2007年01月09日

突然ラジオ

3時過ぎだったか…
メールが来たわけですなー。
けどちょっと手が離せなかったもんで見なかったわけです。

そしたら続けて何本かメールが来て〆に電話も鳴ったわけです。
な、なにごと・・・?

内容は全部同じかんじ。
ラジオ聞ける?
ラジオ録って!

ラジオ?なにそれ?

さかのぼってメールを開ける…
えーーー!大ちゃんやん。出る。ラジオ。ひぇーもう始まるし。
録音…ひぇーー、今、録音できるデッキがないのよー。
テープもないわなー。

そこにまた違う電話が鳴る。
あかんあかんあかん、今あかんねん、ごめん、終わってからーーー。

ラジオラジオー、録音でけるもんーー、なんかないかーー、アタフタと狭い家を走り回る。
だってね、始まる30分前に出まーすって言われたってアンタ…とか愚痴りながら。

とりあえずmp3プレイヤーとしょぼいラジオをラインでつないでダイレクト録音の準備完了。

お、始まった始まった。ノムラでノムラだっていう番組なのね。ノムラって誰やねん。
…こ、この声は…学生時代、深夜ラジオ「ヤングタウン」で馴染んだ野村アナウンサーの声やんか…ハンサムやしオモシロイしで、当時すごくスキやったのに…誰やねんとか言うてごめんなさい。
しかし、この人の娘ってタカラヅカの人なんだよなー…(関係ないけどさ)

4時半頃かなぁ、大ちゃん登場〜。ありがとう浜村淳ですの時とは違って、ちゃんと起きて随分たってからの声だ(あわわわわ)

ま、どこに出ても言ってることはほとんど同じなんで。
って、出るたんびに違うこと言ったらそれはそれでびっくりですが…大ちゃんならあり得るかと…あわわわわ
で、最後にショーのタイトルにちなんでジョイフルジョイフルをお聞き下さいってことで。
イタいダイキスト友は言いました。「大ちゃんが歌うんかと思ってドキドキしたのにー」
あのね、キラリNewOSKじゃないんだからそれはありまへんわ。
ちゃんとサントラのジョイフルジョイフルでした。
その間、約18分。
聞いてるとアッと言う間だったけど、結構しゃべってたのね。

ほんとに大騒動でございました。
って、お願いですからもうちょっと早めに教えていただけませんでしょーかー。それともあれですかね、聞ける人だけ聞いてねー、聞けたらラッキー♪…みたいなスタンスなんでしょーかね(泪)

でもこれもバロンがMBSさんの協賛だからこその出演ですもんね。ありがてー。で、デレビはないんですかね?そーいえばちちんぷいぷいでは取り上げてもらえないんですかねぇ…まああと4日しかないですけど…。

わーいわーいあと4日でバロンだぁ〜(急に沸き始める)
それまでがんバロン!←確か前回のバロンの時も言ってたような…(恥)




posted by しげっち at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月08日

麻痺のススメ

リビングの片隅にあるワタシのPCラックの横に、状差しが吊ってあって、その中にこれから観る舞台のチケットや映画の前売り券なんかが入れてあるわけです。
すぐにどこに入れたかわからなくなっちゃうんで、数年前から「ここに絶対入れるーーー!!!」とゆーのを固く守っているわけです。

でね、今そこには結構たくさんチケットが入ってるのー。嬉しいな〜♪
そこに入ってるチケットの数イコール、ワタシのシアワセ〜みたいな。

とは言っても、同じ公演のチケットが何枚も入ってたりするのも事実ですが(汗)

先日の新年の世界館で「この回で帰るのよ」って言ったら10人くらいの人が「え!えーーーーーーー!」って全く同じリアクションだったのがすごく面白かったわけですが。あとは皆さん口々に「どーしたん?」「あかんやん…」と。
いや、あかんやんって突っ込みはひじょーにおかしいとは思いますが、多分ワタシもいつもそう言ってると思います。

で、まあ悔し紛れにワタシは「ちょっとぉー、落ち着こーよー。普通は観劇は1回やし!1回観ればジューブンっ!」と、大人の発言をぶっ放したわけですが、目には涙がたまってたことを見破られやしませんでしたでしょーか…(泣)

でもってそう言い放ったワタシに向かっての突っ込みも皆さんほぼ同じで・・・。「うそつき」「んなわけないやん」「誰が信じるかいな」…

・・・。
正しいです、皆さん。
でもワタシだって全部観ない時もあるんだぜー。
つーか、世界館の定期公演はせいぜい3〜4回ですしー。

・・・。
すいません、ご贔屓が出てると6回です。

でもでも、松竹座はご贔屓が出てたって全部なんて見られやしませんぜー。

・・・。
すいません、そーいえば2005年春は、やっちまいました…。

でもでもでもでも今年の春は無理っ。
ぜーたいむりー。
まあ二桁見ればシアワセかなーと…。

って、ホントに感覚がおかしくなりますよねぇ、この文。
なんか、家を買うと数千万単位のお金の話ばっかりするもんだから、車の2〜300万がすごく小さな単位に感じて、それくらいならついでに一緒に買っちゃおうか…みたいな勘違いをおこすのと似てません?ちょっと違うか…
いや、でもこれって事実で、うちのマンションでもマンション購入と同時に新車になった人、たくさんいるんですよねー。

あー話がそれちゃいましたが。
そんなわけで、皆さん、今年もいっぱい麻痺しましょー。
OSKに麻痺しましょー。

あ、でもこの麻痺症状には保険は使えませんからご注意下さいね。

posted by しげっち at 23:44| Comment(2) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月07日

目指せ!怒涛の更新!(目標倒れの可能性大)

随分ご無沙汰してしまってですね…。
年末年始と、プライベートでちょっとアレでして、なかなかここに来ることもままならず〜ぱぱならず〜(恥)

そしたらやっぱ大貴さんがアレなさるからしげっちもアレなのねぇ…みたいに心配してくださるかたが幾人がいらっしゃってですね…いやあ申し訳ないです。実はそうではなくてプライベートがアレだったわけで・・・ってアレの乱用はやめなさいっ。

ま、ワタシ的には「ん?大貴さん?なんかあるの?」みたいな…
聞いてないしー…みたいな。いや、あの日松竹座には行きましたけどね。
なんちゅーか、年を重ねると聞きたくないことは耳に入らないようになってるっちゅーか、入ってもすぐに抜けるようになってるっちゅーか。

そんなわけで、今年もぶっ飛ばすぜー!って、もう7日なんですけどねぇ。ま、ワタシにとっては今日が始まり〜…みたいな。


「桜の国からこにゃにゃちはごあいさつ」は3日の一回目を観劇しました。
いやあもう、年の初めからごっつぁんですーってかんじでしたねぇ。
ワタシは今年もやっぱこの人達がスキだわー。そんでもってこの人がスキだわさースキだわさースキだわさー…と素直に思ったわけです。

観ててなんか「こけら落とし」のことを思い出しちゃいました。
もっと少ない人数だったけどすごく舞台が狭く見えてちっょと窮屈そうで…それなのに皆さんがキラキラしてらして、この舞台が誇らしげで…。

今回はもっと人数が増えてひとりひとりの輝きが増していて、ちょっと余裕があって…。
あんたたち、大きくなったわねぇ、サメザメ(感涙)…みたいな。

紅白歌合戦ばりの構成は、もちろんダンスも期待しちゃうけどまあ今回はこれでOKOK…と思えちゃう贅沢なものでした。
ワタシのスキな、次から次へと宝箱から宝石が飛び出してくる系ですなー。

都合上、一回のみの観劇になっちゃいましたけど充分満足でした。
その一回もひょっとしたら観れないかも〜と思ってたんで余計にありがたくて、いやもーほんとに観劇っていいよなーと心から思ったわけです。

うーん、アタシャ今年は、このお利口さん路線でいきましょーかねー…
無理?無理だと思う?


だわね。無理だわねー。
ちゃんとわかってるあたりが、お利口さんだと思うんだけどどーでしょー?!


posted by しげっち at 22:29| Comment(2) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月01日

始まりは「へ」「っ」

煌めくスター、その名はダイキ

あけちゃったみたいでおめでとーございますー。
今年もやっぱ初っ端からこれでしょーってことで大貴誠のお写真です。

大晦日は史上最強につまんないと予想された紅白歌合戦を、どれくらいつまんないのか見届けてやろーとゆーことで、ジトーッと見てたんですが、途中でJoyfuil! Joyful!が流れてびっくりして飛び起きちゃいました。
いやぁ、やっぱり今年も流れはOSKかよー♪まいったなー、がははは…って、まあ別にOSKのオリジナルでもなんでもないんですけどね。
ただ単に去年のDSがいまだに忘れられないってことなんですけどね。


ところで昨年末の世界館メモリーズ2006の時に、皆さんやたらと大ちゃんとツーショットを撮られてまして。なんか撮らんとモグリだ!みたいな雰囲気なくらいツーショットの嵐で…。
何度も何度も申し上げておりますとーり、ワタシは大ちゃんとのツーショットがキライなわけです。なんせ顔やら体やらすべてが大ちゃんとは違う生物のように写ってしまうもんで…いや写るだけじゃなくて実際そうなんですけど…それがもう辛くて。

けどもう今回は流れで「いっちゃえ〜」と飛び込んで行ったわけですなー、えらいえらい。
しかもー、撮って頂いた写真を見たら…てゆーか、撮ってくださったかたが「今回、怒ってへんやん、どしたん?」っておっしゃるくらい、フツーの顔してました。あ、いやいやいやいや、フツーつっても変な顔なんですけどね。
ただ、いつもみたいに目ん玉オヤジみたいな顔とか上目遣いの変質者顔とか絶対大貴ファンじゃないですっ顔とかじゃないっつーのがものすごい進歩じゃーんと思って嬉しくなっちゃいましたー。ってレベル低いんだよなー。
しかもこの時の大ちゃんの口がワタシのスキな「んっ」てしてる口なんで、もー余計に嬉しいやら嬉しいやら嬉しいやら…(やらの使い方間違ってる)

ワタシは今まで撮ったツーショット写真を見かえした事がないんですよ、ホントにキライなんで。

けど今回のは見ながら「へっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっ」ながーーいっ!くどーーいっ!いやしかし、この場合「ははは」でも「けけけ」でもないわけで、なぜか口から出るのは「へ」と「っ」だけなわけでして…

えーと、も一回だけ見てみよーかなー、チラッ…
「へっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへ」
やだなーもー、大ちゃんかわいーしー
「へっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっ」
え?肩と肩が触れてますか?
「へーッへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへへっ」

ったく、年の初めからワタシャなに書いてんだろーか(泣)
けどまあこれでちょっとテンションあがったんで、今年もぶっちぎります〜
今年もよろしくお願いしま〜す



posted by しげっち at 01:55| Comment(0) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月30日

鳥の和え物にあらず

どうも今年もそろそろ終わりらしい・・・って全くの他人事かいっ。
そういうワタシの今年も残すところあと1日らしい・・・ってそれも他人事なのかよ…

今年もOSKに始まりOSKに終わる一年であった…気がする。
「きゃーー、大ちゃ〜ん」と始まって「えーーん、大ちゃ〜ん」と終わる。
・・・・・・・・・自分で言って自分でどん引き。

ま、それも人生。


頑張れしげっち。


あ、こらこら、自分への応援ブログにするんじゃないっつーの。


ところで、今年のOSK!はいどーぞ!と言われたら…
あ、すいません、ワタシの場合、今年の大ちゃん!となっちゃうんですが
自分でも驚くべきことに、「夏の24時間テレビのツイン21でのショーだ!」ってことになっちゃうみたいで。
ワタシにとってものすごいインパクトだったみたいです、あれは。
ペチャンコになって死んじゃうんじゃねーの?と思いつつ過ごした後に間近で拝見した「映らなくても一応全国ネット版大貴誠」は多分今後忘れることが出来ないと思うわけです。

あと、春のおどりも秋のおどりも自分が納得できるだけの回数を観る事ができた。ありがたいことや…ナマンダナマンダ。
世界館も目標どおり全公演観れた。ありがたいこっちゃ…ナマンダナマンダ。

バロンさんやニコラさんとの出会いも大切な思い出ですなー。
そのバロンさんとの再会…来年すぐですもんねー、嬉しいなー。
カレ、覚えてるかしら、ワタシのこと…(覚えてるも何も知らねーっつーの)

ニコラも死んじゃって、ジェイクも死んじゃって、名前忘れたけどワタシの大スキなあのシーン…えーと若木さんに指輪渡す日に交通事故で死んじゃった大ちゃん・・・そう考えてみると天国にはワタシのラブな男たちがぞろぞろと…(よだれ)あ、大貴晴明にやられて奈落の底に沈んでいった桜花道満もいるよなー。宮殿の恋でビロード大貴にやられて奈落の底に沈んでいった高世魔王もいるなー。とんがり帽の桐生清盛もいるし…そう考えると奈落の底もいい男だらけだよなー。(違)

などと今年もばかばかしい話におつきあいいただいちゃい、ありがとうございました。とりあえず来年も頑張ります。とりあえず最後までぶっ飛ばします。そのあとは…まだ考えてません、お呼びもないし…って大ちゃんの真似byありがとう浜村淳です♪(こーゆー言わんでもいいことをサラリと言ってクックッと笑うこの人に、またやられてしまうわけです)
とりあえず先のことは先に考えるっつーことで、とりあえず今年はここまでです。とりあえず来年お会い致しましょう。とりあえずよいお年を…

さて、とりあえずって何回言ったでしょー?…って小学生かっつーの。
posted by しげっち at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月27日

とりこみ中…

ちょっととりこんでますんでとりあえず写真だけ…


ウワサの蒼音精霊登場〜♪
凛ちゃんとのやり取りで「だれですか?」「どう見ても精霊でしょ」「どう見ても精霊ね…」みたいなやり取りが合って最後に青音クンが自分に言い聞かすように、独り言のように「どう見ても精霊…」とつぶやいたのがワタシのツボにはまっちゃって、すごいおかしかったわけです。

どう見ても精霊


で、次の写真は「どう見ても精霊」の登場に引くスター×3。
みんな棒立ちだし(笑)

どん引き中…


で、勝手にやってなさいってことで、とっとと退場していくスター×3。
このあと蒼音精霊のオンステージが始まりました。

かえろかえろ・・・


そして次の写真は「ツリーとニャンコとダイキマコト」
大ちゃん…とつぶやいてみる


むむむー、もっとあげたいー。あの人(やっぱりそこかよっ)
また別館にて。
posted by しげっち at 20:51| Comment(4) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月23日

クリスマスイブイブイブ

神よ。。。

金曜日の世界館。
プチ桜まつりでした。

えーっと…狭いです(こらこら)
でもあそこに!そこに!ここに!…劇団員さんがいらっしゃることにかわりはありません。狭いから余計にあんなこともできちゃったりする…かもしれません(こらこらこらこら)

友人はわざと足を踏まれるというおいしい技をやってのけましたしー(羨)
ごめんなさいね…と、あのダイさまに言われたりして…「いや、あの、ほんまにもお、いやいや、でへへへへ」と舞い上がってましたなー、友人。んにゃろ〜!あわてて足を出してみましたがダメでした(するなーっ!)

ミニステージが思ってた以上に楽しかったんで、こりゃあ4回見たいよなーとすんごく思いました。
いろんなところで書かれてるアイラブピアノの変形バージョン。
なんと言っても里都ちゃんの痴漢クンにつきますなー。
電車に乗ってきた時の決め方が尋常ではない。
かっこよすぎー。そりゃー絶対注目の的だわなー。
でもって痴漢の時の手つき…やらしいんだけどまだ若いねー…みたいな(オマエは経験者かっ)

え!え!も、もしあの痴漢がダ○ちゃんだったら…きゃーーやらしーーー(熱病)あとねぇ、ひ○ちゃんだったら…テクニシャ〜ン♪(おいっ)タカ○ロ君だったら…直球勝負かよっ、とか…(意味不明)きり○ーさん…へっへっへっいいんじゃない?(舌なめずり)・・・
あーあーあーいかんいかん、ヘンタイの域に突入してしもたぁー!
みなさん、何卒この件はご内聞に…(無理だと思う)

てなわけで、今日も世界館は沸きあがってるものと思われます。
しかし、今日はより一層狭いんだろーなー…
posted by しげっち at 12:07| Comment(0) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月18日

クリスタルキングではない

クリスマスキャロってきました〜。
正直、どおよ?3回分も買っちゃって大丈夫かよ?
とか思う気持ちもチラとあったりなんかしたわけですが
全然大丈夫!いえ〜いっ!OK!!
楽しかったです。

まあ私的には今回は鈴峯ちゃんなわけです。
ネコだよっ、ネコ。
黒いネコなわけですよ。
だから今回は「しゅじゅみねでしゅ」とかおっしゃらないわけですよ。
そしたら誰かが言いましたわ。
「ニャーニャー言ってんだから言わないんじゃない?」
ふんふん…納得(え?納得したの?)

ニャーニャー言ってたと思ったら突然、死神ですか…
「ふんっ」と鼻先で笑って「死神ベスト」(お衣装ね)をサッと羽織るわけです。か、かっこええ…。

最近の鈴峯ちゃんはいつも、なにかやってくれる感がありますよね。
次の出番が楽しみです。

でもって蒼音くん。
タカシロさん曰く「時代錯誤もはなはだしい」格好のフォークシンガー…でいいんですよね?
なんか笑っていいのかどーなのか…迷うところもありましたが千秋楽では、その戸惑いをスパーッと切り捨てるべく「手拍子っ!」と要求してくださいました。あまりにもスパーッってしてたもんで「あ、こりゃ気がつきませんで…すんませんでした。ぱんっぱんっぱんっ(手拍子)」みたいな…。
終わってから「随分、高いところから要求してくれたよね〜」ってネタになりましたんでOKかと。

タカシロさんは堂々たるもんでしたねぇ…。ワタシはDancerの時のタカシロさんより、こちらのタカシロさんのほうがスキ派です。
もう足の具合はすっかりよろしいんでしょうか…?いや、お見かけしたところ全然大丈夫っぽかったんですが。
もう少しビシバシダンスも見たかったわけです。折角のタカシロさん・このかちゃんコンビなわけですぜー。そりゃあ踊って欲しいと思ってとーぜんでしょー。
ということでタカシロさん・このかちゃんにも次回の舞台でのビシバシダンスに期待です。

それにしてもクリスマスキャロルのスクルージーを若くてハンサムな男が演じるっていう発想はワタシには意外でした。
いやもちろんタカシロさんがおじーさんに扮するわけはないとは思ってましたけど、どーするんだろなーと。
こんな若いんだからまだまだこれからやり直しがきくスクルージーでよかったよー…みたいな。

メアリーが「昔のやさしいスクルージーに戻ったのね」と喜ぶとスクルージーが「うん」と…。じ、じぶんで「オレはやさしいぜ」って認めちゃったわけですね…すごい自信だ…(感心)

京極さんのちょっと能天気っぽい突き放したしゃべりかたの精霊長はおもしろかったです。自分で散々怖いこと言って聞かせといて、カラッと「こわいよ♪」と…。あんたの性格のほうがよっぽど怖いですから。

里都ちゃんもたくさんの役代わり、見ごたえがありました。
ま、一番スキなのはボブですけどね。
スクルージーに「妻も子どもも養っていかなきゃならないんだろ」みたいなことを言われてコクンとお辞儀をするところが秀逸!(ってすごくピンポイントですけど)なんかほんとにかわいいサラリーマンに見えましたし(誉めてる)

琴野さんは、この個性豊かな面々の中で自分を出しきるのが結構大変だったのではないかと思いますがよく頑張っておられましたよね。白ネコでの鈴峯クロネコとのやりとりとか、楽しかったです。あ、ドラえもんも踊ってられましたねー(って観た人しか絶対意味わかんねーよなー)


地元のお客様がいっぱいで、世界館の前にあんなに自転車が止まってるのを始めて見ました。終演後、その自転車が次々にサーーッとはけて行く風景が面白かったです。

しっかし地元の皆様。800円でいいもの、ご覧になれましたよねー。
こちらもご相伴に預かってラッキーでございました。




posted by しげっち at 21:20| Comment(2) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月14日

久々にラジオ聞いたし…

昨日のラジオ…なんか「あ」という間に終わっちゃったんですが…。
あ、大ちゃんの声…と思ったらほんの数秒でしたなー(悲)
でもまあラジオ大阪さんにはお世話になってるんでしょうがねーなーってかんじで…。

で、その番組のアナウンサーのかたのブログに昨日の放送のことが出ています。
http://yoshiko.buzzlog.jp/d2006-12-13.html

フェアリーボイス2とディナーショのお稽古風景の写真が小さいですが掲載されています。大きくな〜れ〜〜打ち出の小槌を振ってみましたがダメでした(悲)

男役トップスターの大貴誠さんは、
無我夢中で復活にむかう中、
人の温かさや日常のささいなことの大切さに気づいたとおっしゃっていました。

舞台の上で「夢」を表現するために、
「日常」を大事にする気持ちが必ず生きると。

私はいっぺんでファンになりました。
舞台を拝見しに伺います。


そうですか…あなたもやっぱり大貴誠に落ちてしまわれましたか…しょーがないですねぇ…一緒に応援しましょー(すごく一方通行なのが悲しい)


で、明日は松竹座。
「冬のおどり」の初日でしたっけ?

余裕ぶっこいてるフリをしつつ、実は落ち着かない夜なわけです。

posted by しげっち at 22:47| Comment(7) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月13日

スペッシャルなX'masプレゼント

舞台上で大貴さんが「クリスマスプレゼントをお客様に…」みたいなことをおっしゃいまして、それを合図に娘役さんが客席中を歩かれます。

そして最後に、若木さんを中心とした娘役さん全員があるお客様の前に集結されました。
若木さんがそっとおっしゃいます。
「マダーム、お手伝いいただけますか?」

お客様はこれから始まる世にも怖ろしいことがなんなのかを知るすべもなく、満面の笑みでコクンとうなずかれました。
すると娘役さんたちがまわりを囲み、手をとって舞台上に釣り上げられます…いやいや、ひっぱりあげ…いやいや、押し上げ…いやいや、ねじ込む…いやいや……とにかくお客様は舞台上に。

すると娘役さんたちはスルスルと姿を消してしまわれます。
お客様はポツンと1人、舞台の上。
お客様、キョロキョロ…客席、ガヤガヤ…

するとそこに大貴さん、高世さん、桐生さんがサササッと現れお客様のまわりを踊られます。ひーーーーーーーっ。それだけでも鼻血たら〜〜〜…ぐいっ…ティッシュをつめる。いや、ワタシの描写はどーでもいいの。

そしてまず桐生さんがお客様の手を取って踊られます。
クルリとまわしたりして華麗にエスコート。
お客様はビビリながらも、わりと加齢に…いやいや華麗に踊られます。
手をサッとあげてみたり…余裕だ…感心。
しかし華麗な割には客席、怒涛の大爆笑なのはなぜだ?

次に高世さんのエスコート。
あ゛ーー、また鼻血がたら〜〜〜…ぐいっ…。
高世さんがお客様をリフト…は、しません。なんぼなんでもあんた…。

しかし今回もまた華麗&大爆笑なデュエットダンスが繰り広げられる。
贅沢ですなー。桐生さん、高世さんと踊る…(想像している)
あーーーーームリムリ。だめ。死んじゃう。

そして最後に大貴さんが手を差し出される。
…おや?お客様の様子が変。
どーもこのお客様は大貴さんのファンのご様子です。

今までの華麗なステップはどこへやら…
途端に地蔵様のように固まってしまわれました。合掌。
完全に腰が引けてます。
手も足もブルブルとふるえていらっしゃいます。
顔色がグレーになっておられます。

大貴さんは力ずくでエスコートしようと努力されますがピクリともせず。
お客様はまるで乙女と地蔵を足して割ったような……あ、失礼。

そして曲が終わり大貴さんがエスコートして客席にお連れしようとされています。
大貴さん、やさしく右手を差し出される。
するとお客様、右手を出される。…あ、いや握手じゃありませんから。
大貴さん、やさしくフォローしてお客様の左手を取ろうとされる…がお客様はもう放心状態のため両手を…せっせっせーのよいよいよい状態。

やっとこさ、ご自分の座席に戻られたお客様ですが、顔色がほんとに悪い。
この人、倒れるんじゃねーの?とワタシは思いました。
大貴さんもちょっと心配そうに「ご気分はいかがですか?」
「○×▲◎□〜〜」

は?
多分、誰一人聞き取れませんでした。
「しゃーわせですぅ〜〜〜」
とおっしゃったつもりだそうな。

しかしもちろん一番近くに居るのに聞き取れなかった大貴さんはおっしゃいます。
「ご病気ですか?」
お客様。
「げんきですぅ〜」

な、なんちゅーコメント…。っちゅーかその質問もどーよ?
あぁ、DSにふさわしい会話だ…と思いました…ってーのも変。

こうしてお客様の罰ゲーム…いやいや、スペッシャルクリスマスプレゼントタイムは終わったのでした。

しかし、恋するっちゅーのはこーゆーことですかなぁ…としみじみ。
とてもかわいかったです、お客様。
と言いながら吐くほど笑わせていただいちゃいまして、ありがとーございましたー。

会場の怒涛の盛り上がりに、ニヤリと一番ほくそえんでおられたのは大貴さんではないかと思います…罪なおとこ…いやいや、おんなだぜっ大貴誠。


posted by しげっち at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | しげっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。