2005年12月29日

OみそかもSoba食べてKiいてます

なんか異様に忙しい・・・
それもこれも一年間、生活サイクルすべてをOSKにあわせてきたツケが
まわってきたのか…ってかんじですが。
今年も残り三日ってことで、今年を振り返ってみたりしても
OSKのこと以外思い出せなかったりするってどうよ…ですわ。
北は武生、南は和歌山…走り回りましたなー…範囲狭い気もするけど。
でも来年は名古屋まで足を伸ばしますからまた範囲が広がります。
ってゆーかこれ以上まだまだ広がるんですかね?
嬉しいですよ、嬉しいです。…でも大変だ(泣)
行きますよ、行きます。…でも大変だ(泣)
まあ来年も大変な一年に自分から飛び込んでいくわけですなー。
で、気持ちよく飛び込んでいくためにも年内はもお一心不乱に主婦と母親をやってですねー。
・・・年内はってあと三日じゃん。みじかっ。

元旦のラジオはおうちでおとなしく聞いてます。
「これは録音なんだ」と思い込んで聞きたいと思いますし。
絶対、生じゃないって…。いいじゃん、思うのは勝手でしょっ、ふんっ。
でも元旦から大ちゃんの声が聞けるってシアワセ〜。
しかも「これ、今しゃべってらっしゃるんだよねー」と思うともっとシアワセ〜。
あ、それってやっぱり生ってことじゃん…複雑〜生はビールだけでいいんだよー(泣)

でもすぐに、そう、三が日が終わったらいきなりそごう劇場での新春公演ですから。
なんか来年の公演って言えばすごく先のことのような気がしますが
実際は来週ですから。あーシアワセだー。こいつぁー春から縁起がいいぜー(ご機嫌)



posted by しげっち at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月27日

言葉はいらない

not実物大

「あんたの写真は顔ばっかりでどんな服着てはったのか、わからんわ!」
と、ブーイングがありましたのでボデーもどーぞ。
とは言え、ボデーが写ってない写真がほとんどなのは間違いない。
最初は全体を撮ってから徐々に寄っていくってことを覚えようよ。
と反省。
だけど明日には忘れてる。多分。

ところで今回、出待ちの時に皆さんのどさくさにまぎれて握手をしていただいたわけですが。
今回の大貴さんの手はヒ〜ンヤリしてました。そしていつものように硬かったです。
で、その時に「来年もよろしくお願いしますね♪」とおっしゃってくださるわけです。
あ、アカン…その言葉を今反芻しただけで体が硬直するのがわかる。ドキドキしてきたし。
まじでビョーキやな。…今頃わかったんか…と突っ込まれそうですが。

で、それに対してワタシはどう答えたか。
「ここ、こちらこそ…」
蚊がひそひそ声でささやいたような声だったのであちらには絶対に聞こえてないと思うんですが。
しかもこの場合、「こちらこそ」という返答は合っているのかどうなのか…

普段あんだけしゃべってんだからさー、ちょっとは気の聞いた返ししよーよ(泣)
んー、例えばー
「まかしとけーって」と言ってポンと胸を叩いてごほごほと咳き込んでみる
・・・恥ずかしいくらい古典的やな・・・
「まだこれ以上応援しろってんですか?あー、この心の中をお見せしたい」と叫んで
刀で心臓をスッパリ切りさく
・・・命がけやし・・・怖すぎるし・・・引かれるし・・・
「こちらこそよろしく、楽しく、板橋区」と「しく」返しする
・・・笑点じゃねーっつーの
フツーにいこーよ、フツーに。

あー、ワタシは多分一生涯、大貴さんと「会話」をかわすことはないと思います。
寡黙なダイキスト(大ちゃんの前でだけ)として生きていくのだと思います。
「寡黙」の使い方合ってますか?

また行ってしまわれるので寂しい…
posted by しげっち at 00:19| Comment(2) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月26日

宴はつづく

水無月さん・緋波さんカップル&北原さん

クリパ〜クリパ〜クリクリパ〜♪
…まだクリクリパーってます。このクリクリパー効果は結構長く持ちますからお得ですね。と思ってるのはワタシだけでしょーか…(汗)

クリパの日は前日の和歌山公演の時ほど荒れたお天気でもなく、よかったねーってかんじで
開場の少し前くらいに着くような予定で南海電車に乗って行こうとしてました。
ちょーどその時、ナンバにいらしたかたが「南海電車が止まってるよ」とメールを下さってもーパニックになったわけです。急遽JRに予定変更して事なきを得たわけですが、教えていただいてなかったら確実に遅れてましたね…つまり今年最後の大すべりをしてしまうところでしたね。ありがとーございました…ってメールじゃないっつーの。

結局会場に着いた時にはもう開場していたので、トコトコトコとフツーに歩いて行って当然のように舞台の前にスタンバっちゃったりしまして。いつからこんな大胆なことをするようになってしまったのか…歓談の時間もトコトコトコトコと会場内を歩き回ってヘラヘラ笑ったりじーーっと見たり、今日のワタシってかなり怪しい雰囲気だったんじゃないかなーと思ってたら、いつもそーなんですって。いつも怪しいんですって、ワタシって。えへへへ…シクシクシク。特にカメラをかまえている顔は信じられないくらい怖いらしいです…って失敬な!それはキンチョーして構えてるからそーゆー顔になるんですっ。

ま、ワタシのことはどーでもいいですね。
最初にスクリーンにメリークリスマ〜スと映し出されまして、次々に劇団員さんがメッセージを話されます。ちょっとNGシーンっぽいのがあったりして楽しかったです。パシフィックビーナスに乗られているメンバーさんからのメッセージもあったのでなんか嬉しかったですねー。
で、それが終わってようやく劇団員さんの入場〜。
うわっうわっうわっうわっ・・・・この瞬間が一番興奮しますなー。まるで初めて会ったかのような新鮮な対面というか目撃というか。昨日も和歌山で会ったろーに。
開場の客席側の後ろの扉から入場されて舞台までトコトコトコトコと近づいてこられる…ひーひーひー、来たよ来たよー、わーわーわー、どーするよー、きゃーきゃーきゃー光ってるじゃん、すげー、うぉー、きれいすぎるー、すきだーーーー!!
・・・・おかしいってば。やめよーよ、心の中で大騒ぎするのはさー。
で、口も閉じようよ、よだれも拭こうよ。書いてて情けなくて涙が出そうだ…

この日の大ちゃんは「白」。ホワイトだよ。Whiteね。王子様さ。いや天使かな?雪の精か…
で、桜花ちゃんは「黒」。ブラックね。どっちもかっこよい。似合ってる。
ちなみに高世さんは「ダークグリーン」?ちょー個性的だった…

さぁ歓談の時間だー。
うろうろうろうろうろうろ…ひたすら大ちゃんの近辺をうろつく。
今回、初めて参加されたっぽいかたが結構多かった気がしました。「ほほー」って遠巻きに見ておられるかたたちや、積極的に劇団員さんに近づかれて話されたりするかたたち。皆さん頬を紅潮させて楽しげで。そりゃそーだ。楽しいです。知ってます、ワタシ。

ファンのかたがカチューシャのてっぺんに赤いサンタさんの帽子がチョコンとくっついた物を持っていらして。なんでもいろんな劇団員さんにかぶっていただいているそうで。
桜花さんもキャハーと言いながらかぶられたそうですが、恥ずかしさのあまり写真を撮る時は足が「くの字」になってたそうです。見たかった〜
大貴さんも「え〜、かぶんのー、ほんとにー」と言いながらまんざらでもないご様子。
またこれが似合うんだー♪かーわーいーー♪(ほんっとにおめーはなんでもいいんだなー)
そこにひーちゃんがいらっしゃって「あーあー、ひーちゃんもかぶらなきゃー」との大貴さんの指令がおりまして。って、おりてなくてもひーちゃん、かぶりたそうだったし(笑)大ちゃんはひーちゃんに自分の頭を差し出して「取って取ってー」・・・うぐぐ、ワタクシめがお取りいたしましょうかー。って何するつもりだったんだか…あぶねーよ
あぶねーので今日はここまでです。

貴城さん&高世さん



posted by しげっち at 01:19| Comment(0) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月25日

やっぱりあの人はサンタだった

歯ぐき以外もスキです、ホントです

ビバ!クリパ!
まだ頭の中はクリパです…クリクリパーですわ。
ったくもー。
なんであんなに楽しいんだよー。
とか言いながら何をしたっけ?と思い出してみると
写真を撮ったり写真を撮ったり写真を撮ったり……ずっと写真撮ってたんかよ…はい、そうみたいです。いつからこんなに写真に執着する人間になってしまったのかぁー。

…実は武生が終わる直前にカメラを買いまして。
武生が終わる頃に買うなんてあんた絶対バカだよっ…とののしられたりしながら買ったわけです。すべてはクリパのために…クリパのために…クリパのために…(←ここ、エコーでお願いします)
で、今度のカメラはちょっとでかくて重いんです。
だもんで今朝起きたら腕が筋肉痛になってました…ウソのようなホントの話。日頃、どんぶり鉢以上重い物を持ったことが無いので…って茶碗じゃないの?それじゃあ食いしん坊万歳だよっ!

クリパが終わってからも大貴さんがもーかっこいいったらありゃしないじゃないかよーちくしょーこんにゃろーめろりんきゅー…とかしゃべり続けていたら心配したとおり頭の中がめろりんきゅーになってしまって普通のことが考えられない状態ですので寝て覚めも書けませんごめんなさい(どーゆー言い訳だよっ)。
まあ今年の「マイOSK」は終了しましたので焦らずジワリと書いていきたいと思…ったんだけどやっぱり写真撮ってたってことしか思い出せない…(頭を抱える)ワタシ他になにしてましたっけ?(人に聞くなっちゅーの)
posted by しげっち at 01:52| Comment(4) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月23日

和歌山は意外と近い

行ってきました、待ちわびた和歌山。
ものすごい大荒れのお天気で…。普段そういう「大荒れ」に慣れてない地区に住んでますので大変です…。
車で行ったわけですが高速道路が山を切り開いた中にあるので突風がものすごいんです。ワタシの車は車高が高いのでもろに風を受けてハンドルがとられる〜、あ〜れ〜、取られるのはハートだけで充分ですから〜、大ちゃ〜ん…とか言ってる場合じゃないですからっ!命かかってますから真剣にお願いします。途中から雪も降ってきて前が見えなくなりまして怖かったです。でも雪降ったって槍降ったって天が降ってきたってワタシャ行きますわよ、ってかんじで勢い込んでたので雪の中をぶっ飛ばしましたよー、80キロで(阪和道はネズミ取りが多いのだ(泣))。
でも夜行バスが雪で足止め食ってるとか新幹線も遅れてるとか耳に入ってきて、その中を和歌山に向かってる人もいるってことで、このみんなの情熱が和歌山の市民のかたたちとか劇団員さんに伝わればいいなーと。あー、寒いけど心はあったかい!(一人感激)。

和歌山市民会館はすごくでかかったです。横幅もあるし縦も長い。
でもすでに人はいっぱいで。入口とかでご挨拶してくださる日本レイトのかたたちもすごく感じがよくて。それにすごい豪華なパンフレットがついてるんだよー。ただだよー(こらこら)(みっともないこと言わないの!)いっぱい広告入ってるしさー。もーみんな大喜び。パンフレットひとつでこんなに大喜びするかわいいファンたち…ってどーよ?

公演は1部は和物、2部は洋物。
感想いろいろ。
久々の桜花ちゃんのOSKでの男役。やっぱこれよねー、これじゃないとヤダー。これが見たかったんだよー。民謡パレードで髪の毛後ろに撫で付けてニコニコとしながら唄う桜花ちゃんと「ショーマストゴーオン」を歌い上げる桜花ちゃんは同一人物でしょーか?かわいくてかっこよかったよー。このショーマストゴーオンはクイーンの歌らしいんですがメチャメチャかっこよかったね。また是非聞きたいです。
で、この時バックダンサーたちの踊りがまためちゃめちゃかっこえー。特に…まただよ…目がはなせねー…だ、誰だよ…タカシロだ…。はいはい、認めますよっ、あなたはすげーかっこいいよっ。でもねソーラン節でのおたけび「どっこいしょー」はすごすぎ。そんな目だった合いの手って初めて聞きましたから。
でも「聖夜の奇跡」でのタカシロはダッフルコート着てショーちゃん帽かぶってかわいかったしー。い、いかんいかん、これでは「寝ても覚めてもタカシロユーキ」になっちゃう…(汗)
いや別にいかんことはないんですけどね。

「ディガディガドゥ」のひーちゃん…ぶふふっ…笑わせてくれたなー。もー芸達者なんだからー。桜子ちゃんと水無月さんがいるわけです。で桜子ちゃんを見て「おっ」ってかんじで手を振って駆け寄るんですが桜子ちゃんは高世さんにもってかれちゃうわけです。で水無月さんがひーちゃんを離さない。ひーちゃんの表情が笑えるわけです。一応水無月さんには微笑むんですが客席見て情けない顔したりするんです。で、客席に降りてこられてあがっていく時に男女が入れ替わっちゃって高世さんとひーちゃんが手をつないじゃうわけです。あー、間違ったってことでまた桜子ちゃん狙いで駆け寄るんですが、またもや水無月さんにつかまっちゃう(笑)
で、最後は逃げようとするリアクションで終わり。このひーちゃんの一人芝居(違うって)の間、高世さんと桜子ちゃんはあくまでも二人の世界をかわいく踊ってらっしゃるわけです。ピンクでペアっちゃったりして。それがまた余計にひーちゃんの気の毒さを引き立たせたりして。

82期の里都ちゃんが和物が似合われるんでびっくり。すごく堂々とした風貌で期待度が高まりました。ラインダンスではやっぱり白藤さんの表情が目を引きました。表情作るのがうまい。鈴峯さんに追いつけ追い越せで頑張って欲しいです。

大貴さんはもうとにかく歌が確実にグレードアップあんどアップあんどアップあんどアップ…(無限に続く)。全て聞かせてくださいましたね。
「そして今は」は好きな歌だったのでこんなふうに歌ってくださって嬉しかったです。ぶわーと雪が降ってきてみなさんでの総踊り。圧巻でしたね。舞台の奥の奥にもまだまだこの連帯が続いているような錯覚に陥って。舞台ってこういうふうに使うんだよって教えてくださったような気がしました。
連獅子の子獅子もやっぱり表情がすごかった。だって子どもに見えるんですぜ。「あ、叱られる」なんていう顔、セリフなんかないのに、もう内容の濃いお芝居が出来上がってる。さすがに髪を振られる時はキュッと歯を食いしばられてて…その表情すらも計算されつくされたものなのか?それとも大貴誠の表情なのか?と考え込んでしまうほど奥深い…。

あーー、もうこんな時間だ。
今からクリスマスパーティーに行くわけです。
ちょっと準備を…(先にしとけよっ)
ってことで中途半端でごめんなさーい。


posted by しげっち at 13:05| Comment(0) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月20日

片付けるのが面倒なんで…

★メリークリスマス★

もうすぐクリスマスだっていうのに家の中に全くそれらしき物が出ていないことに今日初めて気がついて愕然としてしまったしげっちです。こんばんは(こんな始まりかたってどうよ?)。で、せめてブログだけでもツリーを出しましょうってことで、写真はUSJの巨大ツリーです。高さ36メートル。とにかくばかでかいです。昼間に見た時は、なんじゃそら…とか思ってたんですが、夜はさすがにメチャきれいでした。ツリーの前でちょっとしたショーがあるんですが、これは寒い中を待つ値打ちがあります。
で、このツリーのてっぺんに輝く星…これが大ちゃんです。…ってとうとうお星様にしちゃったよ…。

ところで………(静かに落ち込んでいる)
今日は子供の小学校の個人懇談会でした。
学校ネタと言えばアレですね。数人の心優しいかたから「教室、間違えずに行けた?」とか聞いて頂いたんですがいまだかつてまっすぐ息子の教室に到着したことはありません。
で、今日はいくらなんでも参観じゃないから大丈夫だよーと余裕ぶっこいて階段をのぼっていったわけです。
教室の中で前の人が懇談している間、次の人が廊下で待てるように廊下には椅子がおいてあります。そこにすでに一人のお母さんが座ってらっしゃいました。
で、ワタシは「こんにちは」とかなり元気よくご挨拶をして、ふと見ると「今日の懇談の順番」という紙が貼ってあるのが目に入りまして。
・・・ない。ワタシの名前がない・・・。
そう、皆さんならもうこの時点でおわかりですよね。
・・・ところがまだ気がつかないバカが1人。「おかしいなー、昨日だったのかなー?間違えちゃったかなー?」間違えてるのは日にちじゃありませんからっ!
やっとここで「えーーー、まさか…」と思って恐る恐る上を見上げると…「6年2組」か…。
うちの子は3組なんだよっ。
元気よく挨拶しちゃったお母さんが呆然と見送る中「あちゃー、また間違えちゃったよ…」とつぶやきながら風のように逃げたっちゅうの。かっこ悪いっちゅうの。信じられないっちゅうの。
これがもうネタでもなんでもないわけですわ。「本気」と書いて「まじ」ですから。
「まじボケ」ですから。しくしくしくしくしく…もう泣くしかない。
ってことで、3学期こそまっぐに教室にたどり着けるようどーぞ祈っててください。なんせ3学期になったら卒業まで2ヶ月ほどしかないんですから…焦るぜ。

で、いよいよあさっては和歌山公演。
友人が産経新聞のプレゼントコーナーの「和歌山公演チケット」に応募したらしいのですが
落選したそうです。結構申し込みあったのかな?嬉しいな…。そういえば和歌山テレビでもプレゼントしてたよな。
でも平日でしかも年の瀬…外で働いてらっしゃるかたは今回は無理ってかたが多いようですね。お察しいたします。OSKの公演やイベント日程はある意味「自分との戦い」であることが多いです。お盆、正月、大晦日、平日…。ワタシくらいまで「すべり度」のランクが上がってくると、もー結構平気だったりする。「行けないものは行けないわ、オホホホ」みたいな。
・・・うそ。精神の鍛錬が足りないので泣いたりわめいたりしてジタバタしますデス。挙句の果てに「雨乞い」ですか…(恥)
来年はもう少し大人らしい言動を…むりっ。で、あきらめるのが、はやっ…。
posted by しげっち at 23:09| Comment(2) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月18日

明日から出航いってらっしゃい

近所の市民ホールで「劇団 ふるさときゃらばん」という人たちがきて「天狗の隠れ里」というこどもミュージカルを見せてくれた。無料だし、ふるさときゃらばんっていう劇団名は知ってたのでこどもを連れて出かけたわけです。

マコト君という小学5年生が主人公。はっはっはっ、やっぱりご縁がありますなーマコトですかそーですか。いやー、大ちゃん出てくるかと思っちゃったよ。なんにでも出たがりなんだからー、もー(ご本人が聞かれたら殺されそうな発言)。
で、都会っ子のマコトが田舎のいとこのミカちゃんに勇気づけられながら自然の大切さを天狗たちに教えられるとゆー話なんですが。
このミカちゃんというのがいい!信じられないくらいダサくて、やたらめったら元気で勇敢で。いいなー。こーゆー人の脇にチョコンと座って暮らしたい…とか時々思っちゃうんですけどやっぱり弱いんですかね、心が…(泣)
このダサいミカを演じるのは大人の女性なんですが、ぜひ素顔を見たい、ブンブンと握手して英気を養いたいとか思っちゃって、「出待ちどうする?」とか考えたりして…(癖になっちゃってたりするのか?)

それと舞台の脇で楽器担当のおじさんがいらして。その人はドラムを叩いたりトロンボーンを吹いたり拍子木を打ったり猪の声をしたり、あげくの果てにはスネアを踏みながらボーンを吹くという「一人チンドン屋」まで…。それだけでも充分すごいのになんと唄ったらびっくりするほど上手いっ!で、終演後に舞台でさよなら〜と手を振ってらして、ロビーに出たら出口でボーンを吹いて歌を歌ってお見送りされてる。・・・いつの間に・・・。世の中には名も無いすごいエンターティナーがいるんだなーと痛感(ひょっとしてすごい名のある人だったりして(汗))。

一言で言うと、すごい一生懸命の劇団ってかんじがしたのでした。
こども相手だからリアクションが大きいとか、かつぜつが異様にいいとか、そういうこともあるんだろうか。とにかく伝えよう伝えようという気持ちがビンビンと響くようなそんな舞台でした。けどなんてゆーか一生懸命すぎて引いちゃう…なんていう信じられないくらい失礼な気持ちもちょっとあったりして。ごめんなさい。
今のOSKもすっごい一生懸命じゃないですか…。それって引いちゃう人もいるのかな…とか。一生懸命応援するワタシを見て友人がワタシにじゃなくてOSKに引いちゃったっていう例もあるんで。

まあなんにせよ、やっぱり観劇は楽しいです。今年の締めは和歌山だぜーって勢い込んでて今日のことをすっかり忘れてたんで「あら、まだあったのね」みたいなかんじで気勢をそがれた感がある中での観劇でした。

ところで。
昨日のラジオ。
来週はクリスマスイブなんで家を出れない、けど「あたしイブに出た〜い」とか言い出しかねない人が好きなもんでハラハラしてたわけです。
そしたらあーた、来週は特別番組があるんでお休みだって。あはー、そーかそーかよかったよかった。
と思ったのも束の間。
大晦日の出演は高世さんとかそのほか大勢の皆さん。
うひゃー、大晦日は主婦とかは家を出にくいだろー、高世ファンの皆さん、お気の毒…
と、余裕ぶっこいてたのも束の間。
元旦はスペシャルでいつもどおり6時半から放送があります。
出演は大貴誠、若木志帆、北原沙織、高世麻央。
どっびゅーーーーーんっ!!(←ぶっ飛んでる)
なんでやるかなー、こーゆーこと。元旦って日曜じゃん。前日も放送してるし。やるの?
ひょっとして「あたし元旦に出た〜い」とか言ってませんよね?よね?
・・・・
ま、家を出れるかたがたにエレベーター劇場での応援をおまかせしましょう(泣)
確か今年の元旦もラジオの前で膝を抱えてラジオ聴いてたんだっけなー。
「年の始めからすべってるよー」と思ってたら一年間すべり続けたってわけ。
ってーことは来年もすべりまくるっていう暗示でございましょーか…
あははー、今年と同じく楽しい年が過ごせるってことね。うれしーー(やけくそ)


posted by しげっち at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月16日

サンタ苦労す

おもちゃ屋でばかみたいに、金ばらまいてきてしまいました(泣)
だってもうすぐクリスマス…クリスマスと言えばプレゼント…プレゼントと言えば子供たち…子供たちと言えば甥っ子たち。いるんです、ワタシには甥っ子とか甥っ子とか甥っ子とか…って甥っ子ばっかりなんだよっ、6人とも甥っ子なんだよっ。女の子のおもちゃ買いた〜い(泣)

で、男の子の欲しい物っつーのはゲームソフトが主流なんですが、もうひとつ人気なのがトレーディングカード。うちの甥っ子は「遊戯王」の「万丈目編」というカードをリクエストしてきやがった。これがもうどこに行っても品切れ状態。だいたい「万丈目」ってなんだよ?まんじょーの本みりんやったら知ってるけど…。おもちゃ屋でも知らない店員さんとかがいて「まんじょー…なんですか?」とか聞かれる。知らん。ワタシも知らん。でもとにかくまんじょーめのカードが欲しいんだよー!ってことで夢にも万丈目が出てくる今日この頃です(泣)

子供はいいよなー、プレセント貰えてさー。大人も欲しいよなー。サンタさんの存在、今も信じてるのになー(キラキラ)
何が欲しいかと考えると…そりゃやっぱりOSK関連になっちゃうよな。
大ちゃんと一日デート券。わーわーわーわーわー(自分で考えといて泡吹いてるってどーよ)
大ちゃんと並んで歩いたりしたらホントに自分がみじめで泣きたくなっちゃうと思うので却下。
大ちゃんに蹴ってもらえる券。げげげげげーー。これ欲しい人多そうだ…。なんつーこと考えるんだ、ワタシャ…
んじゃひっそり静かに一日大ちゃんを小さな穴から覗き見できる券。もーヘンタイの域に突入しましたなー、あっはっはー(と居直る)

でもほんとは、サンタさんは大ちゃんで「夢」をプレゼントしてくださるんですよねー(キレーにまとまったぜー)(珍しい…)(明日は大雪だな…)

posted by しげっち at 00:00| Comment(7) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月15日

レミゼ de わんぼいす

今日は「レ・ミゼラブル」を観てきました。
山口祐一郎さんのジャンバルジャンに鈴木綜馬さんのジャベール。
いやーもうよかったの一言でして。
多分今年の観劇の中でナンバー1じゃないかと(OSKは除く)(ワタシの中ではもうOSKは「観劇」という分野に入らない)(んじゃーどーゆー分野だ?っつーと「OSK」っつー分野なのだ)。
「モーツァルト」もめちゃ気に入ってたけど軽く越えちゃったな…。
15年ほど前に観た時はこんなにまで泣かなかった気がするんだけど…と、その時も一緒に観た友人と今日も一緒に観たんだけど同じ感想だったし。その友人は嗚咽をこらえるのが大変なくらいの号泣ぶりだったし。「年取ったんかなー」「涙腺が緩んだんやなー」「自分を取り巻く環境もあるで。子供が死ねば我が子に置き換えて見てしまうし老いが悲しければ我がの親に置き換えて見てしまう…」確かに。そういう意味では舞台はなまもの、観劇者もなまものだということだな。

しかしまあ、世の中にはこれほどまでに歌のうまい人がこんなにたくさんいるんかいな…と。
なんだよ、この歌唱力軍団は…この中にいると歌がうまくなかったら生きていけない気すらしてしまうじゃん。特に山口さんは桁外れだな。この人には「芝居」とか「表情」とか「動き」とかは関係ないんだな。そのすべてが「歌」なんだな。歌でそれを全て見せるんだな。今日はいつもにも増して偉大さを痛感しました。「毎日フォアグラ食ってそうだ」とか言ってごめんなさい。

で、劇場にはタカラジェンヌさんも結構たくさんいらっしゃってて。なんでも月曜に花組公演が終わったらしいので花組のかたが多かったそうです。ワタシは全然お名前もお顔もわかりませんがやっぱり雰囲気はすぐわかりますね。あーOSKのかたはいらっしゃってないのかしらー…忙しいですから!お稽古中だと思いますから!残念・・・かと言ってもしあのかたがいらっしゃってたりしようものならワタシのレ・ミゼは観劇しなかったも同然になってしまいますから。13000円ドブに捨てたも同然に…いやいや、待てよ、3時間あのかたの観劇姿を見れるなら13000円もお値打ちだよな…とか。
またありもしないことを考えることで夜を無駄にするのか、ワタシャ…(泣)

そういえば行く前にダイキストの友人が「レ・ミゼには大貴サマが出ていらしてワンボイスを唄われるよ」とかおっしゃるんで楽しみにしてましたけど大貴サマもワンボイスもなかったです。くーー、ガセネタかぁ…(ってか信じてたんですかー?!)

posted by しげっち at 23:35| Comment(4) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月14日

苦×楽=54

かわゆかっこいいキリューさん

ぱくぱくぱく…
すでに大貴不足感を感じて口をぱくぱくさせてるわけです。あー息苦しい…
…そうですよっ、10日にお会いしましたよっ、それがなにかっ?!(すでに逆ギレ)
でも3回しか見れなかったし。しかもゲストだったし。
その時は「あーこの牧師が見れただけで充分だわ」「この歌が聞けただけで満足だわ」と
思ってたわけです。心から思ってましたとも。
3回しか見れないことも「その分、一回一回を堪能すれば大丈夫」と信じてましたとも。
しかしね・・・・アカンわ。むりっ!足らん。

モンゴルまで修行のたびに出たわりには、なんも変わっとらん。
思い起こせば丸々1ヶ月以上会えない時が今年に入ってからありましたが
あん時ゃあどうやって生きてたんですかねぇ。地獄のような毎日だったはず(案外楽しげに生きてた気もする)

んーと、去年の今頃はね、リーガロイヤルのDSに行きたいけど行けない、行けないけど行きたいって悶々と過ごしてましたね。そう考えるとワタシはいつも悶々としてるのか?暗い…
んで結局ムリヤリ行っちゃって死ぬほど楽しんで帰ってきたわけですから、今年もこの大貴不足のあとに控えてる和歌山公演とクリパは「いい加減にしろっ」ってほど楽しんじゃうわけですかーー?!うっ、今度は期待しすぎて息苦しい・・・ぱくぱくぱく

ところでサンライズのDVDを見てまして。
「SHE」で大ちゃんがことりちゃんと踊ります。
んでリフトが2回あるんですが1回目のリフトの時、持ち上げる瞬間心なしか大ちゃんの顔が「ふんっ」となります。ほんのちょっと「ふんっ」となります。
ふっふっふっ、思ったんです。大ちゃんはジャムの瓶のフタを開ける時、絶対この顔をされますよ。うーん、大ちゃんはジャムつけないか…。んじゃハチミツの瓶のフタ…もっと使わないか…じゃあラッキョの瓶のフタ開ける時だ!
ラッキョなぁ…カレーの時、食されるんだろうか…そのカレーってレトルトかしら?ボンカレーとか?いやいや、ホテルの業務用カレーだな…だ、だれかが作って冷凍したやつ?(あくまでも自分で作ったとは思わないってどうよ)
うーーーー(頭をかきむしる)…師走の夜は更けていく…
posted by しげっち at 23:07| Comment(6) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月12日

寒くてもあたたかい

寒さを吹き飛ばせ〜

今日の大阪は、かなりさぶいでず、ズルズル。
こんな時こそ、なんかあったかくなって元気が出る写真はないかなーってことで
先日の松竹座出待ちの萌さんです。
いっつも素顔では太陽みたいに明るい笑顔でホッコリさせて下さいますが
この時はファン的にも松竹座でのちょっと寂しい不安な外部出待ちってことで
萌ちゃんの笑顔がいつもにも増して眩しかったわけです。
あー、あったまった〜(自己満足)

一応とりあえず松竹座が終わってなんか嬉しいです。
みんなー、おかえり〜ってかんじで。
ところがまたすぐに名古屋が始まりますからねぇ。
もう行かないでよー(泣)…これはただ単に寂しいからだだをこねてるわけです。
外部出演が多大な宣伝効果を生むとか劇団員さん自身も成長のステップになるとか
そーゆー高尚なことはワタシにはわかりません。ただ行かないでよー…それだけですわ。
え?大ちゃんはいるからいいだろって?
・・・・そ、そりゃ行かないでくれてよかったよー(涙)という気がないではありません。
っちゅうかありますよ。
でもワタシは大ちゃんのまわりにみんながいるってーのがスキなんだよー。
情熱の太陽の時のように、みんなー大ちゃんのそばにいてねー…みたいな。
すげー勝手なこと言ってる気がするけど(汗)
だからぁきれいにまとめるとぉ、大ちゃんとそしてみんながいるNewOSKがスキなんだよってことで。

皆さん、あっちへこっちへとお稽古に公演に走り回られてすごいです。
体力がいりますよね。しっかり栄養取られてるんだろか。もー、馬のように食っちゃって欲しいですよね。そんで雷のようにイビキかいて爆睡しちゃって欲しいですよね。
そしてまた妖精のように、火の玉のように、稲妻のように、星のように、踊って見せて頂きたいですよね。

posted by しげっち at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月11日

締めは上々

今日は子供の誕生会だったので世界館に行けないことに関しては自分で納得していた…はずでしたが、やっぱり「あーもーすぐ始まるなー」と思うとちっょとドヨーンとして
「ワタシが行けないんだから雨が降るべきだ!」とか思って空を見上げていたらホントにすごく曇ってきて今にも降り出しそうになったのであわてて呪いを解きました。なぜかとゆーと雨が降って寒くなったら大ちゃんが帰りに風邪をひかれると困るからでーす(ハートハートハート)・・・・・年齢は聞かないで下さい(泣)

で、行けないことを何かにあたって発散しようと思ってたら、ソリの会わない舅に息子が
「やーいやーいHG〜」とはやし立てている。聞けばHGとは「ハゲじじい(HageGigi)」という意味らしい。ぶははっ…早速加わって「やーいやーいHG〜HG〜」とストレス発散してしまいました。うまいこと言うよなー、息子…。

しかしどうあがいても今年の世界館は今日で終わってしまったわけですね。
12ヶ月12回。なんか今となっては全部愛着のある楽しい舞台だった気がします。
ホントに堪能して心から楽しんだSAIKAKU、激しく物議をかもしたホフマン、好き嫌いは置いといてえらくインパクトのあったタキシード、OSKらしさを実感したハッピー、予想以上に素敵な舞台で嬉しかった愛の旋律・・・などなど。
そして今回の牧師物語ですか……ちがーーーうっ!ウィンタープレリュードだ!
好きだなーと思える作品で一年をしめくくることが出来て満足です。
来年の世界館への期待度も高まったし。オンラインか…なにするんだろう…日本物だったりして…ありえない…。あの牧師がが主人公だったりして…一時間あのうさんくさいカタコト日本語聞かされるのかよーっ、なんてステキ…
そう言えば土曜日の牧師サマが「ワターシハー、ヌーオーエスケーノー、マコートダイキデース」とおっしゃってました(嬉)「Nu OSK」にします?意味ないけど…。

で、松竹座も本日無事に千秋楽を迎えたそうで。よかったですねー。
いよいよ和歌山公演が楽しみになってきましたよー。
年の終わりに皆さんが一丸となって踊り狂って締めくくっていただきたいものですね。
ワタシも狂ったまま今年を終えて来年へと突入したいです。これでいいのか?などと考えずに…

posted by しげっち at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月09日

ワターシハOSKガ スキデース

やっぱりOSKはいいなー。
これが感想です。
世界館12月公演のことです。今日2回観てきました。
ワタシはやっぱり歌劇がすきかも。いやすき「かも」じゃなくてすきですわ。
歌劇がすきだーーーー…と海に向かって叫んでもいい。しかし叫ぶ必要性もないんでやりませんが。海辺は寒いし…。

高世さんの髪形、かわい〜〜。すごく似合ってらっしゃいますよね。で、ちゃんと前髪立ってる。よかったぁ♪最初、やわらかい生地で出来たハンチングかぶっておられますが、これがまた似合うんだなぁ。今んとこ日本一ハンチングが似合うスターってことで認定させて頂きます。なんか横顔がちょーかわいくて(キュン)こんな亭主だったらどうしよう…きゃーーー(妄想の世界に入り込む)(そこに本物の亭主がくる)(涙が出る)(ま、現実はこんなもんさ…)
「ボクは貧乏だけどキミと一緒にいられるならシアワセさ」あ、いやあの金持ちになってキミをシアワセにしてあげようとかそういうふうには思わないんですね…いや、いいんです。こんなキュートな亭主なんですもん、それでいいんですよ。

中身はO・ヘンリーの「賢者の贈り物」ですが、ショーではそれをちょっとワル風の高世さんと悪女風の北原さんがダンスで表現されます。これがいいですわー。めっちゃすき。楽し〜。芝居部分ではかわいい高世!このショーではめっちゃかっこいい高世!ってことで高世さんの魅力も全開でしたし。
緋波さんと水無月さんのちょっとしたオチもおもしろいんですよ。2回観て2回違うオチだったんでひょっとして8回違うことしてくださるんですかね?観たい〜〜〜てか、オチ考えるお手伝いしたい〜〜(バカ)
ひーちゃんは表情豊かに芸達者ぶりを楽しませてくださるんですが、カーテンコールのおしゃべりになると途端にシャイなかんじがして、そのギャップがかわいいですねー。
水無月さんのクリスマスメドレーはやっぱり嬉しい。きれいなきれいな♪聖しこの夜♪は値打ちがありますよ。その時、脇を固める研修生さんたちも初々しくて「聖し」です。勉強不足でお一人お一人お名前がわからないのが残念です…。

さあさあ、そしてゲストですわ。最後あたりに出てこられると勝手に思い込んでたもんで初っ端「ひーひーひーひーひー」ひきつけ起こしちゃったよ…後姿で指揮する姿にウットリウットリウットリウットリ(寝てませんよ)もーね、「後姿で指揮」で1時間でもいいわって思っちゃった。いや、あくまでもバカなダイキスト的発想ですよ、勘弁して下さい。
「ワターシハ、マコトダイキデース」ってうさんくささ満点のカタコト日本語の神父に対して「私は若木志帆です」とフツーの若木さん・・・合わせてやって下さいよー(泣)いいげと…

開演前に「一曲ぐらい歌ってくれはるやろか?」「そらー歌いはるやろー」「なんの歌かな?」「OneVoeceやったりして(笑)」「いや、何回も聞きたいけどな…」「Thank you for the musicかな」「Dreamかもな」ちょっとちょっとー!レバートリーもっとあるっちゅうねん。
正解は「She is beautiful」でしたー。去年のDSの初っ端で椿姫の扮装で歌われた歌ですね。でも歌は確実にバージョンアップしてます。ものすごよかった(泣)もうこれだけで来た甲斐があった!それで舞台自体も楽しいんでいうことなしですわ。
あと一回しか観れないなんて悲しすぎる…めいっぱい堪能してきたいと思いま〜す。
posted by しげっち at 00:00| Comment(2) | TrackBack(1) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月08日

名古屋も行っちゃう

女優・桜花昇

松竹座に行ってきました。
やっぱり1階はいい。無条件にそう思ったですねー。
伝わってくるものが違う…というか伝わるものが違うというか。まあ伝えてくれよーっていうこっち側の気持ちも違うんだと思いますが。

ちょっと不思議な感覚になったんです。
桜花さんが出てこられて…桜花さんの「この舞台の中での成功」を感じて、あーなんか遠くに行ってしまわれたなーって気になってしまって。なんか寂しさが…(泣)と思ってたわけです。
ところがレビューシーンが始まって真琴さんとデュエットダンスのシーンになった時に、フッと手をさしのべられるんですよね。その手の出し方がいつもいつもいつもOSKで見ているあの桜花さんの仕草だったんですね。やー、嬉しー♪やっぱり桜花さんだー。OSKの桜花さんだー。なんか胸がジーンとしてしまった…そのあとはもう目を細めて桜花さんの熱演を拝見しましたとも。で、調子に乗って出待ちまでしてしまった…というのが今日のお写真です。

最初に十数人おられる出待ちのかたたちの中にまぎれて立ってたんですが、なんかどーも居心地が悪いというか勝手が違うというか…。きれいに二列に並んでおられるんです。カメラを持った方なんて誰もいない。…こ、ここって真琴さん待ちのかたまり?
あわてて列から離れて違う集団の中へ…。あとでお聞きしたらやっぱり真琴さん待ちの列だった…「真琴さん待ってるんやと思ってた、くっくっくっ」とOSK出待ちのかたに笑われちゃいました。そーですか、またすべってましたか…(汗)

で、公演のことに戻りますが美砂さんと陵さんと鈴峯さんのパンパンガールお上手ですねー。なんかびったしはまってるってかんじ。これって誉めてますかね?ほめてますよ、ほんと。
ダンスシーンはやっぱり貴城さんに釘付け〜。オペラグラスでちょードアップで見てたら、なんか小さく「うっ」とか「はっ」とか勝手に言っておられるみたいに見えて。やーやー、どこで見てもどんな格好しててもタカシロはタカシロなんやー!と思って嬉しくなっちゃってニコニコしてしまいました。ドレス着ててもかっこいいんだもーん。それってほめてます?ものすごくほめてますよ、ホント。すごく元気もらいました。元気にいこー!って思いましたもん、見てて。貴城さんってすごい。
一緒に行った「OSKファンじゃない」と言い張るくせに毎月観てる友人が「なんか知らんけど貴城さん見てしまうねん、なんでやろー。なんか…貴城さんがすきかも」・・・あ〜あ、言っちゃったよ。あなたも「なんでか知らんけどタカシロから目が離せない」病にかかってしまったねー。よしよし。

前回3階で観たときよりやっぱり表情がよく見えるので話の展開の唐突感が薄れた気がして見やすかったです。真琴さんもお芝居が随分こなれられたというか、お上手になられた気がしました。でね、カーテンコールで開いた後、またカーテンがしまる寸前に大阪弁で「あと3日や〜」「さびしいわ〜」と叫ばれて。思わず笑っちゃいました。こういうサービス精神旺盛なスター、ワタシもう一人知ってますし。ちょっと似てるかも〜。

隣のおばあさんが一緒にいらしたかたにチラシを見ながら「この人OSKの人やな。おうかのぼる?さくらばなのぽる?」って聞いてました。さくらばなって読み方、ムリヤリですなー(笑)

posted by しげっち at 23:16| Comment(3) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月07日

体質改善

今日はインフルエンザの予防接種に行ったわけです。
5時から診察券を入れることが出来て、診察は5時半からです。
5時過ぎに病院に着くように…と家を出て車を運転しているうちに
なんか勘違いモードに突入しちゃって「5時からなんやったら5時前に着かなあかんやん」
と…。「そうせな最前に座られへんやん」
・・・・注射打つのに最前とか関係ありませんからー。病院に最前とかありませんからー。
誰も踊ってくれませんし、大ちゃんが注射打ってくれるわけでもありませんからー。
ったく、なんでこんな体質になってしまったのか…

明日は松竹座のマイラクです。
1階で観ますから、もーそれだけで楽しみです。
3階の時は、レビューシーンで桜花ちゃんがセリあがってこられるところが見えなかったんで
それは絶対見るぞ…とか、パンパンガールたちの表情とか。
桜花ちゃんが奥さんになって笠置さんちを訪ねて来られて編み物を教えるシーン、なんて言ったっけなー、なんか笠置さんに言うんですよね。それがなんかすごく「ス」で自然で「そうです、桜花ちゃんってそんなかんじの人です」って初めてのかたに説明したくなるっていうか(もちろん本当のスは存じ上げませんが…)そこも見たいです。迎えに来ない旦那を待ってソワソワするところもいいなー。
劇団員さんによるレビューシーンも前回は「ゆっるー」と思ってみてしまったんで、今回は「昔はこんなかんじだった」ということを再現してるんだ、と自分に言い聞かせて観てみたいと思います。

で、松竹座のロビーなんかにさりげなく和歌山公演とか新春公演とかのポスター貼ってもらえないですかねぇ。チラシとかも置いてもらえないですかねぇ。だめなんでしょーかねぇ…あっ、落ちてるんだったらしょーがないんですよね?・・・(やめなさいよっ)
posted by しげっち at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月06日

寒くたってOSK

酔うのはアルコールでなくてスターに酔うのだ

昨日、「来年の干支は大貴誠だ」と書きましたら、今日ダイキストのかたから
「最近の十二支は<ね><うし><とら><う><だいきまこと>だよ」と教えていただきました。
そーですか、やっぱり間違ってなかったんですね、よかったよー…って十二支ありませんから…。五支しかねーじゃん。
ま、細かいことは気にしない気にしない。

今日の写真は「タキシード2」の時に発売になっていた「シャンパン」です。
シャンパンは好きだし、なんといってもこのラベルの魅力的なことよ…
こりゃあクリスマス用に絶対買おうと思ってたんですが……早々に売り切れたそうです。
いいんだいいんだいっ!フツーのシャンパンに大ちゃんの写真貼って飲むんだいっ!(泣)

とにかく土日月とチケット取りにあけくれた感があって疲れてたんで
今日は気分的にはゆっくりできるよねーと珍しく家にこもって掃除したり整理したり
仕事したり…。
あー、忘れてた。土曜に取った世界館のチケ代、振込みに行かなきゃ。寒いから明日にしよ。
パンがないから買いにいかなきゃ。寒いから明日にしよ。
回覧板持っていかなきゃ。寒いから明日にしよ。
洗濯干さなきゃ。寒いから明日にしよ。
出ろよっ、外に…。出不精はデブ症だっちゅうの。

でも公演があれば雪でも嵐でも槍が降ってきても出かけるわけです。
だ、だからと言って今週末はやっぱり少しあたたかい晴れた日になってほしいですねー。
そのほうが少しでも客足が伸びるよねと願う心なわけですよ。
決して自分が寒いのが嫌だからとか、そーゆーんではありませんよ、いやほんと。…と念押しするあたり、ボケツを掘ってる気がしないでもない(汗)



posted by しげっち at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月05日

しげ閑話2

2006年も大貴年

写真はうちのリビング兼ワタシの部屋の壁に貼ってあるカレンダーです。
そうよっ、もう2006年だよー。だって待ちきれなかったんだもーん。
しかも2月!我が家に1月はないのだ。
でもそれだと新春公演がないことになるので困るのだけど。
そして多分来年のOSKカレンダーが手元に届く頃まで、我が家のリビングは
ずっと2006年2月なのだと思う。
まあワタシは2006年の干支は「大貴誠」だと思ってるほどのヤツなんで
なんの問題もないんですが、家族は「ほんとの日付がわかるカレンダー貼ってくれやー」
とブーイングしてますわ。知ったこっちゃないけど…。

なんかもういよいよ大貴壁がものすごいことになりかけてるわけです。
しかし今月…というか来週子供の誕生日があるので舅姑が来る予定なわけです。
・・・・・・・・無言。
ま、いいか…。外すのも面倒だし。今更隠すことはなにもないし。
あなたの息子の嫁は、ここまでバカでした。わはははは・・・ってことで(汗)
でも旦那の弟の嫁はKinki Kidsのばかでかいポスターをリビングにはってるんで
まあ似たり寄ったりかなってことで競ってたりします、バカ嫁ぶりを。

でも今気づいたんですけど、このカレンダーの中の大ちゃんが見上げてる先には
クーラーがあるんですよ。大ちゃんはちょーどクーラーを見上げてる形になる。
うぅっ…愛しい大貴様に一年間、我が家のクーラーを見させるなんて…絶句。
かくなるうえは、来年はいつもクーラーを磨いてピカピカにしておくしかないっ。
よしっ、来年の目標は「クーラーをきれいにしよう」だな。…くだらねー。

でもなんか怒涛のOSKラッシュが始まりますよね。
世界館に和歌山にクリパに新春公演、そして世界館。で橿原で、また世界館・・・。もちろんその間ブギウギの名古屋と東京もある。で、ラジオもある。
3月も何もないとは思えない…。なんかあんでしょ?え?またサプライズでしょ?あん?(キレかけてる)(だけどホントは嬉しい)そしてそして春のおどり。ひぇ〜はえ〜…
♪おれのハエ〜♪とかって盛り上がったのは春のおどり2005。ひと昔前ってことになる…。
この早さで行くと、武生も近いな…ってこないだ終わったとこじゃーん。
もう月日の感覚がおかしくなってるよ。
武生が終わったらクリパ2006だよな…ってクリパ2005もまだですからーーーー。
・・・・一生言ってろっ。
posted by しげっち at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月04日

改名のご連絡

新春公演のチケットを取ろうと思ってぴあに行きました。
ぴあの店頭で発売日に買うというのは初めての経験だったので、ちっょとオタオタしてしまって。
あ、もう並んでる…そうですか、皆さん「ゆず」の大阪城ホールでのコンサートのチケット狙いですか…ワタシのライパルは…いませんね。いやいや、ここにはいないだけで各地のぴあや電話の前、PCの前にいらっしゃるんでしょうけど。

で、驚いたのは窓口での購入は一人1回につき1公演だということ。
つまり4公演分買おうと思うと4回並びなおさなければならないらしい。
しかも席を選んだりとかはできないらしい。
・・・・むむむむ。想像以上に厳しい道のりだな。

とりあえず購入表というやつを4枚出して整理番号をもらって並ぶ。
まわりのみなさんは「ゆず」狙い。仲間内で携帯で連絡をとりあったりして
忙しそう。ワタシはというとぼーーーっと待ってます。

10時!はじまってみればぴあのお姉さんたちは手際がいい。
次々に購入表を見て名前を呼ばれる。
「田中さーん」「吉田さーん」ってな具合に。
え?名前?しまったー!ワタシ書いてないよー。 だってどっちでもいいって書いてあったんだもん。どう呼ばれるんだろう…とハラハラして待ってると
「HappyNewYearNewOSKのお客様〜」だって。な、なんかすごくかっちょ悪いんですけど。
しかもその場にいたほとんどの人が、「バッ」てこっち見た気がするんですけど。
なんでもうちょっとフツーのタイトルつけてくれなかったんですかね(泣)
「はっぴーにゅーいやーにゅーおーえすけー」ってあんた…すごくそのままっていうか、ひねりもないっていうか、わかりやすいっていうか、どういう公演なんだ?それは…っていうか(汗)
しかも「ゆず」さんたちは、「あんた、それのためにこの列に並んでたの?」ってかんじで見てるし…。そ、そうですよっ!NewOSKですよっ、チケット取るのむつかしい公演なんだからっ!ってかんじで虚勢をはりながら進み出る。

でもね…しくしく…それが4回呼ばれたわけです。さすがに4回目の時は「はっぴーに」くらいで「あー、はいはいはいはいはいはいはい、ワタシですワタシです」と飛んでいきましたがね。ぴあのお姉さんも「ぷっ」って笑ってたし…。
今日も充分すべってましたねー。いっそのこと改名して「ハッピーにゅーいやーにゅーおーえすけー」っていう名前にしますかね?…嫌だよ〜〜(泣)

posted by しげっち at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月03日

大ちゃん@和歌山テレビ

手が男役の象徴のポーズだわね

昨日さんざん「見れない〜」とぼやいてた和歌山テレビですが、今日始まる20分前に近所の友人がメールをくれまして。
「うち、見れるでー」えーー!なんで?「あんたとこより300メートルほど南やからかな」んなアホな…。で、また奮闘していたら映ったわけです。しかもフツーにきれいに。嬉し〜♪

お、始まった。…誰?これ…。どこ?これ…。早く大ちゃん出せーー!
待つこと約15分、出てきた出てきた。若木さんと二人、いつもの桜色のお着物にはかま。
信じられないくらいかわい〜。和歌山にいらっしゃるのにかわい〜(いや、別に意味のある言葉ではありません)
普段の公演の紹介ということで春のおどり2004のオープニング、ラインダンス、Re-birthのフィナーレ、闇の双璧のフィナーレ、とかがうつってました。
春のおどりのブルームーンもうつって司会者が「なんでこんなに体が動くんでしょうねぇ」と言われると大貴さんはすかさず「体がゴムで出来てるんで…」
そ、そうなのか?ゴム人形なのか?知らなかったけど大貴さんがおっしゃるんだから本当なんだろう。
それから和歌山公演の紹介。他の出演者の皆さんが「やっす〜」と驚きの声。

で、その紹介とかする大ちゃんの声がまたいいんだわー。他の出演者さんも「かっこええ」「かっこええ」とワイワイガヤガヤ。「女の私でもほれぼれしますねー」…えーっと、なんかちょっと考えないとその言葉が合ってるのかどうかわかりにくい…。

和歌山公演の紹介で若木さんが「一部は日本物です。その中で民謡メドレーがあって…串本節をやるんです。OSKが、どう串本節を唄い踊るのかご期待下さい」みたいなことをおっしゃって。
続いて二部は大貴さん。「貴族のように華やかに尊く、そして幕を下ろすなとお客様におっしゃっていただけるような熱い舞台になります」とのことでした。
「スでいててもかっこええなー」という声に応えて嬉しそうにポーズを取る我らの大貴さんが上の写真なわけです。携帯なんで画像悪いんですが、なんかほんとにかわいかったのだー。
で、サヨナラーってお二人でバイバイして…これがまた無邪気な感じでかわいいのだ。大ちゃんはどのカメラで撮られてるのかわからなかったみたいで目だけクルクルと動いて最後の瞬間にバチッとカメラ目線で…うぇーん、ここまでが約5分ですぜ。みじけーよっ!
このためにわざわざ和歌山まで行かれたのか…と思うとなんか南に住む人間として申し訳なさがこみ上げてきたりして(すごく勘違いしてるけど)

しかしまあ、なんとかすべらずに見れたよー、これでワタシのすべり続けるOSKライフも終結を迎えたかもねーと喜んだのも束の間。ラジオ出てるじゃん。飛び入りゲストですか…そーですか。なんとなーくそんな予感もあったようななかったような。まあ知ってても行けなかったわけですが、それでもやっぱり気分は「すべったぜ…」ってかんじ。まだまだすべり続けるんでしょうなー。ほんとにサプライズの好きな劇団とスターだよなー。
posted by しげっち at 22:21| Comment(2) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月02日

世界館とワタシ

朝から「新春公演のタイトルはHappyNewYearOSK」らしいというメールが飛び込んできて
「あらあら、まんまやん…」と、のん気に笑っていると「キャパは300」という情報も
あったりしてあわてだす。
だって昨日は「キャパは10だよね」とか言って笑ってたんだもん。これってまた頑張ってチケ取りせにゃならんのかえ…。えーーー!どうやって取ったらええんやー?
OSKさんで先行予約というパターンに慣らされてきたこのからだに、ぴあで取るという普通のことが、やたらと遠い世界のことのような気がしてしまってめまいする。
そうこうしてる間に、なんだかOSKメールニュースが次々と飛び込んできてまたもやアタフタ…
「和歌山テレビ入る〜?」あ、はいはい、やってみます、命をかけて…で、テレビのチャンネル設定と格闘する。
…あかんかった…こんなに近いのになぜに入らんか?和歌山テレビさんよ(泣)京都とか神戸は入るのに…理解できん。
ん?生放送?…ということはぁ…ひょっとしたら…会えたりすることもあったりするわけ?とか思っていると「行きませんかー」とどこかから魔の声が…。行けないんでおます。えぐえぐ…まあ思い起こせば11月18日に世界館で乾杯せずに帰っちゃうという「おおすべり」をやらかしてから今日まで、すべり続けているOSKライフ。もちろん明日もきっちりすべってますな。行けない見れない会えやしない!決まったっ!…いや、標語作ってる場合じゃないんですけどね。
まあ今日も一日ふりまわされた感が漂う日となりました。

おめでとー!世界館

ってことでリニューアルされた世界館の写真です。
トコトコと弁天町駅からの直線の世界館ロードを歩いていても、いつもとなんらかわりないわけです。世界館の横まで来てもいつもと同じ風景。あれ?改装ってまだなの?と思いながら角を曲がって正面に立ってびーーーーーーーーーっくり!!
きれーーー!劇場みたいやん!あ、いやあの、劇場ですから。
こんなにきれいな正面だけど横は今までどおりってところがまた庶民的で嬉しい。
ものすごく分厚い荘厳な木の扉。イタすぎるファンが扉に体当たりして劇団員さんに会おうとしても絶対無理なように…ということでこうなったらしい…知らんけど。
その扉を入ったら「クラブタキシード」があります。コーヒーとかビールとか…実際見るとすごくかっこよくてびっくりしましたけど、こうやってワタシのつたない写真で見ると射的場みたいに見えなくもない(汗)ビンを倒したら貰える…みたいな。で、弾を込める社長の図…みたいな。

夢の入り口の小道具ですか

で、入って内側から上を見上げると二人の影が…あー、大ちゃんとワタシ…(ウットリ)
で、劇場の外側のてっぺんに時計がついてるんですが時間はいつでも11時45分。
これはシンデレラを意識した飾りだそうですので「今何時?」と言ってこの時計をあてにするのはやめましょー。ということは、この内側の二人もシンデレラと王子様でしょうか。オペラ座の怪人?っていう声もチラホラ聞かれましたが。
これは夜の部を観た後、外側から見上げると影がきれいに外側にうつってるんですかね?
残念ながらまだ7時半の部というのを観た事がないので…。

この親愛なる劇場が一周年を迎えたわけですねぇ。これは言い換えるとワタシもケラーライフが一周年を迎えたということですので感慨深いわけです。
はぁー、ワタシもリニューアルしたいわ…ってことでワタシはきれーにすることは無理ですのでせめて寝て覚めのデザインだけでもかえてみましょーってことでこうなったわけですがどんなもんですかね。ワタシ的には「なんかインパクトのねーデザインとカラーだなぁ」ってかんじなんですけど(文句言うなら違うの選べよって)
posted by しげっち at 22:25| Comment(6) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。