2007年04月20日

花外で遊ぼー

今日はおもいっきり花道外の席だったんですが、おもいっきり花道外を楽しんでしまいました〜、お得〜♪

だってねだってねだってね、すっぽんから大ちゃんが生えてくるんですぜーー(やっぱりそこか…)

にゅーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!
ってね。(って大ちゃんってどんだけ長いんだよっ)
でねー、ブルーのライトに照らされて妖しくて美しいのーー(泣)

ちょーど斜め後ろから大ちゃんの横顔を眺める形になって、うっとりねろりとろり〜んでろでろでろ〜〜〜どろろろ〜ぐっちょ〜〜(溶けてますけどー。すでに液体化…)

じーーーーーっと大ちゃんを見つめてるワタシを見てグッときてしまったのよ〜とおっしゃってくださった南東さん(個人名を出すなっ)。
そーですか…ワタシ、まばたきするのを忘れてましたか…どーりでその後、目が乾燥してると思ったんです。
ひょっとしたら呼吸も忘れてた気がする…脈も…
またしても生きた屍状態。


あとねー、野崎参りでも花道に大ちゃんが来るんですー。
で、山椒だとか白塗り仮面(違)だとか言い合った後に「えーーい、めんどくさーい、おどれおどれ〜」って関東風の大阪弁で叫んで(それってどーよ)(ま、いいか)(てゆーかその味付けのイントネーションがかえってスキ〜)(ま、大ちゃんだとなんでもいいって話ですか…)(イタすぎる・泣)舞台に戻って行くんですが。

その時、多分三日目くらいから大ちゃんが花道脇のお客さんに向かって「いくでー」「いくでー」って誘うんです。
い、いいんですかーーー!!ついて行っていいんですかーーー!行きます行きますどこまでも…
あ、いや現実の話とごちゃ混ぜにしないよーに!


そうそう、獅子の時もいらっしゃいます、二回も。ごっつぉーさんです。
一度は北原さん若木さんが舞台で踊られる間、ホスト座りで(違)じっとしておられます。

しかし、あんなホストいたら通いつめちゃうよなー、「獅子男です、よろしく」とか言ってさ…。自慢の真っ白な長髪で、ここぞという時に髪を振るわけです

あわわわ、話がそれすぎ…。
で、そのじっとしておられる時も、もちろんまばたき・呼吸・脈も止めてじっと見るわけです。
と言っても花外は後姿…。
着物もでっかい着物だし、髪も獅子さまので、大さまのではないし…。
大さまをほうふつさせる物がない(泣)
ん?・・・あったぁ〜♪足首から下だけ見える〜。
嬉し〜〜〜〜(ばか)

数え歌の時も、皆さんなんやかんやと遊んでくださるし。
なんと言っても鶴さまの一回目の登場が間近で見れる〜。まぶし〜…青天(そこかよっ)


でね。
迷ってることがあるわけです。
桜花さんの「月のあかり」のシーン。
バックでは桐生さんが春咲さんと。ひーちゃんが折さんと。
それぞれ踊られてるわけです。

うーーーーーん。
迷うな〜〜〜〜。

どっちにする?(何がだよっ)

ま、ワタシはひーちゃんズキなんで「ひーちゃん」と言いたいところなんですが、ひーちゃんについて行ったら、まあそうですなー、結婚ってことになると思うんですよねー。

ひーちゃんなら、すごくまっすぐで不器用ながらも浮気なんかせずに大切にしてくださりそうではありますが、なんせ職人なんで一本気!妻の夜遊びなんか許してくれなさそーだし。OSKの追っかけなんか絶対アカンと思うしー。

それに職人は朝が早くて、帰ってくるのも早いしなー。
むむむー。ちょっとそれは困るかも〜…

とか言ってたら「朝が早いんなら早く寝るだろーから寝てから遊びに出ればいーじゃん」とか言われて、おーー!そーだそーだ…と妙に感心したり。

で、桐生さんについて行ったら、もーいつも心配だと思うんですよねー。もてると思うしー、みんなに優しいと思うしー。「アタシのこと、本気なの?」とか詰め寄る嫌な女になっちゃうかもしれないしー。でもって鶴橋だしー(意味わかんね)

悩むよなー。

じゃっ、ま、ワタシはやっぱり大さまってことで…(やっぱりそんなオチかよっ)


明日からいよいよ怒涛の三日間。
早いわ……(呆然)



posted by しげっち at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/39524868

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。