、すごくアンニュイな毎日を送っていたような。

9月に秋のおどりではまった時に、「次に生大ちゃんに会えるのは
4月の春のおどりか・・・」と思ってたんです。
でも11月にこけら落としと桜まつりで二度も会えた・・・。
「あぁ、もう4月まで本当に会えない」
ところがですねぇ、今月・・・っちゅうか今週会えるじゃーーん!!
ぶくぶくぶくぶく・・・(すいません、また泡ふいてます)

1月も桜まつりで会えて、2月も世界館で会える・・・。
あぁ、ワタシって本当に幸せ者・・・日頃のおこない、いいもんなー(ネットだと
好き勝手に言えるから嬉しい)
そんで4月にはひょっとしたら毎日会えるかも〜〜(毎日行く気かぃっ)

17日の日に、かわっちが奈良ロイヤルに行こうかな・・・と行った時
平静な顔をして「行ってらっしゃい、子供みといたるし」とか言ったわけですが
実は「オラァ、ここんとこ、そのことでずっと頭が爆発しそうだったんだよおぉぉ」
と、叫びたかったわけです。

で、ここで「行きます宣言」したら、なんだか皆さん、やさしく「ご一緒に・・・」とか言ってもらったりしてるし・・・(完全にすねてます)
というわけで、今から「ご一緒に・・・カキコミ」や「よく決心したなっ、えらいえらい・・・カキコミ」「最初から行くって言っとけ・・・カキコミ」などを募集します。
どうぞよろしくお願いします(笑)

えーっと、行くのは「リーガロイヤル」の3時半の部です。
一人ぼっちのロンリーハート参加ですので(意味不明)
どうか、びしばしと面倒みてやって下さいませ。

24日の「寝て覚め」は、一面のぶくぶくぶくぶく・・・だらけだと思います・・・

posted by しげっち at 23:58| Comment(6) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月18日

桜まつりゲット!!

朝からスタンバイばりばりで桜まつりの先行予約を
しげっち&バイトでやとった子供たち4人で
電話をする
30分後にやっとつながり二人分ゲットしました!
なぜかしげっちと同じ頃につながり(前回も全く同じ)
この辺の地域がつながる時間帯?
なんて思ったりする
また新年の楽しみが増えた!

私は、ずーーっとDSに行くべきか、やめておくべきかを
悩んでいたのだが、だんなが出張&子供冬休みで
実家に預かってもらえるという好条件が揃ったので
行く決意をし、夕方に奈良ホテルのDSのチケットは
まだとれるでしょうか?と電話をする
ちょっと調べてもらって手配できるという返事が‥‥
たぶん後ろの端の方の席だと思うが
いけることがやっぱり嬉しい〜♪
自分へのクリスマスプレゼントだ(笑)

ラジオで桐生くんもすごくいいですって言ってたよな!
今年は、もう生(なま)桜花さんに会えないと思っていたのだが
こんなにずーーっとDVDを見ていると
本当に会いたくなった
月曜日振込みに行かなくては‥‥
後は、ダンディの先行予約だ!
カレンダーがOSKで埋まっていくのが
嬉しい♪

本当にOSKマジックにかかってしまっている
posted by しげっち at 23:58| Comment(8) | TrackBack(0) | かわっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月17日

CDが欲しい


OSKのCDが欲しい。
結構、車に乗っていることが多いので
運転中に聞きたいのは、やっぱりOSKでしょ〜
気持ちよく運転したいよな〜

それも宝塚のような芝居のセリフも入った実況版じゃなくて
唄ばっか入ったやつがいいんだけどな〜
以前は出てたんですかね?
New OSKさん、出す予定はありませんか〜?
出してくれたらワタシ買いますよ〜・・・って一枚の売上げじゃあねぇ・・・。
いやいや、きっと欲しい方、いらっしゃるはず。

出ないんだったら、自分で作るしかないよなー
DVDから作れるよなー
作ろうかな〜(実は結構おたく系)
きっと入れ込んじゃうんだろうなぁ
他の事、なんにもしなくなっちゃうんだろうなぁ
年の瀬なんだけどなぁ

どうせだったら、お気に入りの唄全曲集と大貴誠特集と二種類欲しいよな〜
それと、もう一枚欲しいんだけど。
それは、題して「大ちゃんの はぁっ!」特集。
ヘッドホンで詳細にDVDを聞いていると、実に様々な大ちゃんの合いの手が
入っていることにあらためて驚かされる。
「はあーっ」とか「はっ」とか「んはー」とか「おっ」とか・・・
すごーくよい。癒される。元気がでる。勇気がでる。ポッとなる。(単なるファン心理か?)
これはぜひ欲しいよなー。でもフツーの人が聞いたら気持ち悪いんだろうな・・・。
AV系にしては、いさましいし・・・みたいな。
んー、このマニアックぶりが、ワタシって実に気味悪いかも。ま、いいけど。

posted by しげっち at 23:59| Comment(4) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月16日

楽しい老後を夢見て

大貴さまのサイン…我家の家宝さっ

最近、PCを消してから寝るまでの1時間、DVD鑑賞の時間にしている。
いや、その他の時間にも見てたりするんですけど、一応集中して見る時間…みたいな。

一日一枚、厳選して見る・・・と言っても5本しかないので
ぐるぐるとローテーションは早いんだけど。

部屋の電気を全部消して、ヘッドホンで音量をガンガンにして
テレビの50センチほど真ん前に、ベタッとおばあちゃん座りして見る。
テレビからの明かりだけなので、なんとなく劇場にいる・・・雰囲気雰囲気。
たまに、旦那がコーヒーを取りに来たりする。
「げっ、なんやこいつ・・・気持ちわる〜」とか言うてるが無視。

このところ、秋のおどりは見ないようにしてきた。
んーーっ、見たいーーーっ
この気持ちをマックスまで持って行って見たら、さぞかし気持ちいいだろうと
予測し、決死の覚悟で実験に望んだわけだ(オオゲサ大魔王)

「しげっちさん、今の気持ちはどうですか?」
「げ、げんかい・・・見たい・・・見せて・・・っていうか見ます、今夜!」

ホントに一人遊びが上手で、自分で驚く・・・。
このままいくと、楽しい老後が過ごせそうだ。

そしてOSKを堪能して一日をしめて布団に入る。
ワタシは寝つきが怖ろしくいい。
「今日はなにがあったっけな〜」と一日を振り返ろうとしても
「今日はなにが・・・ZZZZ・・・・」もう寝てるし・・・。

ところが、DVDを見てから寝るようになってから
なかなか寝れない。
なんでかな・・・?
悩むふりをしてるけど、本当はわかっている。
それは・・・興奮してるからなんですねー・・・多分。

うちの息子は、明日楽しいことがあるとわかっていると
嬉しさのあまり眠れずに、布団の上をのたうちまわるんです。
いつも「ガキやの〜」と思って見てたりしたんですが。
・・・・レベル、一緒やん。

それじゃー寝れないついでに、もう一本見て・・・とかいうことになると
ヘタすると徹夜になる。
なので無理にでも寝ようとして、数え始める。
「大ちゃんがひとり・・・大ちゃんがふたり・・・大ちゃんがさんにん・・・」
あかん、逆効果や・・・。

そんな楽しい夜を過ごしているけど、決して人には話せない。
オーエスケラー以外の人には・・・。


posted by しげっち at 22:57| Comment(2) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月15日

数々のマジックに気をつけろっ!

昨日の「生きてこそ春に花」の観賞記に
大ちゃんバッハが「かわいい」と書いた。
しかしよく考えてみると、男役さんへの感想が
「かわいい」ってどうよ?とか思ったわけです。
普通、かっこいいとか男ッポイとかそういうのが
男役さんへの賛辞なんだと思うんですが・・・。
もしかして、大ちゃんは「このバッハは、かわいくやろう」
という役作りだったのでしょうかね?
そりゃそうだろ、「芝居心のレビュースター」大貴誠ですから。
いやぁ、完璧なかわいいバッハでした・・・ヤンヤ!ヤンヤ!

基本的には、「かわいい」路線の人・・・ですかね?
フィナーレのあとのご挨拶なんかで、ふっと「ス」(素)になられることが
よくありますよね。
お辞儀なんかも「それ、スやん・・・」と、突っ込んでしまうような・・・。
ものすごくナチュラルさがインタレストな人です・・・(急に英語かいっ、しかもカタカナかいっ)

かわっちは、桜花さんがNo.1の人です。
でも、どうやら最近は、大ちゃんから目が離せないようです。
それは「大貴・命」みたいなファンじゃなくてですねぇ、
なんというか、表情豊かに楽しませてくれて、ハラハラさせてくれて
笑わせてくれて、でもしっかりときめかせてくれて・・・そんなナチュラル大ちゃんに、
心を奪われつつあるようで。
なぜかワタシと話している時は、大ちゃんの話が一番多いんです(まあワタシが大ちゃんの
話をふっている…のかもしれないが)
これって、まさしく【大ちゃんマジック】ですよね。

「でも桜花ちゃんが一番なんやで!」
・・・・はいはい、わかってますよ。
で〜も〜〜、あなたはもう大ちゃんマジックにかかってますから。
お大事に!!

New OSKには、そういうマジックが多々ある・・のだと思う。
一番いい例が【武生マジック】
みんなが「武生へ!」「武生へ!」「いざいかん!」・・・・と。
正直、ワタシは武生っていう地名を初めて聞いたざんす。
それで行ってみて、ボコッと武生マジックにかかってしまった。
武生に行かなければ、今のこの「いっちゃってる度」は、もう少し低くてすんだと思う。
おそろしい武生マジック・・・。
申し訳ないがこれは説明できない。
体験しなければ、わからないと思うし。そう、それが武生マジック!

あと、この武生でかかってしまったもうひとつのマジック。
【高世マジック】
すいません、ごめんなさい。正直、秋のおどりでは、全く目に入りませんでした。
この人が高世さんね、ほほー・・・というかんじでした。
ところが武生での貴公子ぶりを拝ませていただいてからというもの、
どーも気になって気になって・・・。
どうやら「貴公子ビーム」で目がくらんでいる隙に、ハートを鷲づかみされたのかも。
お、おそろしい・・・。いつの間に・・・。
そして桜祭では、ついに撃沈、爆発させられたのだ〜(自爆という噂もあるが)

もちろん他にも【緋波さん・視線でいかせるマジック】とか
【貴城さん・これでもかっ!パワフルダンスマジック】とか
【ふらふら〜っと協賛金振込みマジック】とか【事務所でスターとごっつんこマジック】とか
いろいろあるんです。
もうマジックだらけ・・・。
危ない危ない!気をつけないと、マジックにかかりっぱなしになっちゃうぜ。

posted by しげっち at 20:45| Comment(6) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

生きてこそ春に花 byかわっち

画像が暗いだ、みんなの顔がとかげのように見えるだとか
客入りがちょっと悪かったなどなど‥‥
色んな批評をみてあんまり良くないのかな?と思って
買うのを考えていたのだがやっとDVDを購入した
お酒を飲みながら観ていたので
途中で寝てしまった(ごめんなさい)
ちょうど大石妻子の別れの七段目ぐらいだったかな←二回目の時はちゃんと見ました(^^;)
あぁ〜最悪な私と自己嫌悪
寝転がってしまったのが悪かった
でもちょっと中だるみぎみ?な時でした(言い訳)
なんせ長い142分って・・・
しげっちに言わせると寝息をかいていたらしい
        (むちゃむちゃ最低な女です)
そして恋の絵図面取りの前あたりではっと目が覚めた!

桜花ちゃんが純情女をだまして絵図を奪うシーン
ぅわ〜なんてかっこいいんだろう〜
白のダブルのスーツがすごく似合っている
この時の歌もとてもいい〜
しげっちじゃないけど北原さんの体を借りて
私の魂を挿入したい(笑)
ナインティーになら騙されたっていぃー
私もつけもしないピン止めや、たぶん塗らないと思うおしろいなど
こんなかっこいい店員がいるなら、せっせとエブリディ小間物屋に買いに行くと思う
ラスターの気持ちがすごくわかる

後ろで操っているのが貴公子、高世さまだ!
なんて悪い男なんだろう?と思わせるほどうまいっ
二人の間を通って絵図面を持って行くなんてね〜?
背後に貴公子がいるのに、ラスターは二人の世界にいってるので
気がつかないのか?恋は盲目?
桜花さんがしだいに好きになりつつ
でも別れなくてはならないという
せつない感じがとても良かった
私の一番大好きな場面だ!

その次は、十段の若木さんが自分の事を話すところから
大貴さんが「人は誰もみんな〜時に過ちを〜おかすもの〜♪‥‥」
と歌いだす場面はとてもいい〜
ものすごーーくいい歌ですね!
涙ぐんでしまったところです
あまりにもいい歌なのでDVD停めながらノートに書きとめるなんて
私は小学生か?と思いながら歌いたいので全部メモった
この歌の題名はなんなんでしょうか?
オリジナル?知っている方教えてくださいませm(_ _)m

このDVD「生きてこそ春に花」はすごく気に入っている
買ってから毎日好きな部分を、はしょっては観ている
闇双とこの生きて〜の歌が入ったCDが欲しい
なんとかできないものか?としげっちと一緒に考えているとこです

ちょこっと感想
☆吉津さん
いつもだいたい一人で日舞を踊っているか
何故か特別待遇で、あちらでどうぞ〜休憩しててください
というイメージしかなかったので
桜花さんと、手を取り合って踊っていたし
大貴さんには、くらさん、くらさんっと呼ばれ慕われ
みんなとお芝居をしていてとても楽しそうで良かった!
セリフはかんでいなかったし‥‥(笑)

☆大貴さん
バッハのカツラが似合うなんてすごいっ!!本当にお美しいです
足も綺麗でつい足ばかり見てしまう〜(ちゃんとお顔も拝見しておりましたよ)
男役さんの膝下を見れることなんてあんまりないと思うのですが・・・
座っている姿がとても可愛かったです
「私はしゃべりだすと長くなるのでやめますっ‥‥」と早口でいうとこなんて
本当に大貴さんはうまいっ
絶妙な間がいいですね。闇双も良かったし
さすがです

☆水無月さん
いつ聞いても歌が上手いですね〜お芝居も上手くて
OSKになくてはならない技芸員さんではないでしょうか?

☆ひーちゃん
前髪をたらしているお顔は初めて見たので
とてもかわいい少年のようで私は好きですね

☆貴世さま
いつみてもきざな役が多いですよね〜
でもすごく似合っているからいいんです

☆櫻子ちゃん
嫉妬心わいています(笑)羨ましすぎるーー

☆桜花さん
とってもかっこ良かったです〜全部(笑)ちょっと顔は怖い部分もありましたが
セリフを自然にだしたらもっといいのに〜と思ったりなんかして‥‥
白装束の時に本当に涙を流していたんですよね〜
きれいな涙でした(うっとりもんです)

本当にお芝居のほうでも楽しめて二部でも楽しめて
お買い得と思っているのは私だけなのかな?

二部はまだ書きたいと思うことが一杯あって
今日は疲れたので眠ります
おやすみなさ〜い



posted by しげっち at 00:46| Comment(3) | TrackBack(0) | かわっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月14日

かわいい…生きてこそ春に花

このおふたりが今のNew OSKの「顔」だと思う

「生きてこそ春に花」のDVD鑑賞記。
ずっと「生きてこそ花」だと思い込んでいた。
そんな情けない状態で見始めたわけです。

最初から大貴さん話で申し訳ないのですが
バッハってあんなにかわいいのですか?
学校の音楽室に貼ってあったバッハは、かわいくなかったぞ・・・。
あんなクリクリパーマが似合うなんて、どうかしてる。

バッハさんは、清涼剤的な役割だったのでしょうから、
多分、他の人が演技をされているときのほうが
「楽しいバッハ」を見れたんだろうなぁと思うと、観劇できなかったことが悔しい。
だってOSKを知らなかったんだも〜ん(re-BIRTHの甘えん坊大ちゃん風に)

「私がしゃべると長くなるから、いいです〜」とすねるところ、
ひっくり返って笑って、また戻して見て、またひっくり返って笑って、また戻して見て、ひっくり返って笑って・・・ワタシってすごく幸せなバカ・・・・。

スクリーンの「蔵さん」を見て「わ〜、ステキなお帽子・・」「お仲間がたくさん・・・」とか突っ込みいれるところを聞いていて、もし大ちゃんが
OSKのスターさんじゃなくって、フツーに結婚されてて、フツーに主婦で、
近所の奥さん達と井戸端会議とかされる時は、
こんなかんじだったのかしら・・・とか思っちゃいました。

一番好きな場面は、桜花さんが北原さんをだまして図面を手に入れる・・・
というシーン。
桜花さんが苦悩し、最後は少し本当に心惹かれ、後ろ髪をひかれながら
去っていく。く〜っ、わさびがきつい寿司を食べたような目頭だよっ。
北原さん演じる純情なばか娘。
実はこういう女が、一番嫌いなんですけど、今回「か、かわいい・・・」とか
思っちゃいました。男ってこういうかわいいばか女に、心惹かれるのね、と
わかった気になったりして。

テーマ自体はとても好きです、こういうの。
ただ、ミュージカルでやる必要があったのか・・・?とか
ちょっと思っちゃいました。
これってストレートプレイでやったらどうよ?
それはそれで違うのかな・・・?でももっと絞られた中身になったんでは?
そんなことを思ったわりには、いいなぁと思う歌が多かったのも事実。

蔵さんが言った「人生は己の歩幅に合わせて歩むもの・・・」という
言葉が妙に心に響きましたな。
ホントにそうしたい・・・と長年目指し続けているのに
未だに、その歩幅すら決まらないってどうよ?・・とか情けなくなっちゃったりして。

これって武生公演と、ほぼかけもちでお稽古して、限界の体力で作った作品なんですよね?
ひとつめ、そういうベースを知っている
ふたつめ ここからNew OSK スタートするんだっていう雰囲気
みっつめ 緋波さんのおろした前髪
よっつめ バッハそのもの

上記のよっつの要因から、ワタシはこの作品を「かわいい」と感じたわけです。

レビューは見ごたえありましたよ。
これだけでも買って正解!と思えて嬉しかったよ〜(なぜ泣く?実は不安だったのか?)
カルメン・イン・ニューヨークをはじめラカージュ・オ・ホール、Nightand Dayも
とっても好きです。
そしてなんと!ワタシ初めて「We Love OSK」を聞きました〜
これがウワサのウィーラブオーエスケーかぁ・・・
そういえば先週かわっちが手に入れた「スパークリングレビュー」のビデオで
初めて「虹のかなたに」(合ってる?)を聞いたんだっけ。
やっとこれでオーエスケラーの仲間入り〜・・・まだまだだよっとか言わないで〜

We Love OSKは、なんかかわいいんなじの曲だなぁと感じました。
そうか、やっぱりこのDVDのテーマは「かわいい」なんだな。
独り合点の鑑賞記でした。
posted by しげっち at 22:47| Comment(3) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月13日

夢見るデュエットダンス

デュエットダンスに、特別思い入れがあるわけではない。
でもまあやっぱりうっとりしちゃいますわなぁ
一応、女の子だしぃ・・・。

一番好きなのは、殿方が両手を広げて「おいで・・・」というふうにされる、
そして娘役さんがその腕に飛び込んでいかれる・・・というのが
好き・・・ひぃ〜〜、なんか恥ずかしい・・・ということは、
ほんまに好きなんだな、きっと。(冷静に分析しているふり)

春のおどりのフィナーレ前半で、大貴さん&北原さん、桜花さん&若木さんが
踊られて、階段の中段に立たれる娘役さんに、大貴さんと桜花さんが
手をさしのべられて・・・で、また北原さんがかわいいんだわ。
結構スピードをつけて大貴さんに飛び込んでこられる・・・必ず受け止めて
くれるって信じてるから大丈夫・・・みたいなスピードですか・・。
ここ、このところのワタシの「ひぃ〜〜」ポイントです。

そして思うのです。
「ワタシが北原さんだったらいいのに・・・」
間違っても、ワタシがかわってやりたいなどとは思いません。
こんな醜いからだで、大さまと踊ろうだなんて、
死んでも思いませんわ(なにジロジロ見てんのよー!)

あくまでも、「ワタシは北原です」がいいわけです。
サンタさん、そこんとこヨロシク〜!(相変わらず、いっちゃってる)

デュエットダンスと言えばやはり脳裏にうかぶのは
武生での高世さん・・・。
Fly me to the moon・・・すごく印象に残ってます。
前にも書いててしつこいんだけど、高世さんが「すきだよ〜、
キミだけを見てるよ〜、大切なんだ〜」という瞳と笑顔で
ひたすら相手役さんを見つめる・・・
ここからですな、高世さんがジワリジワリとワタシの心に
侵入してきたのは・・・。

桜花さんのデュエットダンス・・・とても誠実な殿方ふう。
見ていて、「あぁ、シアワセになってね」と思わず祈ってしまうような。
桜花さんは、相手役さんをいつも真正面から見つめていらっしゃる気が
いたします(急に丁寧・・・)

そして大ちゃん。
これはあくまでもワタシの感想です。カミソリとか送ってこないで下さい。
お願いしときます。
大ちゃんのデュエットダンス、もちろんステキ。ちれ〜だしねー。
そして相手役さんへの愛も感じる。
でもなぜか、明日は違う人と踊っている・・・そんな気がしちゃうのよねぇ・・・。
「今日は愛してるよ」みたいな。
「明日?そんな先のことはわからないさ」・・・ってカサブランカかいっ。

これはもしかしたら、ワタシ個人のですね、相手役さんへの嫉妬がベースに
あるのかな、とも思うんですがね。
「アンタが愛されてるのは今日だけよっ!」みたいな、醜いいやらしいジェラシーが(笑)

ったく、ワタシャ夜中に何書いてんだい、とか思いますがね(苦笑)
どうもワタシの文は長い・・・。
先日もオーエスケラーではない友人がここを見て
「どーでもええけど、長いわっ」と・・・(泣)
昔から「年賀状にまでびっしり字、書くの、やめてくれる?」とか
よく言われてたし・・・(泣)
スイマセン、テキトーにとばして読んで下さい・・・って
とっくにそうされてるってか・・・うへっ
いいんだよっ、アタシャ楽しいんだからさっ♪
posted by しげっち at 23:59| Comment(6) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。