2005年01月30日

OSK島潜入

ミニ撮影会はなんか楽し〜♪

ちょっと前の話になりますが・・・
1月22日の世界館1月公演の後、ラジオ見学初体験してまいりました〜

世界館を出る時に「ダンディ」のDVD予約をしていたので
出るのが遅くなってしまって、ラジオホールに着いた時には
すでに始まって何分かたった時でした。
うわ〜、さすがに公演のあとだけあって、人がいっぱい・・・。
ガラスの前には人の層が三層くらい出来ていて見えない。
ま、いいか・・・今日は雰囲気だけ楽しむつもりだったし。

この日は、陵さんと春咲さんがパーソナリティ。
おー、聞こえる聞こえる。
ワーイ、ラジオ聞いてるみたい〜・・・これが流れてるっちゅうねん。

ほーほー、ジングルの時はこんなふうなことしてるのね。
う〜、サノさんのお顔が見えない・・・別にいいけど。
あ、吉津さんがいらっしゃる。
え?ついさっき世界館でお見送りをして下さったのに?
ワタシより早く到着・・・?
さすが足腰鍛えてらっしゃる・・・(感心の仕方が変)

「すごいたくさんの人やねー」というサノさんの言葉に
陵さん春咲さんがこちらを見られている。
いやー、なんか嬉しー。楽しー。
あ、手、ふってはる。
なんか知らんけど、ワタシもふっちゃえ〜
すごい楽しんでるかも・・・。

歌を歌われる時はこちらを見られるので得しちゃった気分。
「恋のバカンス」だっけ・・・?
ノリのいい歌で楽しさ倍増。
しかもこの日は、ガラスの前に立たれてフツーの人のように見ておられる
桜花さんと凛ちゃんのおかーさま達を後ろから見る・・・という特典付き。
桜花さんのおかーさまを前に、何故かソワソワするかわっちを見るのも
楽しい(笑)

とか言ってる間にラジオ終了〜。
こちら側のホールにお二人が出てきて下さった。
この日は、お寿司やさんの差し入れをめぐってじゃんけん大会。
一発で負ける・・・一食浮かし損ねた・・・って、いやらしすぎ。

そしてちょっとした撮影会。
かーーっ、これかーー、あちこちで目にする
ラジオの撮影会のお写真は・・・。
めちゃ近っ
え?元旦の大貴さんもこんなに近かったの?
えーーー・・・
いいけどさっ・・・終わったことだしさっ・・・
お写真たくさんいただいたしさっ・・・
・・・急にアンニュイになる。

それではそろそろ・・・と扉の向こうに引っ込まれるおふたり。
「お疲れ様でした〜」「失礼しま〜す」と観客。
高校のクラブ活動を思い出した。

一番おもしろかったこと。
見ている途中、エレベーターが何度か止まった。
エレベーターの扉のすぐ前のエレベーターホールで
ワタシたちは見ているので、エレベーターに乗っている人は
たくさんの人に驚く。
「な、なにしてるの?」と、必ず驚く。
「だ、だれがいてるの?」とガラスの向こうを覗き込む。
そして首をふりながらエレベーターに乗って去っていく。
OSK島に流れ着いた人たちの反応が、みんな同じでおもしろかった。
アタフタと逃げて行くさまがおかしかった。
もう自分が逃げれないことを忘れて、おもしろかった。

そして、そのあとの「公開討論会 in 居酒屋」も楽しかったことを
付け加えておこう

武生未体験の時、みんなが「いざ武生へ」と言うのを
不思議に思っていた。
で、行ってみたら「武生こそ全て」みたいな入れ込み方をしてしまっていた。
ラジオも同じく。
「とにかくラジオ」と聞いていた。
・・・ほんまやったわ。
なにがあるというわけではないんだけど・・・とにかくラジオ。
まだのかたは是非一度、体験してみて下さいマセ。

posted by しげっち at 23:03| Comment(2) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月29日

もー、ヘロヘロ・・・

朝からホフマンのチケット取りのための電話。
昨夜もチマチマと遊んでて遅かったのに、
今朝も休日のわりには早起き。
気合を入れてかけはじめたら、すぐにかかった。
へ?
こんなこと生まれて初めて・・・怖いくらい・・・。
こ、これは神様が「おまえは絶対ホフマンを見ろ」と
おっしゃってるんだ!と思い込む。
神様に言われなくても見ますけどね・・・
しかし某K女史が「それって今年の運、使い果たしたんちゃう?」
と意地悪くつぶやく。
・・・・今年ってあと11ヶ月もあるやん。
ショック。
いやいや、これは運のつき始めです。
今年はOSK運、つきまくりという前兆です。
と、思い込むことにする。

でもチケットどれくらい売れてるのかなーとか
そんなことばっかり気になる。
気になりながら買い物へ・・・。
ファイルとかシールとか、OSK用に使おうという物ばかりを
ばかばかと買い込む。
ついでに食料も買う。どっちがメインだよ?

帰宅して、昨夜かわっちと二人で催した、ちょっと遅い「新年会with OSK」の
残骸食器を届けに行って、そこでまたOSKる。
しばしのご歓談・・・・。昨日あんなにOSKったのに…ほんとにバカ。

そうこうしてる間にラジオの時間。
チェッ、FAXしたかったのにな〜、忙しかったもんな〜家事が・・(大嘘)
そのラジオの途中に桜メールが入ってくる。
ほー、羽曳野でダンディ再演ですか〜、これは行くっきゃないでしょー
と思ったけど、ちょっと待てよ…この日は世界館公演の日だよな。
しかも三月は土曜日のみ観劇の予定。
うーん、重なってる・・・。どう考えても羽曳野から世界館までは一時間
かかるでしょー。5時の部、滑り込みできるかな?
とかいろいろパニクってる間にもラジオは流れている〜
ちょっと待って〜、ちゃんと聞きたいのに〜

リビングでは腹をすかせた家族が、ひたすらラジオが終わるのを待っている。
だってラジオが終わらない限りお食事開始にはならないんだもーん。

食事も終わり、かわっちに「羽曳野〜」とメールすると
「1日のうちに春のおどりの電話して、羽曳野行って、大ちゃん観るなんて
絶対無理っ!」と切れている。
あのー・・・羽曳野は3月なんですけど・・・。
彼女は今、春のおどりのチケ取りのことで頭がパニックで
昨夜も眠れなかったらしい・・・あと20日間も眠らないつもりか・・・?

ハァ・・・とにかく今日も一日OSKに振り回されたよっ・・・って勝手に
振ったり回ったりしてるだけだと思うんですけど。
疲れを癒すにはOSKが一番!
ん〜、なんのビデオ見ようかな〜♪ラララ〜♪

背後から息子と旦那のヒソヒソ声が聞こえる。
「なんかものすごーく怖いな・・・」
「・・・う、うん。なんか・・・ね。」
posted by しげっち at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月26日

ホフマンか・・・

すいません(いききなりあやまるか・・・)
心はもうすっかりホフマンなんです。
いや、もちろんダンディも心の中に
ホワッ・・・というかんじであるんですけど
主流はホフマンっつーことで・・・。

気持ちの中では「一人芝居」にしてしまってますが
これは正真正銘の二人芝居。
それってストレートプレイってことでしょーか?
でももし元になるのが「ホフマン物語」なのならオペラ歌劇
なわけですから、歌が入っても不自然ではないわけですよね。

ストーリーとしては、とてもおもしろそうだと思ってます。
これをどういうふうに表現するのか・・・
約一時間ほどで、どのくらい展開させるのか・・・
とても興味があります
・・・ってホフマン物語とは全く別物だったりして。
「正義の味方ホフマン!」とかってヒーロー物だったらどうしましょ・・
うーん、ちょっと見たいかも・・・。

なんだかんだ言って、大さまが見れたらそれでいいんじゃないの?
とか言われたら「そうかも・・・」と思ってしまうほど素直な今日この頃。

あーやっぱりチケット予約の前日には、また変な夢見るんだろーなー。
またうちが世界館になっちゃうのかなぁ・・・
どーかいい席で観れますように!
そしてかわっちが電話予約の日を覚えていますよーに!(笑)


ところで、明日夕方6時から7時の間にNHKで
研修生のかたの密着特集があるそうですよ。
これは見逃せませんねぇ
世界館の二階なんかもうつるんでしょうね。
皆さ〜ん、ビデオセットをお忘れなく〜
ただし、大きなニュースがあると流れないこともあるようですけど。
posted by しげっち at 00:00| Comment(8) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月25日

今更ですがEndress Dream

桜まつり出待ちでの光弥クン…どこのかっちょいいあんちゃんかと思った・・・

世間では「ダンディ」一色だというのに
ワタシは「Endress Dream」のビデオを見て泣いていた。
時代遅れもはなはだしい・・・
しかもなぜ今頃泣くんだよ・・・わけわからん。
でも初めて最初から最後まで見れたので感激した。
なんと言ってもワタシとOSKとの出会い・・とまでは
いかない・・・<接触>した作品だから。

思い起こせば、このエンドレをBSで見たのがおととし・・・。
ちゃんと覚えているわけではないが多分、最後の20分くらいを
見ただけだったはず。
それなのになぜか心にひっかかって。
なんなんだ、このダンス軍団は・・・と思ったんだっけ。
大貴さんの妖しい美しさに電流が流れたんだったよな。
もっと見た〜いと思ったけど解散したのなら仕方ないなーと
あきらめたっけ。

あの時、もう少し「存続の会」のことが大きくクローズアップ
されていたなら・・・(いや、今から見ると結構されてますけど)
あの時、ワタシの興味が、もう少し続いていたなら・・・
(いや、当時は違うことに夢中になってましたけど)
ワタシはもっと早くにこの人たちに出会っていたのだろうか。

もし「春のおどり」のポスターが、ワタシの行く駅に貼ってあったら・・・
もし違う舞台を観に行った帰りにOSKのチラシを貰っていたら・・・
もしNewOSKになってからの舞台中継があったら・・・
ワタシやワタシのような人達が、もっと多く近くに集まってきただろうか。

今から数ヵ月後、数年後・・・
「ダンディ」のDVDを、ひょんなことで見た人が
「こんな劇場があったことをその時知っていたら・・・」
「こんな公演があったことをもっと教えてくれていたら・・・」
そんなふうに思う人がいるんじゃないだろうか。

自分が「くっそ〜」と思った経験があるから、余計にもったいないと思う。
あとで「くっそ〜」と思う人を、今、世界館に呼べたらいいのに、と思う。
「よかった〜」と思ってもいい。「ちょっとな〜」と思ってもいい。
とにかく知って、見て欲しいと思う。
そしてみんなで「あーでもない、こーでもない」って言うのも
楽しいですよーと言いたい。

男役ばっかり6人で舞台をつとめるなんて、世間じゃちょっと見れないぜー。
来月だって劇団のトップスターが一人芝居するんだぜー(いつから
一人になったんだよっ(苦笑))
もー、絶対知らなきゃ損だって。
こんなマニアックなブログで呼びかけててもなーとも思うんだけど・・・。


結局エンドレの、どのシーンで大ちゃんに恋に落ちたのかは
見ても思い出せなかった。
でもまた新たに同じ人に恋に落ちちゃったのは間違いない(ポッ)
笛吹いて人の恋路を邪魔する妖しげなザビエル襟の美男子?
あれこそワタシがよく言う「魔物のような美しさ」ですな。
琉球でチャキチャキ踊る大ちゃん・・・あんまりチャキチャキ踊ると
いうイメージがワタシの中では、ないものでちょっと新鮮。

大ちゃん自身は「ここから始まる」っていう顔つきに見えて、
余計に輝いて見えたのかな・・・。
でも皆さん、おつらい舞台だっただろうな・・・と思っただけで
もらい泣き・・・。
「がんばれ〜」とか画面に言っちゃったりして。
もうとっくにがんばっておられますけどね、皆さんそれぞれに。

こういうこともあって今のNewOSKがあるのね。
一種の歴史のお勉強のような気分。
そして桐生さんが「今ここにいてよかった」
というような発言をされたと聞いて、そして「ダンディー」を観て
「よかったね、ここにいて。よかったです、ここにいてくださって」と思う。
「つらいことももちろんあるけど、やっぱりそこにはいつも
笑いがないとだめだと思うんです」と今回MCでおっしゃったのが
とても印象に残っている。
そんなこんなを経験してつかまれた桐生さんなりの人生観なんだろうなと思った。

あ、ワタシも笑いがないと死んじゃうタイプですから・・・
って意味合い違うだろっ。
無理矢理、共通点を作ろうとしてスイマセンデシタ。
posted by しげっち at 23:59| Comment(7) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダンディって‥‥byかわっち

ダンディ行ってきました〜
すごくダンディを楽しみにしていました!
他の歌劇T塚では、男役だけで舞台ができるというのは
考えられないらしい事が、世界館では出来るんです
ディナーショーとかは別ですが‥‥
とってもとっても期待しておりました

OSKを見ていて娘役ばかりがちょっと続くと
すぐに男だせーーなんて思ってしまう私ですが
娘役さんが嫌いではないんですよ。ここんとこ間違いなく!
男役さんのかっこいいダンスが好きなんです
この舞台はずっと男役ばかり!
こんな幸せな時間はないよと想像していましたが
欲を言えば、もっと踊っていて欲しかった!
桜花さんにずっとタンゴを踊っていてと思うぐらい
無理な注文をしてしまうぐらいなので
トークもいいんですが、みんなのダンスがそして
男役しか出来ないダンスをもっと見たかったかな?

奈良のDSでヒップホップを見たときに
松竹座では、ちょっとできないが世界館なら出来るのでは
無いのか?と思っていたし、桜タイムズのダンディ出演者座談会で
洸弥くんが「ヒップホップみたいなことも挑戦したいし」
って言ってるのでやってくれるのかな?と考えていたのです‥‥
踊って欲しかったです

世界館での始めての定期公演、始めての主演
私は、桐生くんと呼んでいましたが、なんか桐生さんになった感じが‥‥
貫禄もあるぞ!視線もすごいぞ!トークも歌もうまいぞ!
とっても逞しくなって、これからのスターだねという気がしました
ほんとうにかっこ良かったですね!

22日の五時からの公演で、指定席前列のはしっこの席に座っていたんです
すると蒼音くんが、下りてきて一回目は握手をされたみたいなんですが
なんと私の上半身右だけを○○していったんです。(笑)すごく熱い視線と共に‥‥
こんな事もできるようになったんだ!と親戚の叔母のような気持ちで
思ってました。こういう場で色々と経験して大きくなって欲しいですね

貴城くん
ダンス、歌、お芝居見せ場多かったですね〜
とっても良かったです
もっとスポットライトが当たってもいいんじゃないでしょうか?
凛ちゃん
笑顔が光っていました。ホワイトにサイドに紫が入っている衣装
とってもよく似合っていました。スタイル抜群ですね
洸弥くん
お芝居での洸弥くんは光っていたと思います
ダンスもうまいし、顔もいいし何故この位置なのか?
けいとくん
色んな意味でこれからだ。もっともっと欲をだして欲しい
蒼音くん
一年でこんなに舞台にたっている君はすごいでしょう!
春、秋のおどり、武生、世界館二回と良い経験をしている
すごいぞ!

なんたかんだいっても楽しめたので良かった
でも全部がダンディだったかな?




posted by しげっち at 08:21| Comment(3) | TrackBack(0) | かわっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月24日

ダンディいろいろ

土曜日観劇した世界館「ダンディ」について。

一番びっくりしたことは、座席による感じ方の違いがあまりにも激しかったこと。
昼の部はあやめ席(ボックス席)の三段目のサブセンターで。
全体がものすごくよくわかって、とってもおもしろかった。
6人で一斉に踊られた時のバランスというか、一人一人の役割というか
そういうのが冷静に見て取れた気がする。
かっこいい〜とかステキーとかいう気持ちも
「うわ〜」「へーーー」「お〜〜」という感嘆符があてはまる。

夕方の部は、端っことは言え、最前列。
目線がどーしても、桐生さんっ!貴城さんっ!光弥さんっ!
みたいに単体で見てしまう。
したがって感嘆符は
「ひぃ〜〜」「げっ」「あわわわ。。。」というかんじ。

そういえば初回の部の最初に、全員が客席降りされて
かなり後ろのほうまで来られるシーンで
後ろの席のほうから「きゃーー」みたいな、「ひぇ〜」みたいな、
悲鳴ともとれる声が聞こえた。
気持ちはよーくわかります。
ワタシも「うわ〜、来るの?来るの?はるばる?きたっ!ちかっ!」
と、驚きつつ嬉しかったですもん。
これって小さな劇場ならではだと思うので
とってもいいと思います。
もっとバンバン悲鳴をあげさせちゃって下さい。
えっへっへっ、うっしっしっ(どうもワタシが言うとおやじっぽくて
やらしいな・・・)

今、うわさのチャーリー(貴城さん)の思い人の件。
ワタシはフツーに「あー、ポール(桐生さん)が好きなんだー」と
思ったんですけどね。
まあ誰が好きだったかは、おいといても、とてもいいシーンだったと
思います。激しく踊らない貴城さんもいいねーとか思ったワンシーンでした。

黒いヒラヒラの服を着て、黒いターバンを巻いて妖しく踊るシーン。
えっへっへっ、うっしっしっ(またですかい・・・)
いいねいいねー、とか書くとまた誤解をかいそうですが、
怖れずに書くと、好きでした。

桐生さんが切々と歌われるシーンで、視線につかまっちゃいまして
えーっと、こういう時はどういう顔をすればいいんでしょーか・・・
表情変えないのもアレかなぁ・・とか思って
「ムヒャッ」ってかんじで笑ったら「ふっ」と笑ってくださった・・・
ように錯覚しました。
いや〜〜〜〜〜〜〜〜っ、いいです〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜。
さいこ〜〜〜〜〜〜〜〜、好き〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜。
あ、もしもし・・・。

このかたは、頭のいいかただなーと見るたんびに
納得させられます。
また是非、トップの機会を与えてあげて欲しいと思いました。
場数踏んでナンボ・・・みたいな(いかにも大阪人的言い回し(恥))

ちょっと小休止・・・
posted by しげっち at 22:21| Comment(4) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月22日

シアワセはダンディから

世界館で「ダンディ」を観てきました。
明日行かれるかたも多いでしょうし、ネタバレになるのも
アレなんで、詳しくは書きませんが・・・(決して自分が眠くてしょーがないから
なんかじゃありません)

とにかく見ないとアレでしょー
え?迷ってる?それはねー、行っとかないと一生のアレでしょーねぇ
いやぁ、なにがアレって、もうとにかくアレもアレも、アレなんですよー。
・・・怒らないで下さいよ・・・ほんとはちゃんと書きたいんですから。

では、少しだけ・・・
桐生さん、サイコー!素晴らしい!ワンダフル!
二回目の最前列での観劇では、もうとにかくやられちゃいました。
いいスターさんだなーと深く思った次第です。
貴城さんもよかったなー。
魅せてくれると思ってたけど、ちゃんと魅せてくださったので
ワタシ的には満足です。
そして今回爽加さん、評判いいですよー。
男くささが出てた気がしますもんね。
立派に、頼りになる「男」してらっしゃいました。
ワタシ的には、やっぱり光弥さんってタイプだわー♪
スッキリとしたあんちゃんだなー、しゃべらないと(汗)・・・とか
思います。今日もステキでした。
もちろんけいとクンもあおとクンもがんばってましたよー。

ワタシは大貴さんが出てらっしゃらないので、とても落ち着いて、アワアワせずに
じっくり楽しむことができました。
OSKっていいよなー・・・とか、また思っちゃいました。

娘役さんたちも、たくさん見にいらっしゃっていて、それも得した気分〜♪
萌さんもいらっしゃってました。

あそこをもっとこーしてーとか、いろいろあるんだろうけど
とにかく楽しめたので満足で帰ってきました。

ラジオの見学も初体験して楽しかったしー。
また濃いー濃いー1日を過ごしてしまいました。

またじっくり書きたいと思います。


posted by しげっち at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月21日

ダンディ前日

頼むぜ!ダンディー♪

いよいよ明日は1月世界館公演「ダンディ」初日だ!
それにしても「ダンディ」ってすごくいいタイトルだと思う。
男役ばっかりで「ダンディ」やります・・・って聞いて
期待しないほうが無理、とか思っちゃう。
とにかく踊って踊って、外は寒い冬ってことを忘れさせるくらいに
熱気ぼーぼーの舞台にしてくだしゃい。と言いたい。
ワタシがわざわざ言わなくても多分してくださるはず。
こちらも熱気ぼーぼーで見たいと思います。

一回目は自由席なので、どこかからソッと拝見いたします。
全体を「ほぉほぉほぉ」と拝見いたしましょう。
二回目は最前列なので(すっごく嬉しい♪)かぶりつきで
拝見いたします。
気になるあのかたとあのかたとあのかたとあのかたとあのかたとあのかたを・・
それって全員じゃん・・・。

あぁ、やっぱり世界館って、出来てよかったよねー。
あるとないとじゃ大違いって気持ちになってきてます。(遅いか…)
明日、それをもっと実感できると思うともっと嬉しい。
明日もいい日になるね・・・間違いないわっ♪
posted by しげっち at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月19日

しげっちの桜まつり 番外編 

大ちゃんの百面相〜

違うかたのお写真もUPしようと思うのだけど・・・
いや、ホントにそう思ってるのだけど、「あ、ちょっとこれだけ
UPさせて・・・」と、大貴さんを貼り付けてしまう。
「これだけ」と言うわりには、百面相まで作ったりして
手がこんじゃあいませんか?矛盾って言うんですよ、こういうのを・・・。

今回、本当に大貴さんばっか撮ってたみたいで、
写真を見せ合いしたかわっちに「ほんまに大貴さんばっかりやん・・・」
と、あきれられてしまった。

でも、この表情の豊かさが一番好きなところなんです。
普通の人なら「ちょっと変な顔かも・・・」という顔でも
大貴さんがすれば「いいっ!」と思うのは、やっぱりファン心理でしょうねぇ。

今回は、握手の貴公子・高世さんのところに行けなかったのがちょっと心残り。
折原さんとも南大阪方面のお話をしてみたかった。(ローカルだなぁ)
桐生さんのおそばにも行きたかったかも。
水無月さんにもアイーダですれ違ったのは人違いかどうか確かめたかった。
そう言えばかわっちは吉津さんとツーショット撮りたいって言ってたのにな。
いったい何してたんだろう、ワタシは・・・。

はいはい、ほとんど大貴さん見てましたよっ。(誰にきれてるのか?)
それでめっちゃ楽しかったですよっ。
次回はまた違う観点で・・・とか今は思ってますけど
結局次回も同じだってこともわかってますよっ。
いいんだ、それで・・・。本能のままにOSK!(なんじゃそら…)

ところで、このブログ、携帯からでも見れるらしいのだけど
機会がなくて見たことがなかった。
今日ちょっとついでがあったので、どれどれ、どんなふうに見れるのかな、と
見てみたら・・・。
PCで見ても長いくらいだから、携帯で見ると長い長い・・・
スクロールするのに手がつりそうになる・・・。
こんなもん、誰も見んわなぁ・・・と独り合点する。
文明の利器もワタシの無駄話には勝てなかったか・・・


posted by しげっち at 23:54| Comment(5) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

桜まつりB

あらよっと♪

ちょっと前回は、違った意味のマニア的写真だったので
今回は、すごくノッテいる桜花さんを‥‥
とってもチャーミングだ!
いつもは、気合がはいっているダンスを
見せてくれるのだが、着物姿で軽やかに踊っている
劇団員さんもなんかいいな〜



posted by しげっち at 23:26| Comment(2) | TrackBack(0) | かわっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月18日

しげっちの桜まつりA

不覚にも出待ちにて…

順序がめちゃめちゃですが、このお写真の説明をば。
夢のひとときが、サーッと終わって、サーッと劇団員さんたちが
ひきあげられたあと、結構長い間残ってビール飲んでました。
今回もまた飲まず食わずだったので、終わってみればのどがカラカラ・・・。
でも今回はお料理、なんにも残ってませんでしたよー。よかったよかった。

で、最後はホテルアゥイーナさんに、照明をブチッと切られて
しぶしぶ宴会場を出た(片付けのお邪魔でごめんなさーい)
今回は、すぐに帰宅しないといけない事情があったので
ワタシ的に「哀しい出待ち」は、もちろんせずに帰るつもりだった。
ロビーで皆さんに「帰ります〜」とか言ってると階段から
貴城さんと他に数人のかたが降りてこられて帰っていかれた。
皆さん、お着物のままだったんですが、特に貴城さんは
普通の長いダウンをまるで服の上に着ていますっていうかんじでフツーに着ておられて、どなたかが「着物の袖は、中でどうなってんだろ?」とささやいておられましたがワタシもそう思ったです。

次々に降りてこられるので、もしや・・・と思った瞬間・・・
やはり大貴さんが降りてこられた。
大貴さんや桜花さんはお洋服に着替えられてた。
くーーっ、出待ちしないって言ったじゃないー・・・と思ったわりには
結構そばまで近づいていって、夢中で写真撮ってましたー。
ほとんどカメラのレンズ越しに見ていたせいもあって
前回の時のような「遠い人だ〜」みたいな寂しさは特別感じなかった気がするけど
外に出ていかれる時とかは、やっぱ寂しかったかな・・・グスン。
やっぱり好きじゃないよ、出待ち・・・っていうかホントに予定外の出待ち・・・
いや、待ってないから「出・ばったり会い」みたいな。

いや〜、話は前後しますが、皆さん書いておられるとおり
今回のメインイベントは「福笑い」でしたねー。
桜花さんや高世さんが、あんなに「素」に近い顔で大笑いしておられるのを
拝見できただけで、お得感満点かな・・と。

ワタシはこの時、なぜか舞台袖にはいなかったのです。
舞台から離れた後ろのほうでウロウロと歩いたり、舞台にあがっておられない劇団員さんをチラチラと見たり・・・という一人遊びをしていたわけで。
こんな場でひとり遊びできるくらいワタシも成長したのねーとか思ってたか
どうかは覚えてないけど、それなりに楽しかったです。
舞台にあがるのだけは嫌だよなーと、強く思った割には
番号を呼んでも人が出てこられないアクシデントがあった時、何度も何度も
自分の番号を見直したのはなぜだ!?

でもあれだけいる人数の中で、舞台にあがったお客さんは6人。
そのうちの2人知ったかたって、すごい確立だな。
しかもそのお一人のかたとは、たまたま一緒に舞台を見ていて
「絶対呼ばれたくないよねー」「うんうん、いやいや〜」とか言ってたんですが
番号の人が出ず、急遽「じゃあ赤い服の人〜」っていう舞台からの呼びかけに
そのかたは間髪入れずに「はーい!」と手を高らかに上げられて
「え?」と思った次の瞬間には、もう舞台の上にいらっしゃった・・・
「で、でたかったのね・・・」と、しばし呆然とする。
いやまあ、楽しそうでよかったっす(笑)

それにしても福笑いの高世さんのお顔はひどかった(笑)
それでもニコニコとスターのお顔だった高世さんはさすがだ・・・
次に機会があれば、目鼻口などのパーツの中にぜひ「前髪」も入れていただきたい。
前髪をうまく置かなかった時に、高世さんがどんなリアクションを取られるのか
ぜひ見てみたいので。
桜花さんのお顔が一番まともだったような。
大貴さんのは・・・まああんなもんでしょう(偉そうに)

あと印象に残っているのが世界館のインフォメーションのコーナー。
ダンディの男衆がちょっとしたパフォーマンスをされた日にゃあ、
世界館、もう見るっきゃないでしょー!とキャーキャー言いそうになる。
初めて蒼音クンの男声をちゃんと聞いたような・・・。
男らしい、いい声だな・・・と思って嬉しくなる。
なんだか、アレもやってコンナコトもやって・・・とか皆さんで
おっしゃっていたような。
ものすごく舞台が見たくなったので、アピールとしては完璧だったのでは
ないでしょーか。これをテレビCMなんかで流したら結構「あっ」と思ってくださる
かたがいらっしゃると思うんだけどなー。
まだお席はあるらしいです。
ぜひ問い合わせてみてください。OSK事務所のお姉さん達は、
とても親切でやさしくてかんじがいいです。
電話番号や公演の詳細はコチラをご覧下さいねー

そしてそして次に二月のインフォで、大貴さんとことりちゃんが
お手てをつないで登場。
思わずハンケチを出して、隅を噛んで「キーーーーッ」と言う。
「皆様にご心配をおかけしている2月ですが・・・」とか、ことりちゃんが
おっしゃっていたが、ずっと心の中で「キーーーーッ」と言っていたので
ちゃんと聞こえず。(バカ)

なんにせよ、今週末にはまたOSKることが出来るシアワセ・・・。
来月もあるよ〜っていうシアワセ・・・。
え?再来月だってあるんだよねーっていうシアワセ・・・。
いぇ〜いっ、そん次はナンバで会えるんだよねーっていうシアワセ・・・
もういいって?もう、くどいほどのシアワセ・・・。
ありがとう、今日もワタシはおなかいっぱいです。






posted by しげっち at 23:59| Comment(14) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

桜まつりA

この鼻のパーツが欲しい〜

楽しい桜まつりは、あっという間に終わったような気がします
1時間半だったが5分ぐらい遅れて5分ぐらい早く終わったような
気がしたので、たぶん1時間20分ぐらいだったかも?
始まる前に左目のコンタクトにゴミが入っていて痛かったので
何度も洗っては、つけたりはずしたりと長い間お手洗いにいたと思う
ちゃんと治しておかないとしっかり見れないので困る
やっとすっきりして出るともう受付には、長蛇の列ができていた

やはりみんなの目的は、ステージ前確保である。チェリーさんの後に
ついて行き見事前列ゲットというか、チェリーさんに前のほうに入れて頂きました
本当にありがとうございます
でもそこは、大貴さまファンの立位置のほうだったんです
みんなどこに立つのか読んでいてそこに向かっていくのだ!
あぁーちょっと読みが甘かった
ばりばり大貴さまファンだもんな〜しかしすごくいいことがありました

来賓の方の名前覚えていません。誰だったっけ?
松竹座に3000人の桜の会の会員の皆さんが5回足を運んだら
15000人の観客となるっておっしゃっていた方のお話の時に
桜花さんがずっと斜め前のほうを見ておられたんです
来賓の方のほうを見ていたんですが
ちょうど目線は、前列に立っていた私を見てくれていたんです(爆)
                (かなり思い込み激しくなってます)
すごく目が合い、えーーーまじ、なんで?
桜ちゃんが見てる、見てるーぎゃぁーそんなに見つめないでぇーーー
帰ってから、桜ちゃんに目で犯されててん!と
しげっちに報告するとあほや!頭おかしいでと言われました

桜フィズで乾杯が終わると歓談になりました
今日の唯一の目的、プレゼントを渡してプロフィールガイドに
桜花さんにサインをしてもらう事が私の目標だったので
すぐに行って順番を待ち、見事してもらえました
もう一緒に写真は撮ってもらわないと前回の時に思ったので
単独で一枚撮らせてもらい、これで今日の目標はクリアされた
やることをやってしまえば、後は本当に気楽に過ごせました(笑)

お楽しみコーナーの福笑いは、劇団員さんがみんな楽しそうでした
桜花さんチームの人がなかなか来なかったので
桜花さんが口をたこのようにして何十何番!と叫んでました!
それとよそのチームの福笑いを見て腹をかかえて笑ってました(爆)
笑いすぎーー!すごくテンション高かったぞ〜
福笑いの桜花さんの鼻のパーツが魔女鼻になっている
あの鼻欲しいよ〜なんかわからないが今までの好きな男役さんは
みんな魔女鼻だ!しげっちもなんですが‥‥がはっはっ







posted by しげっち at 00:37| Comment(4) | TrackBack(0) | かわっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月17日

しげっちの桜まつり@

ワタシへの笑顔なのだぁ〜(感涙)

もう昨日のことなのね・・・一日たってしまったのね・・・
ってことで桜まつりについて書きましょう。

前回は初めてってことで、とにかくおおはしゃぎでしたが
今回はなんせ二回目なので、余裕ぶっこいてるつもりだったんですが(たかだか2回だし)いざ始まると、やっぱり舞い上がったりして・・・。
ただ、前回は大貴さんとツーショットを撮る、サインをもらう、握手をしていただく
という大それた野望を胸に秘めていたので、興奮状態はマックスでしたが
今回は、なにも望むことなく、ただプレゼントをお渡しできれば・・・と。
お写真も、そっと物影から撮れればシアワセ・・・と。
じゃあ、この(↑上の)カメラ目線のお写真は、なんなんだっ!?
どう見たって物影から撮ってないじゃんっ。
まあ、そういうこともあったりしてですね・・ゴニョゴニョ

司会は、木乃香ちゃんと折原さん。
おふたりともニコニコしてらして、ホントーにかんじがいい娘さんです。
息子の嫁にしたいっ!小学生ですが・・・・(汗)

で、劇団員さんの登場は会場の後ろの扉から・・・しかも「はい、次は右側」
「次は左側・・・」ってかんじで、忙しいんだ、これが・・。
そして壇上に勢ぞろいした晴れ着姿集団は、やはり華やかでおきれいで。
正直、今年初めて「あー、新年だなー」とか思ったわけです。
始まる前に「大貴さん、振袖だったりしてー」「キャー、やだ〜、男役って
忘れてらしたらどーしよー」「まさかねー」とか冗談を言って楽しんでたわけですが
・・・・・振袖でした・・・・しかもながーいやつ。
いつも期待を裏切るというか、裏切らないというか・・・。
そーいうとこも好きです、はい。

やっぱり大貴さんは濃い色がお似合いだなーと思いました。
高世さんの黒に花柄(だっけ?)も、おきれいでした。
爽加さんの千鳥格子っぽい昔風お着物もかわいかったし
桐生さんのペパーミントグリーンもステキでした。

皆さん、これ以上伸びないぜ・・っていうくらい指先が
伸びていて気持ちいいんだなー、これが。
背筋を凛と伸ばし、指先を伸ばし、まっすぐ前を向かれるお姿は
これからのNew OSKを予想させるような潔さがありました。
・・・って、なにをまとめて、終わろうとしてんだか。

「歓談でーす」ってことになって、とりあえず、大貴さんのあとをついて歩く
☆チェリー☆さんのあとをついて歩くM子夫人のあとをついて歩くワタシ・・・
という構図がこの日は基本形でした。
名づけて「大ちゃんの金魚のフン」状態。
それで☆チェリー☆さんが「まずは大貴さまと乾杯しなければ!」とおっしゃって。
「ん?そんなことでけるのか?」と思ってボーゼンと見てると
「しげっちさんも早く桜カクテルを取っていらっしゃい」と言われて
「あ・・・はい」と、もう言われるまんま。
で、M子夫人と三人で大貴さんのそばへ・・・。
あ、いや、もう全然そんな気はなかったんです、ホントに。
おそばに・・だなんてめっそうも無い・・・と心で叫びながらおそばへ・・・
(結局行ったんかいっ)
☆チェリー☆さんが「大貴さまー、新年の乾杯を」と口火を切ってくださって
大貴さんが、「あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致しますね」
と、ちょっと目をのぞきこむようなかんじになって・・・
とにかくまばたきができないっ。見られてる・・・と思うとできないわけです。
いや、別に見てはおられないんだと思いますけど。
もう目がカラカラになっちゃいましたもん、コンタクト落ちそう・・・。

乾杯のグラスを合わせる直前、M子夫人が「ガチャンてぶつけてグラス割ったら
どーしよー」と、小声でつぶやいておられるのを聞いて
「ほんまや」と思ったんだけど、あとで冷静に考えると、どれだけ思いっきり
乾杯するつもりだったんだよー、M子夫人!と、おかしくなる。
とにかく、ものすごい豪華な貴重な体験をさせていただいて、心から
☆チェリー☆さんにお礼を言いたい。
こんなこと書いて、次から☆チェリー☆さんのあとをついて歩く列が出来ると
困るけど・・・(笑)

プレゼントはいつ・・・と思っていたら随喜館主殿が、そそくさと渡しておられるのが目に入る。うーん、早く楽になられたいんだろうなーと思ったが、自分もなりたい。
よしっ、渡す。
「お誕生日おめでとうございます」と言う。
・・・・・なんでもうちょっと気の利いたことが言えないかなぁ・・・自己嫌悪。
大貴さんは「もういただいていいんですか?ありがとうございます」とおっしゃった・・・と思う。
そこで握手でも求めれば、きれいにおさまるんだろうが、とにかく「渡したぜ!」という達成感と疲労感で、「無言」「無表情」「ノーリアクション」という
あつかいにくい物体に化したワタシと大貴さんのあいだに、また変な「間」ができる。
確か前回もできたし。まあいいんだけどさ(ため息)

あとは、赤ん坊を抱く大貴さんや、ピースをする大貴さんなどのお写真を、撮る&撮る!
でも帰って見たら、やっぱり全滅・・・。興奮で手が震えてるんだろうか?
カメラを叩きつけたくなる。でもカメラのせいじゃない気がする。

それからY女史に「ひーちゃんとこ、行こう!」と誘われる。
ふふん、一人じゃ行けないんだろ?と、自分は金魚のフンのくせに思う(笑)
緋波さんはとってもかんじよく、たくさんお話してくださった。
あんまり気さくでかんじがよいので、調子に乗って「ラジオのあのFAX、ワタシ
なんですー」とか言ってしまう。そんなお調子者にさえ「あー、ありがとうございましたー」とかやさしく対応してくださって・・・。なんか嬉しい。
「劇団員さんと会話をする」という初体験を緋波さんにささげてしまったわ・・・と
いい触れ回ったけど、よく考えたら文月さんとは前回も今回もお話したな・・・。
文月さんは、見るたびに垢抜けていらっしゃるようで、また次にお会いするのが楽しみ。

ううぅ・・・あとはなにがあったっけな・・・。
また明日までに思い出してみます。







posted by しげっち at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月16日

桜まつり@

みんな晴れ姿

桜まつり行ってきました!
OSKの皆さんが、はかま姿でお出迎えです
とってもきれいでしたよ〜
また内容は後日‥‥
posted by しげっち at 00:00| Comment(10) | TrackBack(0) | かわっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月14日

毒か薬か・・・


友人に借りた「宝塚OGの狸御殿」のビデオを見ていたら
♪行こう〜桜まつり〜♪みたいな歌詞が出てきて
途端に緊張してビデオ鑑賞どころではなくなって、テレビをぶちっと切った。

明日からまた、変な天気になるらしい。
あさっては、遠くから桜まつりに来られるかたもいらっしゃるのだから
交通機関のマヒだけは、なんとか避けてほしい。

天候を気遣うなんて、意外と冷静じゃないの・・・と
自分でオホホ・・と思う。
そのわりには、なにも手につかないのはなぜかっちゅうはなしだな・・・。
しかしまあ、今回はちょっと冷静モードでいろいろと眺めてこようと思っている。
前回はなにもかも初めてってことで、いささか興奮しすぎたし。
料理が並んでいたことすら知らない・・ことはないが、なにが並んでいたかは
全く知らない。
写真だって、興奮しすぎて大貴さんのいい写真が一枚も撮れなかった。
いや、すごく楽しかったから、それはそれでいいんだけどね。
今回も楽しんできます、猛烈に・・・・。

例のイギリス人と話していたら「ドラッグをしたことがあるか?」
という話になった。
「ないっ!というか、ワタシ達(含かわっち)はドラッグを打たなくても
ドラッグを打ったような状態になることが出来るから必要ないのだ!」と威張って言う。
「そして、そんな人達をたくさん知っている」と。

「あ・・・」と思ったかた、そうです、あなたです(笑)

まあドラッグという言い方はちょっとアレなので、媚薬ですな。
桜花さんは、ちょっと柑橘系のいい香りがする・・と思う。
それとも、やっぱりバラの香りかな?
高世さんのは、甘い甘いフローラルの香り。
もう瓶をひっくり返したのかと思うほど、香ると思う。
凛ちゃんはレモンの香りで、光弥クンはミントの香り。
萌さんは森の香り・・・決して芳香剤の香りはしない。
では大貴さんは・・・・考えつかない。
多分、媚薬ではなくポイズンのほうではないかと・・・。
かぎすぎると絶対からだに毒・・・みたいな。
中枢神経やられるぞー・・・みたいな。
それでもいいんだいっ!という大貴さんファンの皆様・・・からだをはって応援してまいりましょう!
posted by しげっち at 23:59| Comment(4) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月12日

たるんでちゃダメよ!

世界館1月公演先行チケット発売日。
あんなにワタシの心を惑わせたチケット発売日。(10日の日記のバカ夢参照)
それなのにそれなのに・・・ちょこっと家事をしている隙に
忘れてた・・・「はっ!」と思ってかけはじめたのが10時10分過ぎ・・・
「なっ、なっ、こんなことやから、半年指定シートを買っておけばよかったんやん!」
と、一人で嘆き、突っ込み、焦りながら、家の電話と携帯の二刀流宮本むさしげっち(くだらん)
なんとかゲットできて、かわっちに連絡する。
お互いに家からかけて、かかったらすぐに連絡する・・・という約束だったはず。
ツーツー・・・ガチャ「はい」とかわっち。
「あ、取れたよ」とワタシ。
「・・・・なにが?」
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・なにがって・・・・・・・・・」
「・・・・・・・・・・・・あーーーーーーーーーーーーーーーーーー」
「信じられへんわ・・・・」

死んでも観に行くでー!って言ってたくせにーーー。
とかそういう突っ込みは、まあ置いといて・・・。
次回の大ちゃん公演の予約は、日の出とともに起きて、滝に打たれて身を清めて
朝7時から電話の前でスタンバイしたまえっ!
頼むよ、ほんまに・・・。
と、自分もちょっと忘れていたことを棚に上げて偉そうに言う。
いかんなぁ、二人してこんな気のゆるんだファンぶりでは・・・反省反省。

とりあえず、取れてよかった・・・。
ちゃんと皆さんの分もありましたかね?
そしていっぱい売れましたかね?
いろいろ、親のように心配ですが・・・。
その反面、どんな舞台を見せてくださるんだろう・・・とか、
今年初のOSKに、ワタシはどんなふうに感動するんだろう・・・とか。
期待度もいっぱいなのだ。

その前に4日後に迫った桜まつり。
今ワタシは風邪でのどがすっかりやられてしまって
声も満足に出ない状態。
葛城ユキか桂銀淑か・・・はたまた八代亜紀か森進一か・・・
「ボヘミアーン♪」と歌ってみても声がかすれて
「ボ・・・アー・・」としか聞き取れない。
そういえば今日のチケット予約の電話の時も、OSKのお姉さんは
聞き取りにくそうで気の毒だったな。

こんなことでは桜まつりで歌えない・・・って歌うつもりなのかーーーっ!
咳き込んでダンディで激しく踊れない・・・すいません、言わせておいてやって下さい。
とにかく早く治さなければ。
今のままでは大貴さんに「お誕生日おめでとうございます」とプレゼントをお渡しする時に「お・・・・おめ・・・・ま・」しか聞き取れないはず。
まあ多分、声がちゃんと出たって、それくらいしか聞き取れないと思うんだけど。

そんなこんなで、やっぱり「寝ても覚めても風邪をひいても声がでなくてもOSK」です










posted by しげっち at 23:36| Comment(5) | TrackBack(1) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月10日

我が家は世界館?

他人の夢の話ほどつまらないものはないと、わかってはいるのだけど
一応、当サイトのタイトルは「寝ても覚めてもOSK」ってことで
「寝ても」とついてる限り、寝てる間の話、つまり夢の話でも
OKだろーと勝手に解釈して書くことにする。

今朝の明け方の夢だ。
なんだかザワザワとうるさくて目が覚めた。
パチパチパチ・・・とか拍手の音がしている。
「え?」と思って飛び起きる。
隣にはいつも通り、息子が爆睡している。
布団に寝転んで頭上側に、ふすまがあるのだが、音はそのふすまの向こうから
聞こえている。
マイクで誰かがしゃべっている。
「公演、はじまってるやん!」
ワタシは思い当たる。
そう、今日は月に一度の世界館での公演日。

ちょっ、ちょっと待って・・・
ってことは、ワタシは世界館で寝てたわけ?
それともワタシの家は世界館なわけ?
このふすまをガラリと開けると、そこに世界館があるのかーーー!?!?
どういうこっちゃーーーー

とても大きな疑問なはずだと思うのだが、夢の中のワタシは
その疑問は抱いていない。
それどころか、「も〜、公演日なんだから起こしてくれればいいのにー」と
怒りながら別側の隣の部屋に飛び込む。
そこにはワタシの父が座っている。
現実には父と一緒に住んでいるわけではない。
父は入院中で、会話も交わせない。

とにかく、ワタシは父に「もう始まってるやろ?」と聞く。
すると父が「8時の部もやってたよ」と言う。
えーーーっ、朝の8時公演やってたのーーー?!
っていうか、客、はいったのーーーー?!
朝の8時からの舞台って聞いたことないんですけど・・・。

とにかく、その滅多に見れない公演も見逃しちゃったよーーー
で父に「なんで起こしてくれへんかったんよー」と言うと
「だって大貴さんのお母さんが来てはるから・・・」と答える。
あのー、質問の答えになってないんですけど・・・と思うのが普通だが
夢の中のワタシは「えーーー、大貴さんのお母様ーーーー」とぶったまげて
なぜか玄関に行く。
そこには大貴さんの物と思われるブーツが・・・
なんで大貴さんの物とわかるんだよ?
っていうか、うちの玄関で靴を脱いで世界館に入っていくわけ?
そのわりにはお客さんの靴が一足もないのはなぜなんだーーー

・・・もうパニック・・・になってもおかしくないはずなのに
夢のワタシは冷静に、そのブーツを手に取る。
そしてサイズを見る。
24センチ・・・・おかしい。
ワタシは「大ちゃんクイズ」で24センチを選んで、
大ちゃんを泣かせてしまった経験がある(わかる人にしかわからない経験だな(笑))
要するに大貴さんのサイズ24センチではないわけだ。
「これは大ちゃんの靴じゃないな・・・」
んなこと、どーでもいいだろーに・・・。
それよりも、さぁ、早く、ワタシの家の奥にあるらしい世界館へ行かなければ・・・。

そこで目が覚めた。

・・・・・・・・・。

うーん、明日の世界館のチケット予約が余程、頭にあったのか。
そんなにワタシの心を・・・寝ている間さえも、苦しめていたのか・・・。
罪だよっ、OSK・・・

今月の世界館・・・チケットが取れたあかつきには、決して寝過ごさないように
と気合を入れて・・・というか、泊り込むか、世界館に・・・。

くだらない話を、ちゅいまちぇんでちた・・・(深礼)


posted by しげっち at 19:53| Comment(4) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月09日

古都、奈良へ

急に奈良に行きたくなり奈良へ行ってきました!
たぶんまだ奈良ロイヤルのDSを引きずっていて奈良はとっても
良かったな〜としみじみ思っていたのか?
それとも奈良は、桜花さんが住んでいたところという興味なのか?
何かわかりません
家族に「三連休どこも行ってないから奈良に行こう!」
と言うと「なんで奈良やねん?」「行きたいから・・・」
「難波でもいいやん?難波行こう」と言われ「えーーーー何するん?」
奈良で何するん?と言われても困るのだが‥‥
桜花さんファンの娘も「うんうん、奈良がいい〜」
と言ってくれたので、多数決で奈良に行くことになった!
「で、奈良のどこ行くねん?」と聞かれ「えーーっと、‥‥‥。とりあえず行こう!」

その前に、府政だよりに載っている春の府民の芸術鑑賞会で
春のおどりのS席が半額で買えるという応募の締め切りが
今日の消印までだったので、ポストに投函したかったのだが
日曜日の消印をもらうには、大きな郵便局のポストしか
だめなので色々と探したが無く、結局奈良に着いてから投函しました
(もっと早くだせばいいのにすっかり忘れてました)
当たりますように‥‥
ばたばたとしたが、車で1時間20分ぐらいで着きました!
奈良ってそんなに遠くないですね?
ちょうど今日は、若草山の山焼きだったので
車が多かったように思う。他府県ナンバーも多数いたし‥‥
山焼きは、見た事が無かったので6時までいたかったのだが、
途中でだんなが腹痛くなってきたーもうあかん、帰ると言い出すし
すごく寒くなってきたのでさっさと帰ってきました(軟弱)
奈良に何を?と聞かれたら困るのですが
参拝したり、ご飯食べたり、鹿を見たり、中谷堂のもちつきを見て
よもぎもちを食べたり、土産物屋さんで桜花の舞というはがき箋が
売っていたのでネーミングに惹かれて即買いし、キラリの桜花さん
ゲストの時にこのハガキで出そう!とか、
これ桜花さんに似合うかな?とかこれ食べてたのな?これ好きかな?とか
プレゼントにいいな〜?とか‥‥
ずっと桜花さんの事を考えていたように思う?それが楽しかったです
そうしたいから奈良に行ったんです
家で思っているのとは、ちょっと違う感じがしました
Happyな一日を過ごせました!
一緒についてきてくれた家族に感謝




posted by しげっち at 00:00| Comment(4) | TrackBack(1) | かわっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月08日

舞台人は健康が命

ラジオを聞いた
後半の半分だけ聞いた・・・
なぜそんな中途半端な聞き方か・・・
えーん、神様〜、ワタシは回転すしを食べに行っていました〜(泣)
それも、「キラリ☆New OSK」の時間に・・・
しかも録音すら忘れて・・・
年のはじめから、そんな気のゆるんだオーエスケラーぶりでいいのかぁっ!喝!

そしてちゃんとバチが当たりました。
クリスマスDSで一番好きだった「Thank you for the music」が流れましたが
録音してなかったというバチ。最悪・・・

今日の放送では、なぜサノさんが桜花さんをネタにしたがるのかが判明。
高校の後輩だから・・・って前にも言ってたよね。
でももし自分がOSKの娘役なら、一番相手役にしたい人なんだとさ。

あと、牧名さんが、えらく咳をしてらしたのが心配・・・
二月の大貴さんとのふたり芝居のお稽古が始まるまでには治してね・・・
とか、そんな薄情な心配の仕方ではありません(冷や汗)

昨夜、ミュージカルキングの市村さんがテレビでおっしゃっていました。
自分のかわりはいないので「クシュン」と言えば、すぐに点滴に行かれるそうです。
それくらい健康管理は大切だと・・・。
なんだか風邪が流行っていますが、桜まつりでは皆さんの元気なお顔を
拝見したいですよねー・・・ごほっごほっ・・・(自分がひいてるんかいっ)

posted by しげっち at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月07日

写真だ!

大さま、元旦に微笑むの図

なんだか随分長いこと大貴さんにお会いしていないような
寂しい気分ですので、今日は大貴さんのお写真をば貼り付けました。
こちらもOSKグッズ企画部長チェリーさまよりのいただきものです。
行けなかったワタシには涙がちょちょぎれそうな嬉しいいただきもの・・・。

このお写真を見ながら
「あー、なんでワタシは行けなかったのに、あなたは微笑んでいるの?」
と言ったのはシェークスピアでしたっけ?全然ちがうだろっ
しげっちだよっ、しげっち・・・。

なんせ去年以来、お会いできていないのでねぇ・・・
って、去年って言っても二週間前じゃん・・・
くーーっ、二週間って長いのねー。
旦那とつきあってる時、二週間会わなくても平気だったよなー・・・(遠い目)

今日のテレビは、大貴さんのご出演だったけど
リアルタイムでは見れないもんなぁ・・・
奈良に引っ越そうかなぁ・・・(それだけのためにかい)

そんなわけで、お写真をいじって、一人遊びする冬の長い夜です・・・


posted by しげっち at 23:59| Comment(4) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。