2006年03月31日

お金の話をすると鬼が怒る

こんばんは。
自分で白髪染めをしたらおでこまで染まっちゃったしげっちです。
って書きながら、今、手を見たら手まで染まってた…がくぅぅぅん←地の果てまで落ち込んでる

なんで手袋とかしないんだよっ…
ま、いいか←こーゆーとこ、すごく大雑把なの。

そもそも、なんで家で染めなきゃならなくなったかっつーと。

コンテンツプリント
久しぶりに見に行ったら…増えてる…
サンライズとか出来てたって知ってました?
知らなかったの私だけ?

もう随分長いことやってないんですよね…
SAIKAKUとかタキシードとかもやってない…
そのうち、そのうちと思ってズルズルと…

大ちゃん、多いっ!
いや、多いのは嬉しいんだけど困る。
いやいや、困るんだけど嬉しいんだよなー(←うざいヤツ)

これ全部やろうと思ったらセブンイレブンに
何時間居なきゃならないんだよってかんじ。
しかも近所の奥さんがパートで店にいるし。
その人の勤労時間が終わってもプリント終わってなかったりして…。


そんでもうひとつはNewOSKウェヴショップのプロマイド
和歌山も秋アピオもタキシードUもまだ買ってないんだよー(泣)
いったい何枚買わにゃならんのだ…
いや、別に買わにゃならんということはないんでしょーが。
いやいや、オーエスケラーたるもの、販売されている物は
全て買うべきだ!
そーですか…やっぱりそーですよね…
・・・・・・・・・・・・・・・・・(黙り込んじゃったよ)(資金の算段でもしてるのか?)

もうすぐ松竹座。
またプロマイドがどっちゃりと出ます…よね。

なんせ大きい大ちゃんが好きなんで…あ、大きく写った大ちゃんが好きなんで、大きいのだけで我慢しよーっといつも自分に言い聞かせてるんですけど
小さい大ちゃんでも…あ、小さく写った大ちゃんでも(いちいち言い直すんじゃねーよっ)例えばまわりが「これってレアな角度だよね」とか言ってたりすると「あ、あ、買います、買っときます」ってなっちゃうんですよねぇ。

最近、写真の整理が全く追いついてないんで、このまま松竹座を
迎えちゃうとえらいことになっちゃう。
あー、やっぱり一週間くらい全てに休暇をとって整理すべきだよなー…
と、すぐさぼろうとする。

とりあえず、あとふたちゅ寝たら桜まつりです。

posted by しげっち at 00:59| Comment(2) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月28日

若さがまぶしいぜ…

神戸のポートピアランドという遊園地が今月一杯で
25年の歴史に幕を閉じるということで
「青春の地」の最後を見届けようと
すたこらさっさと行って参りました。

っつーか、入園料が無料でフリーパス券が
2000円っつーことに釣られたと正直に言ってしまうと
それまでなんですが…。

で、あそこにはちょっとした…と言っても結構立派な
野外ステージがあったりしてですね。
「やー、ここで今日は特別OSKのステージがあります」
なんて言わないかなー、とか話しててですね。

今はもうそんなステージはやりませんよ、NewOSKは。
とゆーか、今頃春のおどりのお稽古で
営業なんかしませんし。

ま、そこは冗談ってことで…
と思って、ふと見ると

わーわーわーわーわーわー
めっちゃ濃いダイキスト発見!!
え?え?
ひょっとしてホントに大ちゃん来るの?
とか思っちゃいましたから〜

で、ふたりで並んで、大ちゃんを撮るために買った
でかいカメラで子どもが乗り物で遊ぶのを
撮ってました。
最前センターで。
「今週末には、このカメラちゃんで大ちゃん撮るんだよねー♪」
とか言いながら。

いやぁ世間は狭いわ…

で、さすがに最後だけあって、ものすごいにぎわいだったわけです。
若い子もいっぱいで…
あーでもこの子たちってSTEPに出てたあの子たちくらいだわねぇ。
彼女たちも、こうして遊んでたっておかしくない年頃なのに
ああやってお稽古にお稽古を重ねて
人に感動を与えるという道を選んだんだなぁと思って
あらためて心から応援したい気持ちになったわけです。

ちまたで評判の「里都・白藤コンビ」は
フレッシュなカップル!ってかんじで
マジで驚きましたからねぇ。
白藤さんってどちらかというと童顔だと思うんです。
というか普段はまだ幼い顔つきをされている気がするんですが
役に入るとグッと化けられますね。
女になれる。
…いまだに女になれないワタシに言われるのもどーよって気もしますが(泣)

虹架さんってやっぱり表現力というか芝居心があるような気がしましたね。
男役さんになられるんですか?
どちらにしても演じるれるスターさんになられる気がします。
でね、初日の一回目に下駄のタップでボキッと
下駄の後ろの歯が取れたんですよ。
げげっと、こちらまで冷や汗が出たんですけど
最後まで一本の歯の下駄で踊られましたね、踊りの最後のほうだったのが
救いでしたが…。
普通なら動揺すると思うんですが、最後にその折れた歯を拾って
ちょっと肩をすくめてニッと笑われたんです。
ほほー、そういうことが出来るんですかーと思って
嬉しくなっちゃいました。
このかたの今後を楽しみにしています。

晴嶺さんは唄が光りましたね。
しかもボケキャラでほんわかムードを漂わせておいて
実は歌えるんです〜♪っていうギャップが印象に残りました。
もっともっともっともっと磨いて「歌姫」になられて欲しいですね。

皆さん、お化粧が「変じゃない」。
言い方悪いですか?
いや、普通は変でしょ…最初の頃って。
上手下手はあっても、みなさんすごくナチュラルなかんじで
研究されてるんだろうなーと思いました。

そういう点でも、やっぱり同期がたくさんいると
競争したり教えあったりってかんじで
切磋琢磨できて、いいんでしょうね。いや想像ですけどね。

ワタシは今回、みなさんのお名前をなんとか覚えることが出来た
みたいなんで嬉しいです。
でも83期生さんはまだ全然わかんない(泣)


posted by しげっち at 01:10| Comment(2) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月25日

団子三兄弟ならぬ82期三兄弟

世界館行きました〜
とりあえず行く予定のないかた、見といたほうがいいですよ。
何が見れるか…
OSKの未来がそこにあります。

<長男☆りとちゃん>もう3年前からトップはってます…ってかんじの風格っていうんですかね。すべてにおいてキッチリとおさめてきましたなー…みたいな。
でも「おらっ、着いてこいよっ」っていうやんちゃなお兄ちゃんじゃなくて
「ささっ、ボクのようにやってごらん?」ってかんじのお兄さん。
時々、ワタシより年上に感じる瞬間があったりして…そりゃあ気の毒やろー、なんぼなんでも…。

<次男☆つばさちゃん>お兄ちゃんが叱られるのをいつも横で見てるからボクはそんなヘマはしないよってかんじのソツのなさ。お兄ちゃんを支えつつ一番のライバル心を燃やす。
歌に自信があるのがよーくわかる。余裕で歌ってたってかんじで頼もしいです。
もうちょこっとお肉つけてくれるともっと嬉しい。

<三男☆蓮ちゃん>芸はまだまだお兄ちゃん達にはかなわないけど、でもね、ボクってね、ボクってね………にこっ

・・・・・・ドキュン
おちちゃいました(頬染める)
か、かわいい。かわいいぞ。
三男はどーしよーもなく手もかかるしまだまだ青いんだけど
可能性がいっぱいで…。

めっちゃ贔屓に書いてたりして…あははは(照れ笑い)
実は出てこられた瞬間ちょっとドキッとしたわけです。
ウタコさん(昔々はまってたヅカのスター)(いわゆる昔の男)に
ちょっと似てる…気がしたの。

よく見ると、まあ似てるような…似てないこともないか…似てるか?
ってかんじですが。
しかし、昔の男ってやっぱり強烈なんだろーなー、ワタシの中で…。
曙ゆりにさえ、ときめいちゃったもんなぁ…くっそー(ものすご私的な独り言)

とにかくかわいいです、蓮ちゃん。
もちろん芸はまだまだです(なにを偉そーに)
でもきっと化けてくれると信じてます。楽しみだな〜♪

と、やっぱりアタシャ男好きかいっ…
いや娘役さんも今回はめっちゃしっかり見ましたよ。
そのへんはまた次回…

寝て覚めで大ちゃん以外にときめいた話書いちゃった…
ドキドキドキ…
浮気じゃありません。
世界一スキなのは大ちゃんだもん。
でも…最近冷たいから…シクシク…いや、単に公演がないっていう意味なんですけどね。

ハァ、なんかときめいた話してたら、やっぱり一番スキな人に会いたくなった…来週まで我慢します。どんな顔だっけなー、どんな声だっけなー。
やっぱり来週久々にお会いしたら、初めて会ったかのように「うわっ、この人スキやー」って思うんだろなぁ。すごいよな、いつまでもこの新鮮さっちゅうか初々しさっちゅうか…自分で感心するよな。


あ、それと83期生の
「ダーイナマーイト ラインダーンスッ」
も、おすすめです。
どーして↑このタイトルかは、見てのお楽しみっつーことで。
posted by しげっち at 01:27| Comment(6) | TrackBack(1) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月23日

お彼岸でもOSK

昨日はお彼岸で、おはぎを食べました…
違うっ…子どもの作文じゃねーっつーの。

そうじゃなくて、みたらし団子を食べたんです。

…だからそういうことじゃなくて。

お墓参りに行ったんです。
で、親戚一同で食事会があったりして。

まあワタシなんか嫁の分際ですから隅っこでおとなしく
ガツガツひたすら食ってたんですが
腹いっぱいになったらもう暇ですんで
携帯出してメールチェックとかして遊んでたわけです。

ワタシの携帯にはちょっぴりジャラジャラと大ちゃんの顔が
3つも、ぶら下がってたりするんです。
いやぁワタシ的には「ちょっぴり」なんですよ。
ホントはA4くらいの大ちゃんをぶら下げたいんですけど
ポケットに入らないんで我慢してるわけですし。

そんなちいちゃい大ちゃん…あ、いや、ちいちゃい写真の大ちゃんでも
目立つみたいで…そりゃそーだ。きれーだしねー…ってたぶんそういう
ことではないとは薄々わかってる…つもりですが。

「あら?誰?タカラヅカ?」
ほらきた…
「いーーーーーーーーーーーえっ!」
もうすでにキレかけ。
抑えろ抑えろ、ここは敵陣だ…

でもさすが年配者の集まりだけあって、すんなり出てきます
「OSKやんな」
さすがだ…
「まだあるん?」
おいっ!

「で、誰?その人は…」
ここでワタシの口が重いと思った敵…じゃなくて親戚は
義母に聞く。
しかし義母は、かつて「ダイチマサト」というスットコドッコイを言い放った人なのだ。
「えーっと、まことや。うんうん、まこと」
「あー、真琴つばさ?」
だからねっ、タカラヅカじゃないって話は終わったでしょ?

なんかねー、そういう酒の席で輝かしい「大貴誠」という響きを口にするのがすごく抵抗があったりしてですね。なんちゅうおかしなこだわりだ…こんなとこでこんなバカ話書いてるくせに…とも思うんですが(泣)

その場はまあウヤというかムヤというか…そういうかんじで終わってですね。ワタシはそのあとひとり、トイレに行ってガラリと窓を明けて
空に向かって連呼しましたわ
「だいきまことーーーー!だいきまことーーーー!だいきまことーーー!」ってね。泣きながらね…なんでやねん。

それでね、そこにはいない…というかもう少しつながりの薄い親戚に
いるらしいんです。大貴誠が…。
きゃーーーーーーー!!!どうしましょーーーー!!

ちがーーーうっ!
そうじゃなくて…しかしすごい「ひとりノリツッコミ」だよなー…と
他人事のように言う。
そうじゃなくて、いるのはOSKファンらしいです。

………その人がネットしてませんよーに!
その人がワタシが湯水のようにOSKにつぎ込んでるなんてことを
義母にチクったりしませんよーに!

はぁ…心配事がひとつ増えたかもしんない。


で、義母が言うには「○○○ちゃん(OSK叔母)がな、OSKは私らが支えてるねんって言うてたわ。アンタも言うてたしな?OSKファンってみんなそう言うの?」

言うんです。
そういうこと言いたがるようになったらもうすでにズブズブではないかと…。
まあ支えれるもんなら支えたいですですけどね。
気持ちだけは受け取ってねってことで…。

posted by しげっち at 00:56| Comment(3) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月17日

仰げば尊かった

本日は、注目の卒業式当日でございましたー(誰も注目してないってば)

で、大ちゃんはいらっしゃいませんでしたー(←今更ながらのバカ)

でもまあ感動的な卒業式ってことですべてよしといたしましょう。
でね、卒業生から親への感謝のメッセージってのがスライドでだーっと
流れるわけですよ。
あ、ありましたありました。うちの息子のメッセージ…
一部をご紹介しましょう。
「家事でくたくたになるまで頑張ってくれてありがとう」

・・・・・・・悪かったよ、くたくたになるまでOSKに、はまってさ…(泣)
これからはもうちょっとだけ家事に頑張るよ…orz

なぜか卒業式会場で反省モードだったバカ親です。

これ、息子の言葉だからいいようなものの、旦那がこれ言ったら
「嫌味かいっ!!もっとハッキリ、家事しろって言えば?」って
大喧嘩になってるところですわ(汗)

まあ反省したのも束の間、「来週は世界館〜♪」と鼻歌を歌ってしまったわけですが。
口上があるんですってねぇ。

口上といえば私はおととしの「春のおどり」の口上を思い出してしまうわけです。と言ってもあの春のおどりはリアルタイムでは見てないのでDVDでの観劇ですが。

「あ!あちらのへの33番のお客様が残念がっていらっしゃる」
「いーえ、あれは安心してらっしゃるんですよ」
「あぁ」

これはラインダンスは全員参加しているけど、大ちゃんとかオーカさんはしていない…というフリに対してのおふたりの掛け合いなんですが、この大ちゃんの「あぁ」というわかったようなわかってないような、気の弱そうなんだか負けん気が強そうなんだかどうだかわからない中途半端な返事が私のツボでして、この「あぁ」聞きたさに見てしまったりするわけです。

ということで(必殺!ムリヤリもっていくぞ技)春のおどりも一ヵ月後となりました。
去年みたいにいっぱい観たりしないわよっ!と言いながら結構買っちゃったりしたので「つまんなかったら何度も観れないよー。去年はすごくよかったから観たけどさー」と心配してみたり。

…ウソです。
どんなのでも喜んでみてます。
自信ありますから。

でもまあ今年こそはあのかたが出ておられる時でも
全体を観よう、とか思ってます。
んー、せめて3回くらいは…。
…あ、やっぱり2回は…ね。
……す、すいません、1回に変えてもいいですかね…

あ、はい。勝手にやってます(ペコペコ)
posted by しげっち at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月15日

ビバ☆卒業式

いよいよあさって息子の小学校の卒業式なのです。

あ〜、卒業かぁ。。。
♪仰〜げば〜尊〜し〜我が〜師の〜恩〜♪
なんて歌って1人で盛り上がってたら、息子が
「なに?その歌」

へ?
歌わないの?で、知らないの?

今の卒業式はそういうの、歌わないんですってね。
ホタルの光も歌わないらしい。
へーへーへーへー。
コブクロだとかゆずだとかレミオロメンだとかを歌うらしい。

間違っても「ルネッサンスOSK」だとか「Dream」だとかは歌わないらしい。

で、間違っても「特別ゲストをお迎えしています」とか言って大貴誠が出てきたりはしないらしい。

そして大貴誠がはかま姿で登場して「みなさん、小学校生活はお楽しみいただけましたでしょうか?」とか言わないらしい。

場内は笑いのルツボと化したりはしないらしい。

で、ポンポンポンポンチンタラチラリ〜ンとか和楽が流れて吉津さんがお目出度い舞を踊ったりしないらしい。

想い出のスライドが流れるバックで「雨の日も風の日もランドセルを背負って通った校舎・・・」とかステキな文を読んでくれるのが折原さんだったりはしないらしい。

卒業証書を手渡す校長の横で、首から提げた箱の中から証書を一枚一枚校長に渡しているシガレットガールの扮装をしたことりちゃんとかは、いないらしい。

父兄席の間をけいと君と蒼戸君が獅子舞をかぶって練り歩いたりはしないらしい。

在校生の送辞に貴城さんが「イェーイ」とか「フゥー」とか「ハッ」とか雄叫びを入れたりはしないらしい。

そして…父兄席の最前列センターに陣取って「うわっ」「おステキ」と、いちいちのけぞったりする濃い〜人もいないらしい。


・・・・・・なんかつまらなさそうな卒業式ですね・・・(あくび)

posted by しげっち at 09:57| Comment(2) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月11日

お熱いのはお好き…です

随分前の話になってしまいましたが…
橿原の公演に行った時のことを。

家庭の事情で「行けない確立が高い」という状況をなんとかクリアーして
いそいそと、そりゃあもーいそいそと出かけて行ったわけです。

休日に出かけるってことで昼食も夕食も用意して出なきゃいけないもんで
橿原に到着するのは結構ぎりぎりってかんじのスケジュールを組んでまして。

うちは大阪の南の端っこのほうにあるんで、南海本線に乗って大阪市内まで出て、
環状線に入ってきた電車に飛び乗って…
さぁ、これであとは鶴橋まで行けば近鉄に乗り換えて橿原に…正確には大和八木まで行ける〜
余裕ジャン♪と湧き立つ気持ちをおさえきれずしゃべり倒してたわけです。
で、ふと見ると電車が次の駅に止まる。

「堺市駅〜堺市駅〜」
ぎゃーーーーーーーーー!!戻っとる、戻っとる。南大阪に戻っとるがな。
一生、南大阪から出られへんのかいっ!!
関空快速ってやつに乗ってたみたいで関西空港に向かってる。
アタシャー関西空港の近くに住んでるんだよー(泣)

とにかく堺市駅で飛び降りて向かいのホームに行って…
「もー確実に遅れるわ…」「すべってもた…」
電車の中で暗いこと暗いこと…無言で電車の中を走ってた…気がしますが。

電車の中も走った甲斐あって…しかも近鉄で500円払って特急に乗ってなんとかかんとか間に合ったんで笑い話に出来るんですが。
あの時の500円はいわゆる「豪遊」ってやつですなー(違)
相変わらずドタバタとにぎやかなヤツです(泣)

でも行けてよかったよー観れてよかったよー
だってね、だってね、大ちゃんが出てたんです〜(そこかよっ)(しかも行く前からわかってた事だし)
それに皆さんでの舞台はやっぱりいいっ!!
「遥か」もいいけど「サンライズ」もね♪みたいな…(「おせちもいいけどカレーもね♪」っていうCMが昔あったのを思い出した)(ふるっ)(わかる人っているんでしょうか…)

今ちょっと思い出したことは、ワタシはどーもやっぱり大ちゃんのデュエットダンスってやつがすごく好きみたいです。
えっ、今更そんなことわざわざ気がつかなくっても…ってかんじですが。
なんかデュエットダンスが好きだなんて言うと、すごく夢見る夢子さん的なイメージじゃないですか…?ロマンチックで小花柄のフリフリブラウス着てます〜♪みたいな。
あ゛ーーー!今、リアルのワタシを知ってる人はプッと笑いましたね。
そーなんだよなー、大違いもいいとこなんだよなー。
でももう認めますわ。
ワタシはデュエットダンスが好きなんだよ〜☆彡(あ、星飛んじゃった)

でね、今回のデュエットダンスは北原さんとだったわけです。
久しぶりでしょ?この二人って。
すごく熱いダンスに感じたんですって。
「ひっさしぶりやんなー。ずっと浮気ばっかりしてきたけど、やっぱりお前がいっちゃん(一番)やでー」と言ってらした。大ちゃんが(なんで大阪弁やねん)

北原さんは「覚えててくれたのね。私はいつも待ってるわ」と言ってらした(断言するのはやめなさい)「ほら、私はいつもあなたのことを考えてるから踊りやすいでしょ」とも言ってらした(また断言かいっ)
これでまた大ちゃんは「そっかー、待っててくれるんだよねー」と浮気する…と思う。
あぁ、なんてひどくてステキなんだ…(この言葉の組み合わせは間違ってるかもしれない)

しかしワタシが見ると愛のデュエットダンスもバリバリ「大阪風」になってしまうってどーよ(泣)浪花二人踊りってかんじですか…都はるみと岡千秋じゃないんだからさー(泣)



posted by しげっち at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月09日

しげ閑話3

春を感じるあたたかい陽だまり…
ワタシはリビングでカフェオレに口をつける。
はらりと瞳にかぶさった前髪をかきあげながら考える…
「去年の今頃、ワタシは何を考えていたんだろう…」

なーんて気取ってみても
結局、去年も今年も考えることはひとつですからーーー!!!
「大ちゃーん!もーすぐ春のおどりだよーーー♪」

…成長しないヤツだ…

今日の毎日新聞に松竹座の宣伝が出てるんですね
ハァーー立派だ。
立派ですよ。白黒だけど。
と思ってたらちどりん日記さんで写真が出てました。

やっぱりいいよなぁ、松竹座。
この際、一ヶ月おきくらいに公演しましょうよ、松竹座さんで。
だめ?
っていうかそんなことになったらワタシは間違いなく破産。家族は離散。夫婦は悲惨。
語呂遊びしてる場合ではなくなる。

で、今年も読売テレビのトリコロでとりあげてくれるそうで。
去年は大ちゃんと高世さんが出演されたバージョンもあったんですよね。
今年は大ちゃんと誰だろーなー…?(と、あくまでも大ちゃんをはずさない勝手なヤツ)
去年、熱烈な大貴ファンのご自宅訪問コーナーがあったんですけど
今年のあのお宅はどうなってるんでしょうね?とか思いません?
今年も訪問してくださーい。読売テレビにメールして下さーい(笑)



posted by しげっち at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月07日

忘れたり思い出したり

財布を落としたわけです。
で、しかたなく中に入れていたクレジットカードをとめたんです。
カード会社のお姉さんは電話で「もし無くなったカードが見つかっても今以降、使えません」
とおっしゃいました。「はいはい、わかりました」とワタシ。

で、数日後ひじょーに身近なところから財布が出てきたわけです。
わーよかったよかった…と、早速その財布を持ってお買い物に。
で、カードを使おうとしたらレジのお姉さんが「カードが使えないという表示がでますので
ご利用いただけません」と。

「なんでやろか?」

…だからぁ、オメーがとめたんだろってば。

そうでした。ワタシがとめたんでした。…で、なんで?

…財布を落としたことすら忘れてるよ、この人…orz

そ、そうだった…いやぁ、ちゃんととまっててよかったー…ってそういう問題かいっ…

そんな、いきつくところまでいってしまった究極の忘れんぼ(かわい〜)(もう手がつけられない)のワタシなのに。
それなのにダンシングNewOSKのDVDを見たら、去年の武生の舞台が鮮明によみがえるってすごいね。
まったく他人事のように感心してる自分に感心しますが…(汗)

DVDはわりと遠目から撮影されてるのに、まるで目の前で見ているかのように
「ここ、ここ、ここで大ちゃんはこーゆー表情してるんだよねー」とか思い出せちゃう。
フィナーレを見終わると「さっ、大阪に帰ろー」と思うわけで。
いや、ここ大阪ですから。ってゆーか自宅で見てますから。

なんとなく、武生に向かう電車の窓から見た風景とか、武生の駅に降り立った時の空気とか
並んで待ってる時のざわめきとか、泊まった朝に食べたパンの香りとか…
サーーッと浮かんできて。心地よい、懐かしい気持ちになるわけです。

大好きだったB&W、やっぱり見終わったら鼻息が「フンフンッ」言ってます。興奮するんだよなー。ジャズマンのところも「あー、これ毎回少しずつ表情とかやりとりとか変えてらしたよなー」とか。最後のあたりの白燕尾のダンシング…大好きな音楽にのせて踊る真っ白な大ちゃんがあまりにまぶしすぎて知らないうちに涙がこぼれた日もあったっけ…

あーーん、なんかもー観劇ってほんとにいいです。
シアワセです。
たとえ、なーんも覚えてられなくても…

またDVDが見たくなったから早々にきりあげるわけじゃないですけど今日はここまで。
(わざわざ言うあたり見たいってことだな)(えーっとDVDのリモコンはぁ…と)(ほーらやっぱり)
posted by しげっち at 22:54| Comment(5) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月05日

目指せ!ワールドカップ

「ダンシングNewOSK」のDVDが届きましたー。わーいわーい…とオーソドックスに喜ぶ。
もちろん鑑賞の仕方もオーソドックス。
一曲終わるごとに拍手する。
最後はもちろん大ちゃんに手を振る。
これ、観劇の鉄則ですからね、うんうん。と思ってたら
息子が「拍手しても聞こえへんで!手を振っても見えへんで!」と突っ込む。
ちっちっちっ…まだまだ青いねー、見えなくても聞こえなくても伝わるんだよっ、気持ちがさっ。

でね、見てて「ん?」と思ったわけです。
「さくらボレロ」で大貴さん、若木さん、北原さん、高世さんが踊られるんです。
「桜咲く国」のボレロ風アレンジにのせて♪
きれいで艶やかな中にも力強さとかを感じてやっぱり好きだよなー…あれ?
なんか落ちてる?
センターから少し下手寄りの舞台上に何か転がってるんですね。
なんだ?
じーーーーっと見ると…鳴子だな。
ひとつ前の景は「ふたりの秋」で鳴子を持って踊りまくる、というものでしたから
その引き際にどなたかが落とされたのでしょうか。
拾いに戻る時間や余裕がなかったのかもしれません(全て想像ですが)

で、そのポツンと落ちている鳴子・・・気になる(困)
あー、若木さんが踊りながら近寄っていく…邪魔にならないのかな…おっ、うまく避けたね。
とかいうかんじで鳴子ばっかり見ちゃうんだよー(泣)
大ちゃんが踊ってるのにさー。私ってダイキストじゃなくてナルコストだったのかー(泣)

最後のほうで他の皆さんもダーッと出てこられて群舞になるんですけど
その時もなーんとなく皆さん避けてらっしゃる…気がする。
あ、若木さんの着物の裾でうまくキック!少し舞台の奥に移動。

そして!そしてですよ!
皆さんが舞台の奥にザザザザッと進んで行かれるシーンで
あの貴公子タカセマオ様がその美しい白足袋のおみ足で
キーーーーック!
ゴーーーーーーーーーール! (ゴールポストはないっつーの)(サッカーじゃなくてレビューだっつーの)
いや、実際にはすり足のついでにちょこっと蹴って奥にどけたってかんじなんですけどね。
さすが高世さんだ…

ところがそれをまた音純さんの着物の裾がキック!
ちょっと戻ってきちゃった。音純さん、それってオンゴール(自分で自分のチームのゴールに入れてしまうこと)ですよー。

・・・ワタシャどこを見てるんだ・・・(泣)
もう一回ちゃんと大ちゃんを見よーっと。
・・・あかん・・・やっぱり・・・鳴子を見ちゃうんだよーー(泣)

お願いですから誰か、あの鳴子を拾ってきて下さい。お願いします。
posted by しげっち at 17:08| Comment(3) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

桜の会劇団旗揚げ

数字は苦手なんですが…
つい先日桜の会に入ったらしい人の番号と2004年の秋に入ったワタシの番号を
比べてみると、その差は280でした。(多分計算間違ってないと思う)(てか、小学校低学年レベルの計算だし)

ということは1年半の間…18ヶ月の間に(あぁ計算出来た…)280人の会員が増えたとゆーことだわな。
ということは単純計算して1ヶ月に15人入会したということになる(頭が痛くなってきた)(数字が並ぶと頭痛するんだよっ)で、ワタシがもっと計算できるってことを証明すると、2日に1人入会してることになる。(頭割れそう…)
うーむ、それってどーなの?少なくない?そんなもんなの?やー正直もっと増えてると思ってた。
せめて1日1人を目指そうぜっ!…とか。
でもこういうのって公演があって、それを観てわーっと思った人が入るわけだから
公演があればあるほど入会者が増えて、いい公演であればあるほど増えて、
大貴誠がトークするほど増えて…(最後だけ間違い)
ってことはやっぱり「春のおどり」での入会者が期待大なわけですよねー。

こーゆー会があるってことを、松竹座のあのロビーでアピールする方法を
考えねばなりませんねー。
「あら、桜の会に入るとどんないいことがあるのかしら?」
「桜まつりっていうパーチーに行けてスターさんとお話できたりするらしいわよ」
「あら、ステキねー」(でも緊張して会話なんて出来ずにひたすら写真撮ってる人もいるわよ)
「ツーショットなんかも撮っていただけるらしいわよ」
「きゃー、夢のようね」(スターさんと並んで撮ったら同じ人間なのか…と思うほどの差に死にたくなるっていう特典もついてるわよ)
「それに公演のDVDなんかも会員価格で買えるんですって」
「お得ねぇ…」(世界館のDVDは出ないってことは内緒ね)
「チケットの先行販売もあるんですって」
「それは嬉しいわね」(必死で電話すると濃い〜ファンとかイタ〜いファンと肩を並べて観劇するっていう屈辱特典もついてるってか)
「このカウンターで名前を書けばいいだけらしいわよ」
「今すぐ書かなきゃ…」(ようこそ、書いたが最後、あなたの人生はOSKのあらゆる種類の魅力にとりつかれる人生にかわるはず、けっけっけっ)

などというくさい会話を棒読みでカウンター前で目立つ服を着て
出来るかた、いらっしゃいませんか?
よしっ、私が!ってかたはご連絡下さい。
「やめたほうがいいよ」ってやさしくさとしてあげますから。

posted by しげっち at 01:41| Comment(2) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月04日

勝手な男はお好きですか?

「3ケ月は放送できそうな“濃いー濃いー哀しい恋のお話」
が知りたいというお友達がいらっしゃったので…


ワカギーニャがダイキネーゼに愛を告げる…
ダイ「だめだ、オレのことは忘れてくれ」
ワカ「こんなに愛しているわ…でもサヨナラなのね。サヨナラ…」と去りかける。

ダイ「行ってしまうのかい?オレを残して…」
ワカ「だってあなたが…」
ダイ「オレはこんなに愛してるんだ」
ワカ「ダイキネーゼ…あぁ」と駆け寄る。

ダイ「だめだっ、オレにかかわるんじゃないっ」と背を向ける。
ワカ「愛していると…」
ダイ「今は立ち去る時だ…行けっ」
ワカ「ダイキネーゼ…」泣きながら背を向け去りかける

ダイ「行ってしまうと言うんだな。オレの気持ちを知りながら」
ワカ「・・・・」
ダイ「オレはオマエを失ってどうすればいいんだ…」後ろから抱きしめる。
ワカ「ああぁぁぁダイキネーゼ…」

ダイ「なぜオレの邪魔をするんだ。オレは1人になりたいのに…」と後ろから突き飛ばす。
ワカ「ダイ……」
ダイ「うっとおしいんだよっ」

ワカ「どーせーっちゅうねんっ」
家に帰ったワカギネーゼはスヌーピーのぬいぐるみ「まことちゃん」に蹴りを入れた。


な、なんて哀しい恋の話なんでしょう…(泣)
涙が止まりません。韓流ドラマも真っ青だ…
あまりに哀し過ぎて妄想劇場「弁慶の嘆き」は書けそうにありません(自分のバカぶりが悲し過ぎる…という捉え方もあります)・・・orz
posted by しげっち at 01:18| Comment(4) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月02日

流されたってダイキスト

華・ロードの三日目に行ったわけです。(相変わらず唐突な書き出しだな)
ものすごーーーーーい大雨でした。
しかも一番の本降りがワタシが弁天町駅から世界館に向かって歩いている時。

靴の中もびーちょびちょ♪
 ズボンの裾もびーちょびちょ♪
  かばんも頭もびーちょびちょ♪
   ワタシは世紀のびーじょ美女♪

・・・くだらない・・・(脱力)

実際はそんな唄も出ないほど不快ったらありゃしない。
マジで「今から大ちゃんに会いに行くんだ」ってことを忘れてしまうほど不快だったの(泣)
だって「雨だから外に出ないもーん」っていうフリーダムが許される生活に結構どっぷりはまってしまってるもんで。

でね、大ちゃんがトークコーナーの時におっしゃったんですよ。
「今日は大雨の中、ありがとーございます。ふっと窓の外を見ると世界館に来る途中のお客様が弁天町に向かって流されていくのが見えたんです(笑)」

・・・・それってワタシですから。
流されてもおかしくなかったよ、ホント。
ワタシの体重があと2キロ軽かったら「大ちゃんワールド」の主人公になれたのね。(2キロできくかよっ)(あーよかった、太ってて)(号泣)
大ちゃん、ウソでも心配してくださってありがと(嬉)

でもね、大ちゃんワールドで腹抱えて笑って、外に出たらカラッと雨が上がってたのです。
さすがだなー、笑いは天候をも変えるんだ…感激…(絶対感想間違ってる)
別に「お笑い」を見に来たわけじゃないですから。
でも日曜に観劇出来ないおーかファンが「残念やわー。大貴さんのトーク聞きたいのに」って。
間違ってるやろー、それ。
それがメインじゃありませんからー。
メインはスヌーピーの「まことちゃん」と若木さんのデュエットダンスですから(そーれーもー間違いーー)

デュエットダンスで思い出しましたけど若木さんと大貴さんのデュエットダンス。
なんかすごく濃厚な物を見てしまった…ってかんじでした。
やっぱ大ちゃんって表情で演技するってゆーか、顔で踊るってゆーか。
あの一曲の中にそれはそれは濃いー濃いー哀しい恋のお話が3ヶ月間放送できるくらい詰まってましたなー。

って言うと友人(二日目のゲストさんのファン)が「おーかちゃんもすごく表現力がアップしてたんやからっ。外部出演で大きくなって帰ってきはったんやからっ。」と喧嘩腰でかみついてきて怖かったですぅ〜ブルブル

そうか…大きくなって帰ってこられたから春のおどりのポスター撮りの時に
「座ってね」と言われたわけだね…
というわけで、昨年に引き続きワタシは桜タイムズのポスター撮り写真に
妄想劇場を見つけたわけです。
それはまた明日にでも・・・
posted by しげっち at 00:05| Comment(4) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月01日

会うは別れのはじめ…まして

サヨナラ、りょーさん


はじめまして。OSKが大好きなしげっちと申します。

・・・と、まるで今日からブログを始める人を装ってみる。

好きなスターさんは大貴誠さんでーす(ハート)

・・・まだ言うか…(恥)

まあそんなこんなで、陵さんのご挨拶があったわけです。
(ニマーッ)(←本人、うまくのりきったつもり)
実はワタシは恥ずかしながら「うわー陵さんいいなー」と心底思ったのは
去年の武生の時なんです。
まあ武生は数回行っただけなんですが(ウソこけっ)その何度目かの時、
そう、ある日突然、民謡メドレーを着物で踊っておられる陵さんを見て
「げ!色っぺー!ホゲホゲ」となったわけです。ま、ちょっとオヤジっぽい目線なわけですが…(汗)

そっからは、もー陵さんが目に付く目に付く…。
あまりに目に付くもんだから「武生の集い」の時にはわざわざ「陵さんっていいですねー」って陵さんに申し上げに行ってしまった。
陵さんに「陵さんっていいですねー」ってなんかちょっと変な気もするけど…ポストに向かって「ポストって赤いですよねー」って言ってるような(全然違っ)酢に向かって「酢ってすっぱいですよねー」って言っ…(もっと全く違っ)

とにかく、これから陵さんに注目〜♪と思ってたらサヨナラだったわけです。
ご挨拶の時の陵さんは、なんか前髪が妙にまっすぐでかわいかったです。
あー、昔息子が小さかった頃、家で前髪切ってやるとあんなだったよなーとか
思いながらグッとくるものをおさえつつ話される陵さんを見てました。

また武生の時みたいに「お米がおいしい」とか「食べるのがすきなんですっ」とか言って欲しかった。…でもサヨナラなんですよね。
次の新しい人生も輝いた陵さんでいて下さいね…と申し上げたかったんですが後ろから友人が「またOSK、見に来て下さいねー」と叫ぶのを聞いて「どっちが劇団員や…」と可笑しくなって…。

これもワタシにとって、OSKにはまってからの<出会いと別れシリーズ>の第113話なのでした。(なに?その半端なウソ数)

そんなわけで今日から始まったこの寝て覚め。(相変わらずギャグがくどいっ)(いや結構本人もくどいですから)(ちなみに旦那は「あっさりした物が食べたいから肉うどんにするわ」というくどい物好きです)(関係ないやろ)(てか、カッコいくつ使うんだ?)(いやこれ結構楽しいー♪)
posted by しげっち at 00:05| Comment(3) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。