2007年04月28日

歴史は踊る

昨日のぼけ。

車で出かけて、着いたら行きたい場所と違う場所だった…。
なんでここに来たんだよ…ワタシャ。

ホントは今日は加賀で温泉にチャポンとつかってほげーと癒されてるはずだったわけです。
ところが息子に試合が入っちゃったんでキャンセル…。
つ、つらい…(泣)ほげーとしたかった…ま、いつもしてますけど。


で、息子が出かけちゃった後、旦那とふたりで老夫婦のようにしょぼしょぼと食事をしてましたら、旦那が言うんです。

「辛い」という字はな、もうちょっと頑張ったら「幸せ」という字になるんやで…

オマエは金八先生か…
もしくはあいだみつおか…
もしくは演歌歌手か…

しかしまあちょっとだけ心にググッときちゃったわけです。
そっかぁ、もうちょっと頑張ればシアワセが戻ってくるのね。
で、もうちょっとってどれくらい?

知らん…。

あそ。

むしゃむしゃむしゃ…

老夫婦の会話なんてこんなもんですわ。



とかなんとか言ってる間に、いろいろとイベントが発表になってますねー。
忙しいことはいいことだ、うんうん。
ワタシも行けるものは張り切って行きますよ〜
ケラーはね、行ってナンボ!ですわ…多分(自信ないんかよっ)


ひとつ今日お伝えしたいことはですね。
ちどりさんとこの「ちどりん日記」のエントリー
「新歌舞伎座が上本町の近鉄劇場跡地に移転することに伴って近鉄資料室の維持がどうなってしまうのか」という問題です。

正直、ワタシはNewOSKにしか興味はありませんでした。
旧をひきずることに反発すら覚えたこともありました。
でも、いにしえ探検隊が発足されてからは、ちょっとかわってきました。
隊長さんはNew世代の目から見たいにしえをわかりやすく面白く解説してくださるんで、ワタシみたいなもんにでもとっつきやすい。
秋月神話に胸躍らせ、曙ゆりさんのお写真に頬染めて(曙さんはSKDですが)歴史の重みを実感することが出来るわけです。


早い話が、大ちゃんが守ろうとしていた物がどんな物だったのか…いかに価値のある大切な、守らねばならない物だったのか…がわかるということです。
って、なんでも大ちゃんにつなげた解釈をしてしまって申し訳ありませんが。

で、そんな事やあんな事がいっぱいつまった資料室を残し、一般に開放するべきであるということを訴えかけようではないか。ということです。
もちろんワタシも…とゆーかワタシなんかにも出来ることがあるのかい?ってかんじだったんで、なんらかの嘆願を送りたいと思っています。

ワタシなんかの説明ではナンですので、ご興味をもたれたかたはちどりさんのサイトでご確認下さーい。
posted by しげっち at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月26日

ルーツを探せ

お掃除しました。

お布団干しました。

アイロンかけました。

ゴミ捨てました。

えらーいっ!
・・・いや、フツーのことだと思いますが・・・
とりあえずワタシなりに頑張ってるわけです。

大ちゃんもしばらくはめちゃめちゃお忙しい日が続かれると聞きました。だからワタシも頑張るんだもーん(こども化)

こどもで思い出しましたが(どんだけ行き当たりばったりに記事書いてるんだよってかんじですが)千秋楽に大ちゃんのお母様がいらっしゃってて写真集をお求めになられてました。
いつもわりとサバサバした印象のお母様なんでちょっとビックリでした。
まあでもフツー、自分の娘の写真集が出たら買うわな…
あとでサイン貰われるんでしょーか…いいなー、もらい放題で(違)握手とかも出来るんでしょーか(違)会話も出来るよね(違)私生活も見れる(もーやめとけっ)


今日はたまたまちょっとビデオを見てみる気になって…ずーーっとなんにも見てなかったんですよね、長い間。
「秋のおどり」なんか1回見ただけ。退団発表になってから届いたんで、こりゃ無理や…ってかんじだったわけで。
実際無理でしたし。

で、ワタシが初めて大ちゃんを見て「めちゃスキなビジュアル♪」と思ったのはBSで放送された「エンドレスドリーム」なわけですが、販売ビデオで後日見せていただいた時、「いったいどのシーンの大ちゃんにビビッときたんやろ?」とわからなかったわけです。

しかし、わりと最近あることに気がつきました。
販売ビデオとBS放送とは違う物だ…ということ。
そりゃわからんはずや…。
とゆーことで、BS版をお借りして再度チェ〜ック!

なんでそれを今日やったのか…まあなんとなくそーゆー気分だったとしか…。
とりあえずスタート!

あ、わかった(はやっ)
とりあえず琉球Bやな…多分。
娘役さん大勢を従えて激しく踊る〜顔ちれ〜〜〜(うっとり)
わーわーわー、スキヤスキや、このビジュアル〜♪

ちなみに、この琉球での群舞を見て「な、なんじゃコイツらはぁ〜」と衝撃を受けたんでした。「なんでこんな沖縄民謡みたいなんで踊り狂っとるんやー」と。「目が離せねえ〜〜」
ワタシの初OSK群舞鳥肌体験だったわけです。

で、問題のサルバトーレ。
販売ビデオではストーリーを追うことを主にしてたんですが、こちらは主に主人公カップルと大ちゃんを軸に映してる。そのためにストーリーはよーわからん…別にいーの、大ちゃんが映ってれば(こらこら)
ここも、ちれ〜〜〜♪
すっごいサルバトーレ(意味不明)
ちょっとちれ〜すぎるんでないかい?
ワタシはよく大ちゃんのお顔を「神様が粘土をコネコネして作られた顔のようだ」と思うんですが、これもまさしく神様の粘土工作顔でした。

んでもって最後に袴で桜咲く国を舞うところも覚えあり。
「わー、スキな顔やけどもうこれで終わりなんやなー。もっと見たかったなー」と思った覚えがありました。

その最後の感想、今とかぶってるやん(泣)

そうか…やっと納得したぞ…とゆーかんじ。
ワタシの大貴誠落ちのルーツを発見した気がして嬉しかった…


って、何を古いビデオの話を長々と書いてるんや…
けど、わりと冷静にふむふむふむ、ほーほーほーと見ている自分にちょっと驚き。この分だとDVD鑑賞、大丈夫なんでないかい?いやいや、最近のやつはアカンやろなー。

なんやねん、あの西鶴のワンシーンは…(個人攻撃)あんなん絶対ダメダメやわ…と言いながら何度も見に行くワタシ…orz

しかし西鶴ってホントにおもしろかったんですよー。
作品自体もなんかおもしろかったんですが、まわりの反応とか自分の反応とかも、予想外におもしろくて忘れられないですねー、あの暑い暑い8月・・・2005年の世界館・・・。

♪京でいちばんの〜和菓子の店、だいき〜♪

ぜひDVDをお求めの上、一度ご覧下さい(営業)
(DVD紹介コーナー、完成させた〜い・泣)


posted by しげっち at 22:55| Comment(2) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月24日

はひへほ

家庭内でのワタシの呼び名が変わりました。

「ふぬけー」

・・・・なに?
返事するなーっ!
ま、認めちゃったわけですな、その呼び名を。


千秋楽の舞台はいろいろあったわけです。
他サイトで詳細をご覧下さい(いつもの他力本願)
ダイキスト的にはもっといろいろあったわけです、必然的に。

で、大楽にまわりに座ったキツいダイキスト達はなぜか一様に「喜怒哀楽が激しい」「リアクションが大きい」というウザい並びで…。

一部が始まって初っ端…凛々しくそして美しく歌い踊る頭領を見ていきなりしくしくしく…

で、遠国で飛び出してきた三人の悪がき(大貴・桜花・北原)を見て「ぎゃーーー、がばはははは」

梅ちゃんの持つ大貴ウチワで「ひぇ〜〜〜〜〜」

野崎詣りの大ちゃん見て、またしくしくしく…

千両箱になって運ばれていく大ちゃん見つけて「ひゃ〜〜、がはははははは」

またまた野崎詣りの輝く大ちゃんで、ひ〜〜〜ん…

鶴様の大貴写真集で「わははははー」

獅子の大様でえ〜〜〜んえ〜〜〜ん…

歌謡パレードで、一息入れて癒される。

セリあがってくる大ちゃん見て「きゃーーーー」

♪人と人を、心と心を、いつの日かつなぎ結ぼう♪と歌う大さまで、だーーーーー(ToT)いつやーー、いつやねんーーー(ToT)




お、おわった、一部……疲れた…
気が狂ってる人のような観劇でございました。
途中でホンマに「アタシャ、気が触れたんじゃないかしら…」と思っちゃったし。

まあ二部も似たようなかんじですわ。


でね、終演後のお見送りのことを少し書かせてくださいね。

黒の紋付はかまで出てこられた大貴さんはめちゃめちゃきれいでした。
でも今までのきれいな美しい大貴さんとちょっぴり違うと感じたわけです。
美しく理知的な「女性」のお顔になられていました。
達成感と充実感、それとともに肩の荷を降ろしたという想いがお顔に出られたのかなーと思います。

何よりも何よりも瞳がやさしかったぁ〜
あんなにやわらかい、やさしい瞳の大貴さんをワタシは初めて見たわけです。
あー、楽にならはったんやなー…と思いました。
そしてよかったなーと…。
でもやっぱり、よくねえよーーー
そんな泣き言さえ吸い込んでしまわれるほどの美しさでした。


ひとりひとりお花を渡すことが出来たわけですが、その時にそのやさしい瞳で少し微笑まれながら見てくださった時、なにかものすごくあたたかいものに包まれた気がして気を失いそうになったわけです。

しかーし、ぶっ倒れているバヤイではない。
最初で最後のチャレンジ!
やさしい瞳に勇気を頂いて、ワタシは想いのたけをお伝えすることに成功しました。
本当に最初で最後の会話・・・いやいや、キャッチボールではないから会話とは言えないかもしれない。でも確かにワタシの一番言いたかったことをワタシの一番大切な大貴誠さんに言えた・・・す、すごい。
思えば「こんにちは」が言えなくて思い悩み苦しみもがき落ち込んだこともありました。
人として進歩したのでしょうかねぇ…
それとも大貴さんの瞳は、それほどのパワーと勇気をワタシにくださったのでしょーか…。

ものすごい数のお見送りのお客様とひとりひとり丁寧に握手をし、言葉を交わされる大貴さんは、月のあかりよりもまぶしく星のきらめきよりも輝いて(コバルトシリーズみたいな文だよなー)(ハーレクインロマンスか?)
「これがワタシの大貴誠だっ!見たかーーーっ!」ってゆー誇らしい気持ちの反面「ワタシの大ちゃんなのに…ワタシだけの大ちゃんなのに…」ってゆー間違った淋しさもあったりして、もー大変でした(なにがだよっ)

御堂筋をオープンカーで去る!
御堂筋ですぜ!貝塚中央道とは違うんですぜ!(違)
かっこよすぎ〜〜


やっぱり飲まずにいられない夜だったわけで、終電さんまで見送っちゃったよ(泣)
で、タクシーを拾おうと松竹座の前をふらふら歩いてると、別の店で飲んでいた傷心ダイキスト軍団と再会。
夜中の松竹座前で大騒ぎ〜…出待ちする?(違)
「松竹座の裏口にクラブ・チェリーの残骸があるで〜」と教えられてブラブラと見に行く。

ありました。
つわものどもが夢のあと。
ホントに「ザ・パーティー・イズ・オーバー」なんだなぁ…と思い知らせてくれる残骸でした。



…ま、そんなとこです(またふぬけに戻る)

とりあえず今日こそは寝ます。

posted by しげっち at 23:44| Comment(3) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月22日

もうすぐ夜明け…

何度も言うようですが「どえりゃ〜目」にあってます…

同じダイキスト友人が名言をはきました。

「これって確か娯楽だよね」

なんで娯楽がつらいんだよ…orz

大貴誠とともに突っ走った二年半。
明日、幕が閉じます。

ざ・ぱーてぃーいずおーばー・・・・ですか。
随分盛り上がったパーティーでした。
ピンク色の想い出が大きな袋に入りきらずにあふれ出しています。

最後の最後までおバカで沸いててイタくてちょ〜ウザいダイキストでお見送りいたします。
どーかもう一日だけ見逃してやってください。

なんとかお天気になりそうだそうです…
大貴誠が願えばかなわないことはない…のです。

ふっ…高飛車発言に怒りましたね?
だからぁ、もう1日だけ見逃してって言ってんじゃん。



posted by しげっち at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月21日

ぎぶあっぷ

すべてにおいて、限界に近づいている足音がしています。

あるひとりの人にめちゃめちゃ惚れ込んじゃったばっかりに
今ひどい目にあってます…

かと言って後悔はないんですよ。
楽しかったしシアワセだったし…シアワセだったし楽しかったし…楽しかったしシアワセだったし…シアワセだったし楽しかったし……
何回繰り返すんだよっ。
いや、何回でも言えますよ。
だってほんとに楽しかったしシアワセだったんです。

今だって楽しいしシアワセです。
今日も楽しかったしシアワセだったし…。
きっと明日も楽しいだろうしシアワセだと思うんです。

だからなんだよっ…て話ですが、すいません、別になんの脈絡もありません。
ただ、今日は舞台のレポートは出来ません。
って、いつものもレポートなんて呼べるようなものじゃないんですけどね。

でもねー、舞台も客席も一気にヒートアップしてきているのは確かですよ。
うねりのような拍手や笑いや息遣いが聞こえます。

素晴らしい、評価の高い舞台で本当によかったと思っています。
後悔しないように、ぜひどーぞお出かけ下さい。
あと4公演でおしまいです。(おしまい言うなーーー・泣)(いや、アンタが自分で言ったんだからさ…)


posted by しげっち at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月20日

花外で遊ぼー

今日はおもいっきり花道外の席だったんですが、おもいっきり花道外を楽しんでしまいました〜、お得〜♪

だってねだってねだってね、すっぽんから大ちゃんが生えてくるんですぜーー(やっぱりそこか…)

にゅーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!
ってね。(って大ちゃんってどんだけ長いんだよっ)
でねー、ブルーのライトに照らされて妖しくて美しいのーー(泣)

ちょーど斜め後ろから大ちゃんの横顔を眺める形になって、うっとりねろりとろり〜んでろでろでろ〜〜〜どろろろ〜ぐっちょ〜〜(溶けてますけどー。すでに液体化…)

じーーーーーっと大ちゃんを見つめてるワタシを見てグッときてしまったのよ〜とおっしゃってくださった南東さん(個人名を出すなっ)。
そーですか…ワタシ、まばたきするのを忘れてましたか…どーりでその後、目が乾燥してると思ったんです。
ひょっとしたら呼吸も忘れてた気がする…脈も…
またしても生きた屍状態。


あとねー、野崎参りでも花道に大ちゃんが来るんですー。
で、山椒だとか白塗り仮面(違)だとか言い合った後に「えーーい、めんどくさーい、おどれおどれ〜」って関東風の大阪弁で叫んで(それってどーよ)(ま、いいか)(てゆーかその味付けのイントネーションがかえってスキ〜)(ま、大ちゃんだとなんでもいいって話ですか…)(イタすぎる・泣)舞台に戻って行くんですが。

その時、多分三日目くらいから大ちゃんが花道脇のお客さんに向かって「いくでー」「いくでー」って誘うんです。
い、いいんですかーーー!!ついて行っていいんですかーーー!行きます行きますどこまでも…
あ、いや現実の話とごちゃ混ぜにしないよーに!


そうそう、獅子の時もいらっしゃいます、二回も。ごっつぉーさんです。
一度は北原さん若木さんが舞台で踊られる間、ホスト座りで(違)じっとしておられます。

しかし、あんなホストいたら通いつめちゃうよなー、「獅子男です、よろしく」とか言ってさ…。自慢の真っ白な長髪で、ここぞという時に髪を振るわけです

あわわわ、話がそれすぎ…。
で、そのじっとしておられる時も、もちろんまばたき・呼吸・脈も止めてじっと見るわけです。
と言っても花外は後姿…。
着物もでっかい着物だし、髪も獅子さまので、大さまのではないし…。
大さまをほうふつさせる物がない(泣)
ん?・・・あったぁ〜♪足首から下だけ見える〜。
嬉し〜〜〜〜(ばか)

数え歌の時も、皆さんなんやかんやと遊んでくださるし。
なんと言っても鶴さまの一回目の登場が間近で見れる〜。まぶし〜…青天(そこかよっ)


でね。
迷ってることがあるわけです。
桜花さんの「月のあかり」のシーン。
バックでは桐生さんが春咲さんと。ひーちゃんが折さんと。
それぞれ踊られてるわけです。

うーーーーーん。
迷うな〜〜〜〜。

どっちにする?(何がだよっ)

ま、ワタシはひーちゃんズキなんで「ひーちゃん」と言いたいところなんですが、ひーちゃんについて行ったら、まあそうですなー、結婚ってことになると思うんですよねー。

ひーちゃんなら、すごくまっすぐで不器用ながらも浮気なんかせずに大切にしてくださりそうではありますが、なんせ職人なんで一本気!妻の夜遊びなんか許してくれなさそーだし。OSKの追っかけなんか絶対アカンと思うしー。

それに職人は朝が早くて、帰ってくるのも早いしなー。
むむむー。ちょっとそれは困るかも〜…

とか言ってたら「朝が早いんなら早く寝るだろーから寝てから遊びに出ればいーじゃん」とか言われて、おーー!そーだそーだ…と妙に感心したり。

で、桐生さんについて行ったら、もーいつも心配だと思うんですよねー。もてると思うしー、みんなに優しいと思うしー。「アタシのこと、本気なの?」とか詰め寄る嫌な女になっちゃうかもしれないしー。でもって鶴橋だしー(意味わかんね)

悩むよなー。

じゃっ、ま、ワタシはやっぱり大さまってことで…(やっぱりそんなオチかよっ)


明日からいよいよ怒涛の三日間。
早いわ……(呆然)



posted by しげっち at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月19日

桜・舞・私

1回公演、観ました。

おぼんダンス(違)で、大ちゃんのおぼんさんが大ちゃんの言うことを聞かないで大ちゃんの手元を離れてしまったので、大ちゃんがおぼんさんに「こらこらこら」とおしおきをしていました。
人はそれを責任転嫁と呼ぶのでしょうか…
かわいかったからいーのっ!


今回、さくらの花びらが舞うシーンが何箇所かあるんですが。
その時に舞台に散った花びらが、そのあともことごとく踊りとともに舞い上がったり、上からも思い出したようにチラチラチラと舞いながら1枚2枚…と落ちてきたり。

前のほうに座ると、たまに自分の体にも知らない間に花びらがついていたり。

まるで大きなさくらの木の下で観劇しているような、そんな気持ちになれます。

ピンク色の花びらは、小さいほうは「桜の花びら」大きいほうは「ハート」になっています。
そっと拾ってお財布の中に入れていたら、帰りに買い物をした時、レジでお金にくっついた花びらがヒラヒラヒラと舞い落ちました。

「あ、さくら…」
現実に戻っていた頭の中がまたさぁーーっと春のおどり色に染まった瞬間です。


今日は1回だけ観て即帰。
明日からの怒涛の三日間にそなえたいと思います。




posted by しげっち at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月18日

どっかーん!!

今日は1回観劇で帰るつもりでチケットも買ってませんでした。
でも誰に言っても「へーー。買うで、絶対」と、取り合ってくれなかったの。
ホントに見ないんだからぁ〜。

で。

見ました・・・orz


家の事情がちょっと変わったんで、こりゃ見れるな、と思った途端、これは神様がワタシに見ろとおっしゃってるのだ…ということにしとこう、と思ったのでした。

でもって1回目の前にチケット売り場に行ったら二列目の上手ブロックが一枚だけポツリとあいてました。
あぁ、これはやっぱり神様がワタシのためにあけといてくださったんだわ…ということにしとこう、と思って小躍りしてしまいました。

NewOSKの名誉のために言っときますが、その他の1回席はほぼ埋まってました。後ろのほうの端っこと花道外が数枚残ってるだけ。二階の桟敷もうまってたし。
たまたまワタシの席がポツンとあいてただけなのでした。ラッキーラッキー♪
ちょっとくらい、いいことないとなぁ…
いや、毎日楽しいですけどね…

今日は大貴誠さんというかたが、とってもステキでした。

そんなネタはいいから…。
いや、でもほんとにステキだったんだからぁ〜
はいはい、わかったわかった。

しかし、毎日会えるってホントにステキ。
夢のよう。
極楽橋。(意味なし)

それにひきかえ二度と会えないってどーよ…
とか自分で言って「わちゃちゃ」と思うなり。


さて公演のこと。

昨日だったか、クラブ・チェリーでのトレーを持ったダンスのことを書こうと思って「おぼんを持って…」と書きかけて、あの粋なかっこいいシーンで「おぼん」はおかしいやろ〜と思って「トレー」と書き換えたわけです。

ところがー。
今日の上手脇での小芝居で、大ちゃんがひーちゃん、桜花ちゃんと「やろー♪やろー♪」(←トレーダンスのことね)ってことになって思わず言ったんです。
「おぼんは?」

間違いではありませんねー。
でもちょっと変。
世界一かっこいい黒燕尾姿で「おぼん」ってアンタ…

ま、まあ大ちゃんがそうおっしゃるんならそれでいいです。
ということであの場面は「おぼんダンス」ってことで改名します(変)


連獅子。
実は初回観たときは、なんだかあんまりピンとこなくて、ただただあんな大変そうなことを十日間ももつんかいなぁ…みたいな心配が先立ってたんですが。

すげ、いい。

ど迫力。

手に汗握るキンチョー感。

また音楽がいいのよ。
万感迫るっちゅーんですか。
まあ今は何見ても万感迫っちゃうんですけどね…


あ、そうだ。
クラブ・チェリーで、大貴桜花高世がカクテルグラスを持って乾杯して、貴城ウェイターの「おぼん」にグラスを戻す時、高世さんがグラスを落としちゃったんです。
高世さんってあんまり失敗とか、なさらないでしょ。
失敗慣れされてないってゆーんですかね。
思わず「あ、ごめん」みたいなことを口走られてましたけど、あれって「ス」みたいでしたよね。今、フツーに謝られませんでした?…みたいな。
おーー、レアだぁ…。

二回目の神から与えられた席の時(違)隣のご婦人がどーやら高世さんファンのようで…。
拍手とか身の乗り出し方とか目線とか…わかっちゃいますよね、ご贔屓が。
おーおー、わっかりやす〜い、ふふっ。
って、自分のほうがもっとわかりやすいだろーが!って話ですが。

しかしこのお三人が燕尾で並ばれるとホントにウットリしますよねぇ。史上最高に美しいトップ3だったことは間違いないと思います…って過去形なのが悲しいけど。

♪われらOSK♪GO〜GO〜GO〜♪

思わず口ずさんでしまいました。

今プログラムにある大ちゃんのご挨拶を読んでたんですが。
「きっと松竹座には幸福を仕掛ける<松竹座の怪人>がいるのだと思っております」

ワタシにとっての<松竹座の怪人>は<NewOSKの怪人>で、その人の名は<大貴誠>です。

明日も怪人が地雷のように仕掛けた幸福を踏みに行って来たいと思います。
踏んで飛び散りたいわ…ほんま。
posted by しげっち at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月17日

体力と気力の限界に挑戦中

帰りの電車の中で

ぼーーーーーーーーーーーーーーーーっ

としてたら。
乗り越しました(泣)

寝てたわけでもないのに…
メールしてたわけでもないのに…
まるで生きる屍…(怖)
櫻子ちゃーん、助けて〜(誰に助けを求めてるんだよ)


朝、松竹座の前で今日のチケットをゴソゴソとカバンから出してたらおじさんが近づいてきて…
「チケットありますか?」
「は?」
「今日のチケットありますか?」
「自分のしかありません…」

ダフ屋と間違えられたの巻。
悪かったとは思いますよ。売るほどチケット持っててさ。


ということで今日の公演。
なんか2回目、大ちゃん絶好調〜…だったのでした。

悪がきシリーズで魔法のステッキを出すんですが、今日は桜花ちゃんがハシャギすぎてひっくりかえっておられまして。
それを見た大ちゃんが「なんだよお、こいつ。わけわかんねえやあ」と突っ込んだ次の瞬間、ステッキをバッと出して「うひうひうひ」と嬉しそうに笑ってました〜かわい〜。

やっぱ最後の帽子のダンスはいいですねー。もう皆さんキラキラしてらして……な、なんか白い視線を感じる…。
わかりましたよっ、ホントのこと書きましゅ。
もう大ちゃんキラキラしてらして。きっと皆さんもキラキラしてらっしゃるはず。(こんな書き方しか出来ないことが情けない)

でね、見てるとほんとシアワセでシアワセで…。見てるだけでシアワセなんですよね。あぁぁシアワセだ〜〜と思ったら涙が出てくるってどーなんだよーーー!!(逆ギレ)こんなにシアワセなのに、それなのにそれなのにウラメシヤ〜…ってかんじなんですかね…。

ま、湿っぽい話は気象庁にでも任せておいて…

梅ちゃん!
かわいいなーもー。
毎回いろいろ工夫されてるようなのがまたいいんですねー。
太左衛門橋さんと淀屋橋さんにいじめられてる時、「仲良くしよよー」「さみしい〜」って泣かれてるんですね。その物言いがまたかわいいんだ。
で、タカシロさんが「は〜し〜、は〜し〜」って顔を寄せて迫っていっていじめられると梅ちゃん、思わず「こわい〜〜」。
あ、言っちゃった…。
みんな思ってますから。その迫力の大画面な濃いお顔で迫っちゃだめー(こらこら)

それとこれはベタな部分なんでしょーが。
歌謡大全集の景(違)で、凛ちゃん率いる男組たちがナンパをするわけですが。
ヤンちゃんがモテモテなのを怒った兄貴の凛ちゃんがヤンちゃんの頬を2発殴って…3発目はヤンちゃんがかわして天馬君の腹にボコッと…。

で、痛い痛いとコブシを振る凛ちゃん…ぷぷっ。
もうこれ、わかってるんだけど必ず笑ってしまう場面です。
で、今日は天馬君が「痛くなーいっ」って声を出されたんです。いつもは「自分は大丈夫です」みたいなジェスチャーなのに。
この「痛くなーいっ」は、昔CMで「にばーい、にばーい」ってやってましたよね?あの言い方ですわ。
なんかすごくイメージどおりのセリフで大うけしちゃいました。
もしかしたら天馬君の松竹座での初セリフかもしれません(笑)


そもそも、この歌謡大全集は、秋で評判よかったしまたやっちゃうんじゃないのかなぁと、ワタシが一番不安に思ってたことだったのでした。
2匹目のどじょーはいないぜー!と思ってたんですが…。
しかしこの歌謡大全集、スキなんだわ…(脱力)(だからってまた次もやったら今度は怒りますよっ)

癒しポイントとゆーか。
選曲もいいし、歌い手のイメージとも相性よし。
あ、高世さんの探偵ナイトスクープ(違)は、ちょっとイメージが違って驚いたか…。
水無月さんの歌いいなー。
親の反対なんかなんともない、あんたがスキやから…みたいな。
ええ女やなー。と思ってるとふと、息子が恋をしてこんなことを言っちゃったら悲し〜〜〜(泣)と、現実に戻る瞬間があったりして。あかんかん、まだ子離れできてないわ…とか。

で、バックの娘役さんたちのおどりがいいんですよねぇ。
ワタシ大好きです。なんとも言えない雰囲気は、あのちょこちょこ横歩きとくねくねエックス手からかもし出されてるんですかねぇ。
まあ実際、友達があの歩き方してたら「あんた、何やってんの?ご苦労さんやなー」って言いますけどね。


明日もたくさんの人が松竹座に来ますよーに!

はい、お約束の一言、いいっすか。

大貴誠。



おやすみなさい。

posted by しげっち at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月16日

橋本さんは大阪ではバシモトさん

the sun


かわりばえのしない写真ですが載せてみる。
雨だ雨だといわれてたわりには、いいお天気になった館前ご挨拶。
とんぼりウォークが最後のイベントになったと思ってたから余計に嬉しかったわけです。

いつも、道頓堀のど真ん中にピカピカのお衣装で出てきて、黒山の人だかりの中で輝く大ちゃんが自慢だったっけ…。
見て見て!これがワタシの大ちゃんだよーー!って(オメーの大ちゃんじゃねーだろっ)

最後の館前がお天気とお客様に恵まれてホントーによかった…。

ってことで、さよーなら。

こらこら、お茶を濁して逃げるな。

いや、ちょっとニューススクランブルの録画を見てドンヨリしてたもんで調子出ないのよねー。
メソメソしてたら旦那が見て、心の底からの呆れ顔で「どーにでも好きにせーや」って言ったんで、好きにしたいと思います。
とゆーことで早速チケットを1枚買い足してしまいましたー。

おいおい、買い足したのは昼間でしょ。旦那が言ったのは夜でしょ。つじつま合ってまへんでー。
気にしない気にしない。ひと休みひと休み♪(←このネタわかる人は結構お年)

どーやら旦那もよーやくワタシが気が狂ってるってことに気がついたようです。成長したよなー、旦那…(違)


今日の松竹座は年配のお客様がとっても多いような気がしましたが、よくはいってました。嬉しいなー。

昨夜、出待ちでちょっと咳をコンコンとされていた大貴さんでしたのでとっても心配だったわけですが、なんのなんの、「えー声」で大満足。

クラブ・チェリー。真ん中で数人が踊っておられる時(誰が踊ってるのか書けよ)(すいません、むりっ)脇で大ちゃんや桜花ちゃん、ひーちゃんが小芝居をされてるんですが。
トレーを持ってスタンバって大ちゃんが左側のひーちゃんを見て「やるかっ」(トレーまわしを)って言うんですね。でもひーちゃんがたまたま気づかずスルーされる。で、右側の桜花ちゃんに「やるかっ」。これまた桜花ちゃんも気づかずスルー。
大ちゃん、も一度左見て「やるかっ」スルー。右見て「やるかっ」スルー。
ご自分でおかしかったみたいで「くっくっ」と素笑いされてましたー。かわいー。

で、ひと踊りしたあとチェアーにどっかと座って、ぐびっとコップをあおったあと、桜花ちゃんに何かおっしゃってる。
「うまいなっ!」
桜花ちゃん、聞こえなかったみたいで「え?」
「うまいなっ!」
・・・・オヤジかよっ。
桜花ちゃんがなんとお答えになられたのか…
「そうっすね」でしょーか。想像ですが、そんな気がする。

ネコちゃんと悪がきのコーナー(違)
ポッケからステッキをびょ〜〜んと出すんですが、桜花ちゃんのステッキが客席のほうに向かってびよ〜〜ん。
あやうく落ちるところを、桜花ちゃんが必死でキャッチ!!
そのあと、めちゃめちゃ動揺してぜいぜい言ってるのがかわいかった〜〜
まあ、いつかそんなことになるだろーと思ってた人が多そうですが(笑)

ということは、いつかトレーも桐生さんの手を離れて飛んでくるんでしょーか。顔や頭に命中させていただいたお客様はもちろん「ありがとーございます」と言いましょ〜(違)


んでネコちゃんと悪がきシリーズからもういっこ。
客席から登場した大ちゃんが舞台に上がってすぐ桜花ちゃんと高世さんと歌を歌われるわけですが、その歌いだしのちょっとした間に、大ちゃん独特のなんとゆーかワザとゆーかネタとゆーかファンへのエサとゆーか…そーゆーのをはさまれるわけです。

1回ごとに変わります。
「ニャ」とか「てへっ」とか。今日の二回目は「ん?ん!」だったのー♪わーわーわー、ここスキスキ〜。ここばっかり19回分入れてCD出してくれませんかー。(出ねーよっ)(出ても売れねーよっ)


話はボンボンと飛びますが。
今回のロケット。いいですねー。すごいスピード感があるです。
さぞかし下級生の皆さんはついてくるのが大変なんでしょーねぇ。
今日のニューススクランブルで、そのお稽古が放送されてました。春咲さんのところに松本さん…じゃなくて悠浦さんが「お稽古をお願いします」みたいなことをお願いしに行って、ともちゃんがお稽古をつけてあげてるんです。かっちょい〜。

で、最後にともちゃんが下級生たちに向かって言うんです。
「ラインダンスはね、足あげてなんぼ…よ」

ひえ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜。
春咲さんが言うとかっちょよすぎ〜〜〜。
まさしく「春咲巴香は足あげてなんぼ」です。

昔、もひとつ春咲名言がありましたね。
「足をおろす時のことを考えて、足をあげるのよ」

ひぇ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜。
絶句。

早くあのラインダンスが見たいです。あ、いや、さっき見てきましたけどね…ははは。


高世さんがナイトスクープ(違)を歌われてる時、後ろの橋の上でタカシロくんがこころちゃんに殴られるんですが、初日はフツーのビンタだったんです。ところが昨日は両手で両頬をはさみパンチ!きっつーー。
ところが今日の二回目はもっとエスカレート。顔面正面をパーでバチコーン!
後半、どんな殴りワザが出てくるか!タカシロ君の顔面がどれくらいボコボコになってるか!乞う期待!



水無月さんの話。
高世さんと若木さんがいいかんじでイチャついてるのに、ちょっと不吉な歌を少しくぐもった声で歌われる。
「あ〜んたのいない大阪は〜♪」と実にかわいくていい声でうぶに歌われる。
クラブ・チェリーでハスキーに…ちょっと酒焼けしました的な声でアンニュイかつ色っぽく歌われる。
この3パターンが全部同一人物とはこれいかに。(ベンベン)

ホントにものすごい歌い手さんだと思うわけです、水無月じゅん。何がこのかたをこんなふうに育てたのでしょうか。どうすればこんな歌い手が出来上がるのでしょうか。

今日はこんなかんじです。
最後に一言いいですか。

大貴誠。

いや、別に意味はないです。
言ってみたかっただけ。
posted by しげっち at 23:47| Comment(4) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月15日

春のおどり2007

ラスト春

4回終わりました…とゆーことは3万終わりました(金換算はやめなさいって)

えーっと………

………

………

なんか言葉が出てこないんですけどどーしたらいいですかね…?(聞くなっ)

スキなところもいっぱいあるし、突っ込みたいとこもあるし、キャーキャー言いたいところもあるし…幕間なんかにはダーッとしゃべくりたおしてるんですけど、家に帰ってきて1人になってポツンとPCの前に座るとなんにも言葉が出てこない。
よく今までブログなんかやってこれたよなーと感心することしきり(他人事かよっ)

えーと…とりあえず箇条書き。

・使われてる音楽がスキ。主題歌もとってもとってもスキ。特に「OSK」と歌詞に入ってるのがいい。ずっと歌い継がれて、何年後かにまた松竹座で聞いて…そこに大ちゃんの残像を感じることが出来そうな気がする歌。

・大谷盛夫先生の振付で群舞を踊る大ちゃんを見たかった。

・連獅子は一回目は「え〜」ってかんじだったけど、今は気に入ってる。音楽のアレンジがいい。ぐばぁ〜っと胸の底から何かがこみ上げてくる気がする(二日酔いではない)

・淀屋橋さんにはホントーに腹の底から笑わせていただいている。腹の底から笑うレビューってあんた…と思いつつ、これでいいんだ!と納得できるのが不思議。

・こころちゃんも芸達者だよな〜。ビミョーに梅ちゃんが進化してきてるんだよな〜。後半が楽しみだー。

・ピエロは確かに少し長いと思うんだけど「カワイイ系」大ちゃんが好物のワタシとしては素直に「ありがとーございます、いただきます」

・ヤンちゃん、天馬ちゃん、グッショブ!お互いに自分に与えられた役割をよく理解してこなしてると思う。

・りとちゃんってダンス上手だよな…と今更ですが。
蓮ちゃんも、なんだかお上手になられました。経験ってすごいよなー。

・クラブチェリーは見所満載。…なのに全体が観れない(泣)
ったくもー。脇に退いてる時もチョロチョロと小芝居が見もののアノカタのせいだ。恨みまっせー大ちゃん。でも見る。見る。見る。見るんだもーん。

・クラブチェリーでは懐かしい音楽が次々と…。ここで想い出を頭の中で甦らせてしまったら終わり。あとは感情のままに…えらいことになる。だから頭の中にシャッターを閉める。そしてこの場だけを楽しむ努力をする。すると…ほ〜ら不思議。とってもステキで楽しい景になる。

・シャイニオーン!!シャーイニーオーーーン!!(叫ぶだけかよっ)

・櫻子ちゃん…コワイヨーコワイヨーコワスギルヨー(泣)狂気の女やらせたら日本一だよーーーー(泣きながら誉めてる)
次の景で桜花ちゃんに寄り添うために駆け寄ってくる櫻子ちゃんを見て「桜花ちゃん、刺される〜〜」と思ったのはワタシだけ…なようだ。

・ラストダンスの「帽子」(←勝手に呼んでる名前)は、いいよねー。気分が高揚してくる。このままずーっと見続けていたい…と思ったら終わった(当たり前だ)しかもこれでおしまいだと。

・手袋の意味を知ってからは、もーアレだめだわ。


・・・なんだかんだ言って次々書くワタシ。
キリがないので今日はここまで。

明日もなんばに行きます。





posted by しげっち at 00:00| Comment(5) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月13日

全野菜

食料買出しOK!
カッター、アイロンかけOK!
姑の見舞いOK!
コンテンツプリント打ち出しOK!
家族へのご奉仕OK!
明日の食事作りOK!

…んーと、あとやってないことはぁ…
掃除…。
キライ、苦手、無関心…
ほこり?見なかったことにしよう。
ま、いいか。死にゃあせんだろーて。

そんなわけで、春のおどりへの準備が整ったわけです。(いや、整ってないだろ)
明日から母は…というか母の心は旅に出ます。
捜さないで下さい。

…とゆー気持ちで、床に正座して三つ指付いて高らかに申し上げました。
「家族のみなさま!(まあ3人家族ですけど)いよいよ明日から開幕いたします。9日間ご迷惑をおかけいたしますが、母は目一杯、心燃やして燃え尽きる所存でございます。どーぞどーぞ深いご理解をたまわり、ご協力の上、あたたかい目で見守ってやっていただければと思いまする〜〜〜」

と、一説ぶって頭をあげると…
ヤツら、聞いてなかった…_| ̄|○
テレビ見てた…
「おー、松坂すごいなー」とか言ってた…
モグモグとなんか食ってた…

いいんですけどね。
こっちも勝手にやらしてもらいますからね。


そんなわけで明日は初日です。
明日の今頃はきっと「一万五千円終わってしもた…」とか言ってます。あさっての今頃は「三万円終わってしもた…」とか言ってます。
って、やらしーなー。金換算はやめましょー。それに見合う…いやいやそれ以上のものを見せて下さるに違いないわけですから。

特に初日と言うのは、どんな舞台でもそーなんでしょーが、驚くくらいの爆発力があったりしますよね。もちろん、こなれてないとかキンチョーしてるとか覚えてないとか(あり得ない…)いうことはあっても、それがなにか?ってくらいの「何か」が潜んでいると思っているわけです。

それをハッキリ思い知ったのは2005年武生公演の初日だったわけです。今も脳裏にハッキリ焼きついてはなれません。
なんだったんだ…あの輝きとゆーか爆発とゆーか…。
そのなんだかわからなかった「何か」は、1ヶ月の公演中…少なくとも私が観た数十公演中は二度と見ることはありませんでした。
とゆーことは、やっぱりあれは初日の魔物だったわけですな。

あー、かなえられるものならもう一度、あの時のアレを観たい。
あんなスゴイものはもう観れないでしょう。
でも明日、また違う初日の「何か」が起こるのだと思います。
そう思うともうドキバクです。

大ちゃんも今朝のラジオでおっしゃってました。
「観ないと損しますよ、クフッ♪」

はいはーい!観ま〜す♪観ま〜す♪
損でも得でも観ますよ〜〜ん♪
アハ、アハ、アハ…(バカ絶好調♪)


posted by しげっち at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月11日

ようやく一人前

むむー、忙しいです。
なんだかんだと…
と、言いつつ遊んでますけどね、テキトーに。

まあとりあえず、あとみっちゅ寝たら春のおどりの開幕です。
「ケラーat主婦」が集まると、とりあえず春のおどり期間中の夕飯の献立の話題です。

朝に簡単に用意をして出て行けて、かつ一週間前に買い出しに行って材料を用意できる物、かつ育ち盛りの子供の腹を充分に満たす物。
カレー、シチュー、ハヤシライス、八宝菜、麻婆豆腐…うーん、それからぁ…うな丼、牛丼、玉子丼、中華丼、親子丼、他人丼、ハイカラ丼、イクラ丼…どんぶりばっかりかいっ!
子供の栄養の偏る10日間になることは間違いないようですな。


今回はやっぱりちょっぴり違うなぁと感じるわけです。
なにがかと言うと、春のおどりを迎える気持ちというか態勢というか。

やっほー始まるぜー♪
でも始まったら終わるんだよな…(ま、まあね)
でもそれでもやっぱり楽しいじゃーん♪
そ、そうだよな、楽しい…はずだよね…(そうだそうだ、そうに違いない)
あとみっちゅー、あとみっちゅー♪
そしてここのちゅ寝たら終わるー…(やめなさいって)
されでもやっぱり早く見たいなー、早く始まれ〜♪
始まりは別れの合図…(暗すぎっ、うざいっ)

そんな二重人格な心理状態で、山のようなカッターのアイロンかけ貯めをし、家族のご機嫌を伺いつつ暮らしております。

実はコンテンツのスペシャル版も、まだ手に入れてない状態なわけです。
3枚だけ出したのよね…なんだよっ、その中途半端さは。
いや、その時たまたま3枚分しか小銭がなかったのよね。
しかも、そのセブンイレブンには昼間、同じマンションの顔見知りがパートで入ってるわけで…。顔が指すわけです。
主婦がコンビニで40分くらいガーコガーコと何かを打ち出してるって変でしょ?
それでなくてもマンションじゃあ、謎の遊び人主婦的見られ方なのに…(汗)これ以上変な風評が立てば子供がイジメられたりしないかと…

やーいやーい、おまえのかーさん、大貴誠〜(間違ってるし)

やーいやーい、おまえのかーさん、イ〜タ〜い(…合ってる…)


そんなわけで、夜中に行くしかないわけです。
春のおどりが始まっちまうと到底無理なんで、タイムリミットは明日とあさって。
夜中のコンビニは寂しいので、誰か一緒に行きませんか、貝塚のコンビニ…(絶対誰も行かないって)

オーエスケラーになってから、随分といろんな経験をしました。
フツーに主婦してたら絶対しないようなこと…。あれこれあれこれ…。
その輝かしいあれこれに、またひとつ追加されます。
「夜中のコンビニで一心不乱に何かを打ち出し、時々ニッターと笑う」
どうだ!フツーじゃないだろー!わははは(決して威張れることではない)
しかも一万円分を、百円硬貨に両替済みなんで、筒で持ってる。
「百円玉を筒で持つ主婦」
アタシャ、中小企業のオヤジかよ…

頑張ります(ご勝手に…)



posted by しげっち at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月02日

全く中身のないレポート

嘘のような話ですが腕が筋肉痛です。
これって随分以前にも書いた覚えがありますが…。

朝起きて服を着る時に手を上げたら「あいててて…」となりまして。
んー?昨日運動しましたっけ?

すでにボケてる。

ってゆーかー!!
あんなに大騒ぎして楽しかった昨日を忘れるかーーっ!!

というわけで、桜まつりに行ってきたわけです。
で、どーして筋肉痛かというとカメラが重かったのね、きっと(泣)
約1時間45分の桜まつりの中の1時間30分くらいはカメラを撮ってたような気がします。

今回ワタシ的には頑張りました。
いつもカメラカメラと言ってるわりには枚数的には、実はヘタレだったりするわけですが。
今回は475枚。
あー、デジタルカメラってありがたい。
これ、フィルムだと考えられない…

そのうちの460枚くらいは大ちゃんの写真。
……食事で言うなら偏食。
……頭痛で言うなら偏頭痛。
ってとこでしょーか(例えが変)

まあ今回はホントに1秒たりとも大ちゃんから離れるまい…という固い決意の元に参加したわけですので、目標達成っちゅーとこでしょーか。よーやったよーやった(誰も誉めてくれないから自分で誉めてみる)


dai-ori


なんかホントにね、ずーっと大ちゃんの金魚のフンしてたもんで、他のこと、なんにもわかんないんです、ごめんなさい。
いつもはちゃんと舞台の出し物もしっかり観ますし、劇団員さんとお話したりもするんですけど。
なんせ最後なもんで…。
桜まつりさんにごめんなさいです。

でもでも桜まつりさんにありがとうでもあります。
最後にいっぱい想い出出来ました。
・・・って最後最後て言うなーーっ!
春のおどり2007はこれからだっちゅーの。
まだまだバカヤロー全開で疾走するぜー。家からは失踪するぜー。(ダジャレ言ってる場合ではない)

傘回しのレクチャーも結局、写真撮りたい欲に勝てず…。
まあ本番はパコパコと頑張ります。
最後に壇上でみなさんで傘回しされてる時、かわいかったな〜♪
皆さん。いつもながら贅沢な風景を間近で拝見できてシアワセでしたし。
けど、春のおどりの新曲を歌われたそうですね。
そうですねってアンタ…ってかんじですが。
どうも、友人の話から推測するとワタシもその時、ちゃんと舞台前に並んで見てたようなんですが…。
じぇんじぇん覚えてない(泣)
つーか、じぇんじぇん知らない(おいっ)

落ち着こーよ。
はい、次回からはめちゃくちゃ落ち着きます(またそーゆーこと言うし…)


daiyan.jpg


大ちゃんと劇団員さんのツーショット大会が、さすがにあちらこちらで繰り広げられ。ぜーたくだー♪ぜーたくだー♪
そんなわけで今日は「大&折」と「大&楊」でお楽しみ下さい。
(大貴誠のはアチラでちょこっとあげてますです)







posted by しげっち at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。