2007年02月28日

花咲かばーさんへの階段

きょうも旦那のPCからこんばんは。
ワタシの愛しい愛しいPCちゃんはまだ帰宅していません(泣)


昨日のことですが、東宝ミュージカル「マリーアントワネット」を観て来ました。
久々の東宝新作ってことで期待して行ったのですが…。

むむむー。
前半はほんとにむつかしくて…難解キャンディーズ(駄ギャグ)…。
てゆーか、複雑にしすぎー。もっとシンプルにしよーよ。
後半は持ち直してくれて楽しめたのが救いですが、どーしておもしろくなったのかとゆーと、マリーアントワネットの女としての愛、母としての愛をわかりやすく前面に出してきたからだと思うわけです。

それにしてもあの豪華すぎるほどのキャスティング…。
ギャラだけでOSKが数ヶ月公演できるんじゃねーの…とか思った自分がいじましくて哀しい(泣)

てゆーか、そのギャラくれたらもっと凄い舞台をNewOSKはお届けしまっせー!・・・って中小企業の営業マンみたいになってますが(汗)

山口さん、井上君、涼風さん、高島兄さん・・・ミュージカルファンならよだれたらすメンツ。中でも今回のヒットは石川禅さん。多分ミュージカルファンにしか知名度はないのかな、とは思いますが(違ったらごめんなさい)ミュージカルファンにとってはもうすでに大御所。
でも今回の役作り、存在感、でもってアンコールでのキュートな素顔。いやぁ、ファンになっちゃいましたよー。
これから「マリアン」(なんでも縮めるな)見に行かれるかた、石川さんに大注目ですよー!


で。
話は変わりますが「シンデレラへの階段」とゆー、昔のテレビ番組ドキュメントを見せていただいたわけです。
北原さんが本科生で若木さんが予科生(で合ってましたっけ?)。

かっわい〜!北原さん、ほっぺがぷくっとしてたりして唇もふわっとしてたりして、誰これ?・・・だから北原さんだって。
若木さんはもっと若い〜。ほんとまだ子供なの。でもしゃべり方は今と一緒(笑)人って変わらないのねーと改めて思う。

北原さんの第一印象は?
「きれーな人だなぁーって思いました」(めっちゃ大阪弁で)かわい〜誰これ?・・・だから若木さんだよっ。

途中、若木さんが床を磨かれるお掃除風景があるんですが、思わず「おーー!華ロードやー!」と興奮してしまいましたー。
とゆーことは、ひーちゃんの上級生はおらんかー。水無月さんとけいと君のイジメ上級生はおらんかー。と探してしまったしー(違)。


こーしてテレビにとりあげられた娘役さんふたりが、今のNewOSKをひっぱって行っておられるってすごいことだよなーと。
おふたりはNewOSKのトップスターになるべくしてなられた人なんだと。
これって偶然とかじゃないですよね。んじゃなんだ?って言われると、えーと…偶然かしらとか答えちゃいそうですが(馬鹿)。
違うのっ!このぷくぷくのかわいい時代から未来のOSKはこのかたたちに託されてたのっ!

こーして遊びたい盛りに青春を費やして守ってこられた物を、やはり今、壊すべきではない、守り続けねばならない…そんなふうに思ったわけです(ここ、BGMは防人の歌でお願いします)(なんでさだまさしやねん)(あ、Dreamでもいいんですけどね)(いいんですけどねって失礼やで)(だって今Dreamだと確実に泣いちゃうもん)(泣きません、だって男役のファンだもんっ)(2004年春のおどりの大ちゃんの涙を見た人にしかわからんギャグやん)(ワタシも見てないんですけどね)(ってなんぼなんでもカッコ長過ぎっ)

こんな時代が大ちゃんにも桜花ちゃんにもタカセさんにも…みなさんにあったんだろなーと思うと余計にこのぷくぷくした北原さん若木さんがイトしくて。
頑張りやーとか思ったんですけど、もー充分頑張られたから今があるんでした。


さてさて、いよいよ週末は卒業公演。
OSKの未来たちが桜の木につぼみをつける公演なわけです。
きれーな花を咲かせてくれるよーに、ワタシたちも花咲かじーさんならぬ花咲かばーさんになって、肥やしをぴゃーっとふりまきましょー♪
posted by しげっち at 21:04| Comment(3) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月25日

大切な人

PCが壊れました。
修理に1週間以上かかるらしい…
信じられない・・・・どうやって生きていけばいいのか(号泣)

そんなわけで、旦那のPCを借りて書いてます。使いにくいったらありゃしない…。と、借りといて文句を言う。

昨日、奈良公演に行ってきました。
武生より随分よくなってて、楽しかったわけですが。

コノカちゃんが、NewOSKの舞台にあがられる最後だったのですね。フィナーレでは、胸元に羽根をつけて涙をこらえて微笑まれるコノカちゃんをじっと見ていて胸が熱くなったわけです。

大ちゃんがやめられるのはつらいです。
いっぱいいっぱい抱えきれないほどのシアワセを貰いましたから。
でも、貰ったのは大ちゃんにだけじゃないんですよね。
舞台に立たれる劇団員さんすべてから貰いました。

そして、もちろんコノカちゃんからも貰いました。
確かにめっちゃファンで…っていうスタンスではないです。
でもやっぱりワタシとコノカちゃんの…二人の想い出とかがあるわけです。
いや、もちろんそれはワタシに中だけでの勝手な想い出ですよ。
けどそういうのが、すべての劇団員さんひとりひとりにあるわけです。
ひとりひとりがワタシにとって大切な人なわけです。

そんなことを、昨日のコノカちゃんの涙と笑顔は感じさせてくれました。
だから、ああ…この人の顔をワタシはずっと覚えていよう…年老いて「ワタイは誰でしたかいな?」なんていう人になっても覚えていよう…そう思ってジッとジッとコノカちゃんの顔を見ていました。

それだけではあきたらず、出待ちまでしちゃったりして…
楽屋から出ていらしたコノカちゃんは、泣いたり笑ったりしながら「ワタシ写真、好きなんです。一緒に入ってもらってもいいですか」なんておっしゃって下さって。
スターさんに写真ねだられちゃったよ(勘違い)…な、なんか嬉しいかも…と、ホクホクとご一緒させて頂きました。

そーしてまたひとり、わたしの大切な大切な人が去っていかれるわけですね…寂しい…PCが1週間ないことなんか比べ物にならないくらい寂しいです…って比べること自体間違ってるわけですが(汗)

もちろん10日の外部公演、最後の最後まで応援させて頂きます!
いただいた元気や勇気や笑顔のお礼は、やっぱりワタシには「拍手」しか方法がないですから。


な、なんかマジメなしげっちでごめんなさいデス。
PCが違うと人格まで違うらしい(これも勘違い)
posted by しげっち at 16:07| Comment(2) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月20日

人造人間ゴブサターン

いやぁ、やっと和歌山から帰ってきました〜
遠かったよ〜、歩いて帰ると〜
…って、いきなりどんなウソをつくんだよ、コイツは…。

ちょっと留守してる間にいろんな話題がありました。

和歌山公演、春のおどり製作発表、秋のおどりDVD到着、大貴誠写真集、84期生芸名発表…
ついてけない・・・(泣)

とか言っちゃって、実はしっかり反応してますけどね。

まずは和歌山公演。
あたたかかったですよ〜、ざまーみろっ…(誰に喧嘩売ってんですかねー)
モーツァルトさんも、なんとか話がつながったようで、よかったよかった…と安堵の涙を流したりもしました。

ウワサの「はいはいはい、ドーン」も、恥ずかしながら見れてよかった…と思ってます。但し、1回目公演の時は「ま、まさかハイドンのこと言ってます?まさかね…まさかまさか…アハハハ(汗)」と、ギャグを疑ってましたが。

皇帝陛下が凛ちゃんに変わってましたが、なんかすごく「居そうな」皇帝さんでした。おおらかで育ちが良くてでもあんまり物事を深く考えなさそうな(あわわわ)。役作りの勝利ですな。

桐生さんのサリエリさん、髪型の賛否両論はありましたが、ホントに何やらせても達者な人だよねぇ…感をつくづく。

2部のショーも見ごたえがありましたし。
楽しかった〜って思えましたもん。
タンパリンも短くなってぐっとよくなったと思うし、ウサギと亀もヤンヤヤンヤ♪これってもうここまでくるといろんな人バージョンで見てみたいって気もする。
ノイジーの男×男リフトは何回見ても「ひょえ〜」でございますー。この「ひょえ〜」にはいろんな感想が込められてます〜。
タカセさんの「ツゥイクルツゥイクル♪」も桜花ちゃんのとは趣が変わって、「あーやっぱり歌って、歌う人によって全然変わったりしてオモシロイよなー」と久々に思わせていただきました。

桜花さんのご挨拶もよかったですねー。
今回、全体的にちょっと肩の力を抜かれてたかんじがして、ワタシは断然「いい!」と思ったわけです。
ワタシはどーも、出来るだけ自然体に近い桜花さんがスキみたいです。
ご挨拶も心のこもったもので、すごく伝わってくる物があって…。
大ちゃんの挨拶は大ちゃんにしか出来ないもので、桜花ちゃんの挨拶は桜花ちゃんにしか出来ないもの。当たり前のことだけど、とっても大切なことだと思ったわけです。
桜花ちゃんには、桜花ちゃんらしいきっちりとしたご挨拶をこれから聞かせて頂きたいと思っています。

ただ、フィナーレAの白い衣装のデュエットダンスは…。
なんか物凄く悲しかったわけです。
つい数ヶ月前、秋のおどり…どんな気持ちであの歌を聴きあのダンスを見てたのか…もちろん大貴ファンのたわ言ではございます。すごくいろんな意味のこもったシーンとして捉えてしまってるこっちが悪いんでしょうが、せめてもうちょっと経ってからの再演ではだめだったんでしょうか…と思ったわけです。

ま、そんなボヤキも含めつつ、楽しい1日だったわけですが。
サプライズで真っ赤なあのかたもいらっしゃってましたし。
なんか、悪霊に取り付かれたようにジョイフルってたワタシに帰ってから驚きました…ってほど楽しかったのよっ!


そいでちょっとしてから、春のおどりの製作発表ですかー。
あー、あの橋から手を振りたかったよなー。
なんだいなんだい、秋のおどりの会見は見せてくれたじゃーん…とか拗ねつつ、いろんな新聞にお写真が載って嬉しかったり。
あー、春なんだなー、もうすぐ。
ハッ…来なくていいから、春。桜も今年は咲かなくていいから。
とか、もがいてみたり。アハハ…。


でもって写真集ですか。
買いますよ、買いますって。えーと、300冊くらいでいいんですかね?おーおー、大きく出たね…。
で、おいくらなんですかね?ワタシのまわりでは「5000円」「3000円」「1980円」「1200円」「400円」という声が。
400円ってあんた、バロンのパンフと同じ値段ですから(汗)
1980円もスーパーマーケットっぽくてイヤですけどねぇ。
はてさて、発売をお楽しみに。


で、84期生の芸名発表と。
む、むつかしいです〜、読み方。
覚えられるでしょーか。が、がんばります。
なんというか、あーゆーハイカラな名前を見ると(ハイカラと言う言い方自体ハイカラではない気もしますが)つくづく「誠」とか「昇」って…。
いや、スキですよ、スキですけどね。
時代を感じるとゆーか。

それじゃあ、ワタシの芸名はこれでいきたいと思いま〜す(なにが「それじゃあ」だよっ)(これ、単なる当て字じゃん)

「寝覚 詩月知」

posted by しげっち at 18:48| Comment(2) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月01日

ヨボヨボ談話

今年も残すところ、あと11ヶ月となりました…
って毎年2月1日に言ってますんで一応お約束ってことで…。
けど、年を重ねると、この言葉が冗談なんかではなくなるわけです。
ホント11ヶ月なんてアッというまだもんねぇ…ヨボヨボ


大貴誠写真集「あんびしゃす」ですか。
若い頃のワタシの応援歌はHDの「あんびしゃす」という歌だったことを思い出しました。この歌に背中を押されていろんなことに立ち向かって行った覚えがあるわけです。
だからこのタイトルはかなり嬉しいかもです。

けどさー、こーやって写真集が出るなんて聞くと、あー、あんたほんとにいなくなっちまうのね…なんて実感したりして…ヨボヨボ


もうすぐ和歌山公演です。
和歌山と言えばみんながみんな「寒いっ!」「寒かった!」「南海本線って寒すぎる電車だ!」と言います。
だからね、去年の和歌山公演の日はね、近畿全体が大寒波で寒かったのっ!和歌山だけが寒かったわけじゃないし、南海本線もいつもは別に寒くないのっ!と叫び続けてきたわけです、南大阪住人代表、南海本線利用者代表として…。
今年の公演の時に、とくと確かめたまえ!と言い続けてきたわけですが…。

今年も和歌山公演の日は寒いそうです…。

・・・・・・・・・・・・・。

和歌山はとても寒い土地で、南海本線は寒い電車…なのかもしれません…ヨボヨボ


ワタシは結構、紅茶はミルクがスキなんですけど、それだとバロンさまとは結婚できないのかもしれません…ヨボヨボ


でもこんなババくさいワタシには、厳如さまのほうが合っているのかもしれません…ヨボヨボ
(最近のファンの皆様には厳如さまって、もう遠いいにしえの人なのでしょうか)(って、映像とかが何も残ってないから誰それ?ってかんじでしょうか)(っていうより最近のファンのかたがここをご覧になってるとは思えない気もしますし)(書いてて悲しくなる展開だ)(ヨボヨボ)


まあヨボヨボしてるふりしてますが、実は結構元気です。
だって、こどもは風の子ですから。(ヨボヨボしたこどもってどーよ)(とゆーより、どっから見ても大人ですから)

posted by しげっち at 21:46| Comment(5) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。