2007年01月09日

突然ラジオ

3時過ぎだったか…
メールが来たわけですなー。
けどちょっと手が離せなかったもんで見なかったわけです。

そしたら続けて何本かメールが来て〆に電話も鳴ったわけです。
な、なにごと・・・?

内容は全部同じかんじ。
ラジオ聞ける?
ラジオ録って!

ラジオ?なにそれ?

さかのぼってメールを開ける…
えーーー!大ちゃんやん。出る。ラジオ。ひぇーもう始まるし。
録音…ひぇーー、今、録音できるデッキがないのよー。
テープもないわなー。

そこにまた違う電話が鳴る。
あかんあかんあかん、今あかんねん、ごめん、終わってからーーー。

ラジオラジオー、録音でけるもんーー、なんかないかーー、アタフタと狭い家を走り回る。
だってね、始まる30分前に出まーすって言われたってアンタ…とか愚痴りながら。

とりあえずmp3プレイヤーとしょぼいラジオをラインでつないでダイレクト録音の準備完了。

お、始まった始まった。ノムラでノムラだっていう番組なのね。ノムラって誰やねん。
…こ、この声は…学生時代、深夜ラジオ「ヤングタウン」で馴染んだ野村アナウンサーの声やんか…ハンサムやしオモシロイしで、当時すごくスキやったのに…誰やねんとか言うてごめんなさい。
しかし、この人の娘ってタカラヅカの人なんだよなー…(関係ないけどさ)

4時半頃かなぁ、大ちゃん登場〜。ありがとう浜村淳ですの時とは違って、ちゃんと起きて随分たってからの声だ(あわわわわ)

ま、どこに出ても言ってることはほとんど同じなんで。
って、出るたんびに違うこと言ったらそれはそれでびっくりですが…大ちゃんならあり得るかと…あわわわわ
で、最後にショーのタイトルにちなんでジョイフルジョイフルをお聞き下さいってことで。
イタいダイキスト友は言いました。「大ちゃんが歌うんかと思ってドキドキしたのにー」
あのね、キラリNewOSKじゃないんだからそれはありまへんわ。
ちゃんとサントラのジョイフルジョイフルでした。
その間、約18分。
聞いてるとアッと言う間だったけど、結構しゃべってたのね。

ほんとに大騒動でございました。
って、お願いですからもうちょっと早めに教えていただけませんでしょーかー。それともあれですかね、聞ける人だけ聞いてねー、聞けたらラッキー♪…みたいなスタンスなんでしょーかね(泪)

でもこれもバロンがMBSさんの協賛だからこその出演ですもんね。ありがてー。で、デレビはないんですかね?そーいえばちちんぷいぷいでは取り上げてもらえないんですかねぇ…まああと4日しかないですけど…。

わーいわーいあと4日でバロンだぁ〜(急に沸き始める)
それまでがんバロン!←確か前回のバロンの時も言ってたような…(恥)




posted by しげっち at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月08日

麻痺のススメ

リビングの片隅にあるワタシのPCラックの横に、状差しが吊ってあって、その中にこれから観る舞台のチケットや映画の前売り券なんかが入れてあるわけです。
すぐにどこに入れたかわからなくなっちゃうんで、数年前から「ここに絶対入れるーーー!!!」とゆーのを固く守っているわけです。

でね、今そこには結構たくさんチケットが入ってるのー。嬉しいな〜♪
そこに入ってるチケットの数イコール、ワタシのシアワセ〜みたいな。

とは言っても、同じ公演のチケットが何枚も入ってたりするのも事実ですが(汗)

先日の新年の世界館で「この回で帰るのよ」って言ったら10人くらいの人が「え!えーーーーーーー!」って全く同じリアクションだったのがすごく面白かったわけですが。あとは皆さん口々に「どーしたん?」「あかんやん…」と。
いや、あかんやんって突っ込みはひじょーにおかしいとは思いますが、多分ワタシもいつもそう言ってると思います。

で、まあ悔し紛れにワタシは「ちょっとぉー、落ち着こーよー。普通は観劇は1回やし!1回観ればジューブンっ!」と、大人の発言をぶっ放したわけですが、目には涙がたまってたことを見破られやしませんでしたでしょーか…(泣)

でもってそう言い放ったワタシに向かっての突っ込みも皆さんほぼ同じで・・・。「うそつき」「んなわけないやん」「誰が信じるかいな」…

・・・。
正しいです、皆さん。
でもワタシだって全部観ない時もあるんだぜー。
つーか、世界館の定期公演はせいぜい3〜4回ですしー。

・・・。
すいません、ご贔屓が出てると6回です。

でもでも、松竹座はご贔屓が出てたって全部なんて見られやしませんぜー。

・・・。
すいません、そーいえば2005年春は、やっちまいました…。

でもでもでもでも今年の春は無理っ。
ぜーたいむりー。
まあ二桁見ればシアワセかなーと…。

って、ホントに感覚がおかしくなりますよねぇ、この文。
なんか、家を買うと数千万単位のお金の話ばっかりするもんだから、車の2〜300万がすごく小さな単位に感じて、それくらいならついでに一緒に買っちゃおうか…みたいな勘違いをおこすのと似てません?ちょっと違うか…
いや、でもこれって事実で、うちのマンションでもマンション購入と同時に新車になった人、たくさんいるんですよねー。

あー話がそれちゃいましたが。
そんなわけで、皆さん、今年もいっぱい麻痺しましょー。
OSKに麻痺しましょー。

あ、でもこの麻痺症状には保険は使えませんからご注意下さいね。

posted by しげっち at 23:44| Comment(2) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月07日

目指せ!怒涛の更新!(目標倒れの可能性大)

随分ご無沙汰してしまってですね…。
年末年始と、プライベートでちょっとアレでして、なかなかここに来ることもままならず〜ぱぱならず〜(恥)

そしたらやっぱ大貴さんがアレなさるからしげっちもアレなのねぇ…みたいに心配してくださるかたが幾人がいらっしゃってですね…いやあ申し訳ないです。実はそうではなくてプライベートがアレだったわけで・・・ってアレの乱用はやめなさいっ。

ま、ワタシ的には「ん?大貴さん?なんかあるの?」みたいな…
聞いてないしー…みたいな。いや、あの日松竹座には行きましたけどね。
なんちゅーか、年を重ねると聞きたくないことは耳に入らないようになってるっちゅーか、入ってもすぐに抜けるようになってるっちゅーか。

そんなわけで、今年もぶっ飛ばすぜー!って、もう7日なんですけどねぇ。ま、ワタシにとっては今日が始まり〜…みたいな。


「桜の国からこにゃにゃちはごあいさつ」は3日の一回目を観劇しました。
いやあもう、年の初めからごっつぁんですーってかんじでしたねぇ。
ワタシは今年もやっぱこの人達がスキだわー。そんでもってこの人がスキだわさースキだわさースキだわさー…と素直に思ったわけです。

観ててなんか「こけら落とし」のことを思い出しちゃいました。
もっと少ない人数だったけどすごく舞台が狭く見えてちっょと窮屈そうで…それなのに皆さんがキラキラしてらして、この舞台が誇らしげで…。

今回はもっと人数が増えてひとりひとりの輝きが増していて、ちょっと余裕があって…。
あんたたち、大きくなったわねぇ、サメザメ(感涙)…みたいな。

紅白歌合戦ばりの構成は、もちろんダンスも期待しちゃうけどまあ今回はこれでOKOK…と思えちゃう贅沢なものでした。
ワタシのスキな、次から次へと宝箱から宝石が飛び出してくる系ですなー。

都合上、一回のみの観劇になっちゃいましたけど充分満足でした。
その一回もひょっとしたら観れないかも〜と思ってたんで余計にありがたくて、いやもーほんとに観劇っていいよなーと心から思ったわけです。

うーん、アタシャ今年は、このお利口さん路線でいきましょーかねー…
無理?無理だと思う?


だわね。無理だわねー。
ちゃんとわかってるあたりが、お利口さんだと思うんだけどどーでしょー?!


posted by しげっち at 22:29| Comment(2) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月01日

始まりは「へ」「っ」

煌めくスター、その名はダイキ

あけちゃったみたいでおめでとーございますー。
今年もやっぱ初っ端からこれでしょーってことで大貴誠のお写真です。

大晦日は史上最強につまんないと予想された紅白歌合戦を、どれくらいつまんないのか見届けてやろーとゆーことで、ジトーッと見てたんですが、途中でJoyfuil! Joyful!が流れてびっくりして飛び起きちゃいました。
いやぁ、やっぱり今年も流れはOSKかよー♪まいったなー、がははは…って、まあ別にOSKのオリジナルでもなんでもないんですけどね。
ただ単に去年のDSがいまだに忘れられないってことなんですけどね。


ところで昨年末の世界館メモリーズ2006の時に、皆さんやたらと大ちゃんとツーショットを撮られてまして。なんか撮らんとモグリだ!みたいな雰囲気なくらいツーショットの嵐で…。
何度も何度も申し上げておりますとーり、ワタシは大ちゃんとのツーショットがキライなわけです。なんせ顔やら体やらすべてが大ちゃんとは違う生物のように写ってしまうもんで…いや写るだけじゃなくて実際そうなんですけど…それがもう辛くて。

けどもう今回は流れで「いっちゃえ〜」と飛び込んで行ったわけですなー、えらいえらい。
しかもー、撮って頂いた写真を見たら…てゆーか、撮ってくださったかたが「今回、怒ってへんやん、どしたん?」っておっしゃるくらい、フツーの顔してました。あ、いやいやいやいや、フツーつっても変な顔なんですけどね。
ただ、いつもみたいに目ん玉オヤジみたいな顔とか上目遣いの変質者顔とか絶対大貴ファンじゃないですっ顔とかじゃないっつーのがものすごい進歩じゃーんと思って嬉しくなっちゃいましたー。ってレベル低いんだよなー。
しかもこの時の大ちゃんの口がワタシのスキな「んっ」てしてる口なんで、もー余計に嬉しいやら嬉しいやら嬉しいやら…(やらの使い方間違ってる)

ワタシは今まで撮ったツーショット写真を見かえした事がないんですよ、ホントにキライなんで。

けど今回のは見ながら「へっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっ」ながーーいっ!くどーーいっ!いやしかし、この場合「ははは」でも「けけけ」でもないわけで、なぜか口から出るのは「へ」と「っ」だけなわけでして…

えーと、も一回だけ見てみよーかなー、チラッ…
「へっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへ」
やだなーもー、大ちゃんかわいーしー
「へっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっ」
え?肩と肩が触れてますか?
「へーッへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへへっ」

ったく、年の初めからワタシャなに書いてんだろーか(泣)
けどまあこれでちょっとテンションあがったんで、今年もぶっちぎります〜
今年もよろしくお願いしま〜す



posted by しげっち at 01:55| Comment(0) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月30日

鳥の和え物にあらず

どうも今年もそろそろ終わりらしい・・・って全くの他人事かいっ。
そういうワタシの今年も残すところあと1日らしい・・・ってそれも他人事なのかよ…

今年もOSKに始まりOSKに終わる一年であった…気がする。
「きゃーー、大ちゃ〜ん」と始まって「えーーん、大ちゃ〜ん」と終わる。
・・・・・・・・・自分で言って自分でどん引き。

ま、それも人生。


頑張れしげっち。


あ、こらこら、自分への応援ブログにするんじゃないっつーの。


ところで、今年のOSK!はいどーぞ!と言われたら…
あ、すいません、ワタシの場合、今年の大ちゃん!となっちゃうんですが
自分でも驚くべきことに、「夏の24時間テレビのツイン21でのショーだ!」ってことになっちゃうみたいで。
ワタシにとってものすごいインパクトだったみたいです、あれは。
ペチャンコになって死んじゃうんじゃねーの?と思いつつ過ごした後に間近で拝見した「映らなくても一応全国ネット版大貴誠」は多分今後忘れることが出来ないと思うわけです。

あと、春のおどりも秋のおどりも自分が納得できるだけの回数を観る事ができた。ありがたいことや…ナマンダナマンダ。
世界館も目標どおり全公演観れた。ありがたいこっちゃ…ナマンダナマンダ。

バロンさんやニコラさんとの出会いも大切な思い出ですなー。
そのバロンさんとの再会…来年すぐですもんねー、嬉しいなー。
カレ、覚えてるかしら、ワタシのこと…(覚えてるも何も知らねーっつーの)

ニコラも死んじゃって、ジェイクも死んじゃって、名前忘れたけどワタシの大スキなあのシーン…えーと若木さんに指輪渡す日に交通事故で死んじゃった大ちゃん・・・そう考えてみると天国にはワタシのラブな男たちがぞろぞろと…(よだれ)あ、大貴晴明にやられて奈落の底に沈んでいった桜花道満もいるよなー。宮殿の恋でビロード大貴にやられて奈落の底に沈んでいった高世魔王もいるなー。とんがり帽の桐生清盛もいるし…そう考えると奈落の底もいい男だらけだよなー。(違)

などと今年もばかばかしい話におつきあいいただいちゃい、ありがとうございました。とりあえず来年も頑張ります。とりあえず最後までぶっ飛ばします。そのあとは…まだ考えてません、お呼びもないし…って大ちゃんの真似byありがとう浜村淳です♪(こーゆー言わんでもいいことをサラリと言ってクックッと笑うこの人に、またやられてしまうわけです)
とりあえず先のことは先に考えるっつーことで、とりあえず今年はここまでです。とりあえず来年お会い致しましょう。とりあえずよいお年を…

さて、とりあえずって何回言ったでしょー?…って小学生かっつーの。
posted by しげっち at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月27日

とりこみ中…

ちょっととりこんでますんでとりあえず写真だけ…


ウワサの蒼音精霊登場〜♪
凛ちゃんとのやり取りで「だれですか?」「どう見ても精霊でしょ」「どう見ても精霊ね…」みたいなやり取りが合って最後に青音クンが自分に言い聞かすように、独り言のように「どう見ても精霊…」とつぶやいたのがワタシのツボにはまっちゃって、すごいおかしかったわけです。

どう見ても精霊


で、次の写真は「どう見ても精霊」の登場に引くスター×3。
みんな棒立ちだし(笑)

どん引き中…


で、勝手にやってなさいってことで、とっとと退場していくスター×3。
このあと蒼音精霊のオンステージが始まりました。

かえろかえろ・・・


そして次の写真は「ツリーとニャンコとダイキマコト」
大ちゃん…とつぶやいてみる


むむむー、もっとあげたいー。あの人(やっぱりそこかよっ)
また別館にて。
posted by しげっち at 20:51| Comment(4) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月23日

クリスマスイブイブイブ

神よ。。。

金曜日の世界館。
プチ桜まつりでした。

えーっと…狭いです(こらこら)
でもあそこに!そこに!ここに!…劇団員さんがいらっしゃることにかわりはありません。狭いから余計にあんなこともできちゃったりする…かもしれません(こらこらこらこら)

友人はわざと足を踏まれるというおいしい技をやってのけましたしー(羨)
ごめんなさいね…と、あのダイさまに言われたりして…「いや、あの、ほんまにもお、いやいや、でへへへへ」と舞い上がってましたなー、友人。んにゃろ〜!あわてて足を出してみましたがダメでした(するなーっ!)

ミニステージが思ってた以上に楽しかったんで、こりゃあ4回見たいよなーとすんごく思いました。
いろんなところで書かれてるアイラブピアノの変形バージョン。
なんと言っても里都ちゃんの痴漢クンにつきますなー。
電車に乗ってきた時の決め方が尋常ではない。
かっこよすぎー。そりゃー絶対注目の的だわなー。
でもって痴漢の時の手つき…やらしいんだけどまだ若いねー…みたいな(オマエは経験者かっ)

え!え!も、もしあの痴漢がダ○ちゃんだったら…きゃーーやらしーーー(熱病)あとねぇ、ひ○ちゃんだったら…テクニシャ〜ン♪(おいっ)タカ○ロ君だったら…直球勝負かよっ、とか…(意味不明)きり○ーさん…へっへっへっいいんじゃない?(舌なめずり)・・・
あーあーあーいかんいかん、ヘンタイの域に突入してしもたぁー!
みなさん、何卒この件はご内聞に…(無理だと思う)

てなわけで、今日も世界館は沸きあがってるものと思われます。
しかし、今日はより一層狭いんだろーなー…
posted by しげっち at 12:07| Comment(0) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月18日

クリスタルキングではない

クリスマスキャロってきました〜。
正直、どおよ?3回分も買っちゃって大丈夫かよ?
とか思う気持ちもチラとあったりなんかしたわけですが
全然大丈夫!いえ〜いっ!OK!!
楽しかったです。

まあ私的には今回は鈴峯ちゃんなわけです。
ネコだよっ、ネコ。
黒いネコなわけですよ。
だから今回は「しゅじゅみねでしゅ」とかおっしゃらないわけですよ。
そしたら誰かが言いましたわ。
「ニャーニャー言ってんだから言わないんじゃない?」
ふんふん…納得(え?納得したの?)

ニャーニャー言ってたと思ったら突然、死神ですか…
「ふんっ」と鼻先で笑って「死神ベスト」(お衣装ね)をサッと羽織るわけです。か、かっこええ…。

最近の鈴峯ちゃんはいつも、なにかやってくれる感がありますよね。
次の出番が楽しみです。

でもって蒼音くん。
タカシロさん曰く「時代錯誤もはなはだしい」格好のフォークシンガー…でいいんですよね?
なんか笑っていいのかどーなのか…迷うところもありましたが千秋楽では、その戸惑いをスパーッと切り捨てるべく「手拍子っ!」と要求してくださいました。あまりにもスパーッってしてたもんで「あ、こりゃ気がつきませんで…すんませんでした。ぱんっぱんっぱんっ(手拍子)」みたいな…。
終わってから「随分、高いところから要求してくれたよね〜」ってネタになりましたんでOKかと。

タカシロさんは堂々たるもんでしたねぇ…。ワタシはDancerの時のタカシロさんより、こちらのタカシロさんのほうがスキ派です。
もう足の具合はすっかりよろしいんでしょうか…?いや、お見かけしたところ全然大丈夫っぽかったんですが。
もう少しビシバシダンスも見たかったわけです。折角のタカシロさん・このかちゃんコンビなわけですぜー。そりゃあ踊って欲しいと思ってとーぜんでしょー。
ということでタカシロさん・このかちゃんにも次回の舞台でのビシバシダンスに期待です。

それにしてもクリスマスキャロルのスクルージーを若くてハンサムな男が演じるっていう発想はワタシには意外でした。
いやもちろんタカシロさんがおじーさんに扮するわけはないとは思ってましたけど、どーするんだろなーと。
こんな若いんだからまだまだこれからやり直しがきくスクルージーでよかったよー…みたいな。

メアリーが「昔のやさしいスクルージーに戻ったのね」と喜ぶとスクルージーが「うん」と…。じ、じぶんで「オレはやさしいぜ」って認めちゃったわけですね…すごい自信だ…(感心)

京極さんのちょっと能天気っぽい突き放したしゃべりかたの精霊長はおもしろかったです。自分で散々怖いこと言って聞かせといて、カラッと「こわいよ♪」と…。あんたの性格のほうがよっぽど怖いですから。

里都ちゃんもたくさんの役代わり、見ごたえがありました。
ま、一番スキなのはボブですけどね。
スクルージーに「妻も子どもも養っていかなきゃならないんだろ」みたいなことを言われてコクンとお辞儀をするところが秀逸!(ってすごくピンポイントですけど)なんかほんとにかわいいサラリーマンに見えましたし(誉めてる)

琴野さんは、この個性豊かな面々の中で自分を出しきるのが結構大変だったのではないかと思いますがよく頑張っておられましたよね。白ネコでの鈴峯クロネコとのやりとりとか、楽しかったです。あ、ドラえもんも踊ってられましたねー(って観た人しか絶対意味わかんねーよなー)


地元のお客様がいっぱいで、世界館の前にあんなに自転車が止まってるのを始めて見ました。終演後、その自転車が次々にサーーッとはけて行く風景が面白かったです。

しっかし地元の皆様。800円でいいもの、ご覧になれましたよねー。
こちらもご相伴に預かってラッキーでございました。




posted by しげっち at 21:20| Comment(2) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月14日

久々にラジオ聞いたし…

昨日のラジオ…なんか「あ」という間に終わっちゃったんですが…。
あ、大ちゃんの声…と思ったらほんの数秒でしたなー(悲)
でもまあラジオ大阪さんにはお世話になってるんでしょうがねーなーってかんじで…。

で、その番組のアナウンサーのかたのブログに昨日の放送のことが出ています。
http://yoshiko.buzzlog.jp/d2006-12-13.html

フェアリーボイス2とディナーショのお稽古風景の写真が小さいですが掲載されています。大きくな〜れ〜〜打ち出の小槌を振ってみましたがダメでした(悲)

男役トップスターの大貴誠さんは、
無我夢中で復活にむかう中、
人の温かさや日常のささいなことの大切さに気づいたとおっしゃっていました。

舞台の上で「夢」を表現するために、
「日常」を大事にする気持ちが必ず生きると。

私はいっぺんでファンになりました。
舞台を拝見しに伺います。


そうですか…あなたもやっぱり大貴誠に落ちてしまわれましたか…しょーがないですねぇ…一緒に応援しましょー(すごく一方通行なのが悲しい)


で、明日は松竹座。
「冬のおどり」の初日でしたっけ?

余裕ぶっこいてるフリをしつつ、実は落ち着かない夜なわけです。

posted by しげっち at 22:47| Comment(7) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月13日

スペッシャルなX'masプレゼント

舞台上で大貴さんが「クリスマスプレゼントをお客様に…」みたいなことをおっしゃいまして、それを合図に娘役さんが客席中を歩かれます。

そして最後に、若木さんを中心とした娘役さん全員があるお客様の前に集結されました。
若木さんがそっとおっしゃいます。
「マダーム、お手伝いいただけますか?」

お客様はこれから始まる世にも怖ろしいことがなんなのかを知るすべもなく、満面の笑みでコクンとうなずかれました。
すると娘役さんたちがまわりを囲み、手をとって舞台上に釣り上げられます…いやいや、ひっぱりあげ…いやいや、押し上げ…いやいや、ねじ込む…いやいや……とにかくお客様は舞台上に。

すると娘役さんたちはスルスルと姿を消してしまわれます。
お客様はポツンと1人、舞台の上。
お客様、キョロキョロ…客席、ガヤガヤ…

するとそこに大貴さん、高世さん、桐生さんがサササッと現れお客様のまわりを踊られます。ひーーーーーーーっ。それだけでも鼻血たら〜〜〜…ぐいっ…ティッシュをつめる。いや、ワタシの描写はどーでもいいの。

そしてまず桐生さんがお客様の手を取って踊られます。
クルリとまわしたりして華麗にエスコート。
お客様はビビリながらも、わりと加齢に…いやいや華麗に踊られます。
手をサッとあげてみたり…余裕だ…感心。
しかし華麗な割には客席、怒涛の大爆笑なのはなぜだ?

次に高世さんのエスコート。
あ゛ーー、また鼻血がたら〜〜〜…ぐいっ…。
高世さんがお客様をリフト…は、しません。なんぼなんでもあんた…。

しかし今回もまた華麗&大爆笑なデュエットダンスが繰り広げられる。
贅沢ですなー。桐生さん、高世さんと踊る…(想像している)
あーーーーームリムリ。だめ。死んじゃう。

そして最後に大貴さんが手を差し出される。
…おや?お客様の様子が変。
どーもこのお客様は大貴さんのファンのご様子です。

今までの華麗なステップはどこへやら…
途端に地蔵様のように固まってしまわれました。合掌。
完全に腰が引けてます。
手も足もブルブルとふるえていらっしゃいます。
顔色がグレーになっておられます。

大貴さんは力ずくでエスコートしようと努力されますがピクリともせず。
お客様はまるで乙女と地蔵を足して割ったような……あ、失礼。

そして曲が終わり大貴さんがエスコートして客席にお連れしようとされています。
大貴さん、やさしく右手を差し出される。
するとお客様、右手を出される。…あ、いや握手じゃありませんから。
大貴さん、やさしくフォローしてお客様の左手を取ろうとされる…がお客様はもう放心状態のため両手を…せっせっせーのよいよいよい状態。

やっとこさ、ご自分の座席に戻られたお客様ですが、顔色がほんとに悪い。
この人、倒れるんじゃねーの?とワタシは思いました。
大貴さんもちょっと心配そうに「ご気分はいかがですか?」
「○×▲◎□〜〜」

は?
多分、誰一人聞き取れませんでした。
「しゃーわせですぅ〜〜〜」
とおっしゃったつもりだそうな。

しかしもちろん一番近くに居るのに聞き取れなかった大貴さんはおっしゃいます。
「ご病気ですか?」
お客様。
「げんきですぅ〜」

な、なんちゅーコメント…。っちゅーかその質問もどーよ?
あぁ、DSにふさわしい会話だ…と思いました…ってーのも変。

こうしてお客様の罰ゲーム…いやいや、スペッシャルクリスマスプレゼントタイムは終わったのでした。

しかし、恋するっちゅーのはこーゆーことですかなぁ…としみじみ。
とてもかわいかったです、お客様。
と言いながら吐くほど笑わせていただいちゃいまして、ありがとーございましたー。

会場の怒涛の盛り上がりに、ニヤリと一番ほくそえんでおられたのは大貴さんではないかと思います…罪なおとこ…いやいや、おんなだぜっ大貴誠。


posted by しげっち at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月10日

アウィーナディナーショー(その1)

どんだけこの日を楽しみにしてたか…
ついにいよいよとうとうやってまいりましたー!でなーしょー♪

とりあえず結果から。
めちゃめちゃよかったです……大貴誠。

あ、いや、そーゆーことをいきなり書くから大ちゃんが出てりゃなんでもめちゃいいって書くんだって言われるんだよな。
え?そんなこと言われてるんですか?しょっく〜…ってすごい自作自演。

そーじゃなくって、ディナーショー自体がとってもよかったわけです。
ショーの流れも選曲も衣装も、ばっちぐー(死語)
メンバーの豪華さもすごいわ。これは贅沢極まりない。ありがて〜!

予告どおりアフタヌーンショーとディナーショーはちょこっと違いました。
歌が違ってたり1回目で歌わなかった歌を2回目では歌ったり。

しかーし!極めつけはお客様びっくりコーナー。
これは2回目、ホントに楽しかったわけです。
ワタシャもう涙流して笑っちゃいました。コーナー終わったら涙でぐちゃぐちゃ……。
これ、思わず終わってから、そのスペシャルな選ばれたお客様に「これって仕込み?」って聞いちゃいましたもん。「そんなわけないやんっ!」って怒ってましたけどね。

で、そのあとは今年の公演からのメドレー。これもおいしいなー。

…って、実は全部よかったんで全部書きたいんです。
スペシャルびっくりコーナーももっと書きた〜い(笑)
でも今日は書きません。なぜかと言うと寝たいんで(こらこら)

でもとりあえずどれもぜ〜〜〜〜んぶスキだった大ちゃんのお衣装だけ書かせてもらっちゃいま〜す。

最初は白い燕尾にキラキラついててベストが大ちゃんだけクリーム色なの。で、生地もちょっと違う。高世さんと桐生さんは白。

それから黒に白の縦じまのスーツ。これは多分、ワタシ的には忘れられない2004年クリスマスDSの時、椅子に腰掛けて歌った時のスーツですよね。
ものすごい思い入れがあるので嬉しかったし〜。

そんでブラウンのジャケットにイエローのカッターシャツ、パンツはブラウン系の…このパンツはどの舞台ではいてらしたやつだったか…ずっと思い出そうとしてるんだけど出そうで出ない…気持ち悪い。おわかりのかた、教えて下さい。ちょっと分厚めのもこもこっとした生地のやつ。
で、この時のイエローのシャツがなんかすごく似合ってて萌え〜でした。あとでダイキイ友に言ったら「ふーん、あそ」って言われちゃったんで、人それぞれでんなー…と痛感した次第で…。

それから黒いシャツに黒いパンツに黒いネクタイにシルバーのキラキラタイピン。そして黒いベルト!そーなの、ベルトなの。終演後に「ベルトははずせないよねー」っていうケラーを見つけて意気投合!たちまちベルト同盟が出来上がる…みたいな。チャラチャラしたベルトじゃなくてシンプルな、かっちりとした男らしいベルトね。2006春のおどりの夜男がしていたベルトです。

でもって赤いスーツに白のタートルネック。
これはなんかすっごくかわいくて、この服のままキュッとちっちゃく人形にして持って帰りたかったっす〜(泣)

最後がオルフェですわ。
秋のおどりのオルフェさんの衣装。
またこれが悪い男っぽいの。ワタシ人生狂わされました、あんたに…みたいな悪さ。
あーあーあー、これで客席練り歩いて、最後は各テーブルにキャンドルサービス♪結婚します〜〜〜〜〜〜(だから誰とだよっ)

ま、とりあえず衣装だけ。
すいませんけどワタシの覚え書きみたいなもんなんで、つまんなかったらゴメンナサイ。
でもどれもこれも全部OKだったのが異常に嬉しかったわけですー。
あー、いい夢見れそーだー♪




posted by しげっち at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月08日

あれやこれや

なんかいろいろ予定が発表されたりしてザワザワとしておりますが。

ザワザワしたってしょーがない…とか居直っちゃって(強がり)、「さあっ、遊び倒しの12月の始まり始まりだぁ!」とばかりに、のん気にホテルでバイキングを食ってまいりました。

でも考えてみるとアタシャあさってもホテルでスイーツバイキングとフルコースを食うんだった…。
で、そのあさってもホテルでコースを食う予定だった…。
で、その数日後にもホテルで豪華ランチを食う予定だった…。

別にホテルで食事するのがスキでもなんでもないんですけど…。
どっちかっつーと居酒屋のほうが落ち着くんだよー(泣)
だってねー、今日のホテルバイキングで一番おいしかったのは「お好み焼き」ってどーよ?これって多分、冷凍だね…とか言いながらそれが一番うまいってどーよーー!!

ま、こんなとこで愚痴ってもアレなんですけど。
そんなわけで次からディナーショーは白木屋でお願いしたい…と。(あり得ないし)

1月世界館、発表になりましたね。
青年将校…なんかこの単語だけでゾクゾクするものがありますが。
青春の残光か…石川達三みたいだな…ってあれは蹉跌ですか。
軍服だよね、ね、ねー…みたいな。軍服はよろしー。でも戦争はキライですよ。あくまでも衣装としてスキです。
んで、軍服に身を包んだ凛ちゃんが歌われるんですね。「どんな困難も〜逃げちゃいけない〜♪」(…使いまわしかよっ)(だってこの歌スキなんだもーん)
このかちゃん、折さん、こころちゃんってなんか強力娘軍団ってかんじですよねー。やっぱりこのお三人が軍服かな…(こらこら)

あと、TVのCMですか…。J-COM映りますけど放映時間はランダムですってことは、一日中つけてなきゃならないってことですかーー。無理っ。
ケーブルウェストは聞いたことすらありません(無知)

春のおどりの詳細日程もやっとOSKの公式にも発表になってますね。
19公演かぁ…今回は何回観れるんだろーなー…5回くらいかなぁ……
7回……かな……いや、8回くらいか……うーーーん、9回かなぁ……
ってどんどん増えてますけどぉーーー!破産だ破産っ!
もってけどろぼーっ!(やけくそ)

あとはぁ…ラジオか。トップの更新情報には「出演情報」って書いてて詳細には「とりあげられます」ってありますけど、どなたか出演されるんですかね?それとも出演なしで話題に取り上げられるってことですかね?水曜日のこの時間にじっとラジオ聞くのってむつかしーんだよなー、主婦的には……あっ、主婦だったんだワタシ…(おいおい)


ま、今日はそんなとこで勘弁しといてあげます(意味わかんねーよ)



             *劇団員さんの名称はこちら
posted by しげっち at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月05日

落ち着けっ

♪も〜 い〜くつ寝〜る〜と〜 でなあしょお〜♪

ま、別に浮かれてるわけじゃないんですけどね。
ちょっぴりソワソワしてるだけです。
で、デロデロしてニヤニヤしてイヒイヒ言ってるだけです。
で、どきどきしてわくわくしてゆらゆらしてるだけです。
って、めっちゃ楽しみにしてるやん・・・

ま、まあそのとーりですけど。
けどDSのショーって約一時間。すぐ終わっちゃう感が強いんですよね。
って贅沢言ってるよな。
今回はいつもにも増して豪華なメンバーなのでステージに釘付け状態で、より一層アッと言う間に終わっちゃったよー(泣)感が強くなる気がしますが。

で、今回は1回目と2回目が少し趣向が違ったりするって書いてありましたよね。
えー、なになに?楽しみ〜・・・
とか言ってたら「上手から出てきたのが下手から出てきたりするんちゃう?」って夢をぶち砕かれたり「右見て歌ってたのが左見て歌うとか…」って再度ぶち砕かれたり。まあ右横顔も左横顔もスキだからいいんですけどね…(イタタタ)
黒燕尾だったのが白燕尾にかわる…とか。
右分けの前髪が左分けにかわる…とか。
どーしてそんな小さいことしか思い浮かばんのだ?(泣)

んじゃねー、男役と娘役が入れ替わる…とか。
やー、ちょっと見たいかも〜。
桐生さんいたよな……あ、いや、見たいです見たいです。

ホントは何がかわったのかは、またここでご報告したいなーと思いますが、ワタシには違いがわからんかったらどーしよーとゆー不安もじゃっかんあるわけです。

だってー、燕尾についてる星の数がかわったとかだと、多分わかりませんよー、目がすごく悪いんだもん…って、そんなセコイ変化はあり得ないから。


とにかく、初めてDSに行った一昨年に比べれば、落ち着いた毎日を送っているわけです。
そわそわそわそわ………

posted by しげっち at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月03日

走りは遅いです

今日の明け方に見た夢・・・
大ちゃんご出演のイベントのようなものを見に行っているわけですが、そこでカメラのバッテリーに充電してくるのを忘れたことに気がつくわけです。

あーー、もうバッテリーがちょっとしかないから、大事に大事にチマチマと撮らなあかんー(泣)なんで?なんでこんな大切なこと忘れたん?ばかばかばかばかーーー(泣)

と焦ってるうちに目が覚めた・・・と。
どんだけ後味の悪い夢やねん。
な、なんか潜在的に焦ってることでもあるんでしょーかね?・・・・(不安)


とゆーことで12月にはいって、公私ともになんかめちゃめちゃ忙しい毎日なわけです。
オマエに「公」なんかあったのかよ?ってかんじですが、まあ一応人間ですし大人ですので…。とは言え、人間として終わってる…とか大人げない選手権西日本プロック入賞経験あり…とかいうウワサもありますんでアレなんですけど(汗)

で、「好きなことは止められない♪」でおなじみのmidoriさんから「好きな人バトン」をいだきました。

ワタシに好きな人は誰ですかって聞くなんて、世界一すべってますぜ、ふっふっふっ…とか思いながら、結構むつかしーなーと、ない頭をひねってみました。スキな理由とかスキなとことか、言葉に出して説明するのってむつかしーですよねぇ。スキなもんはスキなのっ!みたいな…(逆ギレかよ)

ま、とりあえずスキな人はNewOSK日本歌劇団の大貴誠さんです…ってことで。やーん、なんか改めて書くと恥ずかし〜〜〜(←キモイってば)


1.いつから貴方はこの方が好きですか?
2004年・9月。
それ以前にBSでエンドレを見て一目惚れして、そのあと「秋のおどり」を生で見て二度目の一目惚れをしました。


2.この方の魅力について語ってください。
えーーーー。魅力ですかーーー。全部(おいおい)
だってホントにワタシにとって全部なんだもーん(アイタタタタ…)

あえてちょこっとだけ言うとするとぉ…(もったいつけんじゃねーよ)
まず顔。これは基本ね。美しいの。
その顔がクールになったりキュートになったり大人になったり子どもになったりまったりしたりキリリとしたり…その表情の豊かさ。これはこのかたを語るときに必要不可欠。
で、その完璧な顔で黙ってれば美しいスターなのに、ついついいらないことまでしゃべってしまったりしてアラララとか思わせるそのスキがありありのところ。
歌にしろ芝居にしろダンスにしろ、そのひとつひとつの中にドラマがしっかり刻み付けられている技。

…や、やっぱり語りつくせないんで続きは小冊子にしてお配りしたいと思います(うそ)


3.この方の属性を一言で
“スター”


4.この方の周りの人に一日成れます。誰に成って何をする?
めちゃめちゃむつかしーーーーー。
あのぉ…できれば人じゃなくってですね、このかたの愛用のバックとかピアスとかになってですね、1日そばでじーーーーーーっと、アチラには意識されずに見ていたいですねぇ。って答えがストーカーっぽいですかね?(冷や汗)


5.この方のイメージソングといえば!
期間限定ですが「エル・クンバンチェロ」(2004春のおどりバージョン)
このところちょっとダイキス友とこの話ばっかりしてるもんで…


6.この方のイメージカラーは?

もしくはシルバーを散りばめた黒
…ってスキなお衣装の色じゃんってかんじですが。


7.この方に似合う季節は?

ぱぁ〜っと華やかなイメージ…かな
でもホントは寒い寒い冬も越えてきたのよ…みたいな(変にリアルだ)


8.この方のイメージフラワーは?
ワ、ワタシはあんまりお花を知らないんで…(汗)
とりあえずご本人がおスキだとされる「薔薇」ってことで。
トゲはついたままの。
刺されたら人生狂いまっせー。と、刺されて狂ってるワタシが言うんだから間違いない。


9.最後に一言、叫びましょう
スキかもスキかもスキかもスキかもーーーー
(あー、はいはい、人として終わってますな…ってかんじです)


10.ということで、好きな人を聞いてみたい5人にバトンタッチ☆
えーっと、では大貴誠さん、桜花昇さん、高世麻央さん、北原沙織さん、若木志帆さん、お願いします……って無理言うんじゃねえぇっ!(でも聞いてみたいけど)

posted by しげっち at 00:00| Comment(2) | TrackBack(1) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月28日

こころのみだれ

風が吹けば桶屋が儲かる・夫婦バージョン

学校でいじめや自殺の問題がクローズアップされてよくプリントを貰って来る

いじめは学校だけじゃなく社会に出てもある

旦那の会社でもパートのおばさん同士のいじめのシーンを見かける

おばさんになって外で働くのは大変だ

妻曰く「怖いから組織の中で働きたくないわー」

夫曰く「キミはホンマにシアワセや。スキ勝手しやがって…」


・・・・こーゆーのを「藪蛇を突付く」と言うのでしょうか。
いらん話題をふってしまったと後悔しても時すでに遅し。
スキ勝手しやがって…しやがって…しやがって(ここ、エコーお願いします)
「しやがって」とまで言われてしまいましたー(泣)

そこはねー、ワタシも黙ってはいなかったね。
「わーーっはっはっはっはっ・・・」

笑ったんかよっ(汗)
だって笑わなしゃーないやん。
そしたら旦那はどーしたかって?
笑ってました。
ってホンマにアホ夫婦みたいやん…実際そうなんだけど。

ま、スキ勝手しやがりついでに正月も「スキ勝手のスキ」くらい、しちゃおっかな〜なんて(おそるおそる)
はぁ…正月かぁ…とため息ばかりついてるとまたまたニュースメール。

バロンですかーーーー!
なんか嬉しいのか嬉しくないのかわかんなくなってきちゃった…
ってゆーほど心乱れた1日だったわけですが。
そりゃあ大貴さんを観れるってゆーのは、ワタシの最大級のシアワセなわけです。
しかし「前よりもっと不思議な」ってなんだよ…みたいな不安感とか。
プラバってアメージングん時も二階を封鎖してたよね…みたいな悲壮感とか。
あー、でもやっぱり大ちゃんの公演予定があるだけで「アイムベリーハッピー」
しっかし、もう随分会ってないから大貴さんの顔ってどんな顔だっけ?と半分すねて考えてみたり。けど随分会ってないってあんた、ちょうど1ヶ月前に世界館公演で連続三日間会ったくせに…とか。

とにかく、なんか考えたり思ったり忙しいわけですよ。
ほんっと、ケラーって疲れます…(って勝手にやってるんだけど)

posted by しげっち at 23:04| Comment(2) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月26日

千秋楽堪能記

たくさんのお客様の中、始まったフェアリーボイス2千秋楽。
めっちゃ盛り上がりましたねー。
なんかフェアリーボイス1の時の盛り上がりを思い出しちゃいました。
やっぱ見るべきは千秋楽だよなー…とご満悦のワタシでございました。

とは言え、毎月の公演とはちょっと違って、今回は初日初回から結構完璧に近い形だったとワタシは思ったので大きな変化や進化はなかったかと思いますが、回を重ねられたゆえの「ほっこり感」ってのはありましたね。

桜花さんのフルート、すごくお上手でびっくり。
フルートって見た目以上にむつかしい楽器なんで数日のお稽古程度では絶対吹くことは出来ません。・・・とゆーことは昔吹いてらしたな…と思ったらやっぱり中学の吹奏楽部で吹いてらしたとのこと。初日に見たドラマー桜花さんも似合ってらしたけど、フルートも似合っておられました。
と言っても実はワタシはタンパリンを実に慎重に真剣に「シャカシャカシャカシャカ」と小刻みに振られる水無月さんが、なんかかわいくて目が離せなかったんですけどね(笑)

あと、思ったことですが水無月さんのキャバレーが初日以上に心に迫ってきて…。あー、水無月さんでキャバレー観たいっ!と思ったわけです。
水無月さんってお芝居ではわりと大人し目の役柄が多い気がするんですがワタシの記憶違いでしょーか…。ほら、今回のコンサートでも桜花さんと若木さんをススッとたてて、ご自分はちょっと半歩下がっておられる的な部分を感じたわけですが、そういう人がライザ・ミネリーったら実はすごいんじゃなかろーか…と。
「あたしってね、脱いだらすごいのよっっっ!!」みたいな…「ぼーやっ、あたしの胸に顔をうずめてお泣きっっっ!」みたいな…(ほかに例えが浮かばなかったの。ごめんさなーい・泣)
そんなふーに想像させ空想させ妄想させるほど、やっぱり芸達者なかたなのだと。思ったわけですな。今更ですが…

そして若木さんのエポニーヌはmidoriさんも書いておられたようにミュージカルの中の一曲だけをポイと持ち出してきてもなかなか伝わりにくい部分があると思うのです。それは歌詞が気持ちの説明であったり決意表明であったり…と、物語の一部だからなわけですが、若木さんのOn my ownは、まるでこの歌の前後も若木さんがエポニーヌを演じていらっしゃるかのような…そんなふうに感じることが出来たからカンドーしたのだろうと思ったわけです。

で、こんなに想っている相手…マリウス。
哀しいかな初めて観た時のキャストって頭にこびりついてません?
もう数十年も前なのに…違うキャストでも最近観てるのに…。そう、ワタシにとってのマリウスは……野口五郎…うーーーーっなぜだーーー(泣)
あ、いやまぁゴローがアカンと言ってるわけではないのですが、なんとなく…ねぇ…(どんより)
ちなみにその時のエポニーヌが島田歌穂さん。ものすげー衝撃だったわけです。歌えるーーーーっ!!って。でも今日の若木さんも負けてなかった。
ホント、すごい人が揃ってるんだぜ、OSK!ってかんじ。

あとねー、なんかすごく桜花ちゃんが楽しそうで嬉しそうで。よかったねーってこっちまでホカホカしましたー。若木さんと水無月さんが美しい弟を見守るように隣でニコニコしてらして。
「この楽しさ(バンドで歌うこと)を他の劇団員たちにも味合わせてあげたいので、今後ともよろしくお願いしまーす」とバンドの皆さんに頭を下げられる桜花さんはやっぱりいい人だったのだー。自分さえ楽しけりゃいいと思ってるあなたー、反省しなさいよー……あっ、アタシか…(恥)


そんなホンワカした雰囲気の中で突然発表された1月の予定。
それまで段上がりでドッシリ、のんびり、ゆったり座ってたわけですが、いきなりそわそわそわそわそわそわそわそわそわ…
ったく、心臓に悪いよねー。ワタシが92歳だったら心臓麻痺で運ばれてるところだよ。
とか言いながら、いそいそとスケジュール帳に書き込むわけです。

しかしなー、なんぼなんでも正月三が日はキツイですー。一応、主婦ですからー。好き放題してますけど、一応家庭がありますからー。母を捜さないで下さいといつも書置きしてますけど、一応嫁としての立場がありますからー。
とか言いながら、見かけたら指差して笑ってやって下さい(泣)
posted by しげっち at 23:46| Comment(3) | TrackBack(1) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月24日

世界館11月公演だ

フェアリーボイス2観て来ました。

えーっと、とりあえず観る予定のないかたは、ご覧になったらいかがでしょーか♪と申し上げたいです。

ワタシはあと1回しか観れない予定ですが、なんとか都合が付けば2回に増やしたいと、もがき中です。

さすが、このお3人さん…と思わせてくださいました。
んでもってやっぱり生バンドはよいっ。
演奏者は4人だけなのに迫力や振動が伝わってくるし、歌い手が気持ちよく歌われているのも伝わってくる…。
うーん…歌いたい!(そこかよっ)

で、今回は選曲の勝利ではないでしょーか。

*ここからはネタバレ含みますのでご注意下さい*



ま、ミュージカル好きのワタシがミュージカルメドレーがちょ〜よかったぁ…なんて言ってもミュージカルに興味のないかたがどう思われるのか不安ですが、それを差し引いても水無月さんのキャバレーはよかったー。若木さんのレ・ミゼラブルもうならされる…これって、このところワタシの中で問題化されている「実年齢と役年齢のギャップ」にひっかかってくる選曲だと思うのですが全く問題なかったです。桜花さんのトート閣下…ふっふっふっ、そーきたか…(ブイサイン)

ね?もーこれ聞いただけでワクワクしてきちゃうでしょ?mさん、sさん…(こらこら、私物化するなっ)


で、もうひとつの逸品は「アメージンググレース」by若木さん&水無月さん。すごい+すごい=かんどー
人間、耳から気持ちいい物が入ってくると自然と口が開くのだということを実感しましたな。ぽか〜ん。

ワタシは段上がりで見てたんで、お3人さんが時々、意味もなく客席おりをしてこちらまで来てくださるのがなんか楽しくて嬉しかったです。ああすると後ろのほうまでキラキラが届くっつーか、盛り上がりが広がるっつーか。
若木さんと水無月さんは、お客様に「お楽しみいただいてますか?」「こんにちはー」「いらっしゃいませ」などとお声をかけながら歩かれるのですが桜花さんはもーただ、ひたすら美しく輝くお顔を「さーご覧なさい〜」と見せて歩いてくださいます。いや、そんなことはおっしゃらないんですが、そうおっしゃっちゃってもOKだよってくらいキレイですから。

で、その上に「ショーマストゴーオン」と「道行の唄」ですかーー!!
いただきます&ご馳走様です。
確実に、紅白歌合戦を意識した選曲になってますねー(違)

もちろん道行の時は、花道に大ちゃんが出てきて踊っておられるんですが、残念ながらワタシだけにしか見えないようです…(怖っ)(それって幻覚じゃん)

今回のために作られたという主題歌も楽しい雰囲気ですぐにスキになりましたし。
明日も寒くなるそうです…そんな日だからこそ、ぜひぜひ世界館でほんわかとあったまって下さいね。

posted by しげっち at 00:00| Comment(5) | TrackBack(1) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月21日

11月21日(そのまんま・汗)

義妹と用事で電話で話したわけです。

彼女はkinki-kidsの剛クンの大ファンで、12月の大阪でのコンサートに行くのよ〜なんて嬉しそうに教えてくれたわけです。まだ小さい子どもが3人もいて、なかなか自由にならない生活なんで、そりゃ嬉しいわなーとこっちまで嬉しくなって
「へー、よくチケット取れたね。取れないんでしょ?」なんて話してまして。
「でもね、3公演全部行く人もいるのよー、すごいよねー」と言われて
まさか自分は世界館7公演中6公演行くとか松竹座16公演中15公演行くとか…とてもじゃないけど言えない雰囲気だったんで思わず
「へ、へー、す、すごいよねー」とあわあわしながら答えた小心者のワタシです。

「たまには主婦だってスキにさせてもらわなきゃねー」と鼻息をフンフン荒げる義妹に「そ、そ、そーだよねー。た、た、たまには…ね。あはははー」
「なんで今日はどもってばっかりなの?」「あ、いやあのーあわわわわ…」

電話を切ったらぐったり疲れてましたし。


ところで奈良テレビのほうのOn-Lineの回で、平松さんが
「大貴さんに、舞台は制限のある中で自分を開放するのよっ!ってアドバイスを貰って、そうか…開放するのかと思って出来上がったのが、あの<あなたなのっ!>と叫ぶ案内嬢だったんです」という話をされてました。

・・・かっけえぇぇーーー←かっこいいと言ってる
なんかそーゆー意味ありげな言葉に弱いのよ、アタシって…(くねくね)
確かに開放された感のある案内嬢だったもんなー。

とゆーことはぁ、大ちゃんもいつも舞台で自分を開放されてるわけね。
かっけえぇぇぇーーー(もーいいから)

あぁ、もうワタシの頭の中は開放が駆け巡る〜
息子が病気の時にしたよねー、そりゃ介抱か…とか
桜タイムズだな、そりゃ会報や…とか
巨人かいほう玉子焼き…大鵬ですから(このあたりから無理矢理モード突入)
小人さんが行進……わからんやろー、それはハイホー!ですわー
………しくしくしく(落ち込むなら書かなきゃいいのに)

はぁ…アタシは大貴誠から解放されたいわ…(桃井かおり風に)
とか心にもないことを言ってみる秋の夜長です…って、もー冬やろー。でも大阪はまだあんまり寒くないです。

posted by しげっち at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月18日

ぐちぐちぐちぐち…

わりとおだやかに日常ってます。
あぁ、OSKを知らなかったらこんなにおだやかに生きていけたのに…などと、かなり責任転嫁なことを思ったりしつつ、ふと目をやると大さまのお写真が…あ、むりむり、出会わなければならぬ運命だったのよ、よよよよ…などと1人メロドラマったりしつつ。
実はうわべは平穏を装ってはいても、内面ではかなり病気が悪化しているのかもとも思うわけですが。

唐突ですが息子との会話。

母「なぁなぁ、母が5人おったらどーよ?」
息子「5人もいらん(うんざりした表情)」
母「けど、5人おったら1人がOSK行ってても大丈夫やでー」
息子「5人おっても5人とも行くって、絶対」

・・・さすがだ。読みきってる。手放しで感心する馬鹿母。
確かに5人ワタシがいたら5人ともOSKにはまってるわな、多分。
で、もちろん5人とも大貴ファン。
劇場に行ったらワタシが5人座ってひたすら大さまを見つめてる…
……(想像してる)……うざ〜いっ!うざすぎっ! 1人で充分っ!

そんなわけでやはり母は1人ってことで。(結論がおかしい)


ところで華ロードのDVDを見てて思ったんですけど、ちゃんと正面からの映像があるんですよね。で上手サイドのカメラの映像がたま〜に織り込まれる。
見やすいんです。
なに当たり前のこと言ってんだいってかんじですが、OnLineの映像には正面のカメラがありません。
下手サイドおんりー。
なんで?
ひょっとしてカメラ1台?と思うんですが、下手のひき画像とアップ画像があるってことはどーゆーことですか?下手に2台のカメラがあったってことですか?しろーとですから全然わからんのですが…。

とにかく不満なわけです。
出来るだけDVDがあることに感謝しよーというスタンスでいるわけですが、今回はちょっとホンマにまじでうんざりしてますんで言わせて下さい。

ふつー、ふつーですよ、ご贔屓が上手側に出るから…とかそーゆーのは除いて、劇場でいい席って言うとセンター席なわけですよね。
それはやはり正面から見るのが一番見やすくて見渡せるからなわけですよね。そしたら販売する映像も一番いいポイントから写すのが正解でしょー。
そんでたまにサイドからの映像が挟み込まれていて、あぁこの角度から見るとこーなのか…とか思って楽しいわけでしょー。
ずーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっとサイドってあんた…

いや、劇場ではワタシはセンターこだわり派ではないのでサイドで見るのは全然OKなんですけどね。
けど…なんちゅーか…しくしく…わかっていただけます?
最近の映像は…やたらとサイドが…多すぎるんだよ…しくしく

一度そー意識してみちゃうと、もーだめ。
ストレスたまるんであんまり見たくない。
けどDVD自体は見たいんですよ。作品見たいし大ちゃんも見たい。あ、OnLineはもーいいですけど…あわわわ(今日は強気だなぁ)

だってね(今日はしつこいよー)春のおどり2006だってそうだったわけですよ。チョンパッて明かりがついたら花道が映ってたってあんた…(泣)
ふつー正面でしょー。どーんっ!と正面!

きっと秋のおどり2006もそーなんでしょー(あきらめモード)
いや、欲しいですよ。見ますよ。待ってますし。
・・・・・ひゅ〜(木枯らしの音を聞きながら背中丸めて火鉢に手をかざしてる)寂しいんですよ、アタシャ…。

全然気にならないってかたももちろんいらっしゃると思います。
そんなかたは何書いてんだよってかんじでしょーか、スイマセン。
人間が小さいもんで…体は大きいんですけどねぇ

あーーーバロンのDVDが楽しみだー(とってつけたよーに…)(言葉にとげがありますかね?)(大貴不足で心がささくれ立ってるのかも)(泣)


posted by しげっち at 00:00| Comment(5) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月17日

スケジュール帳の鬼

前回、OnLineのDVDがまだだなんてネタにしたもんだから…届きました。
びっくりしたよ〜
ぼやいてみるもんやなー…いや関連性はないと思いますが。

早速見ましたよ。
わお〜〜…

以上。(終わりかいっ)(触れたくないらしい)


しかし今年も世界館公演、いろいろありましたね。悲喜こもごもっていうんですか…(おいっ)
ワタシ的にはやっぱり「バロン」が真っ先に浮かびますかねぇ。やれば出来るんじゃんみたいな…(偉そうに…)
「逃げ出してしまえ〜」&ひげすりすり…ですか。(ホントに観た人にしかわからんネタやな…)

華・ロードもスキでした。これはもーひとえにひーちゃんがワタシのツボ!
タイニーバブルスも印象に残ってます。
ステップはびっくりな喜びでしたねー。あーあの子たちが今ではバシバシ舞台に立ってるんだと思うと…
もちろん忘れてならぬが国境線。
フェアリーボイスも心に残ってるなぁ

ちょっと思い立って数えてみたら今年ワタシは22日くらい世界館に通った計算になります(11・12月予定含む)
弁天町がこんなに身近な駅や街だったなんて…

で、ついでに今年OSK関連に費やした日数をざっとおおよそ数えてみると57日くらいになったわけです。
これって多いの?少ないの?
もー自分ではわからん状態なわけです。

んで「大ちゃんがさー」「OSKってさー」なんて電話やメールでOSKる日は数知れず…250日越えるかも…いやもっとか…
……ちゃんと働こーよ。
そしてちゃんと家の事やろーよ。
いつものとーり、反省はしますけど更生はできません(居直る)

ま、こんなに熱く燃えた日のことを懐かしく思い出す日がいつかくるんでしょーね。青春っていいなー(勘違い)「バカヤロー」←海に向かって叫んでる

なんかもー今年を振り返る…みたいなモードになってますけど、これからですからっ!11月12月にまたひと盛り上がりさせてくれますから、きっと。
楽しみだな〜♪
posted by しげっち at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。