2006年04月30日

お土産は山ちゃんの手羽先と抹茶ういろ

名古屋は熱かった…
いや、気温もかなり暑かったんですけどね。
なんかハイテンションで1日過ごしたもんで今どっと疲れが…
と言いながら、駅前の居酒屋で軽くいっぱいひっかけて帰ってしまいましたが。
家では風邪で寝込んだ旦那と、発熱した息子がいるというのに…
いい調子でKっちと大声で兎さんの歌を歌いながら
自転車でフラフラと帰宅しました。
シアワセな人だなぁ…ワタシ。

それもこれもOSKのおかげ。
大ちゃんのおかげ。
ありがたやありがたや…ナンマンダナンマンダ

花道やセリがないことなどは初めて見る人には全く関係のないくらい
うまく処理されていたと思います。
ワタシはちょうど出てこられる客席の通路の近くだったので
ここから劇団員さんが出てこられるぅ〜と思っただけで
ドキがむねむねしてしまって…数倍楽しめたかも。

兎と亀のシーンの最初…
まだ舞台上ではカルメンとホセの桜花・若木コンビが壮絶な愛の終止符の
余韻を漂わせているのに、スポットもあたっていない兎の北原さんが
すでに客席横の扉からパラソルを差して入ってこられます。
スキップで……

真っ暗な通路でパラソル差してスキップする女…
か、かわいい…
能天気な女神だ…

実はあの兎さんは櫻子ちゃんでもよかったんじゃないの?とか思ってたんだけどダメだ〜。これって北原さんのための役だ〜。適役だ〜。
今はそんな気がしてます。

静御前といい能天気兎ちゃんといい(え?そんな名前じゃないの?)今回はとっても北原さんにはまってしまいました。
このかたって出待ちなんかで大貴さんとご一緒のことが多いので結構素顔を拝見する機会は多いんですが、わかったようでわからない…。実像はどういうかたなんですかねぇ。

ってことでお写真は今日の出待ちでの北原さん。
か、かわいい…←完全にはまってる

静と申します…ぴょんぴょん
posted by しげっち at 23:47| Comment(2) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月29日

尾張名古屋は名鉄ホールでもつ

名古屋に行けずにお留守番組だった皆さん、こんばんは。
「大阪が大好きだぜー」と夜空にむなしく叫んでいるしげっちです。

…今日は名古屋は雨やら雪やら槍やらひょうやらカエルやらヘビやらが降ってきて公演は中止だったそうです…

またそんなことを言う…orz
おとなげないナンバーワンの称号をいただいても仕方ないと
思う今宵です…
あ、でもあの人とかあの人とか…うんうん、あの人とかよりはマシだよなー…とか(すごい個人的な話はやめなさいって)

本当は名古屋は雨なんか全く降らずに、素晴らしい公演があったそうです。
やー、よかったよかった。
名古屋の皆さんは喜んでくださったんでしょうか。

なんかもう今はすっごくナイト&デイが見たい気分です。
本当のことを言うとですね、初回見たときは
「これが2部のメインなんだろなー。去年の情熱ほどのインパクトがないよなー」と、ちょっと物足りなく思ったわけです。
多分アップテンポじゃなかったってことが大きな要因かと…。

けど…やっぱ反復マジックだよなー。
すっげーいいじゃんっ!
いいじゃんいいじゃんいいじゃんいいじゃん…
立派なメインだよな。トンカツか。
ええいっ、名古屋記念だっ、味噌だれかけちゃえ〜
(そろそろ腹が減ってくる夜中です)

よく「ナイト派?デイ派?」って聞かれたんですけど。
うーんうーん、めちゃむつかしい質問やー。
「え?大ちゃんいてるんやからデイ派やろ?」
とも言われるんですけど…
そんな単純な問題じゃないんだよー(そうか?)

どっちも捨てがたい。
デイではひーちゃんと白藤さんを見ちゃいます。
ナイトはタカシロ君と桐生さん…タカシロ君の顔が…こわくていい。
ハラリと前髪がかかってるのがいい。
桐生さんはどうしてもレオナールおじさん(桐生会館での呼ばれ方)の
若い頃ってかんじがして…(てめー、よくも大ちゃん殺してくれたなー)(あ、撃ったのは桜花ちゃんでした)(くっそー、弁慶めーー)(もう役とリアルの区別がつかなくなってる)

などと言ってる間に泣いても笑っても萌ちゃんの最後。
名古屋の千秋楽です。
明日はワタシも名古屋入り。
一回で満足できる自信がないのがツライけど
思いっきり楽しんできたいと思います。


posted by しげっち at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月27日

土曜は雨です…ワタシが行けないから

世界館5月公演。
決まったんですね。よかったよかった…喜び方がコア。

松竹座がホームグランドなら世界館はリビングですかね?
って全然違うやろ(汗)
まあどっちもあってシアワセですなー。

その前に名鉄ホールもある。
これはアウェイですかね…
しかし今回の実績次第で別荘になる可能性もある
…ってそのたとえも全然おかしい。

ひとつ確かなことは今回はわが歌ブギウギの時に買って帰れなかった
「山ちゃんの手羽先」を絶対買って帰るぞ!ってこと(なんじゃそれ)


その前に忘れてはならない。
そう。
恐怖の家庭訪問がある。
息子に言われちゃったよ…
「はずしてや」
あごをしゃくりながら…そのしゃくった先にあったのは大貴壁。

…やっぱりはずさなあきませんか?
でもねー、はずすと画鋲の穴が開いたりしてね、またそこに
画鋲を打ち直すと今度は穴が大きくなってガバガバになるから
落ちやすくなるのね、だからまた違う穴をあけないといけなくなってね、
そうすると壁が穴だらけってことになるから…

グチグチと言う母をふっとにらみ、彼はもう一度言った。
「はずしてや」
……はいはい、わかりましたよ。
やだなー。めんどーだ(泣)

でもって明日は授業参観。
こりゃまた教室にたどりつくことが出来るか不安…
(意味不明のかたは「記事検索」で参観と入れてみて下さい。
ワタシの3度のボケシリーズが出ます)
しかも学校変わったし…しかも校舎にはまだ一度も入ったことないし…
しかもいつも目印にしてる友人が違う校舎だし…

あーなんでOSKのこと書かないでこんなこと書いてるんだー
なんかね、「春のおどり」疲れが出てるみたいで…
踊ってもいないくせに…興奮してアドレナリンか
フェロモンかなんか知らんけど分泌しすぎたようで
体の中がスカスカな気が…

ま、また明日から沸いてみたいと思いますんで。



posted by しげっち at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月25日

回顧主義ですがなにか?

ふと思いたって去年の春のおどりの時に毎日新聞に
連載された特集記事を読み返してみました。

………ぐすぐす…(突っ伏して泣いてるらしい)

アカン。
これめっちゃぐぐっと来るわ…
こんなこと、あんなこと、乗り越えて、そしてあの舞台…
すごすぎっ!
も一回拍手したくなっちゃったよ。

でもこの記事に写真なんかで登場してる洸弥さんも陵さんももういないわけで。
でもでもかわりに、この記事の最終回に写真で登場したフレッシュな生徒さんたちが今年の舞台では大暴れしてくださったわけで。

時代は確実に流れてます。
でも受け継がれるものはかわらない。
NewOSKはかわらない。
NewOSKは永遠に不滅や。

…んー、どーも入れ込み方が暗い気がする…
ま、こんな日もあるっちゅーことで。

昨年、毎日新聞で特集が組まれた時、大喜びして毎日楽しみに読んでいた皆さん。どーか是非もう一度全部読み直して下さい。おととい大阪千秋楽を迎えたあの舞台を思い出しながら読んでみてください。

今年の春のおどりでNewOSKに興味をもたれてここに来て下さった皆さん…というほどもいらっしゃるのかどーかわかりませんが…どーかNewOSKのことを知って下さい。この特集を読めばかなりのことがわかります。

ぜひぜひ…
だって1人で泣いてるのはかっこ悪いんだもん。


  OSKルネサンス 〜女たちの1000日〜
posted by しげっち at 23:38| Comment(4) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月24日

君、きっとまた会〜える♪

ワタシはあなたを思ってる〜♪


…なんか予想通りというか…くら〜いです…どよーんと…
わけもなく涙もろかったりして、何かしていてもふっと思い出したり
考えたりして「うぐっ…」となってます。乙女かよっ…
いやー、別に意味も訳もないんですけどねー。
祭りの後の寂しさっていうんですかねぇ

萌ちゃんのことはねぇ、実を言うと最後の最後、大ちゃんが「萌からご挨拶を」って言って萌ちゃんが「なあんちゃって〜…まだまだ頑張りま〜す」なんていわれるんじゃないか…と期待していたんです。言ってくれ言ってくれ…みたいな。
でも最後まで自分らしく振舞うっていうことのステキさを思い知らせてくださった気がしますね。

そうだそうだ。
ワタシもアホでバカでイッちゃってるしげっちらしく書き進めましょう。

ということで、突然ですが燃費切れデス。
♪ワタシはあなたを想ってる〜会いたい人を待っている〜♪
この歌も、そのまんまですなー。
まさしくこういうかんじですし、今…。

はやっ!昨日終わったばっかだし。
もちろん今朝もはよから「今日も2時半公演やでー。行くで行くでー!」
「モチロンやん。今日は自由席やから並んでいい席取るでー」「わー、ドキドキする〜」そんなバカなメールのやり取りがあったりして…思い起こせば確か去年もそんな遊びをしたような…変わらない自分にガックリ…。

風の中の舞姿〜♪


今回、友人が演出家の横澤先生にサインして貰いたいと言うのでヒョコヒョコと着いて行きまして少しだけお話させていただいたわけですが
一部の中ではどのシーンが一番お好きですか?なんていうばかな質問をしてしまったんですが先生は「全部好きです」と即答されました。
その時のお顔はワタシが「大ちゃんのどこが好き?」と聞かれて「全部でーす」と答える時の顔に似てました(笑)
ご自分の作品に愛と自信をお持ちなのだな…と。

「ひよどり越えは思っていた以上にうまくいったので…」と嬉しそうにおっしゃってましたねー。「やはりまわり舞台やセリを使えるのでね」と。
ということはセリもまわり舞台もない名鉄ホールは?
「…心配ですねぇ」・・・・こっちが言いたいですけど。

まあその辺は劇団員さんたちの力量で乗り切っていただきましょう。
とは言われなかったけど、まさしくそういうお気持ちでしょうかねぇ。
とにかく「何もないところからひとつの舞台作品を作り上げていく」ということの出来る頭の中を覗いてみたかったんですが「頭ン中見せて下さい」とはさすがに言い出せず…どーぞって言われたらそれはそれでコワイし…って言わねーよっ

それにしても傘回しはむつかしいです。
ほかならぬ大貴サマが「ご一緒にお回しなさいっ、ぴしーっ」とおっしゃったので(そんな言い方じゃなかっただろっ)(願望じゃねーの?)(喜ぶ人多いとは思うけど)頑張ってパコパコと開いて閉じてくるくるくるとやりましたけど、すぐに恥ずかしくなってしまって、あとは傘を開いて持ったまま手拍子〜♪
基本的には手拍子するのが好きなのでアレなんですが、でも「名古屋にも持ってきてね〜」っていうキャプテンのお達しですので、また頑張ってパコパコく〜るくるとやりたいと思います。


posted by しげっち at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月23日

怒涛の千秋楽

千秋楽。
この劇団をすきでほんとーによかった…
心からそう思えた日でした。

舞台はずんずんと進化を遂げ、やはり千秋楽マジックが存在しました。
そしてそこに体育会系的な熱烈な観客の拍手や手拍子が合わさり
そしてそしてそこに萌ちゃんへのみんなの熱い想いが合わさり
劇的な千秋楽を作り出したわけです…と勝手に思ってます。

萌ちゃんのご挨拶の時の拍手…鳴り止む気配が全くなく、
もしかしたらこのまま30分くらい鳴り響いてるんじゃなかろうかと思いました。
ひとりだけ胸元にすーっとつけた白い羽根が美しく哀しく揺れていて…
それなのにいつもの太陽のような声で「ありがとーございましたっ」と哀しみを吹き飛ばすかのように叫ぶ萌ちゃん…
あんなにあんなに愛されて惜しまれて去って行くスターをもっていたこの劇団を「すごい」と思いました。

この劇団をスキでよかった…
これからも応援していこう…
そんな気持ちで立ち上がって拍手しました。
ほんとは跳び上がりたかったかもです。

明日からもこの劇団に振り回されていくぜ…そんな覚悟が出来ました。
それほどものすごい千秋楽だったんじゃないでしょーか。

とりあえず名古屋までは崩れた生活のリズムを取り戻しつつ日常をこなさねばならない…
とは思うのですが、正直なところ、かれこれ3863回目の「大貴おち」をしてしまったので心がワサワサしてます。だから春のおどり前のような日常は無理かと思われます。とーちゃんごめん。むすこもごめん。
posted by しげっち at 00:00| Comment(5) | TrackBack(1) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月22日

難波でジャブジャブお洗濯

今回の公演で唯一、出待ちの出来る日。
くっそー、楽しいっ…(感想おかしいってば)
きゃーきゃーわーわー大騒ぎしてしまいました、ごめんなさい。

じゃぶじゃぶと心の洗濯だわ…その前に家にたまった洗濯しろよってかんじですが…(しーん)(一挙にテンションが下がる)
ま、家事は来週嫌というほど出来るじゃん。
なぜかっつーと、明日で春のおどりが終わりだからー(泣)
終わるんか…そうか…いつかは終わるだろうと思ってたけど…ついに終わるんか…
って言うとワタシのまわりの人達はみんな「名古屋があるじゃん」って言います。濃い発言や…「名古屋にも観に行く」ことが「当然」ならしい。
ついていけねーよ…(泣)
と言いながら劇団員さんに「名古屋行きまーす♪」と朗らかに言ったのはワタシです…orz

とにかく今回はめちゃめちゃかわいい文月ちゃんに伝えたかったんです…「かわいいです」「いっぱい観れて嬉しいです」って。
・・・もうちょっと気の利いた伝え方はないのか…(落ち込む)
しかしお会いするたびに「かわいい」から「美しい」に変わっていかれるのでそのうちに手が届かないようになってしまうんじゃないだろうかみたいな寂しさ半分、期待半分。

そしてもちろん、今いち押しの蓮ちゃんの笑顔もゲット!!
…しまった写真撮ってねーや…
すんごいピカピカしてたのに…なんかサンキストオレンジみたいだった♪

京極さんの笑顔もゲット!
素顔、すんごくかわいいです。いやもちろん舞台でもかわいいんですけど、スのお嬢さんとして見たら別の観点で「かわいいお嬢さん」でした。
にこにこと笑顔のかわいいフロリダ産ルビーグレープフルーツみたいだった♪

いいなーいいなー、未来がいっぱいで♪
ピカピカしてるな〜
…と今書いてたら涙が出そうになった…年取ると「若さ」が眩しすぎて涙が出たりするんだろーか。

そんでもって、もちろん出てこられた大ちゃんのお姿ゲット。
「みなさ〜ん、明日は絶対、傘忘れないでね〜」
って、なんでみんな明日も来ると信じ込んでるんだ…?
そんなねえ、いつもいつもあなたに会いたくて松竹座に通うだなんて思ったらねえ、大間違いだよっ!
……くそー、行くけどね。明日も会いたくて行くけどね。
あさってもあったらあさっても行っちゃうだろーけどね。
思うつぼかよ…(泣)

いよいよ明日は千秋楽。
最後の最後までいっぱい拍手して心の底から楽しみたいと思います。
posted by しげっち at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月20日

天から見た松竹座は桜色だった

今日はねえ、セリの真ん前での観劇だったわけです。
ワタシはねえ、「キャプテン」に命をかけましたよっ。
ラインダンスの間はドキドキドキドキドキドキ…
出る…出る…出る…出る…出たーーーーーーーーーー!!!

どひゅーーーん
↑これはなんの音かというとワタシが昇天してる音。
「きゃーーー」と出そうな声を必死でおさえて、そのまま遠くの
お花畑に逝ってしまいました。
あの席、あと二回座ったらワタシは多分ホントに心臓麻痺なんかで
死んじゃうと思います(クワバラクワバラ)(←完全に死語)

そういうわけですので、そのあとの「ごーごーごーー」を
ほとんど覚えてません。抜け殻になったワタシが腑抜けの顔で
拍手をしていたようです。
次に正気を取り戻したのは、大桜高のお三人がセリでさがっていかれるところだったわけです。

あるんですねぇ、「昇天」って…
あるんです。
本当にバカな人しか経験が出来ません。
羨ましいですか?
ワタシは誇らしくもあり情けなくもあり…(泣)

次にセリであがってこられる時のお衣装はワタシが「スキかも」の青い服なわけです。これはなんというかワタシの「スキスキエンジン」をグイーンと刺激するものが、やはりあるようです。
ワタシは毎回思うんです。

〜なんとかして、このままこの大ちゃんを持って帰れないものか…〜

何考えてんだか…
人形じゃあるまいし…
でも観てる時はマジで考えてますから。

あとね、ナイト&デイの時の髪の毛がパーッともり上がった大ちゃんも持って帰りたいんですけどこっちは動きがあったほうがよさがひきたつかなぁ…と思うんで、それなら置いておくには青いほうだよなぁ…とか。

……何を書いてんだ、ワタシャ…
そろそろ夢から覚めたほうがいいよなぁ
と言いつつ、あと三日。
ワタシが行けるのはあと二日。
覚めなきゃ生活できんわい、と思う気持ちと覚めるな!という気持ちが喧嘩してます。

ところで「ごーごーごーー」の歌の歌詞に
♪今日もオーエスケー、ごーごーごーー♪
というのがありますが、そこを聞くたびにワタシは心の中で
「そのまんまやん…」と突っ込んでしまうわけです。

そしてふと見渡すと「そのまんまやん」って人がいっぱい真剣に観劇しておられるのが目に入るわけです。
この、胸に染み渡るような満足感はなんなんでしょうねぇ



posted by しげっち at 23:42| Comment(2) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月19日

花の命は短くて苦しきことは見ないふり

久しぶりの観劇!
…1日ぶりだろっ…いつか刺されそうな気が…(怖)

今日は死ぬほど眠いのでちょこっとだけ…
って、遊んどいて眠いとかって言うなー!と、これまた刺されそうだな…

幕間に色紙の販売コーナーで萌ちゃんの「ありがとうございました」って書かれた色紙を見てしまって「あ、あかんやん…そんなこと言うたらあかん(泣)」ってモードになっていたせいでしょうか…フィナーレで舞台の奥からこちらに颯爽と歩いてこられる萌ちゃんを見てたら涙が出ちゃいました。

やっぱりあなたを失いたくないです〜(泣)…って別にワタシのものじゃないんですけどね。でもやっぱりやっぱり必要な人だったのよ。みーんなみーんな大切な人。みんな違ってみんないい…金子みすずの心境になっちゃいました…

こりゃあ千秋楽が思いやられるなー
でもってご贔屓の時が思いやられるなー
…って、そんなこと言っちゃだめ!折角楽しい明るい春のおどり週間なんだから。
ホラホラご陽気に〜♪萌ちゃんの笑顔のようにご陽気に〜♪

ロビーをふらふら徘徊していると見知らぬお客様たちの話が耳に入ってくるわけです。
で、いちいち聞き耳をたてて勝手に採点する。

プロマイドが貼りだしてある壁の前で
「みんな同じ顔してはるからわからへんわ」
はい、あなた間違い。
「こんなん買う人いるの?いないわなー」
はい、あなた大間違い。ポイント没収。
「よう、あんだけ踊り続けられるもんやなー」
はい、あなたは正解。
「一回なくなってここまできたって、すごいねえ」
はい、あなたポイント2倍。

なんでも楽しい。
それが春のおどり。

ようやくセリあがってくるタイミングとかがわかってきたんで
パッ、パッと首の動きが機敏になった気がするです。
まあ一応ダイキストですので大ちゃんがニューっと下から
はえてくる瞬間は見逃したくないわけです。
セリから全部見えてない状態って、なあんか興奮するわけです。
「あ、あ、あ、あ、きたきたきたきたー」みたいな…。
頭だけ見えてるぅ、おでこ見えた、やーん、目だわー、へっへっへっ、口だよっ歯茎だよっ…みたいな。

その辺は、やっときっちり見れるようになりました。
ところが一部で北原さんが笛を吹きながら花道から登場して
途中で上手から大ちゃんがトコトコトコと歩いて登場するってところが、どうしてもすべっちゃう。「あ」と思ったらもうすでに立っておられた…ってのが6回中5回。アカンやん(泣)
まあどうってことないことのように聞こえるでしょーが、イタくてバカなファンには大切なことらしいのです(と、他人の話にしてしまおうとする)

昨日は刀が落ちたって聞いてたんで今日は何が落ちるのかな〜♪なんて楽しみにしてたら(こらこらっ)なんにも落ちませんでした。
ただ、兎と亀の時の兎さんについてるモアモアがやたらと飛んできて、くしゃみしちゃいました…ぶえっくしょんっ

明日は一回公演。
二回観ないとお腹一杯にならないみたいなんでツライかも…です。
とか言いながら目一杯楽しむぜ〜♪



posted by しげっち at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月18日

人生はおーえすけー

今日は行ってません。
っていちいちことわらなくてもよろし。

でも書いちゃいます。
昨日の記憶だから間違ってるとこもあるかと思いますが…。

ワタシはショーがスキなので2部です。
パッピ…じゃなくてハッピーゲーム★ですね。

初っ端は桜花ちゃん。
パッとスポットが当たる瞬間がスキですね。
うわーっと客席からため息がもれる。
あのジャケットの胸の文字はSですよね。
OSKのSですよね?しげっちのSではない…ことは確かだ(ばか)

軽やかなダンス&ダンス…あ、後方に文月ちゃん発見!
頑張ってます。嬉しー♪

で、次に花道をタタタタタ…と真っ白い王子様が〜きゃーー
乙女みたいな感想のオバハンですがなにか?(逆ギレ)

こういうテンポの唄って、かえってむつかしいと思うんですが…。
ラジオでは少し鼻声に感じたんで、声が心配です…
と思ってる間に暗転・・・
やーん、王子様〜とお名残惜しく思ってるとライトがついて
王子様が上着を肩からかけて座ってらっしゃる。

人生はゲームだっちゅうことを話されるんですが、今にも
アドリブでなんかいらんこと言いそうだ…
ちゃんとセリフだけしゃべってるのがかえって可笑しい気がします…っていう感想も可笑しい気がします。

それから「ごっつ悪い女」が出てきます。
若木さーん、あんさん、そらあアカンやろーて。
桜花ちゃんが人のものだったから欲しかったのね、
でも高世さん見たら高世さんがよくなっちゃったのね?
それとも最初から桜花ちゃんをもてあそぶつもりだったの?
で、刺されちゃうのよねー。
刺された後の人形のようなダンスが凄いわ。
ああいうのってシャッシャッと踊るよりもむつかしいんでしょうねぇ。
若木さんだから出来たダンスってかんじだし桜花ちゃんとも息が合ってますから安心して没頭できます。っていうか、もうどうなるかわかってるのに「うわ〜」「あちゃー」「げげー」って息を呑んで見てしまうのは、やっぱりワタシがバカだからですかね?それともあのかたたちがスゴイからですかね…

それにしても桜花ちゃんってこういう役回りが多いですよねぇ。
今回すごく顔の表情が豊かで見ごたえがあります。
ふられたことが信じられなくていつまでも追いすがっていく…本来めっちゃうっとおしいタイプですが桜花ちゃんがやると「あらまー、しょーがないわねー」と思っちゃう。

しっかし、木乃香ちゃんもとっとと忘れていい人見つけて下さい。
桜花ちゃんも執着しちゃだめ!
高世さーん、またあなたですかー。手の傷を見て反省しなさいっ。
萌ちゃん「よせっ」貴城くん「やめとけっ」…もっと強く止めてあげて下さいよー。
そしてそして若木さーん………な、なにもないです…(怖がってる)



つーびーこんちにゅー…めいびー…


posted by しげっち at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月17日

大貴誠さんのファンです

誰かお願いですから頭の中で鳴り続ける
「われらおーえすけー!ごーごーごー!」
という唄を止めていただけませんでしょーかね

確か帰ってくるときはずっと
「風に舞〜う♪風に舞〜う♪」
だったはずなんだけど…

どっちにしてもOSKの舞台のいいところは、曲が耳に残りやすくて
覚えやすくて馴染みやすくて…そのかわり馴染み過ぎて頭から
離れないっ!ってところでしょうか。

ってことで今日もいそいそと出かけてまいりました。
2日目もお客様はたくさん入ってました。
でも拍手が薄かった…ってことは初めてのお客様、ご新規客様が
多かったと考えていいのでしょうか。

たまたま初めてご覧になる方とお話しする機会がありまして。
そのかたは高世さんの1部での「ちょっと生意気そうなところ」が
大変お気に召されたそうです。
桜花さんは「指の先にまで力がみなぎっておられますね」
そして「主役のかた(大貴誠らしい)は、愁いがあっていいですね」
だそうです。
愁いですか…疲れとかじゃないですか?ないですね。そりゃそーだ。
そりゃ愁いも出ようて…いっぱい苦労しておられるはずだもん(なんも知らんけど)

セリとか回り舞台とか花道とかってすごくいいですよねー。
「出たーっ!」とか「きたーっ!」とかいうインパクトが
めちゃくちゃありますよね。
名鉄ホールではセリも花道もないんで、どう変えていかれるのか
興味があります。

ちょ、ちょっとだけ大ちゃんのこと書いていいですかね(誰に気を使ってるんだ?)
ナイトアンドデイの時の髪型がスキです。なんて言えばいいんだろう…ぼわーっと盛り上げてらしてワイルドなんだけど都会的で…うーうーうー、説明むつかしー。でもスキー!めっちゃスキー!
大ちゃんはデイチームさんなんで、ちょっと「情熱の太陽」と似た白いフリフリのお衣装。あんまりフリフリはスキではないワタシですが、これはスキー。髪型と合っててスキー。…大ちゃんが着ればなんでもスキー…結局そこかよっ。

一番スキなシーンはやっぱりあれだな。
チアガールのラインダンス…これがまためちゃめちゃいいんですが。
ものすごくフレッシュでジューシーで…下級生がたくさん出ているゆえの至らなさを充分カバーできてるとワタシは思ってます。
なんか一生懸命さが伝わってきて…ノリノリで手拍子しちゃってます。

リーダーの春咲さんがまたやたらめったらいいわけです。
かっこいいんだよー。これでこそOSKの娘役だよ。
このままUSAに乗り込んで本場でチアリーダーやっちゃって下さいってかんじ。

で、そのシーンでチアガールをする大ちゃんがすごくかわいくて…ってやってないっちゅーの。
まあやればやったでかわいいとは思いますが、おいおいいまさらなにやってんだよみたいなこえもあるだろうとはおもいますしって漢字使えよ。

そのチアガールたちが「キャプテーン」って呼んだら「はあ〜い」って…。
なんちゅーかすごく粘りのある、ちょっといやらしいイントネーションの「はあ〜い」なわけです。
こっちがチアガールたちに気をとられてるうちにセリ上がってピカピカ光って威張って立っておられました。
初日の一回目はワタシ、完全にすべってましてあんなに輝いてるのに前見てたの…(泣)
ピカピカですよー、ピカピカ。
松竹座じゅうのライト、かき集めて照らしてます?ってかんじ。
まいったよ、この人。わーわーわーわーわー…落ち着け、落ち着くんだっ!

そんで桜花さん高世さんと一緒に奈落に沈んでいかれるんです、三人揃って。これいいですねー。沈んでいくのにわくわくしちゃうってどうよ?
お三人さんそれぞれが、ちょっといきったポーズを取って。顔はなんかもう後光が差したように明るいわけです。
で、衣装のはやがわりをして再び三人で上がってこられる。
ぐんぐんぐんぐん・・・・きゃーーーー!
もー、ここはこの叫びは間違ってないでしょー。

そしたらあの衣装だよっ。ワタシがスキかもって言ってたブルーのあの衣装。やっぱりスキかもスキかもスキかもスキかも…落ち着こうよ(泣)もう夜も更けすぎるくらい更けてんだからさー。


義経さんの時は、やっぱ芝居上手いよなーです。
子どもから青年、そんで武将…。
あどけなさから苦労が絶えないって状態まで
手に取るように変えてきます。技っちゅう技がいっぱい詰まってるんだろーな…と。なんせ九郎義経…苦労義経ですから。……くだらなさすぎ…許して。

な、なんかどっと昼間の疲れが…
って遊びに行っといて疲れたってどーゆーことだよ。

ちゃ、ちゃんと大ちゃんのことじゃないことも書くつもりですから。
なあに、まだ6日間もあるんですから。
…あとちょっとだな…どよーん←暗くなってる

とりあえず明日は観劇できません。
砂利道を裸足で歩くような一日になる予感が…。



posted by しげっち at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月16日

ごーごーごーーー♪

始まります…大貴萌え萌え週間!


雨もあがった松竹座前は押すな押すなの大騒ぎ!
春満開の皆さんが出てこられると案の定、ため息の嵐〜
あぁ春がとうとう始まったな…
そんな感慨にむせぶ間もなく開場で中に入る。

わーわーわー、お写真が貼ってある。
こ、こ、この衣装好きかも。大好きかも。スキかもスキかもスキかも…落ち着け、落ち着くんだ…

とりあえずパンフレットを買う。
うおおぉ、秋のおどりが載ってる。「予定」と載ってる。確定しましょー。


桜花・若木のゴールデンカップルも見所満載!


ロビーに上がります。
去年とは番う場所に貼ってあるプロマイドに殺到する。
まだ舞台写真はでてなかったんですが、二回目では数枚出てました。
とりあえず申し込む。春のおどりのDVDも予約する。
この時点で、はや「すってんてん之介」
まだ一回も観てないのにすってんてん之介…わびしすぎる。

ワインのラベルもリニューアルしてました。
味も若干かわったんだそうです。
「飲みやすくしました」って営業のかたがおっしゃってましたけど
前回以上飲みやすいってジュースじゃん…みたいな。
「大ちゃんのが黒酢で桜花ちゃんのがポン酢で高世さんのがバルサミコ酢だよね」とか営業妨害ネタをやり逃げする。(ごめんなさい)(ワインのラベル見てたらですでに酔っ払い状態)


ひーちゃん・りんちゃん、大切な屋台骨


ってことで舞台が始まります。
こっちはまた追々…ってことで。
ただ言えるのはすごく楽しいってこと。
これは観なきゃアカンやろーってこと。

萌ちゃんの最後の勇姿も見れます。
82、83期生もメチャメチャ頑張ってます。
桜花ちゃん…じゃなくてノボル君(←見てのお楽しみ)サイコー!!
清盛さん、大きい…(それだけかいっ)
若木さん…なんちゅー女なんや…しかもうまいっ。
北原さんも、なんだかんだ言って美しいです。
ラインダンスはみものだよなぁ…

あーキリがないからまた改めて・・・。

言い忘れたわけではありません。

大貴誠。
…………すげー(ぽっ)←頬染まってるの




posted by しげっち at 00:00| Comment(3) | TrackBack(1) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月15日

いよいよ♪いよいよ♪松本伊予!

ってことで明日です…てか今は夜中の1時半なんで正確には今日です。
外はめっちゃ降ってます…でも天気予報の神様みたいな友人が
「明日はやむっ!」と言ったので大丈夫だと思います。

日常に押し流されてボチボチ盛り上がってきたんかいなぁというかんじだったんですが、今日になってメールやら電話やらで湧き上がる友人を
身近に感じた途端、ドッバーーーーっと盛り上がりの波がやってきたようです。

な、なんかドキドキしますけど別にワタシは踊らなくていいんですよね…
唄もダメですよ、長いことカラオケ行ってないですし…。
……落ち着け落ち着け。

えーっと、明日は大ちゃんに会えるかなー。出演されますよね?
……落ち着け落ち着け、頭、回転してないぜ。

去年はラジオなんかで「踊り狂います」とかおっしゃって
本当に2部は踊り狂ってくださったんですごく感動したものですが
今年はどーも、「スポーツ」という言葉を耳にするんで
想像できるようなできないような…

どっちにしたってまあ、すごいものを見せて下さるに違いないんです。
すごいんですよ、NewOSKは…。
何をいまさらってかんじですが、なせが今、むしょーに
訴えたくなったんです。
すごいんです、NewOSK!
まじです。
あー、道頓堀橋の上で叫…んでほしい〜誰か、かわりに(自分でやれよっ)

そいでは、ひとちゅ寝たら春なんで、ひとちゅ寝たいと思います。

posted by しげっち at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月13日

炒めてチンして松竹座

晴明サマか…お元気だろうか(懐)


なにやら泣きたくなるくらい多忙な毎日でございます。
いやいや、更新できない言い訳ではござりませぬ。

そんなケラーから、はみ出そうなワタシを尻目に
着々と「春」が近づいてきております。

4時半開演の舞台は多分終了が6時半過ぎですよね。
そこから飛んで帰っても7時半過ぎなんですよね。
多分餓死寸前であろう子どものエサは朝、作って出なきゃいけない。
弁当の買い物もしている暇は見込めないから買いだめだー。
ってことで、「サッと火を通すだけで出来上がり」とか
「レンジでチ〜ン」とか「ピーマンと玉ねぎを加えれば食べれます」とか
そーゆー食材ばっかり買いだめてる今週です。

身辺も騒がしく、仕事の段取りもつかないパニクッてテンパったワタシはついに「大ちゃんって誰だっけ…」(目は遠くを見ている)と口走ってしまったのでありました。

しっかし、これが今週日曜になると摩訶不思議★
甦った大魔神のように戎橋筋を「だい、だい、だーい、大ちゃんちゃん」と作詞作曲ワタシの「大ちゃん行進曲」を口ずさみながら闊歩していることでしょう。

館前でのご挨拶イベント…写真は昨年の春のおどりのものですが
懐かしいな…ドキドキばくばくしながら見たものでした。
今年はOGの京マチ子さんがいらっしゃるそうですね。

…という話をしていると、Kっちが「京…唄子さんとは違う…よね?」と
マジボケしてくれたので今日の疲れがとれました。

ここでひとつことわっておきます。
ここのところ「今年も皆勤やろ?」と何度も言われますが
今年はそれはありません。残念ですが…(ってすごくフツーのことだと思うけど)
じゃあ何回観るんだよーと聞かれても…それは言えません(なんじゃそら)
まあ…結構、わりとまあまあ観ます(汗)(でもあくまでも予定なのよ)

でも名古屋は多分一日しか行けないもーん(だからそれもフツーだってば)(てか行けるだけシアワセやん)(えー、でも行けないかもしれないしー)(うだうだうだ…)

都合をつけてなんとか観られるかた
とおーーいところから来て観られるかた
お仕事が終わってダッシュしてきて観られるかた
皆さんそれぞれの事情がおありでしょうが
観ている時は「シアワセ」の世界。
手を取り合って堪能いたしませう。

あとみっちゅ寝たら初日です。


posted by しげっち at 23:36| Comment(5) | TrackBack(1) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月09日

萌川菜

太陽は永遠に・・・


しゅーっと上がり気味に伸びていって、最後にきゅっと少し下がる。
そういう眉の書き方がとてもスキでした。
かっこよくてキレイだと気に入っていました。

でも最近では一番スキなのは、出待ちで思いっきり明るくて
楽しくてやさしいスのお姿なのでした。
いつもまわりには、笑顔が咲き乱れていて、ご本人と囲む人達の笑い声が
にぎやかで、自分のご贔屓が見当たらない時は磁石のように
引き寄せられていきました。

貝塚公演の時も和泉市の公演の時も愛車で颯爽と…というより
ぶっぶー♪というかんじで車まで楽しそうだった覚えがあります。

歓喜の時に歌われるのを聞いて「うわっ、ものすごく歌える人なんだ…」と
今更のようにあらためて思わされました。


太陽みたいな人。
それがワタシの感じる印象です。
太陽がいなくなるOSKを憂いたい気分です。
3年一区切りを乗り越えた後のOSKには絶対必要な人だと思います。

まだ「春のおどり」で最後の声援を精一杯送ろう!…という気には
なれていません。


posted by しげっち at 22:30| Comment(2) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月06日

桜比べ

都をどりはヨ〜イヤサ〜♪


春の京都に行きまして。
息子と二人のラブラブ小旅行でして。
明日が中学入学式なんで、ぎりぎり子ども料金でGO〜♪(これってOKですか?)

祇園ではたくさんの人が賑わってまして「なんだなんだ?」と
思ったら京の春の風物詩「都をどり」だったわけです。

そっかぁ…京都の皆さんはこれで「春が来たな〜」と思われるわけですね。

では、大阪は?
はい、皆さんご一緒に!
「春のおどり」
はい、よろしー。

ってことで京都に行ったのに松竹座のことを考えて
ドキドキしながら帰ってきたのでありました。

桜はもう少しで満開ってところでしょうか…
あ、その状況もOSKと一緒じゃん(嬉)

桜咲く国の花

で、やっと届いた和歌山のDVDを堪能して…。
このパッケージ、私は今までで一番スキかもです。
すんごいかっこいい…
でも中身はやっぱり「とおっ」ってところがたくさんあったりして。
まあ「とおっ」にも慣れつつある今日この頃です。
でもディガディガドゥのひーちゃんと水無月さんの表情がもっと見たかったよなー。

それにしても舞台、広いです…
はける時とか立ち位置につく時とか、皆さんめっちゃ走ってらっしゃいますから。踊りながら登場の時も心なしか歩幅が広いっ。
いやぁ、松竹座はいい舞台だわ…(そこに行き着くわけかよ)

ってことで〆は、やっぱりワタシにとっての桜はこのかたですってことで…

桜よ、降参するなら今だぞよ


posted by しげっち at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月02日

桜まつりはラジオでGO!(意味不明)

えいえいおー!

お写真は「桜まつり決起集会」で「えいえいおー」とやる気まんまんの
大貴委員長です。

というのはウソで「オマエになんか絶対、歯ぐき見せないぞー」と
隠されているところです。
というのももちろんウソで、桜まつりの舞台で唄の振りをされてる
ところだったはず…。
春のおどりの2部の主題歌だっけなー。「Go ! Go !」とかいう歌詞の
部分があるんですよ。そこの振りです。多分。

まあ今回もチョー楽しかったわけですが、なにが楽しかったの?
と聞かれると「えーとぉ…ずっと写真を撮ってたもんで
ほかの事はわかりません」みたいな…。
毎回毎回、飽きずに同じこと言ってるなぁ、この人は…。

私は三井アーバンでの桜まつりは初めてだったんですが
会場の明かりがアウィーナに比べて暗い気がして。
「もっと灯りを」と、ずっとゲーテみたいになってました。
ってやっぱり写真撮ることしか考えてないんだな…

今回、白いお洋服の劇団員さんが多くて。
大ちゃんおーかちゃん高世さんは揃って白でしたしね。
だもんで、歓談の時間に大ちゃんの金魚のフンをしていて
ちょっと見失ったりでもしたら探すのが大変だったの。

あーん、だいちゃあぁぁぁん(泣)どこどこー?
ま、後光がさしてるんで大概すぐわかるんですけどね、はっはっはっ
(これが書きたかっただけかよ)(また、これだからダイキファンは…とか言われそうだけどそうじゃありませんよ、ワタシがそーゆーヤツなだけですよ)

今回は82期生の皆さんがピンクのお着物にはかま姿で参加してらして
とても目立っておられました。
とりあえず蓮ちゃんのお写真を撮らせていただくべ、と見ると
たいていいつも年配の女性のかたがたやお偉いさん風関係者のかたがたに
ガシッとつかまっておられて、なかなかスキがなかったのよね〜
やっぱり年上キラーってことですかね

ジェスチャーゲームとか大桜高トークコーナーとか
今回は出し物が楽しかったですねぇ。
皆さん、テンションが高くて…春のおどりのお稽古で
お疲れなんでしょうねぇ…とか思ってみてました、特におーかさんとか…。
大ちゃんも今回はなんてゆーか、垣根がいつもよりは低かったというか…

そのわりには全くしゃべれてませんて。
写真撮ってて、クルリとこちらをご覧になられたら瞬間的に
カメラを持つ手を下げて「えへへへ」と不気味な笑みを浮かべながら
人の間にスルリと隠れる…みたいなことを繰り返しておりました。
・・・今、ここ↑読み直すとまるっきりストーカーの説明文みたいだ(泣)

終了後、劇団員さんが並ばれて見送ってくださるんですが…これはひじょーにキンチョーして迷惑だ(泣)右手と右足が一緒に出てしまうじゃん。

で、その時に富士山くらいでっかい勇気を出して…いやいやエベレストくらいでっかい勇気を出して大ちゃんの前を通る時に大ちゃんに向かって
手を振ったら振り返して下さった…もーほんとにそんな信じられないくらいつまんないことが明日から生きていく希望になったり勇気になったりする
んだよー、チキショーなんでこんなに嬉しいんだ…この年になって人に手を振られるのがこんなに嬉しいだなんて全くどーかしてるぜ、冷静になれ冷静になれ、だけどちゃんとこっち見てくれたよな、うわーーーまじ?まじだよ…げげげー、大ちゃーーーん!←完全にパニック状態

ま、そんなこんなで次はラジオです。
最終回ってことで見学に行けなかった皆さんに
小物特集でお楽しみいただきましょう(なにをえらそうに…)

大ちゃんの生歌…はちょっと置いといて、ノートを見て
歌われてたんですがそのノートには劇団員さんの千社札が
ペタペタと貼ってあって結構使い込まれているかんじで、
どうも「大ちゃんノート」のようでした。
中、見たいな〜
そのノートがこれ↓

誰の千社札かわかる〜?


で、お三人様はそれぞれ飲み物を飲まれていましたが
左のペットボトルは高世さんです。多分「午後の紅茶」ですね。
一番前でご覧になられてた方が「レモンティーやわ」とおっしゃってたんで
そうなんだと思います。
で、シルバーの水筒が桜花さん。
中身をコップに注がれる時に液体の色が見えたんですが
色的に多分ミルクティーかと。
それか「特製スペシャルドリンク高麗人参」か…(違うと思う)
で、見にくいですが右の手前の紙コップが大貴さん。
中身は全くわかりませんが、想像するにコーヒーかお茶だな…
それかぁ、「おーかー、ちょっとちょーだい♪」とかって貰ったか…


どれが飲みたい?…あわわわ


お楽しみいただけましたでしょうか(大ちゃんの真似だ〜い♪)(ってゆーか皆さんおっしゃいますし…)

なんだかんだ言って、いつも同様ほとんどのことを忘れているわけです。
そしてそのことを翌日に気づいて凹んでしまっているわけです。
なわけで、ポツリポツリと思い出したら書いてみたいと思います。
書かなかったら全く思い出しゃーしない…と凹んでるとお察しください。


最近、桜花ファンの方々とご縁があったりするのでご挨拶代わりに…
ワタシは笑ってる桜花ちゃんが一番スキなのです。

こんなにかわいいのに歌うとスゴイのだ
posted by しげっち at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月01日

真夜中の独り言

今日はタカラヅカファンの友人の家に遊びに行ってきました。
タカラヅカのDVDを山のように鑑賞しまして。
名前も随分覚えてしまいました…無意識に。
たくさんかっこいい男役スターさんを拝見しました。

でえ、そーなるとですよ。
どーなるか?

おわかりですよね?

はい、ご一緒に〜♪

「一番スキなあのかたを見たくなったよ〜」


ってことで、今から見ます。

明日起きれるのかよ?
待ちに待った桜まつりじゃん。
…別に朝から行くわけじゃないけどさ。

でも会わないと寝られないわさ。

でも明日、生で見れるのにね…ばかだね…今更か…

え?誰を見たいかって?

やだー、言わせるの?

大貴誠でげす(←桐生会館の若旦那編が気に入ったらしい)



posted by しげっち at 01:48| Comment(0) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。